蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座

病気検索>眼科系疾患>眼筋ミオパチー

眼筋ミオパチー

眼筋ミオパチー  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

眼筋ミオパチー について

眼瞼下垂 の治療前|眼瞼下垂 の治療結果 治療前
眼瞼下垂 の治療|眼瞼下垂 の治療結果 治療後:

眼筋ミオパチーとは、上まぶたが垂れ下がって眼球を塞ぎ、視野の妨げとなった状態です。
眼筋ミオパチーは、先天的理由、後天的理由により、上眼瞼の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる疾病の一つです。
上瞼を上に持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋といい、多くの場合は眼瞼挙筋の麻痺によって眼筋ミオパチーが起こります。その中には外傷、腫瘍、放射線治療後などの神経麻痺や、重症筋無力症のように神経から筋肉にうまく情報が伝わらない病気が眼筋ミオパチー原因となります。他の原因には眼瞼挙筋自体の筋肉の病気(ミオパチー、ミトコンドリア脳筋症など)によるものや、顔面神経麻痺により眉毛が下がったために上まぶたが垂れ下がったものがありますが、最も多い眼筋ミオパチー原因は加齢と共に上まぶたの皮膚がたるんだために起こる老人性眼筋ミオパチーです。
眼筋ミオパチーになりますと視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとするため、あるいは顎を挙上するため、頭痛や肩こりを併発することがあります。眼科または形成外科で、重瞼形成術と同じく上眼瞼上の皮膚をまたは結膜円蓋部を切開し、上眼瞼挙筋から続いている眼瞼腱膜またはミュラーMuller筋を短縮する手術を行うことにより、治療できます。ただし、この方法を、眼瞼挙筋の挙上力が著しく弱くしかもベル現象が認められない症例にもちいた場合、兎眼を生じることがあります。正常人の上眼瞼の挙上は、主に上眼瞼挙筋の収縮で行われ、ミュラー筋、上直筋、前頭筋の収縮がそれを補っています。先天性眼筋ミオパチーでは、上眼瞼挙筋が先天性に不完全あるいは完全に欠損しているために、正面視で瞳孔上まで上眼瞼を重力に抗して挙上できない状態となります。多く眼筋ミオパチー患者さんは、補助筋であるミュラー筋、上直筋、前頭筋の収縮を利用して、上眼瞼を挙上するだけでなく、下直筋を利用してCP膜を介して下眼瞼も退縮させています。この代償が、片側性の眼筋ミオパチーでは患側で、両側性の眼筋ミオパチーは両側で観察されます。上眼瞼の挙上が困難で、下眼瞼の退縮は容易なので、下眼瞼の退縮は代償的に亢進しています。従って、多くの眼筋ミオパチー患者さんは顎を上げて、下眼瞼を利用し開瞼しています。
眼筋ミオパチーを生じる疾患は多様であり、時には重篤な全身疾患の部分症状として生じることもあるため、疾患の特定することが最も重要です。
眼筋ミオパチーは生後、或いは1年以内に上眼瞼が垂れ下がった状態が先天性眼筋ミオパチーです。眼筋ミオパチーは片側あるいは両側に生じます。眼筋ミオパチー発症頻度に男女差は無いです。眼筋ミオパチーの約8割は先天性眼筋ミオパチーで、眼瞼挙筋の局部の筋原性発生障害に起因します。正常の眼瞼挙筋の筋線維に比較して、筋腹に線維組織や脂肪織が多く、このため筋収縮・弛緩が減弱あるいは消失しています。神経あるいは神経筋接合部の機能異常などで眼瞼挙筋の支配神経が阻害されると生じる場合もあるが1割程度です。これらの発症機序は不明ですが、家族性に発症する眼筋ミオパチーも報告されています。先天性眼筋ミオパチーに合併する斜視は約15%程度と高頻度に合併し、外斜視と交代性上斜位が多いです。また、先天性眼筋ミオパチーに下眼瞼内反症を合併することは稀ではないです。下眼瞼内反症があると、眼を細める傾向があるため、一見下垂が高度に見えることがあります。先天性眼筋ミオパチーの場合は完全な視野障害を生じることは少ないですが、数日から数週にわたる視野障害がある場合は弱視に至ることがあります。
視力や眼の機能が発達する乳幼児期に眼筋ミオパチーがあると、片眼しか使わなくなるために斜視や弱視になりやすいのではないかとの意見がある一方で、眼筋ミオパチーがあっても視力や眼の発達を阻害することは無く、元々斜視弱視が合併しやすいとの意見もあります。この他に、眼筋ミオパチーの圧迫による乱視、眼性斜頚が生じることもあります。

眼筋ミオパチー に対する当院鍼灸治療の取り組み

眼筋ミオパチーに対する針灸治療の有効性が中国で度々報告され、当院は三十年数前から眼筋ミオパチーの針灸治療を取り組んできました。 蘇我庵中国鍼灸院が独特な鍼と超音波の併用療法で眼筋ミオパチーに対して治療を行ってきました。長い間の研究と応用した結果、多くの眼筋ミオパチー患者さんを治ってきました。 治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。

眼筋ミオパチー の鍼灸(針灸)治療法

眼筋ミオパチー の鍼灸(針灸)治療:眼筋ミオパチーの原因治療が必要です。眼筋ミオパチー 患者26名、取穴:足三里、太沖、風池、翳明、上星、太陽、晴明、翳風、養老、合穀。

眼筋ミオパチー の鍼灸(針灸)臨床経験:蘇我庵中国鍼灸院では、多くの眼筋ミオパチー患者の症状を回復、或いは改善してきました。1998年、『日本経済新聞』に鍼灸治療で多くの眼筋ミオパチーが治ったという記事があってから、多くの眼筋ミオパチー患者が通っていらっしゃいます。眼筋ミオパチー患者の一人一人の症状に合わせて、蘇我庵中国鍼灸院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの眼筋ミオパチー針灸治療では、眼筋ミオパチー患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの眼筋ミオパチー患者の視力と視野障害の回復が可能になりました。
当院は二十年数前から眼筋ミオパチーの針灸治療を取り組んできました。蘇我庵中国鍼灸院が独特な鍼と超音波の併用療法で眼筋ミオパチーに対して治療を行ってきました。長い間の研究と応用した結果、針灸だけで手術しなくても眼筋ミオパチー患者さんを治すことが可能です。

眼筋ミオパチーの鍼灸治療のメカリズム

眼筋ミオパチーの原因|眼筋ミオパチー【眼科疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:
眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、眼瞼挙筋、眼筋の神経の働きを健常化する仕組みです。

  1. 【眼底透穴針】を使い:特殊なツボにハリをうちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 眼瞼の支配神経を活性化します。
  4. 電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、眼瞼挙筋、眼瞼の支配神経などを健常化させます。

眼筋ミオパチー治療の実際様子と流れ
眼筋ミオパチーの原因|眼筋ミオパチー【眼科疾患】

 1.当院が独自開発した【眼底透穴針】
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

眼筋ミオパチーの原因|眼筋ミオパチー【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
眼筋ミオパチーの原因|眼筋ミオパチー【神経疾患】

眼瞼痙攣患者  田中様 女性 41歳

眼筋ミオパチーの原因|眼筋ミオパチー【眼科疾患】

上まぶたが垂れ下がって眼球を塞ぎ、視野の妨げとなったのは37歳のときでした。
異常を感じ、眼科を受診したところ、ドライアイと診断されました。治療を受けましたが、症状はに改善せず、その後、目を開けていることすら困難になりました。
病院を変えて、「眼筋ミオパチー」と言われ、何軒もの病院で お世話になりましたが、症状は一向よくなりませんでした。
掛かり付けの医師から「眼筋ミオパチー」は蘇我庵中国鍼灸院が鍼灸治療の技術を持っているから、という理由でご紹介を頂きました。
その後、蘇我庵中国鍼灸院にお世話になり、1か月もの時間をかけて、上まぶたを手指を使わないと開瞼できなかった症状が改善され、2か月後は自力で開瞼できるようになりました。目が非常に楽になりました。
先生の指導の下で患者自身が生活習慣を変えていかなければということを学びました。今では6月一回の経過観察にまで回復しました。これも先生の適切な治療とスタッフの明るい笑顔にささえられて頑張っているところです。感謝!たくさん患者が受けられるようになると救われる方が増えると思います。

眼筋ミオパチーの西洋医学的な考え

眼筋ミオパチー の分類

【後天性眼筋ミオパチー】

  1. 筋原性眼筋ミオパチー
    重症筋無力症、ミトコンドリアミオパチー(慢性進行性外眼筋麻痺)、筋強直性ジストロフィー症、眼咽頭型筋ジストロフィー、眼咽頭遠位型ミオパチー
  2. 腱膜原性眼筋ミオパチー
    加齢による腱膜解離・伸展・非薄化、コンタクトレンズ長期装用、内眼術後(白内障、眼筋ミオパチー、網膜剥離術後など)、外傷後、眼瞼術後、再発性眼瞼浮腫
  3. 神経原性眼筋ミオパチー
    動眼神経麻痺、Horner 症候群、動眼神経再生過誤、皮質性(中枢神経性)
  4. 機械的・物理的要因・外傷性眼筋ミオパチー
    機械的眼筋ミオパチー
    眼瞼・眼窩の腫瘍・骨折・異物が原因となって起こる眼筋ミオパチーである。眼瞼の良性および悪性腫瘍は、眼瞼の重さが増加するために眼筋ミオパチーとなる。また、眼瞼の瘢痕組織、眼窩上緑の腫瘍・骨折・異物による眼瞼の運動障害のために眼筋ミオパチーが起こる。
    外傷性眼筋ミオパチー
    眼瞼および眼窩の外傷により生じる眼筋ミオパチーで、症状は外傷の位置や程度により異なる。

皮膚弛緩,眼瞼腫瘍(神経腫瘍、血管腫など)、眼窩腫瘍、偽眼窩腫瘍、結膜瘢痕、floppy eyelid症候群、 巨大乳頭結膜炎、眼窩蜂窩織炎、眼窩筋炎、慢性ぶどう膜炎、眼瞼挫創、眼窩骨折、眼窩浮腫・出血、眼瞼挙筋腱膜外傷

【先天性眼筋ミオパチー】
先天性眼筋ミオパチーは両側性と片側性の場合があります。

  1. 腱膜原性眼筋ミオパチー
    眼瞼挙筋腱膜欠損
  2. 筋原性眼筋ミオパチー
    単純性眼筋ミオパチー、筋強直性ジストロフィー症、重症筋無力症
  3. 神経原性眼筋ミオパチー
    先天性外眼筋線維症 (CFEOM)、Marcus Gunn現象、Horner 症候群、動眼神経麻痺
  4. 機械的・物理的要因・外傷性眼筋ミオパチー
    眼瞼腫瘍、眼窩腫瘍、分娩眼外傷
  5. その他の眼筋ミオパチー
    眼瞼縮小症候群

【偽眼筋ミオパチー】

  1. 眉毛下垂
  2. 眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・Meige症候群・チック
  3. 眼瞼皮膚弛緩
  4. 下眼瞼内反症
  5. 他眼の瞼裂異常
  6. 無眼球・小眼球・眼球癆
  7. 眼球陥凹
  8. 下斜視、外斜視の片目つむり
  9. Duane症候群
  10. ヒステリー性眼筋ミオパチー
  11. 周期性動眼瞼神経痙攣弛緩現象

【其の他の眼筋ミオパチー】
妊娠、甲状腺機能亢進症、ボツリヌス菌中毒、眼瞼へボトックス注射、重金属中毒、抗パーキンソン病薬内服、脳腫瘍、脳血管障害、癌、多発性硬化症、糖尿病、アトピー性皮膚炎
瞼の中には、動眼神経の命令で縮む眼瞼挙筋と交感神経の緊張で縮むミュラー筋の2つの筋肉があります。眼瞼挙筋は途中から腱膜という膜様の腱になって瞼板というまぶたの縁を作っているカマボコ板のようなものの前面に付いており、眼瞼挙筋は腱膜を介して瞼板を持ち上げるのでまぶたが挙がります。顔を正面に向けた時、まぶたが瞳孔の上まで上げられない状態を眼筋ミオパチーと定義しますが、実際は視野を確保するために、眼瞼挙筋を余計に収縮させたり、眉毛を持ち上げたり、顎を上げたり、頭を回転したりして、瞳孔が出るような代償行為をしているので見過ごされる場合が多いです。神経(動眼神経、交感神経)の異常、筋肉(眼瞼挙筋、ミュラー筋)の異常、腱膜の異常が原因で後天性に起こりますが、腱膜が原因の場合がほとんどです。まぶたを擦ると、腱膜が瞼板より外れたり薄くなったりして、神経も筋肉も正常なのに、まぶたが挙がらなくなるのが腱膜性眼筋ミオパチーです。神経、筋肉が原因の場合、ほとんどの場合複視がありますが、腱膜が原因の場合は一般的に複視がないので容易に区別できます。

眼筋ミオパチー の症状

  1. まぶたが重たい
  2. 眼が疲れる
  3. 二重の幅が変わってきた(一重が二重に、二重の幅が広くなった)
  4. まぶたを上げようとして額のしわが深くなる
  5. 偏頭痛や肩こり、めまいなどがする
  6. 眼が落ちくぼみ、疲れると特にひどくなる

眼筋ミオパチーは両眼性の場合、額にしわを寄せたり、顎を上げたりすることで視野を確保しようとする代償行為があるため、見過ごされる事があります。

眼筋ミオパチーの診断

眼筋ミオパチーの診断は、徐々に進行する眼瞼下垂、斜視、物が二重に見えるなどの症状が起こります。これらの目の症状以外にも四肢筋、小脳、皮膚の異常が報告されています。  緩慢[かんまん]に進行し、症状の軽重の動揺はなく、テンシロン・テスト陰性などにより診断されます。

腱膜性眼筋ミオパチーと頭痛・肩こり

まぶたを擦る癖のある人(アトピー、逆さまつげなど)、コンタクトレンズをしている人などは、まぶたを上げる筋肉の端がゆるみやすく(腱膜性眼筋ミオパチー)、年齢が進むにつれ目が開きにくくなり、これを補うために額や首、肩の筋肉を無意識に収縮させるので、頭痛・肩こりが起きます。
ミュラー筋は交感神経の刺激で収縮しますが、逆に交感神経のスイッチにもなっていてミュラー筋を伸ばすとそのスイッチが入り、通常は物を見上げる時、びっくりした時に反射的にしか収縮しない前頭筋や肩や首周囲の筋群が正面視でも常に収縮しているために頭痛・肩こり、人によっては便秘、手足の冷えなど自律神経症状をも引き起こします。

眼筋ミオパチーの西洋医学的な治療

  1. 瞼の手術
  2. 薬物

眼筋ミオキミア患者の質問

眼筋ミオキミアFC様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼瞼ミオキミアにかかり、2カ月前から右瞼の下がピクピク・1日じゅう続き止まりません。眼瞼痙攣や下垂とかの病気でなく。近くの鍼灸院通 院して5-6回で止まったのですが・1カ月たつとまた再発してしまいます。去年は1年間止まり、再発の繰り返しで、近所の鍼灸院を転々 しました。仕事のストレスだとよく言われますがなかなか解消できないです。電話で予約してか ら行きたいと思ってます。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は眼瞼ミオキミアには、かなり 有効です。 最近、一人宮崎からの眼瞼ミオキミア患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 眼瞼ミオキミアの症状がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な電気針治療法で、治った眼瞼ミオキミアの方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
先日四度目の治療にうかがいました。
おかげさまで、初回後から眼瞼ミオキミアが確実に よくなっているのを実感しています。
もう諦め半分以上の気持ちでしたが、まさか1〜2度で ここまで回復できると思っていなかったので、驚きとともに 大変感謝の気持ちでいっぱいです。 引き続きよろしくお願いいたします。

眼筋ミオキミアC様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼筋ミオパチーと診断され、左の眼瞼下垂手術を計五回行いました。最後は9年くらい前ですが、ここ二年くらい右も瞼が下がって来 て、かつもともとあった右の斜視により、正面でロンパリになって来たので、斜視の手術も考えています。ミトコンドリアの異常らしく、M RIでは目の周りの筋肉が細いようです。治療可能でしょうか?

眼筋ミオキミアNM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼筋ミオキミアの治療ですが、どの位の治療期間と金額を 教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

眼筋ミオキミアW様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼筋ミオキミアはどのくらい通うことを前提に考えればいいのでしょう。

眼筋ミオパチー の鍼灸(針灸)治療効果

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん