中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>消化器疾患>食道アカラジア

食道アカラジア

食道アカラジアと針灸(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

食道アカラジアについて

胃下垂の原因|胃下垂【消化器疾患】

食道アカラジアとは、食道噴門部の開閉障害もしくは食道蠕動運動の障害により、飲食物の食道通過が困難となる病気です。
人間には食道と胃のつながり目のところに下部食道括約筋という筋肉が存在します。下部食道括約筋は非常に重要な役目を担っています。食物を飲み込むと食道から胃にものが自然に運ばれますが、この際下部食道括約筋は弛緩して食物を胃に速やかに流します。
食道アカラジアでは、この筋肉の神経に異常が起こり、筋肉の弛緩運動が正常に出来なくなることで、噴門部が閉鎖し、食物が通過しにくくなります。食道アカラジアは常に下部食道括約筋が収縮した状態 にあり、物を飲み込んでも下部食道括約筋が弛緩しないため食事内容がいつまでも食道にたまってしまいます。こ のため患者さんは物を飲み込みにくい、なにかつかえた感じがする、吐いてしまうなどといった症状を認めるようになります。

食道アカラジアに対する当院の取り組み

当針灸院(鍼灸院)の食道アカラジアの治療目的は、食道アカラジアの回復程度を高めることと食道アカラジアが完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できない食道アカラジア患者さんの期待に応えるため、当針灸院(鍼灸院)長が25年間、食道アカラジアの治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリ【腹腔透穴針】を考案いたしました。そして良い成果を上げています。

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。
食道アカラジアの原因が多様なため、当針灸院(鍼灸院)の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。食道アカラジアの回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

食道アカラジアの原因

食道アカラジアは、原因不明の食道の機能異常と考えられている病気です。食道平滑筋部にある壁内のアウエルバッハ神経叢内の節細胞が変性したため、食道胃接合部が弛緩不全を起こし、収縮したままの状態となったため食道が拡張すると考えられています。

食道アカラジアの症状

  1. げっぷ、胸焼け、胸のつかえ、嘔吐:食物が食道を通過しないことが原因のため、嘔吐物に胃液は含まれておらず、食物は咀嚼したままの形状で吐き出され、悪臭もない。また、口臭の悪化も伴わない。逆流性胃腸炎等との違いは、この点で明確に判断することが出来る。
  2. 背中の痛み:食道に飲食物が通過しにくくなるため、背筋が圧迫されるという解釈が一般的であるが、末梢神経系の疾患が併発している事による筋肉の凝り、という解釈もある。これも逆流性胃腸炎等との違いである。

食道アカラジアの検査

  1. 内視鏡検査:食道の拡張や屈曲の程度を観察し、下部食道や胃噴門部の粘膜に異常がないか調べます。食道がんの合併頻度が高いため、がんの有無も調べます。
  2. X線造影:食道や下部食道括約筋の状態を観察します。
   

食道アカラジアの診断

アカラシアの診断は食道運動機能検査という特殊検査によって行われ、食道X線検査で、拡張した食道と、食道胃接合部のスムーズな狭窄像で診断します。

食道アカラジアの西洋医学治療

食道アカラジアの西洋医学治療には、症状が軽度の場合には、薬による内科的治療や内視鏡的治療が行われます。中等症から重症の場合には、手術が必要となります。 

食道アカラジアの癌化

アカラシアの方は食道癌の発生リスクが一般の方と比較して高いことが知られています。このため食道癌健診のため1年に1回の内視鏡検査をお勧め致します。

食道アカラジアの鍼灸治療法

食道アカラジアの鍼灸治療症例と臨床経験

食道アカラジアの鍼灸治療症例 食道アカラジア患者、【腹腔透穴針】取穴:天突、足三里、三陰交、中脘、内関、合穀、大腸兪、脾兪、太沖、陰陵泉。電気針。裏内庭お灸9壮。

食道アカラジアの鍼灸治療臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くの食道アカラジア患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの食道アカラジア患者が通っていらっしゃいます。食道アカラジア患者の一人一人の症状に合わせて、きめ細かな針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、食道アカラジア患者の生活の質と予後は比較的良好です。大多数の食道アカラジアの患者は社会復帰が可能になりました。食道アカラジアの合併症の治療にも、針灸は効果があり、選択すべきです。

食道アカラジアの鍼灸治療のメカリズム

食道アカラジアの原因|食道アカラジア【消化器疾患】

当院独自開発した【腹腔透穴針】治療法:腹部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、下部食道括約筋の働きを改善する仕組みです。
1.【腹腔透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腹腔動脈の血流量が増え、食道胃接合部の弛緩を健常化させます。
4.食道や胃の蠕動運動を促進します。

治療の実際様子と流れ

食道アカラジアの原因|食道アカラジア【消化器疾患】

1.当院独自開発した【腹腔透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

食道アカラジア患者の質問

食道アカラジア患者GF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
食べ物がよくつまり、ゲップもよく出たりして、 夜寝ていると水みたいなのが逆流したりする事がたまにありました。 病院に行って検査した所、初期の食道アカラシアではないかと言われました。今現在漢方薬をいただいて服用していますがあまり効果はみられ ません。病院の先生からはいずれ手術と言われましたが 手術せずに何とかならないものかと思いメールいたしました。

当院の返事:
先週、一人食道アカラシア患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 食道逆流の症状がなくなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った食道アカラシアの方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
お礼のメールをどちら宛にお送りすればいいかわかりませんでしたので、問い合わせ用のアドレスに送ります。
大学病院の消化器科で食道アカラシアと言われ、治る可能性は非常に低いと言われましたが、先生の治療12回で完治し、その後はすっかり元通りの 健康な状態が続いています。本当に嬉しく、感謝しています。ありがとうございました。
いろいろな友人にこの体験を話しても、皆一様に「食道アカラシアは治らない」といい、とても驚きます。
私は、先生に治療していただくことがで きて本当にラッキーでした。ありがとうございました。

食道アカラジア患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障と食道アカラシアの治療を受けましたが、   1回(実際は前1回と後ろ1回の計2回)だけでは、実感で   きませんでした。   ホームページに掲載されている治療効果のデータはどの   ようにして測定されたものなのでしょうか。   患者一人一人に効果をヒアリングされているのでしょうか?

食道アカラジア患者F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
半年ほど前から食事の飲み込みづらさを訴え、3月中旬から症状が悪化しました。 X線の結果、アカラシアだろうと診断されました。 どのような治療にするかはこれからですが、恐らく手術になるだろうと言われました。 そうしてもらう予定ではいるのですが、もし東洋医学で改善されるのであれば出来るだけ手術をしたくないと検索した結果、こちらの医院をみ つけ、連絡させていただきました。 こちらのハリは子どもにも使用できるものでしょうか。 また、アカラシアになると完治はしないと書いてある物が多いのですが、そちらで治療された患者様で手術を必要としながらも症状がなくなっ たという事はありましたでしょうか。 お忙しい中とは存じますが、お返事いただけると幸いです。 10万に1人の確立が何故我が子にと大変悲観しております。

消化器疾患の針灸治療

便秘 自己免疫性肝炎 十二指腸潰瘍 クローン病 食道アカラジア 潰瘍性大腸炎 食道アカラジア 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん