中国鍼灸グループ 東京・銀座
病気検索>呼吸器疾患>気管支拡張症

気管支拡張症の最新治療 

気管支拡張症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸グループに聞いてみよう

気管支拡張症について

気管支拡張症の発症要因

気管支拡張症とは、気管支の壁が損傷し、一部の気道が拡張し、元に戻れない状態です。
気管支拡張症とは気管支が拡張して炎症が起こる病気です。気管支拡張症原因としては先天性の場合と、肺炎や気管支炎、肺結核が原因として引き起こされる場合があります。気管支拡張症では細菌感染しやすいため、膿性のや血のたんが起きる場合があります。
気管支拡張症は、肺のいろんな部分に生じる場合と1カ所だけに生じる場合があります。

気管支拡張症に対する当院の取り組み

中国鍼灸グループの気管支拡張症の治療目的は、気管支拡張症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと気管支拡張症の完全な回復までの時間を短縮することです。
気管支拡張症の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当院は気管支拡張症患者さんの期待に応えるため、25年間、気管支拡張症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針灸治療法【肺透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。
気管支拡張症の回復が頑固なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針灸治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、多くの気管支拡張症患者の症状が消失しました。特に咳、血痰、膿性痰や喀血の改善は気管支拡張症患者さんの生活の質を高めるのに役に立っています。

気管支拡張症の鍼灸治療法

気管支拡張症鍼灸治療症例と臨床経験

気管支拡張症の鍼灸治療 :気管支拡張症患者101名、【肺透穴針】取穴:大椎、天突、尺澤、豊隆、足三里、肺兪、腎兪。お灸併用。

気管支拡張症の鍼灸治療臨床経験 :中国鍼灸グループでは、多くの気管支拡張症の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの気管支拡張症患者が通っていらっしゃいます。気管支拡張症患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸グループの針灸(鍼灸)治療では、気管支拡張症患者の回復と予後は良好で、多くの気管支拡張症患者は普通の生活が可能となりました。
気管支拡張症患者さんの咳、血痰、膿性痰や喀血にはかなり有効です。気管支拡張症予後は、感染症やその他の合併症をどれだけ予防または治療できたかどうかにかかっています。慢性気管支炎、肺気腫、肺高血圧症、肺性心臓病、そのほか全身に悪影響を及ぼす重い病気などの新たな発症は、予防や治療の効果を減少させ、患者の経過の見通しを悪化させます。

 

気管支拡張症の鍼灸治療のメカリズム

気管支拡張症の原因|気管支拡張症【呼吸器疾患】

当院独自開発した【肺透穴針】治療法:胸部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ気管支、肺の働きを改善する仕組みです。
1.【肺透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.気管支を健常化させます。
4.免疫細胞を活発化させ、呼吸器感染を修復します。
5.気管支、肺の働きを活性化します。

気管支拡張症治療の実際様子と流れ

気管支拡張症の原因|気管支拡張症【呼吸器疾患】

1.当院独自開発した【肺透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸グループの新聞の紹介記事

気管支拡張症の原因|気管支拡張症【呼吸器疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
気管支拡張症の原因|気管支拡張症【呼吸器疾患】

気管支拡張症患者からのメール 今井様 女性 45歳

気管支拡張症の発症要因

お陰様で気管支拡張症が治って、1年経って、最近のレントゲン定期検診でも「痰が全く無くなっている」といわれております。
「数ヶ月したら、また痰が黄色くなって、先生のところに行くことになる」と不安を抱きながら、生活をしていたのですが、大丈夫でした。どうもありがとうございます。
3か月間鍼灸治療でお世話になり、7年患っていた難病の気管支拡張症から解放され、感謝の気持ちで一杯です。とても嬉しいです。
もし今後体に不調がありましたら、またお世話になりたく、その際は何卒宜しくお願い致します。 (以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)

気管支拡張症と西洋医学

気管支拡張症の原因

  1. 呼吸器感染症:百日ぜきまたはクレブシエラ、ブドウ球菌、シュードモナスなどの細菌感染症、アスペルギルスなどの真菌感染症、結核などの抗酸菌感染症:インフルエンザ、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症、はしか(麻疹)などのウイルス感染症、マイコプラズマ感染症。
  2.  
  3. 気管支の閉塞
  4. 異物の吸入
  5. リンパ節の腫大
  6. 肺腫瘍
  7. 粘液栓
  8. 吸入による損傷:有害な蒸気、ガス、粒子による損傷、胃酸や食べものの吸入
  9. 遺伝性疾患
  10. 嚢胞性線維症
  11. カルタゲナー症候群などの原発性線毛運動障害
  12. マルファン症候群
  13. 免疫系の異常、免疫グロブリン欠損症
  14. 白血球の機能障害
  15. 補体欠損症
  16. 関節リウマチや潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患または過剰免疫疾患
  17. その他の病気:ヘロインなどの薬物乱用、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症、ヤング症候群(閉塞性無精子症など)、リンパ水腫を伴う黄色爪症候群

気管支拡張症の症状

  1. 慢性の咳(せき)
  2. 膿性
  3. 血痰や喀血

気管支拡張症の検査

  1. 胸部X線写真、気管支造影。
  2. 呼吸機能検査。
  3. 気管支鏡検査。

気管支拡張症の診断

気管支拡張症の診断は、症状や、気管支拡張症を引き起こす病気がある場合、気管支拡張症を疑い、CT検査で診断を確定します。

気管支拡張症の西洋医学治療

気管支拡張症の西洋医学治療は、対症療法です。

気管支拡張症患者の質問

気管支拡張症DF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
呼吸器拡張症と診断され、病気のことがよくわからず、いろいろ調べていたところ、こちらを知りました。 是非、一度先生に診て頂きたくご連絡させて頂きました。 ご連絡お待ちしております。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は気管支拡張症には、かなり 有効です。
一度お電話予約した上でご来院ください。

患者様の返信:
最初の返信を頂いてから間もなく予約して 先日二度目の治療にうかがいました。 おかげさまで、初回後から気管支拡張症が確実に よくなっているのを実感しています。
咳と痰は少し残っているものの、 苦にはならない程度でした。
大変感謝の気持ちでいっぱいです。
引き続きよろしくお願いいたします。

気管支拡張症F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
気管支拡張症と断言したのは一人の医者でした。他に複数の専門医から診てもらっても拡張症の名前も出てきませんでしたが、他の原因としては誤嚥があります。肺炎の原因は誤嚥ということになっています。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患