中国鍼灸 東京・銀座

嗄声

嗄声の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

嗄声について

咽喉頭異常感症の原因|咽喉頭異常感症の中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

嗄声とは声や言葉がうまく出ない状態です。
嗄声は、いわゆる声枯です。嗄声がその代表です。
声とは一般的には次の器官の総合的な働きによって声を出しています。まず、呼吸器官(気管・気管支・肺)により肺に空気を吸い込んで吐き出しながら、発声器官(喉頭)で声帯を震わせて、 構音器官(咽頭・口腔・舌)の動きによって、音色に変化をつけることにより声を出しています。以上の過程のいずれかが失われたり、障害されると声が出せなくなることがあります。
嗄声や嚥下障害のある高齢者の多くが、不安感、 抑うつ、社会的引きこもりなどの深刻な生活の質(QOL)の問題に悩んでいます。米デューク大学メディカルセンターの研究で80代の248人を対象とした調査の結果、20%に嗄声があり、14%に 嚥下障害があることが判明しました。また、55.9%が治療を受けることに興味を示しているにもかかわらず、嗄声をもつ人の77.6%、嚥下障害をもつ人の79.4%が治療を受けたことがないことも判明しました。高齢者の約25%が、嗄声や嚥下障害を正常な加齢現象の一部だと考えています。 構音障害とは、発音が正しく出来ない症状です。構音障害は喉頭の障害である嗄声とは区別されます。

嗄声に対する当院の取り組み

中国鍼灸の嗄声の治療目的は、嗄声の回復程度を高めることと嗄声が完治するまでの時間の短縮することです。
当針灸(鍼灸)院は早くから嗄声に対する針灸治療の有効性に着目し、難しいといわれる嗄声の針灸治療を精力的に取り組んできました。20数年の歳月をかけて、数々嗄声に有効なツボを発見しました。そして、中国鍼灸のこの特有な針灸治療法によって、嗄声の患者さんの多くは発声を取り戻し、話のできる世界に戻りました。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。
嗄声の原因が多様なため、当針灸(鍼灸)院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当針灸(鍼灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。嗄声の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

嗄声の鍼灸治療体験

ご無沙汰しています。以前に嗄声を治療して頂いた佐藤です。お陰さまで声の方は本当に良くなりました。心より感謝し ています。  その後、抗がん剤治療を続け、一時的に肺の方は良くなった時もありましたが、2つめの薬が効かなくなり先日胸水を抜きました。また、抗 がん剤治療の継続に体が疲れてしまい、主治医に言ってホルモン療法に切り替える事にしました。  1年以上続けた抗がん剤で、足のしびれがひどく転んでしまうときもあります。また、肺の方も苦しい現状を改善して学校に復職する希望を 持っています。  子どもが地方で学生生活を送っており、経済的にも苦しいのですが、少し治療費のめどが立ちましたので、また、通院したいのですがいかが でしょうか。  治したいところは (1)肺(胸膜のがん)に水がたまらないように、苦しくないようにしてほしい。 (2)足のしびれ、だるさを改善したい。 (3)復職に向けて脱毛を改善したい。  お忙しいなかすみません。よろしくお願いします。

嗄声の鍼灸治療

嗄声の鍼灸治療症例と臨床経験

嗄声の鍼灸治療症例 :嗄声患者55名、取穴:天突、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針、50分間。

嗄声の鍼灸臨床経験 :当鍼灸院では、多くの嗄声患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの嗄声患者が通っていらっしゃいます。嗄声患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、嗄声患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの嗄声患者は完治になりましました。

嗄声の症例

和歌山県の田中さん、女性、27歳、2年ほど前から声が詰まるなどの症状が現れ、耳鼻科などを数か所回わりましたが原因が分からず、やむ得ずにアナンサーの仕事を休職しました。以後も発声困難は進行し、小声しか出せなくなりました。昨年2月に受診した東大病院で「けいれん性嗄声」と診断されました。友人の紹介で、当院の針灸治療を受けました。18回の治療で以前の声が戻り、好きなアナンサーの仕事に復帰し、その後は治療後に付き合い始めた男性と結婚して、幸せな生活を送っています。

嗄声の鍼灸治療のメカリズム

嗄声の原因|嗄声【神経疾患】

当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:咽喉部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、発声機能を健常化する仕組みです。
1.【咽喉透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.「確率共鳴」という現象が起き、声帯の働きを活発化させます。
4.神経の伝達を通じ、発声機能を健常化します。

【嗄声治療の実際様子と流れ】
嗄声の原因|嗄声【神経疾患】

1.当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

嗄声の原因|嗄声【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
嗄声の原因|嗄声【神経疾患】

嗄声と西洋医学

嗄声の分類と原因

嗄声は、いわゆる声がれなどの「嗄声」がその代表で、構音は構音器官(口唇)、舌、口蓋などの形態を適切に変化させて目的とする言語音を得ることであり、発声とは独立した機能であると理解しておくべきでしょう。 発語に関する器官に異常がないのに、声やことばがうまく出ない状態を機能性嗄声といいます。これは症状により、音声衰弱症、心因性失声症、 けいれん性嗄声、機能性構音障害に区別されます。

■音声衰弱症
声を専門とする職業の人に多くみられ、なんらかの精神的原因が引き金となっています。話していると、声がかれたり弱々しくなったり、時には失声してしまうものです。しかし多くは笑い声やせきはふつうです。
■心因性失声症
多くは神経症的性格の人にみられ、精神的ショックで失声するものです。  笑い声やせきは出るのに、話そうとしても声帯が閉じない状態です。
■けいれん性嗄声
多くは音声衰弱症と同じく、アナウンサーのように声を専門とする職業の人に起こります。声が出にくかったり、音声が途切れたりふるえたりするのが特徴です。声が出ない,かすれることです。音声自体の質的な障害や発声の時の自覚的な症状を呈する場合発声のとき声が嗄れる、もしくは声が出にくい状態をいいます。
■器質的嗄声
各種の喉頭疾患、炎症、新生物麻痺、外傷により発声時の声帯粘膜の振動が障害されて起こる音声の障害。これを主に病的な状態と言います。
咽喉頭炎:特に慢性咽喉頭炎、急性喉頭炎あるいは急性咽喉頭炎などのどの炎症の場合、呼吸や食事や発声の急速な障害、急性声門下喉頭炎、喉頭蓋腫脹、声帯結節、声帯肉芽腫、ポリープ、声帯疾患 ポリープ様声帯。
腫瘍などの新生物: 声帯麻痺、喉頭浮腫、声帯浮腫。
手術後の嗄声:挿管麻酔後、全身麻酔後の声の嗄れ。
   

嗄声の症状

  1. 声帯が弱く、よく声がかれる
  2. 声が出ない。

嗄声の検査と診断

   

嗄声の診断としては、言語の検査、構音器官の形態と機能の評価、鼻咽腔閉鎖不全の検査が必要です。
機能性嗄声はしばしば精神身体的問題や音声酷使の結果として生じ、このため,症状の発症状況や心因的背景を詳細に聴取することが診断にとって重要です。音声障害の自覚度を的確に評価するために、患者自身が感じているハンディキャップの程度を自己記入式問診票により評価するものです。その結果,機能性嗄声では40歳代あるいは過緊張性嗄声患者のVHIスコアが高かった。他疾患に比べ感情的側面のスコアは機能的あるいは身体的側面スコアより高かった。機能性嗄声が疑われる患者においては,会話時の努力感や嗄声による社会生活上の制限などに関する問診が重要です。

嗄声の西洋医学治療

嗄声の西洋医学治療は原因治療が必要です。新生物(腫瘍、ポリープ)などは外科的治療、炎症に際しては消炎治療がなされています。

嗄声の生活注意点

  1. おちついて話す、親しい人と静かな場所で話す、講演などではマイクを使うなどして、長い間の会話に自信をもつように努力することが大切です。
  2. 痙攣性嗄声は精神緊張やストレスにより悪化することが多いです。 日常生活では横臥安静で十分な休養をとる事、心理負担を極力軽減することが重要です。

嗄声患者の質問

嗄声XV様

[ 症状、ご相談内容 ] :
声が詰まる、第一声が出ずらい、幼少期から症状があります。 あと静かな所だとそれなりに声が出るんですが、少し騒がしい所だと失声状態になります。声が枯れやすい、声が通らないなどの症状がありま す

当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
10日間貴院で治療を受けさせていただき、 声が詰またり失声状態したりすることは無くなりました。ありがとうございました。
治療後は中〜高音域の発声が戻り、体調の面も良好な日々が続いております。
お礼の気持ちとして、貴院の今後益々のご発展と先生のご健康をお祈りいたします。

嗄声患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
嗄声が続きます。昨年声帯結節を取る手術をしましたが、改善が感じられませんでした。タバコは吸いません。 もともと喉が弱いほうだとは思いますが、もう治らないのでしょうか?

嗄声患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
10年前から声が枯れて思うように話が出来ません。医師にも20件くらい診察をしてもらいましたが好転しません。特に神経を使った後 など必ず声枯れします。喉のひりひりする痛みも大体始終伴っています。声帯訓練、発生練習等もしましたが一向に改善されません。仕事が 営業なのでとても不自由な思いをしています。何とか改善することが出来るでしょうか?

嗄声患者W様

[ 症状、ご相談内容 ] :
返信ありがとうございます。 嗄声の治療は大宮でも受けられるのでしょうか? また、治療をうけたあとの車の運転等は支障がありますか?

嗄声患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
声がかすれやすく、嗄声っぼくなる事が多かったのですが、 一年前に舞台公演の練習で、声を濫用しすぎたところから、 声のコントロールができなくなり、普通に誰でも出る中域の音程が ひっくり返るので、なんの歌も歌えない状態になってしまいました。 発声練習をして、少しはマシになったのですが、とにかく 息もれがひどく、とてもじゃないですが、歌えない状態です。 ひどい時は、歌わなくても、話し声さえ、ひっくり返る始末です。 機能性発声障害かと思い、何件か耳鼻科にも通いましたが、 そうではない、という回答を頂いております。 いろんなことを調べまして、精神的なものと、反回神経かな、、 と思い、こちらのサイトに辿り着きました。 今年は今からオーディションなどもたくさんあり、 本人も自信喪失しておりますので、なんとか治してあげたいと、 鍼灸の力しかないと思っております。 どうぞ宜しくお願いいたします。

患者様の返信:
ご無沙汰しています。以前に嗄声を治療して頂いた者です。お陰さまで声の方は治りました。心より感謝し ています。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん