中国鍼灸 東京・銀座

反回神経麻痺 (声帯麻痺)

反回神経麻痺 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

反回神経麻痺 について

反回神経麻痺 治療前|反回神経麻痺 の治療結果 治療前:声帯が閉じなくなってる
反回神経麻痺 の治療|反回神経麻痺 の治療結果 治療後:声帯が閉じられた

反回神経麻痺とは、声帯を動かす筋肉を支配している反回神経が何らかの原因によって、麻痺した結果、声帯が動かなくなってしまう病気です。
発声の時には、左右の声帯が中央方向に近寄り、呼気により声帯が振動して声が出ます。嚥下時には、ものが気管に入り込まないように、左右の声帯を強く閉め、気道を完全に閉鎖します。
反回神経麻痺は、このような声帯の運動性が障害された結果、左右の声帯が中央方向に近寄らなく、息もれするような声がれします。誤嚥、むせといった症状も起こります。
両側反回神経が障害され、左右の声帯が中央付近で麻痺し動かなくなると、気道が狭くなり呼吸困難や喘鳴も起こります。
声帯麻痺は、反回神経麻痺とも呼ばれます。

反回神経麻痺 に対する当院の取り組み

中国鍼灸の反回神経麻痺の治療目的は、患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと反回神経麻痺の完全な回復までの時間を短縮することです。
当針灸(鍼灸)院は早くから反回神経麻痺 に対する針灸治療の有効性に着目し、難しいといわれる反回神経麻痺の針灸治療を精力的に取り組んできました。30数年の歳月をかけて、【咽喉透穴針】を開発しました。【咽喉透穴針】によって、いい成績を得ました。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。

反回神経麻痺 の鍼灸治療症例と臨床経験

反回神経麻痺 鍼灸治療症例と臨床経験

反回神経麻痺の鍼灸治療 :反回神経麻痺患者155名、【咽喉透穴針】取穴:天突、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針。

反回神経麻痺の鍼灸臨床経験 :中国鍼灸では、多くの反回神経麻痺 (声帯麻痺)患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの反回神経麻痺 (声帯麻痺)患者が通っていらっしゃいます。反回神経麻痺 (声帯麻痺)患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、反回神経麻痺 (声帯麻痺)患者の生活の質と予後は比較的良好です。大多数の反回神経麻痺 (声帯麻痺)の患者は社会復帰が可能になりました。

反回神経麻痺の鍼灸治療のメカリズム

反回神経麻痺の原因|反回神経麻痺【神経疾患】

当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:咽喉部にある反回神経の二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、反回神経の働きを健常化する仕組みです。
1.【咽喉透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.「確率共鳴」という現象が起き、反回神経の働きを活発化させます。
4.反回神経の働きを健常化します。

【反回神経麻痺治療の実際様子と流れ】
反回神経麻痺の原因|反回神経麻痺【神経疾患】

1.当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

反回神経麻痺の原因|反回神経麻痺【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
反回神経麻痺の原因|反回神経麻痺【神経疾患】 反回神経麻痺の症例 : 松下様  男性
反回神経麻痺患者の声|反回神経麻痺【神経系疾患】 今年の1月頃から急に声が出にくくなり、耳鼻科で検査したところ、左反回神経麻痺と診断されました。 病院の先生には経過観察と言われたのですが、声帯麻痺がどんどん進み、ほとんど声が出ない状態になってしまいました。
新聞の記事で中国鍼灸が反回神経麻痺の鍼灸治療を行っていることを知り、中国鍼灸を尋ね、鍼灸治療をお願いしました。
6回目の鍼灸治療を受けた後、喋りやすくなり、14回目の時に誤嚥もなくなり、23回目終わた頃は、以前と同じように喋るようになりました。
御蔭さまで、今は生活に支障は無くなり、大好きな歌も歌えるようになりましたので、とても感謝しています。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

反回神経麻痺の原因|反回神経麻痺【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』・『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
反回神経麻痺の原因|反回神経麻痺【神経疾患】

反回神経麻痺と西洋医学

反回神経麻痺の原因

  1. 甲状腺、肺、食道、縦隔、心臓など手術の後
  2. 怪我(交通事故など)
  3.    
  4. 急性感染、薬物、神経の疾患
  5.  
  6. 原因不明(特発性)
  7.  

声帯麻痺の分類

  1. 両側声帯麻痺:右両方の声帯が動かなくて、全く声が出ない状態で 呼吸困難をおこす。
  2. 片側声帯麻痺:左右どちらか一方の声帯が動かなくて、かすれ声が出る状態で、会話の時に息切れがする。

反回神経麻痺 の症状

反回神経麻痺によって、声帯が閉じなくなるために声が出なくなったり、むせって食べ物が気管に入ってしまったり、嗄声といって息漏れによるしわがれ声になります。声帯両側が麻痺した場合、呼吸困難になり、片側麻痺では嗄声と共に誤嚥を起こしやすい。

反回神経麻痺 の検査

声帯麻痺の原因を突き止めることが重要です。ファイバースコープにより声帯の動きを観察することでわかります。その原因が特定できない場合には、頸部、胸部のX線検査やCT、食道造影、上部消化管内視鏡検査などを行います。外傷や気管内挿管後に生じた声がれでは、声帯の軟骨(披裂(ひれつ)軟骨)が脱臼している場合があります。この場合、ファイバースコープでは反回神経麻痺と区別がつかないことがあり、筋電図や発声時のX線透視検査を行って鑑別します。筋電図は、麻痺の程度や回復の見込みを判断するうえでも極めて有用です。

反回神経麻痺 の診断

反回神経麻痺 の診断としては、喉頭鏡検査が大切です。
ファイバースコープの声帯の動きを観察できて診断が確定します。気管内挿管した後の外傷が原因との声がれは、声帯軟骨(披裂( hiretsu )軟骨)を脱臼。この場合には、ファイバースコープ再発麻痺とは区別できないので、声帯筋電図やX線検査中に差動します。筋電図、および麻痺の程度を判断し、回復の見込みを判断します。

反回神経麻痺 の西洋医学治療

反回神経麻痺 治療の第1の目標は、麻痺した声帯によって気道がふさがれるのを防ぐことです。麻痺が片側のみの場合は、甲状軟骨形成術という手術を行って、普通に声を出すのに最も適した位置へ麻痺した声帯を移動させます。両側の声帯が麻痺している場合は、気道の十分な広がりを保つことが難しいので、気管切開(首を切開して気管に通じる穴をあける手術)を行うことが必要となります。気管切開による開口部は、恒常的に用いる場合と、上気道感染を起こした場合のみ用いる場合があります。このほか、左右の声帯を永久的に離して気道を広げる披裂(ひれつ)軟骨切除という方法もありますが、この処置を行うと声の質が悪くなることがあります。

反回神経麻痺患者の質問

反回神経麻痺患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
全身麻酔の手術は成功しましたが、左反回神経麻痺と診断。しゃべることが仕事であり、職場でも非常に 厳しい状況。至急回復を目指したい。

当院の返信:
当院が開発した特殊な治療法で、治った反回神経麻痺の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者の返信:
こんばんは。
先生の鍼灸治療で先週からスムーズにしゃべることができるようになりました。 大変心強く感じ、ありがとうございました。
どこの病院に行っても、完治は無理と言われ、回復できたのは奇跡です。
来週また伺いますので、宜しくお願いします。

反回神経麻痺患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
反回神経麻痺などで効果があった方は、どれくらいの期間で何回ほど通われたのでしょうか? 現在、喉を中心に治療を行っておられると思うのですが、 今日も先日も、耳や目を中心に鍼が刺さっていたと思います。 それらの箇所を治療することは喉をよくするのに効果はあるのでしょうか?

反回神経麻痺患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
反回神経麻痺だと思うのですが、今のところはまだ症状が出ていないのでわからないと言われました

反回神経麻痺の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
反回神経麻痺3ヶ月経つまではあまり色々な事しない方がよいですか?

反回神経麻痺患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
反回神経麻痺なので、治療を受けようか迷っているのですが、何回ほどで治るのでしょうか? また効果は永続的なものなのでしょうか?

反回神経麻痺患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
4歳の時に心臓の手術をして、それ以来全身麻酔による左反回神経麻痺に悩んでいます。外科手術での治療に抵抗がどうしてもありいろい ろ調べていたところ、この鍼灸による治療を発見しとても興味深く思い連絡を差し上げました。 約何回ほどの治療で完治するのかをお聞きしたいです。まだ大学生のためお金に余裕があるわけではありません。自分で治療費を払えるような 回数で治るのであれば是非お伺いしたいと考えて居ります。お忙しいとは思いますがご回答よろしくお願い致します。

反回神経麻痺患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
肺がんの手術をしましたが、左半壊神経麻痺になりました。術後8カ月になります。6か月後に病院で診てもらいましたが、症状は変わらない ようです。麻痺は治るのでしょうか

反回神経麻痺患者GJ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
反回神経麻痺なって3か月耳鼻咽喉科2か所で治らず 総合病院で頚部ct異常なし1か月肺癌を疑い検査しました

反回神経麻痺患者JK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
交通事故。くも膜下出血、脳幹損傷による両側反回神経麻痺(後頭部は打っていないので激しいムチ 打ちの様なもの!?)により気管切開。頭を強打したので事故時の記憶はありません。一時は心肺停止したらしいですが、電気ショックによ り蘇生。25歳の時に東京の病院で手術しました。声帯をレーザーで少し焼いてスペースを作り、スピーチカニューレからレチナカニューレに 変えました。それから経過観 察という事で2ヶ月に1回、東京の病院へ通っています。平成16年に社会復帰し、今では正社員として働いています。 年声帯が動くことを信じて過ごしてきました。舌の運動もしたりしていますが、あまり 変化は見られません。声帯麻痺が治る見込みがあるのは半年ほどまで・・・と聞きました。まだ動くと信じたいのですが可能性はありますか ?

反回神経麻痺患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
4月頃から声がかれ、出ににくなりました。横浜の栄共済病院にかかり、加齢ということで、終わりました。同病院でCT検査を受けまし たが異常はありませんでした。今年鎌倉の湘南鎌倉病院で再度耳鼻咽喉科にかかりましたところ、左声帯が動いていないとのことです。しば らく様子を見て動かなければ東邦医大を紹介しますとのことです。現在血流を良くする漢方薬を調合してもらい、毎日3回飲んでいます。声を 楽に出したいのですが

反回神経麻痺患者CN様

[ 症状、ご相談内容 ] :
縦隔腫瘍(胸線種) 除去手術を受けました。 そのときの後遺症で声がかすれ 右側の声帯が動いていない事がわかりました。 先生は「3ヶ月から半年で回復します」との事でした。 しかし、甲状腺がんの疑いで再度 手術しなくてはいけなくなり、 左側の甲状腺を取るので、 左反回神経も麻痺する可能性が大きいとの事でした。 現在、右側の神経回復待ちの状況です。 両方麻痺してしまうと呼吸の穴を 開けないといけないようで、非常に不安な毎日です。 胸線種の手術は7月15日に行いました。 次回10月の手術予定ですが、 それまでに間に合うかどうか・・・。

反回神経麻痺患者CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
手術で迷走神経の良性腫瘍を摘出しました。 その影響で、右側の声帯が動かない状態になり、声が嗄声のしゃがれ声になっています。 耳鼻科で見てもらいましたが、右側の生態が正中位で停止していて、左側の生態だけで発声しているようです。 手術から1週間が経過し、だいぶ改善はされましたが、まだ風邪をひいているような声になっています。 仕事で、声を使うためにできるだけ早く、改善したいと思っています。 針はもちろんですが、お灸も効果があるかもしれないとも効きまいた。 ちょっと針はまだ怖いため、まずはお灸で様子を見れないかとも思っています。 そちらへ通院した場合、針またはお灸にて、多少なりとも改善の期待はできますでしょうか?

反回神経麻痺患者AK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
全身麻酔の手術を行う。手術は成功しましたが、左反回神経麻痺と診断。しゃべることが仕事であり、職場でも非常に 厳しい状況。至急回復を目指したい。

反回神経麻痺患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
今年の4月に入ってすぐに左反回神経の麻痺が 起こり、嚥下がしずらく少し息苦しく感じるようになりました。その後、5月始めから右反回神経の麻痺も確認された為、11日に気管切開 の手術を受けて入院しております。現在、誤嚥の防止もあり発声も飲食も不可能な状態で点滴のみで過ごしております。

反回神経麻痺患者SM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
数カ月前から右側反回神経麻痺に悩まされています。(声枯れはありますし、よくむせたりはしますが、食欲はあり 、ほぼきちんと三食食べています) 癌治療中でも、施術は可能でしょうか? 宜しくお願いいたします。

反回神経麻痺患者M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
反回神経麻痺の治療を希望致します。 24日に突然声が出なくなり、「右反回神経麻痺」(右側声帯麻痺)と診断、CT/エコー検査も異常なし。 現在、経過観察中です。 20日に「下垂体腺腫摘出手術」で全身麻酔を受けていますが、術後に異常はありませんでした。

反回神経麻痺患者LI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
甲状腺がんの手術を受け、両側反回神経麻痺となりました。右側の反回神経は手術の際に合併切除しましたが、左側の声帯はつながっ ており、麻痺した状態です。現在、呼吸が苦しく、声もほとんど出ない状態なので、左側だけでも声帯が動くようになってほしいと考えてい ます。 鍼灸治療で治すことは可能でしょうか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん