蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>代謝、内分泌系>甲状腺機能低下症・橋本病

甲状腺機能低下症・橋本病

甲状腺機能低下症と中医 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

甲状腺機能低下症・橋本病について

橋本病の治療前|橋本病の治療結果 治療前
橋本病の治療|橋本病の治療結果 治療後

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの合成または分泌機能の一部、もしくは全部が障害される結果、血中甲状腺ホルモンの低下し、身体症状が出る状態です。
甲状腺機能低下症は、幼少時からですとクレチン病となり、成人ですと粘液水腫になります。甲状腺機能低下症も女性に多く、また加齢に伴って増加します。中年以降の女性では数%がかかっているといわれますが、甲状腺機能が低下するに至るのはそのうち10%以下で、ほとんどは無症状で経過します。
甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの産生が不十分な病気ですので、生命活動がゆっくりと低下します。橋本病はバセドー病と同様に自己免疫の異常による病気です。リンパ球が甲状腺のなかに入り込み、そこで自己免疫性の炎症を起こして、甲状腺組織を障害します。この組織破壊が高度になると、甲状腺ホルモンの合成ができなくなり、機能低下におちいります。リンパ球は直接に、あるいは各種のサイトカインや甲状腺組織に対する抗体によって組織を破壊すると思われます。
甲状腺機能低下症の多くの場合、甲状腺はさまざまな程度にびまん性の比較的かたいはれがみられますが、逆に萎縮することもあります。甲状腺機能が低下すると、バセドー病とは逆に代謝が低下するので、体重は増加傾向を示します。進行すると寒がりになり、疲れやすく便秘がちになります。気力、積極性が失われ、いつも眠く、居眠りが多くなります。
甲状腺機能低下症の声が低くなり早口で話すのが困難になり、聴力も低下します。顔つきもなんとなく生気がなく、ぼんやりとします。まゆ毛の外側の毛や頭髪もうすくなります。脈拍はおそくなり、体温も低下する傾向を示します。心臓の外側の心嚢に水がたまって心不全症状を示すことがあります。さらに記憶障害や精神症状があらわれ、ぼけとまちがわれたりします。重症になると昏睡から死に至ることもあります。

甲状腺機能低下症に対する当院の取り組み

当院の甲状腺機能低下症の治療目的は、甲状腺機能低下症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと甲状腺機能低下症の完全な回復までの時間を短縮することです。
甲状腺機能低下症の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当院は甲状腺機能低下症患者さんの期待に応えるため、甲状腺機能低下症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【甲状腺透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
甲状腺機能低下症の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

甲状腺機能低下症・橋本病の鍼灸治療法

甲状腺機能低下症・橋本病鍼灸治療と鍼灸臨床経験

甲状腺機能低下症・橋本病鍼灸治療 :甲状腺機能低下症(橋本病)65名、【甲状腺透穴針】:人迎、百会、天枢、大椎、腎兪、腰陽関、命門、合穀、内関、足三里、三陰交、陽陵泉、陽陵泉。電気針。中脘にお灸

甲状腺機能低下症・橋本病鍼灸臨床経験 :蘇我庵中国鍼灸院では、多くの甲状腺機能低下症の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの甲状腺機能低下症患者が通っていらっしゃいます。甲状腺機能低下症患者の一人一人の症状に合わせて、蘇我庵中国鍼灸院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。蘇我庵中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、甲状腺機能低下症患者の回復と予後は良好で、多くの甲状腺機能低下症患者は普通の生活が可能となりました。
当院に来られた甲状腺機能低下症患者さんを薬に頼らず、針灸でかなり確実に回復できました。

橋本病の鍼灸治療のメカリズム

橋本病の原因|橋本病【小児疾患】

当院独自開発した【甲状腺透穴針】治療法:頚部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ甲状腺組織を改善する仕組みです。
1.【甲状腺透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.甲状腺動脈の血流量が増え、甲状腺への血流供給が増え、甲状腺組織を修復します。
4.甲状腺における自己免疫を抑制します。

【橋本病治療の実際様子と流れ】
橋本病の原因|橋本病【神経疾患】

1.当院独自開発した【甲状腺透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に
生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

橋本病の原因|橋本病【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』

橋本病患者の声 菅様  女性 

橋本病の原因|橋本病【神経疾患】

御蔭さまで、毎日元気に働いております。
今年に入ってから、体のだるさが酷くなり、寝ても寝ても疲れが取れない状態が続いたので、病院に行ったところ、橋本病と診断されました。 投薬の必要がないと言われました。
肉体的のみならず、精神的にも鬱のような感じで症状が辛かったため、蘇我庵中国鍼灸院の鍼灸治療を受けることにしました。
3週間の鍼灸治療を受け、辛い症状がマシになりましたので、更に2か月鍼灸治療を受け、腫れた甲状腺が元の大きさに戻り、血液検査は数字が正常になり、エコー検査も正常になりました。
こんな早く元気になるとは思いませんでした。本当にありがとうございます。

橋本病の西洋医学治療

甲状腺機能低下症の原因

 
  1. 甲状腺性:甲状腺そのものに原因:手術によるもので摘出後、放射線によるもの、薬物によるもの、橋本病、特発性(原発性)
  2. 下垂体性
  3. 視床下部性
  4. 末梢組織でのホルモン利用阻害

甲状腺機能低下症の症状

内科全般 全身倦怠、無気力、高コレステロール血症、貧血、痴呆
神経科 筋肉痛、筋力低下、けいれん、声がれ
精神科 無気力、痴呆うつ状態
整形外科 筋肉痛、関節痛
耳鼻科 難聴耳鳴りめまい、声がれ
皮膚科 皮膚乾燥、毛髪脱毛
循環器科 脈拍数が遅い、心不全、息切れ、胸痛、むくみ、心電図異常、心肥大
消化器科 食欲低下、便秘、肝臓障害(AST、ALT、LDH、γ-GTP上昇)
婦人科 月経過多、無月経

甲状腺ホルモンが不足すると、甲状腺機能低下症身体機能が低下します。甲状腺機能低下症の症状はとらえにくく、徐々に進行します。特に高齢者ではうつ状態と間違えられます。顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりで、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。甲状腺機能低下症の人の多くは体重が増え、便秘で、冷え性になります。毛髪は薄くて粗く、パサついて、皮膚はきめが粗く、乾燥し、うろこ状に厚くなります。手がうずいて痛む手根管症候群が現れる人もいます。脈拍は遅くなり、手のひらと足の裏がわずかに黄色みを帯びて、まゆの両端が次第に抜けます。特に高齢者では、錯乱、もの忘れ、あるいは痴呆など、アルツハイマー病や他の痴呆症と容易に間違えられやすい徴候が生じることがあります。甲状腺機能低下症を治療しなければ、は貧血、低体温、心不全を結果として引き起こします。この状態は錯乱、意識喪失や昏睡(粘液水腫昏睡)を生じ、呼吸が遅くなり、発作や脳への血流が低下する致死的な合併症に進行することがあります。粘液水腫昏睡は、甲状腺機能低下症の人が寒さなどの身体的ストレスを受けたり、感染症、外傷、手術、脳の機能を抑える鎮静薬などの薬剤がきっかけで起こります。臨床所見では、顔貌に特徴、浮腫状、舌が巨大舌。眉毛の外半分の薄さ、皮膚蒼白もしくは黄色。乾燥、脱毛してる皮膚。手足の浮腫とその浮腫は圧迫を一般に残さない。言語緩慢、反射運動の減退、アキレス腱反射弛緩相の延長。

甲状腺機能低下症の検査

甲状腺機能低下症・橋本病の検査では、貧血。血沈の亢進。血中タンパク質量とガンマグロブリンも増加傾向。CPK、LGH増加も多い。レントゲンで心臓の陰影の増大。心電図の低下甲状腺機能検査ではBMR,血中PBI、 血中甲状腺ホルモン(T3、T4)はすべて低下、Triosorb試験、131I(ヨード)接種率低下。血中コレステロールの高値。血中TSH(下垂体から出る甲状腺刺激ホルモン)は、甲状腺機能低下の原因がもし甲状腺にあったら高値になる。当然下垂体性甲状腺機能低下ではTSHは低い。

甲状腺機能低下症・橋本病の診断

甲状腺ホルモン濃度が低く、TSHが増加することから容易です。橋本病では血液中には甲状腺の成分に対するいくつかの自己抗体が検出されます。機能が低下すると、血中のコレステロールや中性脂肪が増加したり、肝臓機能の障害を起こす頻度も高く、肝臓病として治療されることもまれではありません。まれに小児でも橋本病による甲状腺機能低下がみられます。甲状腺機能低下症があると、身体発育や精神発達も遅れます。甲状腺ホルモンは精神神経系や骨の成長にも必要なためです。

甲状腺機能低下症の西洋医学治療

甲状腺機能低下症の西洋医学治療は、甲状腺機能低下症の治療は簡単で、どのような原因でも甲状腺ホルモンの投与を行います。甲状腺ホルモンとして、昔は乾燥甲状腺末なども使われていましたが、現在ではサイロキシン(チラージンS)の錠剤で治療するのが一般的です。

橋本病患者の質問

橋本病NK様 女性

[ 症状、ご相談内容 ] :
精神科に通院していますが、定期健診で橋本病が判明しました。
そこで食べて良いもの悪いものですが、人によって良い悪いガ異なって迷っています。
アブラナ科の小松菜、ほうれん草、ニンジンは食べて良いものなのでしょうか? 教えてください 。

当院の返事:
私の経験から、当院の鍼灸治療は橋本病にはかなり有効です。
先月も一人橋本病患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、浮腫み がかなり良くなりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
当院開発した特殊な治療同じ症状で治った方が たくさんいらっしゃいますので、心配ないと思います。
  アブラナ科の小松菜、ほうれん草、ニンジンは食べて良いです。

患者様の返信:
今日もありがとうございました。
今日で8回めの治療となりました。 おかげさまで体調が随分戻ってきました。
自分のために使えるお金が、恥ずかしい話ですが残り少なくなってきました。 あと何回くらい治療をすると治りますか? 3月は、今まで通り通います。 次は、金曜日に伺います。 その時にでもわかる範囲でよろしいので、見通しを話していただければ嬉しいです。 今後ともよろしくお願いします。

橋本病の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
私が甲状腺疾患である橋本病をもっています。 ネットでいろいろ調べましたが完治が難しいということと、ホルモン治療になるということばかりの中、こちらにたどりつきました。 もし、完治が可能ならば私は鹿児島で仕事もしていますが都合をつけて行こうとも思っております。

橋本病JK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
初めてまして。橋本病を患っております。
そちらの治療を受けてみたいのですが院長先生が治療して頂けるのでしょうか?それともお弟子さんが治療するのでしょうか? 回答よろしくお願い申し上げます。

当院の返事:
私が担当します。

甲状腺機能低下症WT様

[ 症状、ご相談内容 ] :

甲状腺機能低下症M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
甲状腺低下症の治療をして頂きたいです。

橋本病G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
甲状腺の血液検査の結果、橋本病と診断されました。現在、お薬は飲んでおらず様子を見て3カ月後に伺うことになっおます。 現在、顔の浮腫み、肌のかさつきの症状が出ております今回先生のホームページを拝見させていただきまして針,灸の治療も効果があることを 知り伺ってみようと思い、今日お電話し16日(月)4時半に予約をお願いしました。宜しくお願いします。

甲状腺機能低下症YM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
甲状腺機能低下症で、チラージンs50を2錠〜2.5錠、飲み続けています。30歳で結婚、33歳と38歳で 出産。現在45歳です。20代30代前半は体力もあり、月一の登山や毎日のジョギングを日課にしておりました。妊娠中もホルモンのバラ ンスが完全になるため元気な妊婦さんでした。二人目の出産以後、40代になり、カクンと体力が落ちてしまい、血液検査の数値は安定値な のにもかかわらず、体感として、寒気、悪寒、倦怠感、異常な眠気、無気力、むくみ、体重増加が続いております。体重は二人目の出産後か ら7年間で10キロほど増えてしまいました。春夏秋はまだ、カラダが動くのですが、冬は本当に症状がつらくて家事をこなすのがやっとの 状態です。 20年もの長いキャリアのある、甲状腺機能低下症ですが、貴院の鍼灸治療にて、症状の緩和とむくみの軽減、減量が可能でしょうか? 本来は、好奇心旺盛でとても活動的な性格なのですが、冬はカラダが思うように動かず、無気力が続いて、完全にこもってしまっています。元 気にカラダを動かせるようになりたいです。 お忙しい中、お手数をおかけしますが、ご返答、いただけたらと思います。宜しくお願い致します。

橋本病GJ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
橋本病と診断されました。 この間チラージン、ベザトール、血液サラサラ薬等の薬を飲み、それらの副作用かどうか分かりませんが、味覚障害、脱毛、一日数回のお昼寝 の眠気等、その他の症状に悩まされています。(現在は味覚障害が一番気になります)この病気は一生完治しないのでしょうか?鍼をやつて みようと思い、メールしました。宜しくお願いします。

甲状腺機能低下症G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
6月に甲状腺乳頭癌の手術をしました(左葉摘出、頚部リンパ節郭清)。 それ以前(2007年)からTSHの数値が不安定で、身体もかなりしんどかったのですが、T3.T4の数値が正常だったので薬は処方され ませんでた。今回手術をした事によってチラージンを処方して頂き、飲み始めは身体は楽だったのですが、まだ体調はすぐれません(脚の筋 肉の痛み、疲れやすい、寝足りない、記憶力の低下など)。 抗体(TgAb)の数値は上昇しながらもホルモンの数値は正常範囲に収まっているので経過観察になっています。 こんな感じでも針の治療で身体は楽になるのでしょうか。

橋本病DS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
橋本病を患っています。元気だったため気が付くのが遅く初めて病院へ行った時にはすでに 先生も驚くほど甲状腺がカチカチでエコー検査では真っ黒に写ります。チラージン50μgx3錠を飲んでいます。母親、妹は甲状腺亢進症で 手術をしています。親戚にも数人いますが低下症はいなかったと思す。このような状態でも甲状腺が再度活性化することがあるのでしょうか ?よろしくお願い致します。

橋本病D様

[ 症状、ご相談内容 ] :
橋本病と診断されました。身体が冷え やすく、かたくなっています。乳児の世話をしながら父の入院につきそったり、親戚のお客を迎えたりと忙しくしておりました。 甲状腺ホルモン3.43、T4=0.66、T3=1.7、抗サイログロブリン抗体は30.6です。5月より職場に復帰します。橋本病は治 らないとのことですが、なんとかして症状をおさえ、また精神的に落ち着きたいと思っております。

先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん