蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座

恐怖症

恐怖症と中国鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

恐怖症について

恐怖症とは、特定のものに対して、他人には不可解な理由から、心理学的、および生理学的に異常な反応を起こす症状です。
恐怖症はすべての年代の女性において最も見られる精神疾患で、25 歳以上の男性においては、2 番目に多く見られる精神疾患です。
恐怖症がある人は、不安や恐怖感を引き起こしそうな状況を避けるか、多大な苦痛を感じながらその状態に耐えています。しかし、不安が過剰であるという自覚は本人にもあり、自分に何らかの問題があることは認識しています。
単一恐怖のうち、恐怖の対象を容易に作り出せるもの(高所、暗所などの場所由来のものや特定の動植物など)については、患者をその状況の中に長時間おいて恐怖に慣れさせることによってある程度改善可能です。
大きく二つにわけて、特定の恐怖症と社会恐怖症に分けられます。 特定の恐怖症の場合、直接的にそのもの自体にはほとんど危険性がないのにもかかわらず、激しい恐怖を感じます。その恐怖感によって、そういったものや状況を回避しようとするばかりに、普段の生活に支障をきたします。

恐怖症に対する当院の取り組み

当院の恐怖症の治療目的は、恐怖症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと恐怖症の完全な回復までの時間を短縮することです。
恐怖症の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果的です。当針灸(鍼灸)院は恐怖症患者の期待に応えるため、30年間、恐怖症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針吸治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。 鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。
恐怖症が頑固なため、当院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針【脳透穴針】を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当針灸(鍼灸)院に来られる恐怖症患者さんの多くは針灸治療で恐怖症の症状がなくなり、不安から解放されました。恐怖症患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。

恐怖症の鍼灸治療法

恐怖症の鍼灸治療症例と臨床経験

恐怖症の鍼灸治療症例恐怖症患者130名、【脳透穴針】:四神聡。電気針。

恐怖症の鍼灸臨床経験:当院では、多くの恐怖症患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの恐怖症患者が通っていらっしゃいます。恐怖症患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、恐怖症患者の生活の質と予後は比較的良好です。大多数の恐怖症の患者は社会復帰が可能になりました。

恐怖症の鍼灸治療効果

恐怖症の鍼灸治療のメカリズム

恐怖症の原因|恐怖症【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳組織を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させます。
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、被殻、尾状核、小脳や脊髄の神経細胞が活性化されます。
6.神経伝達物質GABAの受容を高め、大脳の感情中枢を活性化します。

恐怖症治療の実際様子と流れ

恐怖症の原因|恐怖症【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

恐怖症の原因|恐怖症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
恐怖症の原因|恐怖症【神経疾患】

恐怖症と西洋医学

恐怖症の分類と原因

  1. 単一恐怖:特定の恐怖症とは、特定の対象物や状況に不合理な恐怖感を抱く状態をいいます。
  2. 広場恐怖:広場恐怖は、不安やパニックに襲われたとき、すぐには逃げられないような状況や場所に閉じこめられることに不安を抱き、避けようとすることを特徴とします。
  3. 社会恐怖:社会恐怖(社会不安障害)は、特定の社会的状況や人前に出る状況に対して著しい不安を抱くことを特徴とし、そうした状況をしばしば避けようとします。

恐怖症の原因

恐怖症の原因は不明だが,通常,恐怖症は、声の過度の使用または職業上もしくは感情的なストレスを一定期間受けた後に出現します。

恐怖症の症状

  1. 単一恐怖:恐怖感を抱く対象によって、ほとんど不都合がないものもあれば、日常生活に重大な支障を来すものもあります。たとえば都市部に住む人の場合、ヘビ恐怖症があったとしてもヘビを避けるのはたやすいことですが、エレベーターのような狭い閉鎖空間が怖い場合には、高層ビルの上層階では働けないといった不都合が生じます。大きな動物、暗闇、見知らぬ人に対する恐れなど、特定の恐怖症の中には幼いころに始まるものがあります。その多くは成長とともになくなります。ネズミなどのげっ歯動物や虫、嵐、水、高所、飛行機、閉所などの恐怖症は概して、成長してから発症します。少なくとも5%の人が、血液、注射、けがに対してある程度の恐れを抱いています。こうした人は心拍数の減少や血圧の低下から実際に失神を起こすことがありますが、この現象は他の恐怖症や不安障害では起こりません。他の恐怖症や不安障害の場合は逆に過換気が生じることで、失神しそうな感覚が生じますが、実際に気を失うことはほとんどありません。特定の恐怖症にはさまざまなタイプがあり、1つのグループとしてみると不安障害の中で最も一般的なものですが、他の不安障害ほど治療に手を焼くことはありません。特定の恐怖症は12カ月間で、女性の約13%、男性の約4%に生じます。
  2. 広場恐怖:広場恐怖は「人の多い場所を恐れる」という意味でつけられた病名で、具体的には、不安が激しくなったときに容易に逃げ出すことができないような、人が多くにぎやかな場所に閉じこめられることに恐怖感を抱く状態をいいます。広場恐怖の人が恐れる典型的な状況には、銀行の窓口やスーパーマーケットのレジで待っている人の列に並ぶ、劇場や教室の真ん中の席に座る、バスや飛行機に乗るといったものがあります。こういった状況でパニック発作を起こした後に、広場恐怖になる人もいます。こういった状況に居心地の悪さを感じるだけで、一度もパニック発作を起こさない人もいれば、後になってからパニック発作を起こす人もいます。広場恐怖はしばしば日常生活に支障をもたらし、自宅に引きこもる人もいます。任意の12カ月の間に女性の約4%、男性の約2%が広場恐怖と診断されます。ほとんどは20代初期に発症します。40歳を過ぎてからの発症はまれです。
  3. 社会恐怖:全般的なタイプの社会恐怖では、さまざまな社会的状況で不安が生じることが特徴です。いずれのタイプも不安の根源には、期待に沿えないと恥をかく、みっともないといった思いこみがあります。社会恐怖の中には、人前に出ることを伴う特定の状況に関連して起こるタイプもあります。こうしたタイプでは大勢の人の前で何かをするときにのみ不安が生じ、同じことを自分1人で行っても不安になることはありません。社会恐怖の人が共通して不安を感じる状況としては、人前で話をする、楽器の演奏や教会での聖書の朗読など大勢の人の前で何かをする、人と食事をする、証人の面前で署名する、公衆トイレを使用するといったものがあります。 社会恐怖の人は、自分の行為や言動がほかの人の目に不適切に映るのではないかと心配します。また、不安を抱いていることが他者にあからさまにわかってしまうのではと心配し、汗をかいたり、赤面したり、吐いたり、体や声がふるえたり、途中で何を話していたかわからなくなったり、自分をうまく表現する言葉が見つけられなかったりするのではないかと思い悩みます。 社会恐怖の人はきわめて激しい不安を感じるため、社会と接することを避けたり、多大な苦痛を感じながらこの不安に耐えています。約13%の人が人生のいずれかの時点で社会恐怖になるといわれています。この障害は任意の12カ月の間に女性の約9%、男性の約7%に生じます。社会恐怖の中で最も重症度が高い回避性人格障害になる割合は、男性の方が女性よりも高いことが示されています。生まれつき内気で、幼少のころから憶病な性格だった人が、成長して社会恐怖になることもあります。思春期のころになって初めて、社会的状況に不安を感じる人もいます。

恐怖症の検査と診断

恐怖症の診断は症状を観察して診断をつけます。

恐怖症の西洋医学治療

恐怖症の西洋医学治療としては、薬物療法、精神療法が一般的です。

恐怖症の生活注意点

恐怖症は精神緊張やストレスにより悪化することが多いです。 日常生活では横臥安静で十分な休養をとる事、心理負担を極力軽減することが重要です。

恐怖症患者の質問

恐怖症患者JS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
対人恐怖症、首肩の凝り、頭重、難聴気味等が症状です。 治療費、治療時間、何回位治療をして頂ければ、症状が緩解 するのでしょうか?

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  一度お電話予約した上でご来院ください。

患者様の返信:
康先生
対人恐怖症の治療で大変お世話になっております。
おかげさまで対人恐怖症は全快というところまで至りましたので、御 礼方々、経過まで御報告申し上げます。
康先生はじめ、スタッフの皆様のおかげと大変感謝しております。

恐怖症VZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
会食恐怖(とにかく人前での食事が怖いです) 藁にもすがる思いです。よろしくお願い致します。

恐怖症患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
私は対人恐怖症で悩んでいます。 5年ほどで薬物療法をしていて、だいぶ良くなってきたので 薬の量も減ってきました。このまま薬をやめる方向に 考えているのですが、薬を減らすとどうしても恐怖心が出てきてしまいます。元々緊張しやすく、体も疲れやすかったり、肩がこりやすかった りします。 持病で特定疾患のファブリー病があるのですが、 今のところ特に問題はなく酵素補充療法を受け、 治療しています。その影響もあり、人よりも体力、免疫力がないです。 体質改善と対人恐怖の克服に向けて、治療をお願いしたいのですが大丈夫でしょうか。 診察して頂けるようでしたら、後程電話予約させて頂こうと思います。 よろしくお願い致します。

対人恐怖症J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
対人恐怖に長年悩んでます。ひととかかわることがこわいです。よくなりますか?

閉所恐怖症S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
閉所恐怖症で電車も混んでいる電車には乗れません。ですから先生の銀座本院に伺うにも、昼間の比較的、電車の空いている 時にしか伺えません。 ですので、予約を取らせていただいて、先生にお目にかかり、これからの私の身体と心を治して頂きたいのです。勝手なお願いばかりで申し訳 ございません。。 どうぞよろしくお願い致します。

対人恐怖症M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
対人恐怖症の治療を宜しくお願いします。

ジストニアと針灸治療

脳性麻痺 痙性発声障害 眼瞼痙攣(けいれん) 書痙  鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん