中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>難病>間質性肺炎

間質性肺炎

間質性肺炎の鍼灸治療

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

間質性肺炎について

間質性肺炎の原因|間質性肺炎【神経疾患】

間質性肺炎とは、何らかの原因で肺胞の壁の中や周辺に炎症が起こり、細胞やコラーゲンなどが増加し壁が厚くなる病気です。
肺の間質性に炎症が起こりますと、咳が出たり、酸素がうまく取り込めなくなり、息苦しくなります。一過性の場合もありますが、炎症が治っても傷が残り、肺が固くなる場合があり、更に不可逆的に増悪して、肺がどんどん固くなり膨らみにくくなり、呼吸が維持出来なくなる場合もあります。
肺は血液中のガスを大気中のものと交換する器官であり、大気を取り込む肺胞と毛細血管が接近して絡み合っています。これらを取り囲んで支持している組織が間質です。肺炎と言えば、普通は何らかの微生物による感染であり、抗生物質などの治療で軽快しますが、抗生物質の効きにくい肺炎や胸のレントゲン検査で左右にわたって病気の影があるような場合は間質性肺炎も疑う必要があります。
間質性肺炎は肺の間質組織炎症で、致命的であると同時に治療も困難な難病です。間質性肺炎進行して炎症組織が繊維化したものは肺線維症と呼ばれます。 間質性肺炎のうち特発性間質性肺炎は特定疾患に指定されています。1989年に歌手の美空ひばりさんがこの病気で、52歳の若さで亡くなりました事でも有名な病名です。

間質性肺炎に対する当院の取り組み

間質性肺炎の原因|間質性肺炎【神経疾患】

当院の間質性肺炎の治療目的は、間質性肺炎患者様にできるかぎりの回復の機会を提供することと間質性肺炎の完全な回復までの時間を短縮することです。
間質性肺炎の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は間質性肺炎の方の期待に応えるため、 30年間、間質性肺炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【肺透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせるとの方の60%は経過がよいと考えられます。 特に早く改善されたのは、呼吸困難です。
間質性肺炎の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法【肺透穴針】を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

間質性肺炎の鍼灸治療法

間質性肺炎の鍼灸治療治療症例と臨床経験

間質性肺炎鍼灸治療症例 :間質性肺炎110名、取穴【肺透穴針】:壇中。電気針。

間質性肺炎鍼灸臨床経験 :当院では、今も多くの間質性肺炎の方が通っていらっしゃいます。間質性肺炎の方の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの間質性肺炎の方は症状が改善されました。

間質性肺炎の鍼灸治療のメカリズム

間質性肺炎の原因|間質性肺炎【神経疾患】

当院独自開発した【肺透穴針】治療法:胸部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、肺間質細胞の働きを健常化仕組みです。
1.【肺透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.肺間質の炎症を修復します
4.肺間質細胞の働きを健常化します。

間質性肺炎治療の実際様子と流れ

間質性肺炎の原因|間質性肺炎【神経疾患】

1.当院独自開発した【肺透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

間質性肺炎の原因|間質性肺炎【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社

山中さん、36歳、主婦、江東区在住。

3年前リウマチに罹り、咳嗽がみられ、痰を伴わない乾性咳嗽で、身体を動かそうとしたとき,何か話を始めようとしたとき、急いで息を吸い込んだとき、冷たい空気を吸い込んだときなどに咳込むことが多いです。呼吸が苦しく、2週間前、病院で間質性肺炎と診断され、当院の鍼灸治療を受けました。11回目から咳が止まり、呼吸困難も改善され、さらに12回の治療で、呼吸困難もなくなり、最後はリウマチのみの膠原病治療に変わりました。

間質性肺炎と西洋医学

間質性肺炎の原因

間質性肺炎の原因には、関節リウマチや多発性皮膚筋炎などの膠原病(自己免疫疾患)、職業上や生活上での粉塵(ほこり)やカビ・ペットの毛・羽毛などの慢性的な吸入、病院で処方される薬剤、漢方薬、サプリメントなどの健康食品、特殊な感染症など様々あることが知られていますが、原因を特定できない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」といいます。

間質性肺炎の分類

  1. 感染:ウイルス、マイコプラズマ感染により間質性肺炎を来すことがある。特にマイコプラズマによるものは頻度も高く、マイコプラズマ肺炎と呼ばれます
  2. 膠原病:強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎、関節リウマチなど線維化を来す膠原病の一症状として間質性肺炎が出現する。これらの疾患では間質性肺炎が致命的となることも多い。
  3. 放射線
  4. 中毒・薬剤性
  5. 特発性:原因不明

間質性肺炎の病理学的分類

  1. 通常型間質性肺炎
  2. 閉塞性細気管支炎を合併したびまん性肺胞障害
  3. 剥離型間質性肺炎
  4. 巨細胞性間質性肺炎
  5. リンパ性間質性肺炎

間質性肺炎の特徴

  1. 肺コンプライアンス低下
    肺の支持組織が炎症を起こして肥厚することで、肺の膨張・収縮が妨げられる。肺活量が低下し、空気の交換速度も遅くなる。
  2. ガス交換能の低下
    間質組織の肥厚により毛細血管と肺胞が引き離される。その結果、血管と肺胞の間でのガス交換(拡散)効率が低下し、特に酸素の拡散が強く妨げられることになる。

間質性肺炎症状

  1. 呼吸困難
  2. 呼吸不全
  3. 乾性咳嗽

間質性肺炎病態から呼吸困難や呼吸不全が主体となる。また、肺の持続的な刺激により咳嗽がみられ、それは痰を伴わない乾性咳嗽である。身体を動かそうとしたとき,何か話を始めようとしたとき、急いで息を吸い込んだとき、冷たい空気を吸い込んだときなどに咳込むことが多いようです。病気が進むと咳も頻繁になり、咳が咳を誘発するかたちで執拗に続くことがあります。の方さんにとっては咳が続くということは、ただ息が苦しいというだけではなく、体力を消耗する原因となります。ひどい場合には,体重がかなり低下してしまうこともあります。
肺線維症に進行すると咳などによって肺が破れて呼吸困難や呼吸不全となり、それを引きがねとして心不全を起こし、やがて死に至ることも多い。
息切れを感じるのは酸素が不足しているせいです。病気の初期では、ふつうにゆっくり歩く程度では感じることはなく、階段や坂道を上るときに初めて自覚することが多いようです。ご自分ではわからなくても、ご家族の方が先に気づくこともよくあります。たとえば、最近歩くのが以前より遅くなったとか、何カ月か前から階段を上るとしんどそうにしていた。病気が進めば、やがて平地歩行でも息切れを感じるようになります。また、肺の機能が低下しているため心拍数が上昇します。

間質性肺炎の検査

  1. X線:単純X線撮影および胸部CTではすりガラス様陰影 ground-grassが特徴的である。
  2. 胸部レントゲンの異常所見だけでは間質性肺炎特有と診断することが困難で、その影像は肺炎や他の多くの肺疾患と類似しており、約30%の医者は同じレントゲン写真でも間質性肺炎とは診断しないこと。
  3. 胸部レントゲンの変化は、病気の実際の進行度合いと必ずしも相関していないこと。
  4. CT、HRCT:間質性肺炎の診断においては、間質性肺炎の症状が起こっている肺下部をより詳細にみるため通常HRCTによる撮影が行われます。HRCTは、その名前のとおり通常のCTと比べ写真自体も鮮明で、その分解能は約0.5mmです。CTにおいて、他の肺疾患と区別して間質性肺炎の診断を下すためにはこの程度の分解能が必要となります。
  5. 呼吸生理学検査:これは重症度判定の目安になる。
  6. 血液検査:非特異的だがLDH,血沈の上昇が知られる。特異性の高い所見としてはSP−A、SP−D,KL−6の上昇があり、これは炎症の活動度の判定や治療効果の判定に信頼性が高い。間質性肺炎の活動性を反映する血液検査の指標として、血清マーカー「KL-6」が優れていることが報告されており、一般的に500U/mlが活動期、非活動期の判断基準と言われています。KL-6は副腎皮質ホルモンの大量療法(ステロイドパルス療法)前後の治療効果の判定や、安定慢性期のの方さんの病勢評価にも用いることができます。
    ものを非活動期と判断する確率。
  7. 病理所見:硝子膜形成、II型上皮の腫大・増生、肺胞壁への炎症細胞浸潤がみられる。 の方の呼吸状況等から間質性肺炎の疑いがある場合、通常、病名を確定するため血液検査、胸部レントゲン、呼吸機能テスト、気管支鏡検査および開胸肺生検または胸腔鏡下肺生検が行われます。また、その他の試験として運動検査、心電図等も実施される場合があります。
  8. 聴診

間質性肺炎の診断

間質性肺炎診察上特徴的なのは胸部聴診音で、パチパチという捻髪音 fine crackleが知られる。これはマジックテープをはがす音に似ているため、マジックテープのメーカー(ベルクロ社)にちなんでベルクロラ音とも呼ばれる。また、呼吸器障害を反映してばち指見れることもある。

間質性肺炎予後

間質性肺炎タイプにもよるが、進行性間質性肺炎で治療に抵抗性のものでは数ヶ月で死に至るものもある。間質性肺炎慢性的に進行した場合は10年以上生存することも多い。マイコプラズマ肺炎など一過性の感染によるものの場合は感染の終息とともに回復する。

間質性肺炎急性増悪

間質性肺炎は、原疾患の病勢、治療薬の副作用、感染症などをきっかけに急激に症状が増悪し、致命的となる場合がある。これを急性増悪といい、管理上の最大の問題となる。緊急的にパルス治療が必要です。

特発性間質性肺炎

特発性間質性肺炎は間質性肺炎の中でも原因がわからない一群の病気です。最近国際的に分類が整理され、日本でも分類や診断基準が新しくなりました。その結果、特発性間質性肺炎は7種類に分類されることになりました。つまり(1)特発性肺線維症、(2)非特異性間質性肺炎、(3)急性間質性肺炎、(4)特発性器質化肺炎、(5) 剥離性間質性肺炎、(6) 呼吸細気管支炎関連性間質性肺疾患、(7)リンパ球性間質性肺炎です。それぞれの病気は検査方法、治療方針、治療効果や予後など異なっており、特発性間質性肺炎の中のどれであるか診断することは重要です。最近の診断基準では高分解能コンピューター断層撮影(HRCT)が診断に有用とされ、気管支鏡などで診断がつかない場合、更に手術による肺生検が必要になる場合もあります。
特発性肺線維症は50才以上で症状を認めることが多く、男性は女性よりやや多いようです。非特異性間質性肺炎はもう少し若い時期に症状を認めるようです。剥離性間質性肺炎と呼吸細気管支炎関連性間質性肺疾患は喫煙者に多いと言われています。
非特異性間質性肺炎はじめは、空咳や、運動時の息切れが認められます。進行すると少しの労作でも息切れを感じるようになります。指の先がばち状に太くなることがあります。特発性肺線維症では治療(ステロイドや免疫抑制剤)の効果が十分ではなく3〜5年くらいで悪化してしまう場合があります。尚、風邪などを契機に短期間で急に悪化すること("急性増悪"と呼びます)があり注意が必要です。非特異性間質性肺炎や特発性器質化肺炎の中には治療に極めて良く反応し予後良好な場合もありますが、軽快増悪を繰り返す、あるいは7〜10年で徐々に悪化し予後不良となる場合があります。剥離性間質性肺炎と呼吸細気管支炎関連性間質性肺疾患は一般的に予後は良好とされています。急性間質性肺炎は急激に発症し予後はあまり良くありません。
特発性間質性肺炎と診断された後、長年経過を追っている間に膠原病等の症状が明らかになり後で膠原病等と再評価される場合があります。また特発性間質性肺炎では肺がんを合併する頻度が高いと言われています。病状が安定していても、定期的な検査を受けることが必要です。

間質性肺炎患者の質問

間質性肺炎患者MS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
間質性肺炎の原因|間質性肺炎【神経疾患】 間質性肺炎でも治療できますか。また効果をあるないにしろ期待は少しでもあるのでしょうか。 現在間質性肺炎が発症して10年目になり、悪くなっています。 西洋医学でホルモン投与で治療をしておりますが、ここ最近さらに倍以上の強い薬になりました。咳がでるのもとても心配しています。

当院の返事:
先月末、一人間質性肺炎患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 空咳とイキキレの症状がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
本当にお世話になりました。
18回目の施術をしてから、息切れがしなくなり、空咳が消えました。先週病院で検査を受け、KL-6値がかなり改善されたと言われました。有り難うございました。
最初、少しでも良くなるなら、と、すがる思いで先生の鍼灸治療を受けましたが、 こんなに早く良くなるとは夢にも思いませんでした。どうもありがとうございました。
次は、金曜日に伺います。今後ともよろしくお願いします。

間質性肺炎患者KO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
間質性肺炎と、肺胞タンパク症、シェーグレン症候群で治療を受けています。 間質性肺炎と肺胞タンパク症を併発しているのは稀との事です。昨年の3月末から治療が始まりました。 徐々に咳が増えてきて、咳止めの薬も出るようになりましたが、ほかに方法がないものかと思い探していたところこちらに医院に辿り着きまし た。

間質性肺炎患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
肺の一番下が炎症を起こしていると言われ現在大きな病院に3ヶ月に1度通院しています。症状は全く出てはいないで すが最近手が固くなってきました。又背部に聴診器で音を聞いていただいたところバリバリする音が聞こえるとのことでした。肺機能も心電 図、血液検査も正常値ですがどうしてもレントゲン、CTでも消えません。治療は一切原因がわからないということでしていません。

間質性肺炎P様

[ 症状、ご相談内容 ] :
間質性肺炎にてステロイドの治療をしています。昨年の12月に入院、先月に退院しました。KL6は、まだ2000あります。 鍼灸治療は、可能ですか?危険性は、ありませんか?

間質性肺炎ZW様

[ 症状、ご相談内容 ] :
間質性肺炎の症状ありとの診断、服用していた 薬を中断間質性肺炎したところ、症状の改善有り。 ガス交換率 4月47% 5月 61% 7月 80% KL-P1100で 様子を見ていたが、12月頃より症状が悪化12月のレントゲン写真、CTでは、肺の影が増大、27年4月検査結果では KL-P 3300 現在平坦な歩行でも息切れ、咳がでる

間質性肺炎JB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
閉質性肺炎 KL-P 3300です。 上京し治療を受けることを検討しています。 11回の回数券を購入し治療を受ける場合 連続して治療が可能なのか 診察、治療後次の治療まで一定の期間を開ける必要があるのか、その場合期間はどの程度開ける必要がある でしょうか、ご連絡お願いします。

間質性肺炎JB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
間質性肺炎 お灸、で検索したところこちらに辿り着きました。 現在、母が間質性肺炎と肺胞たんぱく症、という病気にかかっています。両方併発するのはかなり稀なようです。 最近、動くとすぐに酸素値が70代まで下がってしまったり咳き込みが増えてきて、苦しそうです。なんとかしてあげたいと思い、色々調べて、糖鎖栄養素、というものを摂り飲んでいます。 肺の病気なので鍼は怖い気がしますが、母のような疾患の方も受 受けてる方はいらっしゃいますか? また、母のケースだと医師の同意書は必要ですか? 今日、午後から病院です。いま向かってる電車で幸いにもこちらのサイトに辿り着いたので取り急ぎ質問させて頂きました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん