中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>整形外科系>五十肩肩関節周囲炎

五十肩の最新東洋医学治療 

五十肩 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

五十肩について

五十肩の原因|五十肩

五十肩とは、肩の痛みと運動制限をきたす疾患です。
五十肩は肩関節周囲組織の炎症によるもので、"肩関節周囲炎"ともいいます。
人間が起立歩行をすることから、きわめて安定性がわるく、中年をすぎるころから関節周囲の損傷が重なりやすくなります。もっとも損傷されやすいのは肩を回すときに作用する筋群が腱板状に付着する部分で、それに連なる関節包に炎症が波及します。そのほかにも肩関節では損傷されて炎症を生じやすい部分がいくつかあります。これらによって肩を動かすときに痛みが出て、運動制限を生じます、この状態を五十肩と呼んでいます。
五十肩は50代になって肩関節の痛みと運動制限が起こってきやすいので、この名称があります。40代に起こって四十肩と呼ばれることもあります。五十肩原因に関しては諸説があり、一種の症候群とみられています。五十肩という疾患名がいつから使われたかは不明ですが、日本において五十肩に関連する最も古い文献は、1886年に瀬川が痃癖について記載したものです。痃癖は古来肩から背部にかけての張り、痛み、はやうち肩を言ったもので、運動障害はなく、肩凝りの延長上にある疾患のようです。
中高年で肩関節痛を訴えて来院する患者さんの中で最も多くみられます。男女差はほぼなく、50歳代を中心に、60歳代、40歳代の年齢の人に多く発生します。五十肩の原因ははっきりしませんが、何らかの原因で肩関節を上にあげる時に肩峰下滑液包や腱板などの動きが障害されると骨頭の動きが制限されて痛みを生じ、関節包の縮小を起こすことが五十肩の病態と考えられています。

五十肩に対する当院鍼灸治療の取り組み

    五十肩の原因|五十肩  

当院の五十肩の治療目的は、五十肩患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと五十肩の完全な回復までの時間を短縮することです。
五十肩に対して、当院は25年間、五十肩の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【肩透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
当院の治療は五十肩の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして五十肩の回復で、五十肩患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

五十肩の鍼灸治療法

五十肩の鍼灸治療症例と臨床経験

五十肩の鍼灸治療法|五十肩【整形外科系】

五十肩の鍼灸治療症例:五十肩の患者400名、年令は最少32歳、最大79才。罹る期間は最短15日、最長3年。【肩透穴針】取穴:肩貞、肩井、雲門、肩外兪、巨骨。電気針、20分間後、吸い玉20分間の後に手技で、粘着した筋群を分ける。

五十肩の鍼灸臨床経験:当院では、多くの五十肩患者の症状を回復させてきました。今も多くの五十肩患者が通っていらっしゃいます。五十肩患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、五十肩患者は肩の痛みと活動の回復がかなり良好です。大多数の五十肩患者は普通の生活に戻ることが可能になりました。
五十肩の治療には、西洋医学のブロック注射、理学療法、鎮痛剤、シップなどの治療より、鍼灸の治療がはるかにいい方法です。私は整形外科医の時代に、わざわざすべての治療方法をやってみましたが、短期間で治るのと治癒率高い面に置いては、やはり鍼灸が一番いい方法でした。
鍼灸治療の後に、手技で、粘着した筋群を分けることが即効性の条件です。

『私学公論』が当院の五十肩治療を紹介 1998年12月10日

五十肩の原因|五十肩【神経疾患】

《編集後記》の原文:
まず初めに中国の鍼灸の先生である康少宏さんを紹介します。
天安門事件が起こって間もなく、康少宏さんとは大阪の清風高等学校で出会いました。
当時記者は五十肩で苦しんでいました。五十肩という肩の痛みは厄介で、患った肩は腕の重さに絶えきれず、冷や汗タラタラ激痛が走る。ところが横になり肩に負担をかけずにいると、痛みは和らぎ一息つける。しかも悪いことには西洋医学ではなかなかこれが治らない。休むわけにもいかず、いつも横になれるようにと、コザを背負って走り回っていたというわけです。
たまたま清風学園を訪ねて康少宏さんの針灸治療を受け、一瞬にして完治したのです。三十分前まで痛みに絶えかね唸っていた男が痛みから解放された経験です。
また京都のさる校長が頻尿症で苦しんでいました。頻尿というのも厄介な病で、睡眠がとれない。不眠で疲労困憊。記者は紹介して驚きました。劇的に治ったというのです。しばらくして康少宏さんは帰国、姿を消しました。
12月に入って「お元気ですか。日本に帰ってきました」と5年ぶりの来日です。「東京で開院しました」との通知を受け、かれにお返しがしたくなりました。現代西洋医学と中国伝統医学(中国福建中医大学卒、中国非薬物療法専業委員会委員。1997年、中国リウマチ学会でリウマチ特別療法発表、91%以上の治癒率で優賞)を学んだかれから、気功療法をはじめ数々の治療結果データをいただいたが、これは割愛させていただく。

五十肩の鍼灸治療のメカリズム

五十肩の原因|五十肩【神経疾患】

当院独自開発した【肩透穴針】治療法:肩部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ損傷した靱帯を修復する仕組みです。
1.【肩透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.肩部の血流量が増え、損傷した靱帯を修復します。
4.靱帯へ直接に刺激することによって細胞が活性化されます
5.増やした免疫細胞が靱帯と骨との接触部靱帯の炎症を修復します

【五十肩治療の実際様子と流れ】

1.当院独自開発した【肩透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に
生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

五十肩の原因|五十肩【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
五十肩の原因|五十肩【神経疾患】

五十肩と西洋医学

五十肩の分類

  1. 棘上筋腱を中心とする腱板と肩峰下滑液包である五十肩
  2. 上腕二頭筋長頭腱周辺である五十肩
  3. 関節包および関節滑膜である五十肩
  4. 腱板疎部(滑膜・靭帯・関節包)を中心とした五十肩
  5. その他(神経・血管・線維化異常など)に整理できる五十肩。過去に命名された病名は100を越えると言われています。

また、以下の分類もあります。

  1. 烏口突起炎による五十肩
  2. 上腕二頭筋腱炎による五十肩
  3. 肩峰下滑液包炎による五十肩
  4. 変性性腱板炎(外傷性腱板炎・腱板不全断裂)による五十肩
  5. 石灰沈着性腱板炎による五十肩
  6. 臼蓋上腕靭帯障害(不安定肩関節症)による五十肩
  7. いわゆる「五十肩」(疼痛性関節制動症)
  8. 肩関節拘縮(外傷後など)による五十肩

また、以下の分類もあります。

  1. 一次性・特発性肩関節拘縮
    肩の動きが自・他動ともに有意な可動制限を特徴とした、原因が明らかでない状態
  2. 二次性肩関節拘縮
    烏口突起炎、上腕二頭筋長頭腱炎、外傷性拘縮肩、腱板断裂、腱板不全断裂、変性性腱板炎、肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎、動揺性肩関節(不安定症)、インピンジメント症候群などの疾患をいう。

五十肩の原因

  1. 下滑液包の炎症、癒着による五十肩
  2. 石灰沈着による五十肩
  3. 上腕二頭筋長頭腱炎による五十肩
  4. 癒着性関節包炎による五十肩
  5. 腱板変性による五十肩
  6. 関節内滑膜の病態による五十肩
  7. 免疫反応による五十肩

五十肩の病理

  1. 腱板変性の関与で五十肩
    腱板変性の要因は、腱板の阻血や微小断裂です。
  2. 線維化異常で五十肩
    病理所見では滑膜に炎症所見がみられないことから、病態は炎症でなく、線維芽細胞の増殖にある。発症後数カ月を経ても、烏口上腕靭帯の近傍にあり、線維化が進行している。
  3. 神経変性の関与で五十肩
    神経周膜の肥厚、神経線維の減少、神経内膜の粘液変性、Renaut 小体の存在がありました。
  4. 血管の関与で五十肩
    炎症が長期化した場合、筋収縮は持続的となります。交感神経系の活動も高まって筋肉内の微小血管も収縮し、筋は虚血になります。筋肉に乳酸が蓄積したり、カリウムが細胞外に流出します。発痛物質のプラズマキニンが産生され、これらのため、筋肉自体の痛みが原因となり、この痛みの増悪により関節の運動が制限され、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋のみならず関節包などの周囲組織の拘縮が現れます。

五十肩の症状

  1. 痛み:
    五十肩は急に起こることも、だんだんに起こることもあります。夜明けに冷え込んでくると、肩が痛んで目を覚ますことがよくあります。五十肩(肩関節周囲炎明らかな原因がなく、突然の肩関節の痛みを引き起こ場合が多いです。安静にしていても痛みは強く、夜間に激しいのが特徴です。その痛みは腕に放散します。そして動かすと必ず痛み、日常生活では髪をとかしたり(結髪位)、シャツの着脱、帯を結んだりした時(結帯位)や、肩を上にあげようとする時に痛みがでたり、強くなったりします。そのため、肩関節の動きはかなり制限されます。
  2. 運動制限:
    五十肩に罹ると髪をとかしたり、ズボンの腰ポケットに手を入れたりするのが不自由になります。あらゆる方向で制限されますが、特に内に回したり、外に回したりする運動、外に上げたりする運動の制限が著しいです。
  3. 拘縮:
    拘縮は腕を挙げづらい、挙がらない、背中に手を持っていけないなど日常生活動作で問題が生じます。症状が三〜四ヶ月以上続くと肩全体の筋肉が痩せ、筋力低下が生じることもあります。

五十肩の診断

五十肩は中年以降に発症する病気です。肩の痛みと運動制限を主とするもので、交代変性を基盤とします。痛みは肩部に生じ腕の方まで痛みを訴える事もあります。五十肩主として鈍痛、夜間や冷えた時になどに痛むことが多いです。動きとしては髪をとくとき(結髪動作)、電車の吊革を持つ時、手を後に回す時(結帯動作)に痛みが出ることが多いです。
典型的な五十肩の症状は痛みと拘縮です。まず痛みは肩関節だけにとどまることもありますが頸部や腕に放散する痛みを訴えることがあります。その他、夜間痛とくに明け方の痛みの為目を覚ます患者さんもいます。また肩を他動的に過度に動かそうとすると痛みがひどくなります。うこう突起部、結節間溝部、肩関節の後外側部を押すと痛いことが多く、慢性期になると筋力の低下が起こります。そして患者さんを後から診察すると、患側の肩甲骨の動きが健側に比べ早く外側に動いてしまうことが起きます。
五十肩の補助的診断では単純X線では特に所見は認められませんが、造影では関節包下部の縮小を認めることがあります。また肩峰下滑液包にプロカインを注入するプロカインテストは診断治療に有効です。
これと区別しなければならない肩の病気としては、腱板損傷、肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎、頸椎症、腋窩神経麻痺などがあげられます。

五十肩の検査

  1. X線:
    一次性(特発性)肩関節拘縮(562肩)の44%に肩峰下骨棘形成が認められた。腱板断裂の場合、完全断裂例の83%、不全断裂例の64%に存在し、五十肩より有意に高いことが報告されている。肩関節造影:、外傷性拘縮肩や腱板不全断裂に伴う拘縮肩でも同様な所見を認めたとしています。
  2. 超音波
  3. 関節内関節鏡
    関節内癒着所見はないです。また、腱板疎部では局所的な発赤、滑膜増生がみられ、関節腔上方・腋窩腔・肩峰下滑液包には滑膜増生がみられないことから、腱板疎部を中心とした関節包(靭帯・滑膜下層含む)の線維化が病巣の主体です。

五十肩の生活注意点

  1. 更衣
    衣服は袖や腕回りがゆったりとした物で、体の前面で開くものを選択する。かぶるシャツなどは避ける。着る時は痛いほうの腕から先に袖に通す。脱ぐ時は逆に行う。
  2. 食事
    箸を使う、茶碗を持つなどの食事動作で痛みが出現する時は、両肘をテーブルの上に乗せ上腕を支え食事をする。痛い方の手で荷物を持つ。
  3. 寝る
    あお向けで寝る場合は肩の下にタオル・クッションなどをおきリラックスできる姿勢をとりましょう。横向きで寝る場合は、抱き枕等で腕が下がらないよう工夫しましょう。
  4. 保温
    夏はクーラーや扇風機などで直接冷気が肩に当たらないようにしましょう。冬は肩に保温用サポーターを着け、冷やさないようにしましょう。冷えた時にはお風呂に入るなどし、循環を良くしましょう。
  5. 温熱療法
    ホットパック・ホットマグナーなどにより局所循環の改善・除痛・筋痙縮の軽減を目的に行う。

五十肩の運動療法

  1. Codman体操
    痛い方の手に1〜1.5kgの重錘バンド・鉄アレーなどを持たせ、前後・左右・回旋方向に振り子様運動を行う。
  2. 筋力訓練
    ゴムバンド(セラバンド)鉄アレーなどを用いて、筋萎縮や筋力低下している筋の筋力強化を行う。
  3. 滑車運動
    自動運動に近いこの訓練は、骨頭が関節窩に対して下方に滑走する正常に近い運動が取得されてから行う。

五十肩の予後

五十肩は自然に軽快するというのが一般的な理解ですが、適当な治療しないと疼痛の数年も残存します。しかし、鍼灸治療では五十肩を完治しますから、早めに鍼灸治療を受けましょう。

新聞の掲載と紹介

五十肩患者の質問

五十肩患者FR様

[ 症状、ご相談内容 ] :
一昨年前から肩が痛くなり,右肩が上がらず,緩和できるのでしょうか

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った五十肩の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
お世話になっております。
先週から、肩の痛みがほとんどなくなり、右肩が上がるようになりました。
今回の件はで体調管理の重要性を実感しております。健康管理でこれからも定期的に鍼灸治療を受けたいので、宜しくお願いします。

五十肩患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
五十肩治療できるでしょうか。 宜しくお願い致します。

五十肩の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
三日前から左腕を上げると激痛が肩に走ります

五十肩の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年ほど前から肩が痛くなり、2ヶ月ほど前から整骨院に通って保険治療を行っていただいています。 治療方法は動かすのと鍼治療です。 関節の動きの幅は広くなってきたものの、痛みは増してきている様感じています。 もしより改善できる可能性があるならとご相談させて頂きました。 検討を行うために、こちらでの治療方法や料金などをお聞かせ願えたらと思っております。 よろしくお願いいたします。

五十肩患者の治療相談

五十肩患者F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
かたの激痛を訴えはじめロキソニンなども効か ないほどの痛みに苦しんでいます。整形外科は五十肩と診断しましたが薬も効かずくるしんでいます。斜頸で肘をついて生活したことも原因 ではないかと思うのですが、針で改善はできるものでしょうか?薬もなくどうしたものかとなやんでいます。

五十肩患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
9月から、かたの激痛を訴えはじめロキソニンなども効か ないほどの痛みに苦しんでいます。整形外科は五十肩と診断しましたが薬も効かずくるしんでいます。斜頸で肘をついて生活したことも原因 ではないかと思うのですが、針で改善はできるものでしょうか?薬もなくどうしたものかとなやんでいます。

五十肩患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
50肩のせいか、右腕は上がらなかったのですが、それは上がるよ うになりました。筋膜をはがすことを重点においているみたいです。 その治療院の治療の途中ですが、痺れを早く治したいので、メールさせていただきました。

関節炎症の針灸治療

腱鞘炎 関節炎 アキレス腱炎 肩関節周囲炎

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん