中国鍼灸 東京・銀座

知的障害

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

知的障害について(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

知的障害・自閉症の原因|知的障害・自閉症【小児疾患】

知的障害とは、知的能力の発達が全般的に遅れた水準にとどまっていて、知的機能が全般的に平均よりも低く、環境に適応することが困難な状態のことです。
知的障害とは、出生時や乳児期初期から明らかに知能の働きが標準に達せず、正常な日常生活を送るのに支障がある状態をいいます。
知的障害はこれと違って、生まれた時点、あるいは早期の乳幼児期に知的能力の発達そのものがあまり進まない状態です。
「知的障害」は発達期に明らかとなるものであり、認知症などの成人・老年期に発症する知的機能の低下とは異なります。更に、全般的な知的水準の遅れであり、部分的に困難さを伴う「学習障害」とも異なり、また、「知的障害」の程度により、原因、特徴、経過が異なるため、一般的に、軽度、中等度、重度、最重度と分類され、それぞれの基準の目安も設けられています。
知的障害は重い身体障害を伴うことがあるため、その状態によっては知的障害の子供の寿命が短くなる場合があります。概して知的障害の程度が重いほど寿命は短くなる傾向があります。しかし軽度の知的障害の子供は、おおむね正常な平均余命をもちます。

知的障害の原因

知的障害はさまざまな医学的要因と環境要因によって起こります。遺伝的なものもあります。受胎前や受胎時に起こるものもあり、妊娠中や出産時、出生後に起こるものもあります。最も一般的な要因は脳の成長と発達が何らかの原因によって障害されることです。

  1. 心理・社会的要因:知的発達に著しく不適切な環境に置かれている場合であり、児童虐待はその典型例です。
  2. 生理的要因:体には特別の異常が見られませんが、脳の発達障害によって知能が低い水準に偏ったと考えられるものです。
  3. 病理的要因:脳に何らかの病気あるいは損傷があって、知能の発達が妨げられるものです。たとえば乳幼児期の脳外傷、感染症、出血などがあり、出産の際の障害も重要なものです。胎児の時期に母親が風疹(ふうしん)、梅毒(ばいどく)などに感染することや、有機水銀など体外から入った物質の中毒によるものもあります。染色体異常(せんしょくたいいじょう)による知的障害にもいろいろあり、ダウン症はその代表的な例です。

知的障害に対する当院の取り組み

当院の知的障害の治療目的は、知的障害患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと知的障害の完全な回復までの時間を短縮することです。
知的障害の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は知的障害患者の期待に応えるため、25年間、知的障害の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%を占めます。
知的障害の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法【脳透穴針】を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして知的障害の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

知的障害の鍼灸治療法

知的障害の鍼灸治療治療症例と臨床経験

知的障害鍼灸治療症例 :知的障害250名、【脳透穴針】取穴:風池、太陽、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針。

知的障害鍼灸臨床経験 :当院では、多くの知的障害の症状を回復させてきました。今も多くの知的障害患者が通っていらっしゃいます。知的障害患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、知的障害患者の知能の発達が大幅に改善されます。

知的障害の鍼灸治療のメカリズム

知的障害の原因|知的障害【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脳の知的高次機能を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織と機能を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳を活発化させます
5.脳の知的高次機能を健常化します。

知的障害治療の実際様子と流れ

知的障害の原因|知的障害【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

知的障害の原因|知的障害【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
知的障害の原因|知的障害【神経疾患】

知的障害の程度分類

  1. 軽度知的障害:知的障害のおよそ85%を占め、就学までは気づかれにくい。成人期までに、およそ小学校高学年程度の知能を身につける。成人後は、適切な支援を受けて生活し、家族を持つことや、簡単な仕事に就くことは出来る。特異的な原因は特定できないことがしばしばである。
  2. 中等度知的障害:知的障害のおよそ10%を占める。言語発達や運動発達は遅れるが、殆どが言語を習得し、充分コミュニケーションをとれるようになる。学力は、最終的に小学校2-3年生くらいとなる。成人期には、社会的・職業的支援が必要で、適切な監督下で、難しくない仕事ができる。殆どが器質的原因を同定できる。
  3. 重度知的障害:知的障害のおよそ4%を占め、3-6歳の知能に発達し、簡単な会話が可能となる。訓練により、自分の身の周りのことができる。成人期には、決まった行動や、簡単な繰り返しが可能であり、常に監督や保護が必要である。ほぼ、器質的病因がある。
  4. 最重度知的障害:知的障害のおよそ1-2%であり、3歳未満の知能に相当する。言葉によるコミュニケーションは困難だが、喜怒哀楽の表現が可能で、見慣れた人は覚えている。運動機能の遅れも認め、歩行も困難であることが多い。他の身体障害、てんかん、神経症状などを伴うことが一般的である。また、常に援助と世話が必要である。

知的障害の症状

  1. 乳幼児期 同年齢の幼児との交流が上手くいかなかったり、言葉に遅れがあったりする場合が多い。染色体異常などの病理的原因(後述)の場合は早期に発見されることが多い。
  2. 学齢期(6 - 15歳ごろ) 判断力や記憶力などの問題で、普通学級の授業についていけない場合が多い。複雑なルールの遊びに参加することは困難である。そういったストレスから、各種二次障害が発生する場合もある。また、後期中等教育への進学に当たっては、各種の問題がある。
  3. 成年期(18歳 - ) 一般的な職場への就労はハードルが高く、障害者の保護者やボランティアなどが開設する通所施設で活動する例が多い。また、日常的でない判断が難しく、時に判断を誤ることや、悪意の接触にだまされることがある。

知的障害の検査と診断

知的障害の検査と診断は、知的障害の疑いがある子供に対して、知能検査を行い、原因を探ることで診断します。発達の遅れがあると判断される場合には、知的水準を測る方法として知能検査や行動観察が行われます。これらの検査は、発達の遅れている点を明らかにするだけでなく、子どもの優れた能力を見いだすことにもなります。専門医であっても、一度の診察や検査で長期的な発達の予測をすることは困難です。時間をあけて診察し、発達の経過も併せて判断することが必要です。合併する身体の病気が予想される場合には、必要な検査を定期的に行うことがあります。たとえば、てんかんの合併が考えられる場合には脳波検査を行います。言語の習得や社会的能力の習得が遅れている子供では、知的障害以外の障害や病気が原因になっている場合があります。たとえば聴覚障害は言語や社会性の発達を阻害するので、聴覚検査はよく行われます。
新生児に知的障害に随伴すると思われる身体の異常やそのほかの症状がある場合は、代謝性疾患や遺伝性疾患を調べるための臨床検査が必要です。CT(コンピューター断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査などの画像検査で、脳の構造的な障害を調べることもあります。

知的障害と自閉症

知的障害は、知能面の全体的な障害であり、自閉症は社会的相互作用の障害,意思疎通の障害,また繰り返される紋切り型の行動により定義されます。自閉症の原因は,大部分の原因を含む特発性の自閉症と,環境要因や染色体異常,もしくは単一遺伝子の異常が同定できる続発性の自閉症とに分類できます。
自閉症の本質であるコミュニケーション障害は、対人関係面を主とした障害で、昔から知られている種類の自閉症は狭義の自閉症のことですが、これはコミュニケーション障害と知的障害が合わさったものです。近年知られてきた種類の自閉症である高機能自閉症は、コミュニケーション障害のみであり、知能指数の全体平均は知的障害の域に達しないです。

知的障害の西洋医学治療

知的障害の具体的な治療の方法としては、身体運動訓練、言語指導、学習訓練などをその子どもの障害に合わせて適度に組み合わせて行うとともに、時には多動(たどう)の改善を目的に薬物療法(リタリン)を併用することもあります。

知的障害の注意点

知的障害の子どもの示す症状は決してわがままや育て方によって起こったものではなく、生来的なハンディキャップをもつ子どもなのだとみなして対応する基本的態度を、家族や周囲の人がもつことです。そうした認識のもとに、子どもの環境を整えていくことが必要です。
発達障害が疑われたら、専門家による診断を受けることが望まれます。ただし知的障害の治療は専門家にまかせるのではなく、あくまでも子どもが現在暮らしている場での生活を保証しながら、個別的に配慮することが必要です。 具体的には、言語発達のレベルに合わせた言葉かけをしながら、集団遊戯はその子に合わせた簡単な課題から取り組めるように工夫して、温かく励ましながら少しでも成功した喜びを体験させるなど、子どもの意欲を高めて自発性が育っていくように心がけます。

知的障害患者の質問

知的障害Q様

知的障害の原因|知的障害【神経疾患】

[ 症状、ご相談内容 ] :
子供は中度知的障害なのですが、鍼灸は可能でしょうか?知的障害児が発語したり行動が 抑えられるものでしょうか?薬でなく治療できたらと思っていますが、神経に鍼灸して何かあったらと不安もあります。詳しく教えていただ きたくよろしくお願い致します。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
早速の治療をいただきましてありがとうございます。
お陰様で発語と行動異常が随分改善されました。
このままだと治るのかなあと安心をしてきました。
希望が持てました。
本当にありがとうございます。来月も伺いますので、宜しくお願いします。

知的障害の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
精神発達遅滞(知的障害)の息子3歳10ヶ月についてお尋ねいたします。 発達検査をこれまでで4回ほどしましたが、最新の結果では精神面は2歳にも満たないという内容でした。 (運動面では2歳半ほどの結果でした) 大人が言っている事はある程度わかっていてそれに反応はしますが、やはり幼稚園のお友達のような年齢相応には到底至っていません。 歌を聴いてメロディーを少しだけ口ずさむことは出来たりしますが、まだ言葉は一つも発しません。 血液検査を2回しましたが甲状腺やビタミン・ホルモン異常など全くなく、MRIでも異常はありませんでした。 2歳少し前から週2で療育へ通っていますが、療育は治療でも何でも無いので、私自身でネットで調べて食事療法(デトックス治療)や小児鍼 (コロコロ転がすだけ)を試しましたがこれと言って効果がありませんでした。 親として他に何か治療的なものはないか探していたところこちらに行きあたりました。 この年齢でも施術が出来るのかと、費用・回数、それに伴って効果がどのように期待できるのか、施術に関する不安も少しございます。

知的障害の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
境界知能なのですが、スーパーで働いていていつも迷惑をかけてばかりで自分も出来るだけ早く治したく探していたらこちらが見つかりですが 距離が遠く治療に行くのに厳しく お願いしたいことがあります?

知的障害患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害で、重度から中度です。相手が話してる言葉はだいたい理解できてると思います。言葉も出てきてはいま すが、相手にハッキリ伝わるほどではなく、家族がわかる程度です。 東京まで通うとなると、どれくらい通う事になりますか?漢方薬のみでも知的障害の改善はみられますか?

知的障害患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
福岡で知的障害の鍼灸をされているところが ネットなどで探しても見つからないため、ご存知でしたら教えて頂けないかと藁をも掴む思いで連絡させていただきました。

軽度知的障害患者W様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽度知的障害と診断された6歳の娘を見て頂きたいです。 初診はいくらあれば足りますか? また、何回くらい通えば改善されるのでしょうか?

重度知的障害患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
重度の知的発達障害です。治療できますでしょうか、よろしくお願い申し上げます。

知的障害患者ZS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
重度知的障害です。たとえ、1%でも可能性があるなら、改善された人がいれのであれば、是非試してみたいです。よろしくお願いいたします。

知的障害患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害です。宜しくお願い致します。
知的障害患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
五年生の息子が軽度の知的障害の疑いがあります。 一度お伺いしてお話を聞いてみたいです。

知的障害患者FA様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害の疑い、治療をお願いしたい。

知的障害患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
的障害と診断されてB2の手帳を持っています。通信制の学校に通い、障害の事は学校に伏せていま す。行動範囲も広くなり話をして分からせようと努力してますが理解度が低い為かなかなか伝わりません。ハリでの治療で改善されるのであ れば、お願いしたいと思いメールしました。

知的障害患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害が治せますか、頭の知能は上がりますか。今17歳ですが治療大丈夫ですか。

知的障害SQ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
1年生の頃から勉強が苦手で家庭教師・塾など通わせていました。が成績は上がらず置いていかれる一方でした。 人一倍勉強もしているのに何故かなど…作文も書くことができません。もちろん手紙の文法もおかしく悩んでいました。この前理解していた 計算も数日たてば忘れてしまったりします。家族で話して教育センターで調べてもらったところ知的障害の軽度と判断されました。何か改善 方法や治療法がないか調べていたらこちらを知ることができました。治療法と可能性のある結果をしりたくご相談しました。治療費も聞きた いと思います。デメリットもないのでしょうか?

知的障害患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽度知的障害と診断された6歳の娘を見て頂きたいです。 初診はいくらあれば足りますか? また、何回くらい通えば改善されるのでしょうか?

知的障害MB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害の軽度を教えて下さい。 夏に検査した結果、IQが54でした。勉強を教えても定着しません!! 学校でもコミュニケーション不足 でトラブルばかりです。本人の性格は真面目でがんばり屋さんです。 親としてどうにかならないかと思っています!! 治らないですか!?

知的障害患者XL様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害の診断されました。治療をお願いします。

重度知的障害患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
重度の知的障害があります。出産時、首にへその緒が巻き、自然分娩でなかなか下へ下りてこないため、緊急に帝王切開になり ました。その間に酸素不足になり、障害が残ったのではないかと言われています。少しでも改善するならと思い、できる限りのことはやって きましたが、なかなか改善されていません。この年齢で治療を始めても治りますか?ご返答よろしくお願いいたします。

重度知的障害と重度自閉症患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
重度知的障害と重度自閉症とてんかんの発作をもっています 23歳の男子です。脳に電気を送る治療は有効なのでしょうか?副作用などについても知りたいです。 てんかんに影響が起こらないのでしょうか。

知的障害患者P様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2歳の時にてんかんと診断され、知的障害と多動性の障害を併発しております。小さな子供 でも治療は出来ますか?

知的障害患者K様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害である感じで悩んでいますが、 IQ検査とかで調べれますか

知的障害NM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害があります 少しでも改善できればと思っています。

知的障害患者F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障の治療の事なんですけど、私は、軽度の知的障害をもっています。人の話を聞いて理解するのが、難しいです。完全に治るのですか?

知的障害PK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害があるので、それを治療することを先生にご相談したいと思い、問い合わさせていた だきました。障害の原因は産まれてからの2ヶ月間の酸素不足ではないかと言われています。どうか、お力をいただきたいと思います。よろ しくお願いいたします。

発達障害患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達障害を要因とする喘息を患い、交通事故3回経験あり。 現在薬物療法はしておりません, 低体温症で体全体が冷えております。

発達障害患者U様

[ 症状、ご相談内容 ] :
子供6歳が生後8日で痙攣を起こし、 確認されただけで6回脳波に異常が見られました。 その後1ヶ月投薬入院し、退院してから現在に至るまで痙攣は起きていませんが、心配していた後遺症でしょうか、 昨年末に「軽度知的障害」と「協調運動障害」と診断されました。 子供は同じ学年の子より知的な遅れを自覚してきており自信を無くしがちです。 貴院、大宮分院で知的障害に対する治療は行えますか?

知的障害患者IO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽度知的障害IQ50と診断されました。 来年の就学に向けて少しでも改善したいと思っております。 ただ、針の治療に対して恐怖心を抱いてしまい、治療が出来ないのではないかと懸念しております。 もし、嫌がったり、静止していない場合は先生の治療は難しいでしょうか。 ご回答のほど、宜しくお願い致します。

重度知的障害患者M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
これまでに知的障害の方の治療をされてきて、沢山の方が 治癒されているということですが、成人の重度知的障害の方の中にも、治った方がおられますか? 回数多く受けることで改善の仕方も違うのでしょうか? ご返答よろしくお願いいたします。

重度知的障害患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
どれくらいでIQが60から80になられるのでしょうか。個人差があるとは思いますが、回数や期間を教えてくださ い。それから、成人の重度知的障害の方が、そちらに通われて治癒された方とかいらっしゃいますか?

知的障害IZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害者です。 知能指数は5歳位です。 少しでも知能指数をあげたくてメールしました。 なにか治療法はあるのでしょうか? よろしくお願いします。

知的障害患者H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
息子が知的障害で、ハリをうけたいです。

知的障害HD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽度の知的障害です。計算ができないのと、言われたことを理解するのが難しいです。それを直せることは、できますか?

知的障害患者の治療相談

知的障害患者N様

知的障害の原因|知的障害【神経疾患】

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害で何か良い治療は無いかと藁にもすがる思いで受診させて頂きませんか。

知的障害患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
中度知得障碍。よろしくお願いします。

知的障害患者の治療相談

知的障害患者CV様

[ 症状、ご相談内容 ] :
IQ62の軽度知的障害と診断されました。ただ、できる事も多く、なるべく健常者と共存していけるように過ごさせたいのです が、中学に進む準備にもう少しだけ知的障害を改善させてあげたいと思っています。一度伺って診察して頂きたいのですが。

知的障害患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
16歳でIQ72の境界域知能です。 登校拒否が小学校高学年から強くなり、今現在普通高校へ通ってますが教室になかなか入ることができません。 自分の気持ちを文章にして話すことや一度にたくさんのことを言われても理解することができません。他にもたくさん困ったことがありますが 、針治療で改善することができますか? それから、漢方薬の麝香を飲み始めて5日間たってます。少しだけ効果はあるようだけど、劇的には変わりません。

知的障害患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的障害でこの10月から12月までは、病院に入院です。(康先生は、お電話で、娘のような症状はリハビリは意味ないとの事でしたが、身障者手帳で の補助などを受けるためにも病院との付き合いも必要でして。。頭部に磁気刺激を与えるTMSという治療をします。)その後、治らなかっ たらすぐ、康先生に診て頂く⇒藁にもすがる思いでして、本人、家族ともこの順番に納得してのお願いです。 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

知的障害患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽度知的障害の疑いがあります。こちらの情報を知り治療をお願いしたいと考えておりますが、こちら山形 県からの通院になってしまうのですが、分院の大宮の方でも同じ治療は受けられるのでしょうか? また、頻繁な通院が必要になってしまうのでしょうか?

知的障害患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
重度知的障害の子がいます。 そちらの治療で治った成人の重度知的障害の人が30人ほど おられると以前教えてもらいました。針治療で知能指数が上がった後、学習もできるようになるのでしょうか? もし、こんな方法で学習ができるようになったという例があれば教えてください。 よろしくお願いします。

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん