中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>神経系疾患>認知症(痴呆)

認知症

認知症と中国鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

認知症について

認知症の原因|認知症【神経疾患】

認知症とは、脳や身体の疾患を原因として、記憶判断力などの障害がおこり、普通の社会生活がおくれなくなった状態です。
認知症は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態です。これに対し、知的障害は先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態です。
認知症は、かつては痴呆と呼ばれていましたが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって認知症への言い換えを求める報告がまとめられ、痴呆の語が廃止され認知症に置き換えられました。
痴呆の狭義の意味としては知能が後天的に低下した状態との事ですが、医学的には知能の他に記憶・見当識の障害や人格障害を伴った症候群として定義されました。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった現象や統合失調症などによる判断力の低下は、痴呆には含まれないです。逆に、頭部外傷により知能が低下した場合などは痴呆と呼ばれます。認知症の初期症状で最も多いのはもの忘れですが、それ以外の症状ではじまることもあります。意欲、自発性の低下やうつ症状言語障害、注意力低下なども認知症の初期症状のことがあります。

  

認知症に対する当院の取り組み

認知症原因|認知症【神経疾患】

中国鍼灸の認知症の治療目的は、認知症の回復程度を高めることと認知症が完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できない認知症患者さんの期待に応えるため、当院長が25年間、認知症治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリ【脳透穴針】を考案いたしました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。
認知症の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。記憶・判断力など障害の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

認知症の鍼灸治療法

認知症の鍼灸治療症例と臨床経験

認知症(痴呆)鍼灸治療症例 認知症(痴呆)患者75名、【脳透穴針】取穴:百会、前頂、承霊、懸顱、後頂、太陽、風池、人中、神庭、印堂、大椎。百会、前頂、後頂を一本の針で、神庭、印堂を一本の針でツボを貫通し、オームパルサーで、小程度の電流を流します。

認知症(痴呆)鍼灸臨床経験 :当院では、多くの認知症の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの認知症患者が通っていらっしゃいます。認知症患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸の針灸(鍼灸)治療では、認知症患者の回復と予後は良好で、多くの認知症患者は普通の生活が可能となりました。
認知症(痴呆)の原因治療が必要です。原因治療と対症療法としての鍼灸治療が効果大です。

認知症の鍼灸治療のメカリズム

認知症の原因|認知症【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳組織と機能を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させます。
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、被殻、尾状核、小脳や脊髄の神経細胞が活性化されます。
6.神経伝達物質GABAの受容を高め、大脳の機能を活性化します。

認知症治療の実際様子と流れ

認知症の原因|認知症【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

認知症の原因|認知症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
認知症の原因|認知症【神経疾患】

認知症の鍼灸治療患者の声

認知症の原因|認知症【神経疾患】

お陰様で認知症が治って、今8ヶ月に入っております。
体は元気なのですが、3年前に少しずつボケが出てきてしまってました。 病院では「認知症」と診断、1年も薬を飲み続きましたが 認知症の進行は徐々に増悪していきました。
もう仕方ないと思って、病院の紹介で中国鍼灸の鍼灸治療を始めました。 1週間後、最近のことはすぐに忘れてしまうという感じが無くなり、1か月後できなかった一人で家に帰ることができるようになり、さらに昨日の食事メニューも覚えていられるようになり、家族の方がとても驚きました。
2ヶ月後、本人はもう、物事を忘れずにいられることになり、明るく楽しい生活に戻りました。最近は気持ちが若返ったように見えます。
家族みんながイライラしていた状態も解消しました。嬉しくて、先生に感謝の気持ちが満ち満ちて毎日元気に働いています。 (以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)

認知症の原因

■脳血管性疾患による認知症
脳血管障害:脳出血、脳梗塞など
■退行変性疾患による認知症
アルツハイマー病、進行性核上性麻痺、パーキンソン病、びまん性レビー小体病、ピック病、ハンチントン舞踏病、ALS様症状を伴う認知症、大脳皮質基底核変性症 など
■内分泌・代謝性中毒性疾患による認知症
甲状腺機能低下症、下垂体機能低下症、ビタミンB12欠乏症、ビタミンB1欠乏症、ペラグラ、脳リピドーシス、ミトコンドリア脳筋症、肝性脳症、透析脳症、低酸素症、低血糖症、アルコール脳症、薬物中毒 など
■感染性疾患による認知症
クロイツフェルト・ヤコブ病、亜急性硬化性全脳炎、進行性多巣性白質脳症、各種脳炎・髄膜炎、脳膿瘍、脳寄生虫、進行麻痺 など
■腫瘍性疾患による認知症
脳腫瘍(原発性がん・続発性がん)、髄膜浸潤(原発性がん・転移性がん)など
■外傷性疾患による認知症
慢性硬膜下血腫、頭部外傷後遺症など
■その他による認知症
正常圧水頭症、多発性硬化症神経ベーチェット、サルコイドーシス、シェーグレン症候群など

認知症の分類

認知症は皮質性認知症と皮質下性認知症の分類と血管障害性認知症と変性性認知症という分類があります。日本では従来より血管性認知症が最も多いですが、最近はアルツハイマー型認知症が増加しています。
原因疾患による認知症の分類

  1. 血管性認知症
    多発梗塞性認知症広範虚血型認知症(Binswanger型白質脳症を含む)・ 多発脳梗塞型認知症・ 限局性脳梗塞型認知症・ 遺伝性血管性認知症
  2. 変性性認知症
    アルツハイマー型認知症・ パーキンソン病・ 前頭側頭型認知症・ ピック病・ びまん性レビー小体病・ ハンチントン病・ 進行性核上性麻痺
  3. 感染
    クロイツフェルト・ヤコブ病 ・ HIV関連認知症・ 治療可能なもの・ 慢性硬膜下血腫・ 正常圧水頭症・ 甲状腺機能低下症

認知症の症状

  1. 中核症状
    記憶障害と認知機能障害(失語・失認・失行・実行機能障害)から成り、神経細胞の脱落に伴う脱落症状であり、認知症患者全員に見られます。認知症の進行とともに徐々に増悪します。
  2.   
  3. 周辺症状
    幻覚・妄想、徘徊、異常な食行動、睡眠障害、抑うつ、不安・焦燥、暴言・暴力など。神経細胞の脱落に伴った残存細胞の異常反応であり、一部の患者に見られます。

認知症の検査と診断

  1. 知能検査
  2. 血液
  3.  
  4. 画像検査
    認知症の原因に応じ、脳萎縮・脳内の病巣・脳腫瘍・水頭症の所見が見つかることがあります。意識障害時には認知症の診断できないです。ICD-10とDSM-IVでさえ診断基準は異なりますが、一般に、日常生活に支障が出る程度の記憶障害・認知機能の低下の2つの中核症状が見られる時に認知症の診断ができます。

認知症の西洋医学治療

認知機能改善薬としてドネペジルが開発され、アルツハイマー型痴呆を中心として認知機能の改善、痴呆進行の緩徐化などの効果が期待されています。また、認知症患者は認知機能低下のみならず、不眠、抑うつ、易怒性、幻覚(とくに幻視)、妄想といった周辺症状と呼ばれる症状を呈すことがあり、その際は適宜、睡眠薬、抗うつ薬、抗精神病薬、抗てんかん剤などの対症的な薬物療法が有効なこともあります。

認知症と『もの忘れ』の違い

認知症は、はじめのうちは歳のせいによるもの忘れとの区別がつきにくい病気です。大きな違いの一つとして、認知症は記憶のすべてを忘れてしまうのに対し、歳のせいによるもの忘れは記憶の一部を忘れているという点があげられます。

「認知症によるもの忘れ」と「老化(歳のせい)によるもの忘れ」の違い
認知症によるもの忘れ 老化(歳のせい)によるもの忘れ
病気 病気ではない
進むことが多い 半年〜1年では変化なし
もの忘れ以外に時間や判断が不確かになる 記憶障害のみ
物盗られ妄想などの精神症状を伴うことがある 他の精神症状を伴わない
しばしば自覚していない 自覚がある

認知症とアルツハイマー病と脳血管障害性認知症

認知症(痴呆)とは、脳が病的に障害されて起こる病気です。認知症(痴呆)の原因となる病気は、頭蓋内の病気によるもの、身体の病気によるものなどたくさんあります。 しかし、多くは「アルツハイマー病」と「脳血管障害による認知症」です。なかには、原因となる病気を適切に治療することで痴ほう症状が軽くなるものもあり、それらは認知症(痴呆)全体の約1割を占めているといわれています。
日本では、脳血管障害による認知症(痴呆)の方がアルツハイマー病よりも多いといわれていましたが、最近ではその割合が逆転し、アルツハイマー病の方が多いとの報告があります。

認知症患者の質問

認知症患者ER様

[ 症状、ご相談内容 ] :
認知症で夜間の不穏があり、入居中の施設提携の医者からリスペリドンを処方され、いったん症状が収まったところ、また不穏 になったため薬が増量されました。
ど うしたらよいでしょうか。

当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
一度お電話予約した上、ご来院ください。

[ 患者様の返信 ] :
こんにちは。
不眠が正常に戻ってきたのか調子が良くなってきました!
体の冷えも改善されてきたようです。 認知症はまだ完治ではないと思いますが、回復に向かっている実感があります!
先生のおかげです、ありがとうございます!
あまり金銭的に余裕がないので一旦治療は見合わせようと思っています。
余裕ができたらまた予約します。 本当にありがとうございます!

認知症患者E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脳血管性の認知症になってしまいました。食事はチューブで栄養を補給して居る状態です。今も入院中 でリハビリを続けて居ますがあまり効果が見られません。2月中には退院の予定ですが自宅で私(娘65才)が介護する覚悟で居ます。少し でも回復して欲しいのではり治療で良くなればと思いメールさせて頂きました。 今は自力で座る事も出来ませんが、可能性はありますでしょうか。 宜しくお願いします。

認知症患者s様

[ 症状、ご相談内容 ] :
相手の名前や著名人の名前を忘れてしまい、対話に恥じをかいています。また、今までコーラスをやってきましたが、暗譜が難しくなり、情け ない思いをしています。 また、漢字も忘れ、英単語も綴りが不確かとなって、加齢の所為かもしれませんが、これをなんとかできないかとご相談申し上げる次第です。 以上、よろしくお願いします。認知症にはなりたくありませんので。

認知症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
私は重度の認知症でとても通院はできません。 中国医学のツボの治療で改善できるのでしょうか。

認知症R様

[ 症状、ご相談内容 ] :
母親(67歳)は、認知症で入院中です。同居していないため、両親がそれぞれ違う病院で入院していて、施設や 介護について考え始めている状況です。 認知症が少しでもよくなれば、と思って色々と調べています。 何か良い方法はありますか?

認知症E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
認知症状の回復 について。 3か月前に肩関節脱臼で入院しました、インフルエンザで2週間隔離されたら認知症が進行しています。 MMSEで10点だいです、入院し てすぐは、27点、1か月後25点、現在目が生きていません。鍼治療での効果を期待しています。如何なものでしょうか。宜しくお願い致 します。

脳出血後遺症による認知症R様

[ 症状、ご相談内容 ] :
認知症がどんどん進んでいることを心配しています。右手と右足が鈍くてお話も出来ない。 四〇代のときに脳出血したことがあります、去年の一月から副甲状腺亢進でカルシウムが血管の中に沢山溜まっている、今年の四月一日に杏 林病院で手術をしました、左側のできものを取った、右側もあるみたい。 去年の五月に散歩の時に転んで左の頭をぶつかった頭の中に出血した、7月に田無の佐々総合病院で30分の手術をした、8月に同じ病院で ヘルニアでお腹を手術をしました。

レビー小体型認知症G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
レビー小体型認知症の疑いと診断されています。何と進行を遅らせようといろいろ試したいますが、悪くなってきています。特に自立神経系が の悩みが増え、排尿障害などもあります。なんとかならないでしょうか?藁重掴む思いです。どうぞよろしくお願いします。

認知症DG様

[ 症状、ご相談内容 ] :
認知症状が去年10月よりひどくなり、メンタルクリニックに今年に入ってから通院し服薬治療をしておりましたが、主治医に対して不信感を持ち始めていた所ですので、ご家族とも話し合い、貴院には認知症の治療で伺うという事にしようと言う事になりました。 ご自分では、過去にうつ病に罹患した事と最近、認知症が出てきた事は認めていらっしゃいますが、間歇性爆発障害という事には反発する可能性が非常に高いので、先生の方でも、こちらの病名は伏せて頂けたらと存じます。他人に怒鳴った事などは、あまり自覚がないご様子で、病気だと言うと通わなくなる可能性があります。

脳の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群)

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん