中国鍼灸 東京・銀座

ペロニー病

ペロニー病の鍼灸治療  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

ペロニー病について

ペロニー病とは、陰茎海綿体の白膜が線維化し、陰茎硬化した状態です。
陰茎硬化のため、ペロニー病は陰茎硬化症とも呼びます。
陰茎海綿体の白膜が線維化したため、 陰茎の痛み、弯曲と陰茎の短縮が起き、勃起の障害となり、性交困難となります。

ペロニー病に対する当院の取り組み

当針灸院(鍼灸院)のペロニー病の治療目的は、ペロニー病患者にできるかぎりの回復の機会を提供することです。
ペロニー病に対して、当針灸院(鍼灸院)は30年間、ペロニー病の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【腎臓透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
当針灸院(鍼灸院)の治療はペロニー病の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

ペロニー病の症状

  1. 勃起痛み
  2. 陰茎しこり
  3. 陰茎曲がる
  4. 陰茎短縮
  5. 勃起障害

ペロニー病の生活注意点

ペロニー病の病状を進行させない為には、十分な睡眠時間の確保と、規則正しい生活を送ることが予防と治療の基本になります。
生活のリズムが崩れないように、十分に注意することが大切です。

ペロニー病の鍼灸(針灸)治療法

ペロニー病の鍼灸(針灸)治療:ペロニー病患者50名、。【腎臓透穴針】取穴:関元、三陰交、気海、中極、神門、百会、腎兪、命門、足三里電気針。気海、お臍に間接灸9壮。
ペロニー病の鍼灸(針灸)臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、ペロニー病患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。
ペロニー病の多くは針灸治療によって、症状を軽減することができます。

ペロニー病患者の質問

ペロニー病A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ペロニー病10年になります。少しでも改善できないかと思い 、連絡させていただきました。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治ったペロニー病の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
先生の治療をうけ、痛みは以前よりかなりよくなりました。
後何回程度になるでしょうか?教えてください。

ペロニー病の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
ペロニー病と診断されました。以前は喫煙 していましたが、今は月に2〜4本程度です。遺伝で血栓症を持っていますが、10年ほど前から症状はなく、今は毎日アスピリンを飲んでい ます。 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん