蘇我庵中国鍼灸院が開発した治療法をご紹介。

鍼灸と西洋医学を融合させ、気功鍼灸SP療法、頭皮電気透穴針など、新しい鍼灸技術の開発に取り組んで参りました。

1. 中国医学本物志向と西洋医学との融合による診察、治療

鍼灸を生業とする家系で生まれて、中国中医大学医学部卒業後、20数年の間、西洋医学と東洋医学を両立させながら、診療を取り組んできました。

2. 確かな鍼灸技術と幅広い専門分野

医学部卒後、鍼灸だけではなく、内科、整形外科などの医者として経験を積んでおり、漢方医の家系から伝わった経験を生かして、一般の疾患だけでなく、西洋医学では治療が不可能とする難病も少なからず克服してきまた。
 現在、360症例以上の疾患に対する広範囲な鍼灸治療が可能です。

3. 安全かつ根源的な回復が期待できる

鍼灸治療は、ツボに針で刺激を与えて、血液やリンパの流れが促進され、滞った人体の自淨作用、つまり病気やケガを治そうとする働きを高めます。細胞の活動が活発になり、新陳代謝を促されています。同時に免疫力が向上し、自分の持っている潜在的な自然回復力で、病気を克服します。化学薬品や手術を頼らないから、副作用、後遺症の心配がありません。

4. 脳の難病に【脳透穴針】を開発

脳の難病に対する鍼灸治療法を開発。頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通して、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じて脳にある黒質を刺激し、ドーパミンの分泌を促進、症状を改善する仕組みです。(詳細は夕刊フジ平成16年9月14日号の特集)

5. 個室で安心に治療を受けられます

院内の様子
院内の様子1 院内の様子2 院内の様子3 院内の様子4

鍼灸のことなら康先生に相談してみよう