中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>代謝、内分泌系>副腎皮質機能低下症

副腎皮質機能低下症

副腎皮質機能低下症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

副腎皮質機能低下症について

副腎皮質機能低下症とは、副腎機能の低下によって、すべての副腎ホルモンが不足する病気です。
副腎皮質ホルモンは生命の維持に必要なホルモンで、健康な人では体の状態に合わせて適切に分泌されています。このホルモンが、何らかの原因で体が必要とする量を分泌できなくなり、副腎皮質機能低下症を引き起こします。
副腎は両側の腎臓の上、左右に2つありますが、両側の副腎が90%以上損なわれると副腎皮質機能低下症になります。原因として最も多いのは、結核(副腎結核)と自己免疫によるものです。まれにがんの副腎への転移によるもの、先天性のものなどがあります。
副腎皮質機能低下症の病因は、特発性、感染性、ガンの副腎転移などが主であり、まれに先天性副腎皮質機能低下症がありますが、大半が特発性と結核性によるものです。特発性とは原因不明の副腎萎縮を呼んでいましたが、最近では血中に抗副腎抗体がみられることが多いことなどから、自己免疫性副腎炎であるとも考えられています。

副腎皮質機能低下症に対する当針灸(鍼灸)院の取り組み

当針灸(鍼灸)院の副腎皮質機能低下症の治療目的は、副腎皮質機能低下症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと副腎皮質機能低下症の完全な回復までの時間を短縮することです。副腎皮質機能低下症の治療は、西洋医学以外に中国などの国では、昔から針灸治療が盛んに行われてきました。当院も副腎皮質機能低下症患者さんの期待に応えるため、25年間、副腎皮質機能低下症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、当院の独自の電気針治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。
副腎皮質機能低下症の原因が多様なため、当針灸(鍼灸)院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当針灸(鍼灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
   

副腎皮質機能低下症の分類

  1. 原発性副腎皮質機能低下症:副腎皮質自体に原因疾患が存在する
  2. 続発性副腎皮質機能低下症:下垂体疾患(下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン〈ACTH〉分泌不全)、視床下部疾患、ステロイド投与中止後に生じる医原性によるものなどがあります。

副腎皮質機能低下症の原因

副腎皮質機能低下症の70%は正確な原因は不明ですが、体の免疫系が副腎皮質を攻撃し破壊する自己免疫反応の影響を受けています。残りの30%は癌(がん)、結核などの感染症、他の不明な病気によって副腎が破壊されたことが原因です。乳児や小児の場合は副腎の遺伝子の異常が原因です。続発性副腎機能不全症は副腎皮質機能低下症に似た病気です。続発性副腎機能不全症は、下垂体が副腎を刺激しないために副腎の機能が低下するもので、副腎が破壊されたり、直接機能が失われているわけではありません。

副腎皮質機能低下症の症状

副腎皮質機能低下症になるとすぐに、脱力感、疲労感が生じ、座ったり横になった姿勢から立ち上がるとめまいを感じます。これらの症状は、徐々に、知らぬ間に進行することがあります。副腎皮質機能低下症では皮膚に黒ずんだ斑点が現れ、日焼けのようにみえますが、日光にさらされていない部分にも現れます。肌が色黒の人では、変化はわかりにくいですが、やはり過剰な色素形成が起きます。黒い斑点は額、顔、肩に現れ、青みがかった黒い斑点は乳首、口、直腸、陰嚢、あるいは腟(ちつ)の周囲に現れることがあります。多くの人に、体重減少、脱水症、食欲減退、筋肉痛、吐き気、嘔吐、下痢の症状が生じ、寒さに弱くなります。病気が重篤でなくても、ストレスのある間だけは症状がはっきり現れる傾向があります。特に小児では、神経過敏と過度の空腹を伴った低血糖の期間が発生することがあります。

副腎皮質機能低下症の検査

ホルモン検査:ホルモン検査をすることが重要です。内分泌ホルモン検査では血中コルチゾール値の低下と血中ACTH値の増加、ACTHに対するコルチゾールの反応がないことなどがみられます。なかにはコルチゾールの基礎分泌は保たれていても分泌予備能が低下している例があり、こうした例ではACTHに対する反応が低下しており、部分的(partial)副腎皮質機能低下症といわれます。自己免疫性副腎炎が原因と考えられる場合、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能低下症、糖尿病などを合併する例があるので検索する必要があります。
画像診断:副腎皮質機能低下症の病因鑑別のために副腎CTが有用なことがあり、副腎結核の場合に副腎の石灰化や腫大(しゅだい)像を認めることがあります。特発性では正常に見えることが多いですが、萎縮がわかる例もあります。ガンの転移などでも腫大した副腎がみられます。その他、特異的に副腎皮質に取り込まれる副腎シンチグラフィーでは副腎部に集積を欠き、診断の参考になります。

副腎皮質機能低下症の診断

副腎皮質機能低下症の症状と血中甲状腺ホルモンが高値であること、TSHは抑制され、血中にTRAbが存在することで副腎皮質機能低下症診断されます。目の症状はの特徴です。一般検査では肝機能が異常なことがあります。コレステロールなど血中脂質は低下します。

副腎皮質機能低下症の西洋医学治療

副腎皮質機能低下症のホルモンの補充療法として副腎皮質ホルモンの投与を行います。発熱、抜歯、軽傷の外傷などの軽度のストレス状態では服用量を2〜3倍に増量させます。しかし、手術、分娩、重症の外傷などの重度のストレス状態では時として急性副腎皮質不全(副腎クリーゼ)を起こすことがあります。副腎クリーゼは副腎皮質機能低下症の重度のストレスなどによる急性悪化のほかに敗血症、副腎皮質の出血、外傷などにより起こります。

副腎皮質機能低下症の日常生活注意点

副腎皮質機能低下症の日常生活の注意としては、まず適切なグルココルチコイドの服用が重要です。一生涯服用が必要ですが、適切な服用を続ければ正常と変わらない生活が可能です。ただ、ストレス時にはストレスの強度に応じた服用量の増量が必要であり、場合によっては病院での緊急治療が必要になることがあります。

副腎皮質機能低下症の鍼灸治療法

副腎皮質機能低下症の鍼灸治療と鍼灸臨床経験

副腎皮質機能低下症の症例 :副腎皮質機能低下症患者120名、取穴:腎ゆう、京門、合穀、足三里、三陰交、天突、陽陵泉、曲池。電気針。

副腎皮質機能低下症の鍼灸臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くの副腎皮質機能低下症患者の症状を回復させてきました。今も多くの副腎皮質機能低下症患者が通っていらっしゃいます。副腎皮質機能低下症患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、副腎皮質機能低下症患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の副腎皮質機能低下症患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん