中国鍼灸 東京・銀座

抜け毛

抜け毛の鍼灸治療  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

抜け毛について『TBSのテレビ番組の紹介』

薄毛の治療前|薄毛の治療結果 治療前:上部の薄毛が目立つ
薄毛の治療後|薄毛の治療結果 治療後:鍼灸治療3か月後
薄毛の治療後|薄毛の治療結果 治療後:鍼灸治療6か月後

抜け毛とは、髪の毛が抜け落ちてしまう状態です。
毛髪には一定の寿命があり、発毛と脱毛を繰り返しています。これをヘアサイクル(毛周期)と呼び、「成長期」→「退行期」→「休止期」の大きく分けて3つの段階を経ます。ヘアサイクルには個人差がありますが、一般的に男性の場合は2〜5年。女性の場合は4〜6年です。
  退行期や休止期には、毛根が頭皮の浅いところにあるため、ブラッシングやシャンプーなどで髪が簡単に抜け落ちます。1日に抜け落ちる本数が100本以内であれば、特に心配する必要はありません。
現在成人男性のおよそ4人に1人が抜け毛と言われています。遺伝や男性ホルモンの影響などが抜け毛の主な原因として考えられますが、日本人の就寝時間の変化、生活習慣の乱れ、ストレスなどが要因の一だと考えられます。
日本の成人男性抜け毛率を調査しているアデランスの2007年発表によると日本の成人男性抜け毛率は26%を超えており、成人男性のおよそ4人に1人が抜け毛と言われています。抜け毛の原因として考えられることは日本人の就寝時間が遅くなった、食事が欧米化してきた、パソコンやゲームがどんどん普及してきたことなど要因の一つでしょう。日本人の生活パターンの変化が抜け毛発症率を増加させていくことも考えられます。ですので、規則正しい生活を送ることが抜け毛対策には大切です。
抜け毛の悩みと言うと中高年の男性に多いといったイメージがありそうですが、近頃は比較的若い年代の女性でも【抜け毛の本数がかなり多い】、【髪の毛が細くなり全体的にボリューム感がない】といった抜け毛の症状で悩んでいる人が急速に増加しているようです。女性の抜け毛の悩みが増加した背景には、これまで述べてきたように昼と夜が逆転したような不規則な生活習慣や、栄養成分の偏った食事内容、過剰なストレス、また女性に多い無理なダイエットなどといった誘発要因が絡み合うことでホルモンバランスが崩れ、頭皮と髪にダメージを与えていることに原因があると考えられます。

  

抜け毛に対する当院の取り組み

当鍼灸院の抜け毛治療の目的は、抜け毛患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと抜け毛の完全な回復までの時間を短縮することです。
当鍼灸院は25年間、抜け毛の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。
当鍼灸院の治療方法は抜け毛の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして抜け毛の治癒で、抜け毛患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。

抜け毛の原因

  1. ストレスによる抜け毛
    ストレスや代謝の異常によって毛根に栄養が行き渡らなくなり、髪が育たなくなるなどの説がありますが、現時点ではどのような仕組みで起きているのか具体的にはわかっていません。
  2.   
  3. 紫外線による抜け毛
    紫外線を長時間浴びる事はあまり良くなく抜け毛の原因の1つと考えられます。
  4.   
  5. 不規則な生活や睡眠不足による抜け毛
    昼に受けた髪のダメージは寝ている間に修復されるので睡眠不足は髪にも良くありません。規則正しい生活を心がける事が大事です。
  6.   
  7. 食生活の乱れによる抜け毛
    最近は食生活の乱れによる栄養不足の方が増えているようです。タンパク質が不足すると髪は十分に育たなくなります。バランスのとれた食生活を心がけましょう。
  8.   
  9. 間違ったヘアケアによる抜け毛
    間違ったシャンプーの仕方や、過度な染髪、脱色なども抜け毛の原因となるので気をつけましょう。
  10.   
  11. 遺伝による抜け毛
    遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多いほど抜け毛・抜け毛も多いということ。男性ホルモンのテストステロンに影響され、髪の成長を抑制し、早く抜けてしまうのが原因と言われています。また男性ホルモンによる原因で抜け毛になりやすい体質というのは遺伝すると言われています。遺伝という意味での具体的な現象としては、父親が抜け毛で本人にも脱毛症が進んだ場合、その『型』『パターン』が似たものになることはあります。

脱毛の分類

  1. 男性型脱毛症
    男性型脱毛症とは、男性の抜け毛の原因の大半を占める脱毛症です。男性型脱毛症の主な症状としては、頭頂部を中心に抜け毛になっていくタイプと、生え際が後退していくタイプの2種類にわかれます。男性型脱毛症に関しては未だ解明されていない点も多いのですが、リスクのひとつに男性ホルモンの作用が確認されており、現在、男性型脱毛症治療法には男性ホルモン生成を抑制する成分を配合したものが数多く流通しています。
  2. 女子男性型脱毛症
    女子男性型脱毛症とは、抜け毛の原因である男性型脱毛症(AGA)の女性版です。男性型脱毛症は男性ホルモンに起因する脱毛症であるため、患者の大半は男性ですが、男性ホルモンは少量ながら女性の体内にも存在するため、女性にも男性型脱毛症は発症します。
  3. びまん性脱毛症
    「びまん」とは「一面に広がる」という意味で、その名のとおり、頭部全体に抜け毛の状態が見られる状態をびまん性脱毛症といいます。女性に見られる抜け毛の症状で、毛髪自体が細くなったり、全体的に抜け毛が起こったりするため、髪がぺたんとつぶれ、ボリュームがなくなります。
  4. 脂漏性脱毛症
    脂漏性脱毛症とは、何らかの要因により、頭皮から分泌される皮脂の量が過剰になったことで引き起こされる抜け毛の症状です。過剰分泌された皮脂は汚れとなって毛穴に詰まると、頭皮や毛根が炎症を起こし、抜け毛が増えて抜け毛になってしまいます。
  5. 粃糠性脱毛症
    粃糠性脱毛症とは、乾いたフケが毛穴に詰ることで、頭皮や毛根が炎症を起こし、発毛力が衰えて抜け毛になる症状を指します。同様の症状を持つ脱毛症に脂漏性脱毛症がありますが、脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌が発症原因であるため、古い角質層(フケ)の大量発生が原因の粃糠性脱毛症とは異なります。
  6.   
  7. 分娩後脱毛症
    分娩後脱毛症とは、出産後に髪が抜け出し、抜け毛になる症状のことです。産後脱毛症とも言います。程度の差はありますが、妊娠、出産を経験した人の大半に発症している脱毛症で、一気に髪が抜け落ちるため、不安になる人が多くいます。
  8.   

抜け毛の症状

男性抜け毛の場合、額がM字型に後退したり、頭頂部が薄くなります。女性抜け毛の場合は頭頂部から始まりますが、禿ることはなく全体に薄くなっていきます。
髪は毎日約50から80本位抜け落ち、同じくらいの新しい髪の毛が生え変わってくるので、本数は基本的には変わりません。しかし、このバランスがくずれ、発毛が脱毛に追いつかなくなると抜け毛となります。

抜け毛の検査と診断

  1. 遺伝子検査
    この検査でアンドロゲンレセプターの感受性が高いか低いかを調べる事により、特定の治療薬が有効か否かを予測することができます。毛髪の成長に関与する遺伝子にはCAG・GGCという記号がいくつも繰り返されており、繰り返しの多い少ない(塩基配列の長さ)を調べることで効果的な治療薬を選定します。 遺伝子検査の取り扱いに関しましては、日本衛生検査所協会により策定された「ヒト遺伝子検査受託に関する倫理指針」に則りこれを遵守して実施いたします。   
  2. ジヒドロテストステロン検査
    AGAに大きく関与する活性型男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)の量を測定します。治療過程におけるDHT値の変化を測ることで薬理効果の判定や治療方針に役立てます。
  3. オイリー頭部の油分、水分量を測り乾燥タイプ、脂性タイプなどの頭皮環境を判定します。頭皮状態を把握した上で自分に合ったシャンプーの選び方や日常のヘアケア方法を知るのに役立てます。
  4. 髪の毛ミネラル検査
    体内における有害金属の蓄積度と必要ミネラル過不足を測定します。栄養バランスの崩れから起こる免疫力の低下、生活習慣の悪化傾向(イライラ、能力低下、疲れ目、便秘、不眠)を知るのに役立ち、毛髪における予防医学として活用します。   
  5. 末梢血管の血流状態
    末梢血管の血流状態(RLP−CHOL値)を測定します。喫煙、食生活、ストレスなどの影響で血行不良が起こると毛髪の成長に(必要な栄養が十分供給されなくなるなどの)弊害が懸念されますので、ここでは正常な血流状態か否かを判別します。   
  6. ストレス検査
    ストレスを感じると交感神経が興奮状態となり、唾液中に含まれるアミラーゼという物質の分泌量が活発になります。この値を測定し、ストレスが溜まり易い環境か否かを定量的に調査。
  

女性抜け毛と男性抜け毛

女性の薄げについての話題に注目が集まるようになりましたが、実際に、薄げ(抜け毛)の悩みを持つ女性の数はかなりの勢いで増えています。女性抜け毛は以前は主に男性の間で見られた悩みでしたが、最近では女性の間でも急速に広まりを見せており、日本国内では、およそ600万人もの女性が抜け毛や抜け毛の悩みを持っているといわれています。
女性の薄げ(うすげ)は、頭頂部を中心として全体的に脱毛するケースが多く見られ、頭全体が薄げ(うすげ)になることが多いようです。
また女性の薄げ(うすげ)の場合、症状の進行速度は男性の薄げ(うすげ)よりゆっくりで、また、男性のように完全にハゲ(はげ)しまうようなことはめったにないようです。
女性の薄げ(うすげ)や抜け毛の原因としては、過度の飲酒、喫煙、夜更かし、運動不足、無理なダイエットや栄養のアンバランス、ストレスなどの男性の薄げ(うすげ)や抜け毛と共通の原因の他に、過度のパーマやブリーチ・カラーリング、更年期障害の諸症状、生理不順、出産後のホルモンバランスの変化などの女性特有の原因が指摘されています。 したがって、女性の薄げ(うすげ)や抜け毛の予防法や対策は、まずこれらの女性の薄げ(うすげ)や抜け毛の原因となっている要素を改善することが第一歩です。
女性の薄げ(うすげ)や抜け毛は男性の薄げ(うすげ)や抜け毛と比べると予防や改善がしやすいと言われていますが、薄げ(うすげ)や抜け毛を予防・改善して、薄げ(抜け毛)や抜け毛の悩みを解消するためには、規則正しい健康的な生活の実践が何より大切な条件であるといえるでしょう。
男性の抜け毛や抜け毛の症状で多いのが、頭頂部からの抜け毛や抜け毛、おでこの生え際からの抜け毛や抜け毛、おでこと頭頂部両方からの抜け毛や抜け毛といったものです。女性が全体的な抜け毛や抜け毛になるのに対し、男性の抜け毛や抜け毛は特徴的です。

抜け毛の西洋医学治療

  1. 内服治療
  2.   
  3. 医療育毛の施術
  4.   

抜け毛の危険度チェック

抜け毛の危険度をテックして自分のハゲる危険度を見てみましょう。以下の質問に、「はい」か「いいえ」で答えて下さい。
  

  1. 両親どちらかの家系にハゲがいる。
  2.   
  3. 体毛は濃い方だ。
  4.   
  5. 頭皮が脂っぽく、かゆいことが多い。
  6.   
  7. フケがでやすい。
  8.   
  9. 頭皮が硬い。
  10.   
  11. 生活が不規則で、寝不足だったり、食事を抜くことが多い。
  12.   
  13. 週に二回くらいしか髪を洗わない。
  14.   
  15. 朝シャンが習慣。
  16.   
  17. 朝晩しっかりシャンプーで髪を洗わないと気持ち悪い。
  18.   
  19. 髪の色を変えるのは趣味のようなもの。
  20.   
  21. 外出時にはいつも帽子をかぶっているから、頭は常に蒸れている。
  22.   
  23. 最近、髪が以前よりも柔らかく(細く)なったような気がする。
  24.   
  25. 毎日、喫煙する習慣がある。
  26.   
  27. ほぼ毎日、飲酒する習慣がある。
  28.   
  29. 偏食している。
  30.   
  31. 外食、コンビニ食が多い。
  32.   
  33. 脂っこいものやジャンクフードが大好き。
  34.   
  35. 激辛と書いてあると、つい挑戦する。
  36.   
  37. いつもたっぷりと整髪料をつけてヘアセットするのが習慣。
  38.   
  39. 割と頻繁にパーマをかける。
       この質問で「はい」という答えが多いほど、抜け毛やハゲる危険度は高まっていきます。
  

抜け毛対策

抜け毛・脱毛症を予防ならびに改善するためには、食生活をはじめ生活習慣の改善を実践することが必要不可欠な要素となります。ここでは、抜け毛対策をする上で推奨される基本的な生活習慣の項目を下記に紹介しておきます。

  1. 栄養バランスのとれた食事
    毛髪の主成分はケラチン(タンパク質)なので、毎日の食事から良質のタンパク質を摂取するようにし、体内での代謝を良くするためにビタミンやミネラルを豊富に含んだ食べ物を積極的に摂るように心掛ける必要があります。無理な食事制限などをしたダイエットは抜け毛の原因にもなるので注意しましょう   
  2. 睡眠時間は十分にとる
    睡眠は抜け毛・脱毛症の対策として重要な項目で、睡眠不足による影響もかなり大きいです。また眠りにつく時間も大切で、22時から翌日2時までは成長ホルモンが多量に分泌される時間であり、毛母細胞の新陳代謝にとっても大切な時間帯です。   
  3. 運動習慣を心掛ける
    運動をすることで全身の血行をよくすると共に細胞の新陳代謝も活発になりますので、髪の毛にとっても好影響を与えてくれます。また、運動によりカラダを動かすことでストレスの解消にも繋がり、このことも抜け毛対策にとって良い要素となります。   
  4. ストレスや疲れは溜め込まない
    ストレスや過労は自律神経の働きやホルモンのバランスを崩すこととなり、結果的に毛根に悪影響を与えることとなります。また、抜け毛を気にし過ぎることも過度のストレスを生じさせる原因になりますので、深刻な悩みになっている場合であれば、専門の病院で相談することも大切です。   
  5. 適切なヘアケアを心掛ける
    頭皮に過剰な皮脂や汚れがあると抜け毛が促進されますので、洗髪などで清潔に保つ必要があります。ただし、洗浄力の強過ぎるシャンプーで洗ったり、極度の洗い過ぎで余計に頭皮にダメージを与えることもありますので注意する必要があります。

抜け毛鍼灸治療法

抜け毛鍼灸治療症例と臨床経験

抜け毛の鍼灸治療症例:抜け毛患者410名、取穴:血海、外関、天井、天髎、膀胱経の肺兪、膏肓「コウコウ」、肺経の中府、列缼。

抜け毛の鍼灸臨床経験: 当針灸院(鍼灸院)では、多くの抜け毛患者の症状を回復させてきました。今も多くの抜け毛が通っていらっしゃいます。抜け毛患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの抜け毛患者は髪の毛が再生し、正常な生活を送ることができるようになりました。

抜け毛の鍼灸治療のメカリズム

抜け毛の鍼灸治療で頭皮の血液循環を増加させ、髪の毛の新生、成長を促進します。

脱毛症患者の北川さんからのメール

お陰様で髪の毛の再生ができ、今5ヶ月に入っております。
本当に先生の腕は素晴らしいです。実は針は苦手で(電気を通すのが気持ち悪いです・・)、今回も藁をもすがる思いでまた治療をお願いしましたが、こんなに確実に結果を得る事ができ、感謝の気持ちで一杯です。お陰様で、髪の毛再生と決めていた事が現実になりそうでとても嬉しいです。本当に、どうも有難うございました。 もし今後体に不調がありましたら、またお世話になりたく、その際は何卒宜しくお願い致します。

抜け毛患者の質問

抜け毛患者GY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脱毛が進行しています。
私は治るのでしょうか?

当院の返事:
当院の鍼灸治療は抜け毛には、かなり有効です。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
いらっしゃいますので、心配ないと思います。
 

患者様の返信:
お世話になります。
先生に先月から鍼灸治療をしてもらって、抜け毛は全くしなくなりました。
丁寧に治療して頂き、誠にありがとうございました。

抜け毛患者Y様

[ 症状、ご相談内容 ] :
抜け毛を患っており、貴院で治療をしたいと考えております。 治療にかかります費用をおしえていただいたいです。

抜け毛患者P様

[ 症状、ご相談内容 ] :
頭部にも鍼灸治療を行えると聞き、治ると伺ったのですが、抜けてしまった髪の毛はまた生えてくるのでしょうか? また、治療は保険がききますか?
 

美容と鍼灸治療

円形脱毛症(抜け毛) にきび・ニキビ痕(ニキビ跡)赤ら顔・敏感肌帯状疱疹 蕁麻疹湿疹・皮膚炎 アトピー性皮膚炎 皮膚掻痒症

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん