鍼灸の歴史|中国鍼灸院

本場中国の鍼灸の歴史
鍼灸の歴史|中国鍼灸院
■ 鍼灸(針灸)の歴史 ■ 現代中国鍼灸(針灸)の特徴
■ 鍼灸(針灸)理論 ■ 鍼灸(針灸)の効果とメカリズムの最新研究
■ 欧米各国の鍼灸(針灸)事情
鍼灸の歴史

      中国の新石器時代(1万年前〜)に、魚の骨や石の鋭い先が治療に利用されている。当時はこれらを患部に当てたり、刺したりすることで、痛みや病気を治療していました。

      尧,舜,夏,商,周時代になると、人体の穴位や経脈の研究が進み、「黄帝内径」が完成し、これにより「病」と「穴位」(ツボ)の関係が本格的に研究され始め、「鍼灸」は学問として重視されるようになりました。宋の時代になると穴位や経脈を具体的に配列し「鍼灸銅人」が誕生しました。

      明の時代には、「鍼灸銅人」を再鋳造させました。「鍼灸銅人」は365箇所の経穴に実際に鍼を刺せるようにっており、医者や針師の育成に大いに貢献しました。現在、明代の「鍼灸銅人」は北京の三皇廟内に秘蔵されています。それ以外にも明代には、「鍼灸大全」(1439年)「鍼灸問対」(1530年)「鍼灸聚英」「鍼灸節要」(1529年)とともに、鍼灸の集大成ともいえる「鍼灸大成」(1601年)が編纂されました。

      新中国が誕生して以来、鍼灸医学が大きく進歩しました。鍼灸の治療範囲の広さといい、効果のよさといい、操作の便利さといい、経済と安全性といい、すべての面において、優れています。しかも数千年來、鍼灸は深く中国人に愛され、国民の健康に巨大な貢献を果たしてきました。

      政府はこれらのことを考慮し、人力と財力を両面から投入し、数多くの大学、研究所や病院を設立しました。全国から科学者を結集して、現代生理学、生物化学、微生物学、免疫学などから、鍼灸のメカリズムを研究した。結果として、大量なデータや成果を得ることができました。そして、鍼灸は人体各臓器に対して、機能をバランスよく調整できることが判ってきました。いまも、分子生物科学のレベルから、さらに研究を続けています。

      さらに、麻酔薬の使えない手術患者に対して、針麻酔を開発し、成功を収めました。当時、世界中に大きく報道され、日本にも大きく影響しました。現在、歯の治療にもよく使われています。

      現在、欧米はもちろん、世界百国以上の国が、鍼灸の研究や臨床応用を盛んに行われています。毎年、数万人の留学生が中国で鍼灸を学んでいます。世界でブームになっているともいえるでしょう。

現代中国鍼灸の特徴

西洋医学と経験医学との統合
      さまざま病気に対して、西洋医学の精密な検査結果を参考しながら、鍼灸特有な治療法で、より正確な治療を行います。

現代技術と伝統との統合
      現代生理学、生物化学、微生物学、免疫学などから現代技術を駆使し、古い鍼灸の治療方式を改善し、効果を高める。

鍼灸と漢方との併用
      鍼灸あるいは漢方のみで、克服できない病気に対して、併用することによって、最大限の効果が期待できます。

鍼灸理論

      鍼灸医学の理論では、人体は12本の正経と8本の奇経からなる経絡で結ばれていて、2,000以上の穴位があるとされています。これらの経絡が体表と内部臓器との間にエネルギー(気)を伝えると考えられています。
気は人間の精神、感情、心理、および身体のバランスを司ります。身体の陰陽のバランスがとれると気の流れがよく、身体を健康状態に保ちます。鍼灸は陰陽のバランスを調整し、エネルギーの正常な流れが滞らないようにし、肉体と精神を健康状態に戻ります。

      中国医学(鍼灸、針灸、漢方薬、薬膳療法、按摩、および気功)はすべて、気の流れを改善することを目的としています

鍼灸の効果とメカリズムの最新研究

1痛みを抑える効果

      鍼灸は痛みに対して、非常によい効果を発揮しています。実際、頭痛、肋間神経痛、胸痛、胃痛、腹痛、腰痛、三叉神経痛、坐骨神経痛、生理痛、手術後の痛みに対しては、針の効果がよく、鍼灸麻酔は、実は、はりの鎮痛作用を基に、発展してきた技術です。

      @ 外周神経への影響:針刺激では、周囲神経の痛覚神経の痛み信号の伝達を遮断することによって、脊髄の傷害性刺激信号に対しての反応を抑制します。

      A 中枢神経への影響:針刺激では、痛み信号の伝達及び感受を抑制し、脳の鎮痛システムを興奮することによって、鎮痛効果を発揮します。

      B 中枢神経の伝達物質への影響:針刺激では、脳のエンドルフィンを増やし、脳のカテコールアミンは減らし、また、脳のモルヒネをも増やします。これらの総合作用によって、鎮痛効果が得られます。

2鍼灸の各臓器や組織に対する調節効果

      循環器系:交感神経と迷走神経のバランスを調節しながら、血管及び心臓をコントロールします。高血圧に対して、心臓の収縮を弱め、小血管を拡張させます。

      呼吸器系:交感神経と迷走神経のバランスを調節しながら、気管支の収縮、拡張をコントロールします。喘息に対して、迷走神経の緊張性を低下させ、交感神経の興奮性を高め、気管支の痙攣を解除し、通気機能を改善します。

      消化器系:胃腸液の分泌量、成分や胃腸壁の運動機能を調節することによって、急性、慢性胃炎、胃神経痛、胃痙攣、胃下垂、胃十二指腸潰瘍に対して、著しい効果がえられます。

      また、胆嚢の分泌量、胆管運動を調節します。胆結石の針治療効果がえられるのは、胆管の収縮、運動を増強し、胆管口の括約筋を拡張させ、胆結石を排出させ、症状を解除することです。

      肝臓の働きをよくすることによって、肝機能を改善し、肝炎、肝硬変、肝臓の腫れにも良好な効果を得ました。

      泌尿器系:腎臓の泌尿機能と腎内の毛細血管の通過性を増強し、膀胱の緊張度合いを調節し、低緊張性膀胱による尿閉症に対しても、高緊張性膀胱による尿失禁に対しても有効です。

      生殖器系:脳下垂体のピツイとリンの分泌を増やし、卵巣と子宮の働きを増強し、不妊症、生理痛などの治療に幅広く応用されています。

      神経系:大脳皮質の神経活動に影響を与え、興奮と抑制をバランスよく調節します。癲癇患者の脳電図を正常させます。

      血液成分:ツポへの刺激は、血管周囲の交感神経線維を通して、脳垂体、副腎、植物神経三者の共同参与によって、血液成分の調節を行います。放射線が原因で、白血球減少の29例の患者に対し、合穀、足三里に針治療後、完治したのは12例でした。白血病などで白血球の増加にも同様に有効です。

      赤血球の異常にも有効で、赤血球の量を増減させることも可能で、再生不良性貧血にもしばしば針で、完治する報告が出ています。

      血小板の増減の調節にも効果がはっきりしています。頚動脈の拍動エリアに皮膚針を使って、10〜20分後、109例の肺結核患者は、喀血の症状はが即改善しました。血中血小板量の増加が見られました。

      血沈の調整効果も認められました。

      骨格:副甲状腺の機能に増強し、血液中のカルシウムやニンの量を増やし、骨の成長と発育を促進します。

      内分泌:膵臓のインシュリンの分泌を増加し、糖尿病を改善します。

3鍼灸の免疫に対する増強効果

      針刺激では、副腎皮質の機能を増強させ、ホルモンを増量させます。そして、網内系の活動を活発させ、全体的に免疫抗体の量を増やします

欧米各国の鍼灸事情

      1971年、米中国交回復で、ニクソン米大統領に随行するニューヨークタイムズのトップ記者ジェームス-レストンが、北京で虫垂炎を患って、緊急手術を受けることになりました。ところが、彼は麻酔薬アレルギー体質でした。中国人医師が針麻酔で、手術を成功させました。奇跡だと思う彼は早速記事を書いて、ニューヨークタイムズの翌日のトップページに載せました。これで、鍼灸の素晴らしさが、米国で広く知られるようになりました。

      米国では、過去20年の間に鍼灸人気が高まってきています。今ではアメリカの成人の半数が東洋医学の専門家の世話になっています。延べ受診者数は年間6億人で、西洋医学より多い。93年ハーバード大学医学大学院のデービッド・アイゼンバーグによる衝撃的な報告が出ました。それによれば、90年代代替医療を一回以上受けたアメリカ人は、成人人口の34%にのぼります。「ニューズウィーク」2003年1月15日 

      米国立衛生研究所(NIH)は98年から、東洋医学に使う年間200万ドルほどの予算を1億ドル以上に膨れ上がりました。プロジェクトはNIHの下部組織である米国立補完・代替医療センター(NCCAM)、米国立アルコール乱用・アルコール依存症研究所(NIAAA)、米国立歯科衛生研究所(NIDR)、米国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)、および国立薬物乱用研究所(NIDA)の研究奨励金で行っています。
      国連の保健衛生部門である世界保健機構(WHO)は鍼灸治療が使える40以上の病態リストを作製しています。以下の表はこれらの病態を示しています。


鍼灸治療に適した病態
消化系
腹痛
便秘
下痢
胃酸過多
消化不良
情動系
不安
抑うつ
不眠症
神経質
神経症
眼科・耳鼻咽喉科
白内障
歯肉炎
視力低下
耳鳴り
歯痛
婦人科
不妊症
更年期症状
月経前症候群
その他
中毒のコントロール
スポーツの成績向上
血圧調整
慢性疲労
免疫系の強化
ストレス軽減
筋骨格系
関節炎
背部痛
筋痙攣
筋痛/筋脱力
頸部痛
坐骨神経痛
神経系
頭痛
偏頭痛
神経因性膀胱機能障害
パーキンソン病
術後痛
卒中
呼吸器系
喘息
気管支炎
感冒
副鼻腔炎
禁煙
扁桃炎
SEO検索上位表示
中国鍼灸院
Copyright © 2006 鍼灸は北京中医康針灸院 All Right Reserved. | Site design by Amoydesign.com