中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>整形外科系>頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら北京中医鍼灸院に聞いてみよう

頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニアの原因|頚椎椎間板ヘルニア【整形外科系】

頸椎椎間板ヘルニアとは、頚椎の椎間板の線維輪に亀裂が入り、そのなかの髄核が飛び出して脊髄や神経根を圧迫し、さまざまな神経症状を引き起こす状態です。
頸椎は背骨のうちで首の部分を構成する骨で、7つの椎骨からなります。上から第1頸椎、第2頸椎と呼び、いちばん下が第7頸椎です。第2〜7頸椎までは、それぞれの間に椎間板が挟まっています。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのような働きをします。中心部に髄核と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪と呼ばれる丈夫な組織があります。髄核はボールベアリング、線維輪はバネの働きをしています。頚椎の前方部分は椎体と椎間板、ルシュカ関節、横突起よりなります。後方部分は椎弓根と椎弓、椎間関節、棘突起より構成されております。前方部分と後方部分とで囲まれたスペースを脊柱管と言います。脊柱管の内には頚髄が存在し、頚髄からは左右8対の頸神経が枝を出しています。頚神経は椎間孔から頚部〜肩〜上腕〜前腕〜手指へと下って行きます。椎間板ヘルニアになると髄核が後方へ移動し飛び出た状態みなります。その飛び出た頸椎椎間板ヘルニアが神経を圧迫し、首、肩、腕の痛み、シビレなどをもたらします。
頸椎は20歳を過ぎると老化が始まります。髄核の水分が減少することで、椎間板の老化となります。椎間板が水分を豊富に含んでいればクッション性も可動性も良いのですが、脱水してくると衝撃を吸収したり、重い頭を支える働きも低下していきます。そして椎間板が老化すると、弾力性が低下し椎間板の一部がはみ出したり(椎間板ヘルニア)、椎骨が変形して(頚部脊椎症)、脊髄や神経根を圧迫します。
頸椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアに比べて発症年齢が高く、40歳以上に好発します。頸椎椎間板ヘルニア原因として頚椎椎間板ヘルニア性変化を基盤に明らかな原因がなく発症します。中には、軽微な外傷やスポーツ傷害をきっかけに頸椎椎間板ヘルニア発症することもあります。
頸椎椎間板ヘルニアの好発部位は頭蓋骨を支えるのに最も負担が強いられる下位の頚椎です。首の動きは顎を引く動作と、頭を後ろに反る動作と、頭を横に倒す動作と、頭を捻る動作とがありますが、下位頚椎で前・後屈動作の60%を、側屈動作の90%を、回旋動作の50%を担っているからです。下位頚椎とは首の5番・6番・7番を言います。従って、第5頚椎−第6頚椎間の椎間板と第6頚椎−第7頚椎間の椎間板にヘルニアが多く発生します。
ストレスと加齢により椎間板が弱くなり、外にでてくるのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアが生じると、上下の脊椎骨がこすれて余分な骨も形成され(骨棘)、靱帯も硬くなります。さらに、脊椎の安定性か崩れます。これが変形性頚椎椎間板ヘルニアです。また靱帯そのものが骨化して硬くなった状態を靱帯骨化症(後靭帯骨化症、黄色靱帯骨化症)と呼びます。

頸椎椎間板ヘルニアに対する当院鍼灸治療の取り組み

当針灸院(鍼灸院)の頸椎椎間板ヘルニアの治療目的は、頸椎椎間板ヘルニア患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと頸椎椎間板ヘルニアの完全な回復までの時間を短縮することです。
頸椎椎間板ヘルニアに対して、当針灸院(鍼灸院)は25年間、頸椎椎間板ヘルニアの治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【頸肩透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
当針灸院(鍼灸院)の治療は頸椎椎間板ヘルニアの頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして椎間板ヘルニアの回復で、椎間板ヘルニア患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

頸椎椎間板ヘルニアの原因

頸椎椎間板ヘルニアの原因は以下の通りです。

  1. 頸椎椎間板の変性による頸椎椎間板ヘルニア
  2. 過運動負荷よる頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアの場合、椎間板の年齢的な変化が基盤にありますが、それに頸椎への運動負荷が加わることによって起こります。このために頸椎椎間板の変性がある程度すすみ、なおかつ頸椎への運動負荷の多い年代、30〜50代が好発年齢になります。

頸椎椎間板ヘルニアの症状

頸椎椎間板ヘルニアの症状は以下の通りえす。

  1. 神経根症状
    首・肩・腕・指のしびれ感、痛み。
    咳やクシャミ、首を後ろに反らすと肩甲骨や手指に電気が走る。
    肩や肘、手指が思うように動かせない。筋力低下など。
  2. 椎間板症状
    肩・首・背中が痛く重く感じる。
    頭痛、耳鳴、目がチカチカする。
  3. 脊髄症状
    上下肢のしびれ感(手袋や靴下を履く範囲→体幹へ広がる)、痛み
    灼熱感、冷感
    筋力低下
    巧緻運動障害(ボタンかけ、ハシの使用、筆記)
    足が突っ張って歩きにくい、軽い筋肉痛のような違和感
    膝がガクガクする、階段を下りるとき手すりがないと不安などの歩行障害
    直腸膀胱障害(おしっこや便の出具合が悪い)など。

頸椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は首の痛みや肩こりです。午前中は比較的に頸椎椎間板ヘルニアの症状が軽くても、午後から夕方になるにつれて頸椎椎間板ヘルニアの症状が強くなるのが特徴です。神経が脊髄で圧迫を受けているのか、神経根で圧迫を受けているのかによって現れる症状は異なります。
頸椎椎間板ヘルニアで脊髄が圧迫されているようなら、手のしびれが現れます。手のしびれは片側だけの時もありますが、次第に反対側にも現れることもあります。また、最初から両側にしびれが現れていることもあります。手指の細かな運動もしづらく、箸で豆をつまんだり、魚をほぐすことができにくくなったり、衣服のボタン、とくに目で見ることのできない首まわりのボタンのとめはずしが難しくなります。
頸椎椎間板ヘルニアで脚にも症状が出て、脚がこわばって歩きにくくなる、いわゆる「痙性歩行」が現れます。階段の昇降に手すりが必要になり、脚のこわばりのため、とくに階段を降りにくくなることが多いようです。
頸椎椎間板ヘルニアで神経根が圧迫されると、主に後頸部から肩、手指にかけての疼痛が現れます。この疼痛は、頸部を反らすようにすると強まるのが特徴で、これは神経根の圧迫がますます増強されるためです。
頸椎椎間板ヘルニアの症状は首の痛み、運動障害、肩の凝りなどの軽度な症状に始まり、次第に特徴的な症状として首を後ろに反ると肩甲骨や腕に走る痛み、腕から指にかけてのシビレ感を訴えます。一般的にヘルニアの生じた椎間板の高さは、上から下になるにしたがって、症状は首から肩、腕の拇指側、拇指から小指、腕の小指側へと変わっていきます。例えば、右の薬指や小指に知覚障害があれば、第七頸椎と第一胸椎の間の頸椎椎間板ヘルニアと考えます。手の脱力感は一見脊髄症状と誤認されがちですが、正しくは神経根症状です。脊髄症状における運動障害は両手の巧緻運動障害(箸が使えない、字が上手くかけないなど)と痙性歩行障害です。

頸椎椎間板ヘルニアの検査

頸椎椎間板ヘルニアの検査は以下の通りです。

  1. 画像検査
    X線検査、MRIやCTによる画像検査がおこなわれます。
    椎間板や脊髄などはMRIで鮮明に映し出されます。この頸椎椎間板ヘルニアをレントゲン写真で確認することは、必ずしも容易ではありませんが、CTやMRI、さらには脊髄造影などを行えば、椎間板の盛り上がりやふくらみや脊髄の圧迫像として見ることが出来ます。
  2. 血液検査
    ほかの病気が疑われる場合はおこなわれます。
  3. 10秒テスト

頸椎椎間板ヘルニアの診断

頸椎椎間板ヘルニアの診断は問診を重要し、腱反射異常、知覚障害、筋力低下などを検査し、どの神経が壊れているかを検討します。レントゲン所見では頚椎の不安定性や骨棘、椎間板狭小、脊柱管狭小などを検討します。頸椎椎間板ヘルニアの診断は診察所見とレントゲン所見にて容易に判断できますが、詳細な検討にはMRIが必要となります。尚、症例によっては脊椎・脊髄腫瘍との鑑別が必要となる場合がありますので要注意です。
頸椎椎間板ヘルニアの症状は、まず肩こり、首の痛みなどの局所の症状として始まり、その一部には上肢の神経根症状が加わり、さらに、そのまた一部に体幹や下肢の脊髄症状が加わります。このため、初期の局所症状の段階では、ただ単に寝違いの診断ですまされているものも少なくありません。頸椎には運動制限が見られ、無理に動かすと痛みが誘発されるので、頸椎椎間板ヘルニアの診断法としていろいろな姿勢をとるテストがあります。また頸椎椎間板ヘルニアの存在する高さによって、手足に発生する痺れや痛み部位、触覚や痛覚などの知覚障害がおこる部位に、違いが見られます。
頸椎椎間板ヘルニアで、神経根が圧迫されている場合は、首の動きと手への放散痛が特徴です。首を後ろに反らせると手への放散痛がみられます。脊髄が圧迫されている場合は、手の巧緻運動が障害されるので、「10秒テスト」を行います。これは、手の全指を握ったり開いたりするグー、パーの動作を10秒間に何回できるかをみるものです。脊髄が障害されていると、指のすばやい動作がうまくできず20回以下になります。
頸椎椎間板ヘルニアのX線検査では主に骨の情報しか得られないので、頸椎椎間板ヘルニアを診断することはできません。ヘルニアの存在はCTやMRIなどで確認しますが、頸椎椎間板ヘルニアの症状と身体所見を合わせて診断の裏付けをするための検査であり、身体所見と画像所見が一致した場合に診断が確定されます。

頸椎椎間板ヘルニアの西洋医学的な治療

  1. 神経ブロック
  2. 手術
  3. 薬物内服

神経根の圧迫では、急性期に保存治療を行えば手術になることは少なく、保存治療で痛みは軽快します。薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、神経賦活薬などが投与されます。血行を促進し筋肉のこりや痛みを軽減するために温熱療法も行われます。やや特殊な治療法として神経ブロックがあります。

頸椎椎間板ヘルニアの生活上の注意

頸椎椎間板ヘルニアの発症直後から厳重に頸椎装具を装着し頸椎の動きを制限します。特に、頸椎の後屈は避け、就寝時には枕の高さをやや高くし、顎を軽く引く姿勢をとります。一方、手指の開排運動(いわゆるグー、パーの手の練習)、肩の運動、歩行練習は早期から行います。

頚椎椎間板ヘルニアの鍼灸(針灸)治療

頚椎椎間板ヘルニアの鍼灸(針灸)治療法:頸椎椎間板ヘルニア患者800名、【頸肩透穴針】取穴:風池、風府、大椎、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池、合穀。電気針、20分間後、吸い玉20分間。

頚椎椎間板ヘルニアの鍼灸(針灸)臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、多くの頸椎椎間板ヘルニア患者の症状を回復させてきました。今も多くの頸椎椎間板ヘルニア患者が通っていらっしゃいます。頸椎椎間板ヘルニア患者の一人一人の症状に合わせて、きめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、頸椎椎間板ヘルニア患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の頸椎椎間板ヘルニア患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
頸椎間板ヘルニアの多くは針灸治療によって完治するか、症状を大幅に軽減することができます。椎間板ヘルニアの治療は、原則的には保存療法で、保存治療の中はやはり鍼灸治療が一番効果的です。欧米でも、人気が高く、たくさんの椎間板ヘルニア患者が鍼灸治療を受けています。私は整形外科医のときから、椎間板ヘルニアの患者をまず鍼灸で、治療し、治って来ました。

頚椎椎間板ヘルニアの鍼灸治療のメカリズム

頚椎椎間板ヘルニアの原因|頚椎椎間板ヘルニア【小児疾患】

当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:頸椎にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ椎間板のヘルニア組織を改善する仕組みです。
1.【頸肩透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.頸椎への血液、リンパの流れる量が増え、椎間板を修復します。
4.局部免疫細胞の量を増やし、椎間板のヘルニアを吸収させます。

治療の実際様子と流れ

頚椎椎間板ヘルニアの原因|頚椎椎間板ヘルニア【神経疾患】

1.当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

鍼灸院の新聞の紹介記事

頚椎椎間板ヘルニアの原因|頚椎椎間板ヘルニア【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
頚椎椎間板ヘルニアの原因|頚椎椎間板ヘルニア【神経疾患】

頚椎椎間板ヘルニア鍼灸(針灸)治療症例

川口さん、48才、OL、中央区在住。
3ヶ月前に、首の痛みやこりがあって、午前中は比較的症状が軽くても、午後から夕方になるにつれて症状が強くなります。手のしびれは片側だけの時もありますが、次第に反対側にも現れることもあります。手指の細かな運動もしづらく、箸で豆をつまんだり、魚をほぐすことができにくくなったり、MRI検査では頸椎椎間板ヘルニアでした。整形外科で3ヶ月間理学療法を受けても、一向良くならないので、手術を勧められましたが、手術が怖いので、当院の鍼灸(針灸)治療を受けました。最初の5回針灸治療だけで、首の痛みやこりが半減し、さらに9回目針灸治療から、箸で豆を摘んだり、魚をほぐすことができるようになり、19回目針灸治療からまったく症状がなくなりました。今は健康管理で月に1回はかならず針灸治療を受けています。

頚椎椎間板ヘルニア患者の質問

頚椎椎間板ヘルニアSF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
頸椎6、7番のヘルニア;MRIで真上の断面でみると骨髄液が前半分によっている。首を後ろに曲げると首の付け根が少し筋を噛んだよ うな痛みがある。 以上よろしくお願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った頚椎椎間板ヘルニアの方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
今日もありがとうございました。
今日で9回めの治療となりました。
首の付け根は少し痛みを感じたときもありますが、おかげさまで9割以上戻ってきました。
自分のために使えるお金が、恥ずかしい話ですが残り少なくなってきました。 あと何回くらい治療をすると更によくなりますか? よろしくお願いします。

頚椎椎間板ヘルニアS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
頸椎ヘルニアから併発して最初3か月位頸椎カラーをしながら、牽引治療を整形外科でうけましたが中々完治せず,宜しくお願いいたします

頚椎椎間板ヘルニアF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。 約1年程前から、順天堂大学病院のペインクリニックで月に1度、神経叢ブロック注射を行い、肩から腕を完全に麻痺させる治療をしています が、注射後10時間程は感覚がなく、その後、痛みが緩和されているのが、せいぜい1日から2日程度です。 首から肩、肩甲骨付近、前腕の痛みがひどく、押さえると激痛がする箇所があります。 何度か針治療を受けたこともありますが、良くなりません。 手術も考えましたが、どうしても踏み切れません。 このような症状でも、改善、完治しますでしょうか? 日常生活、仕事にも影響があり、非常に悩んでいます。 保険の取扱いもあるとのことですが、健康保険での受診は可能でしょうか? どうか、宜しくお願い致します。

頚椎椎間板ヘルニア患者の治療相談

頚椎椎間板ヘルニア患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :

頚椎椎間板ヘルニア患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
神経内科でMRIを撮り、頸椎の椎間板ヘルニアと診断されました。 その後カイロプラクティックに通い、ある程度改善しました。 もともと首の痛みはないのですが、右手の巧緻性に問題があり、最初の頃は字がうまく書けなくなりました。今ではかなり改善され、日常生活 に問題はありませんが、完治には至らず、右手に違和感が残り、精密な作業にはついつい左手を使ってしまいます。 このような状態で、鍼灸治療で完治を目指すことはできるのでしょうか。

頚椎椎間板ヘルニア患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
肩甲骨廻りに痛み、左手のしびれもあります。 どのくらいかかりますか・・・

頚椎椎間板ヘルニアS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年前に首から転倒し5・6番の頚椎ヘルニア手術。 その後1・2番の固定術を受ける。 日常生活は送れているが手足のしびれ、膝の違和感、しめつけられたような感覚があり、鍼治療を3回受けたところ症状が悪化し体調が悪い。 このまま鍼を続けて効果があるのかが分からない。

頚椎疾患と針灸治療

頚椎椎間板ヘルニア 頸椎捻挫 頸肩腕症候群  変形性頸椎間板ヘルニア  胸郭出口症候群 肩こり 脊柱管狭窄症

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん