蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>小児疾患>成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

成長ホルモン分泌不全性低身長(通院困難な方は、漢方相談も。院長のお勧め⇒)

低身長の治療前|低身長の治療結果 治療前 
低身長の治療後|低身長の治療結果 治療後

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、脳のなかにある下垂体という器官から分泌される成長ホルモンの量が少ないために、成長率が悪くなり低身長になる病気です。
成長ホルモン分泌不全性低身長症は出生時から存在することも、乳児期や小児期に始まることもあります。通常、下垂体が十分な量の成長ホルモンを生産できないことが原因となります。原因としては、視床下部や下垂体が脳腫瘍などにより障害を受けている器質性と原因のはっきりしない特発性とがあります。多くは特発性ですが、その多くは骨盤位分娩など分娩時の異常があり、この分娩時の障害が成因として関与していると考えられています。最近では特発性の中にMRIで下垂体茎(視床下部と下垂体の連結部)に断裂の認められる例が明らかになりました。これは周産期に産道内で発生した頭部の変形により生じると考えられており、これが成長ホルモン分泌障害の原因として最も頻度が高いと考えられています。

成長ホルモン分泌不全性低身長症に対する当院の取り組み

当院の成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療目的は、成長ホルモン分泌不全性低身長症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと成長ホルモン分泌不全性低身長症の完全な回復までの時間を短縮することです。
成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は成長ホルモン分泌不全性低身長症患者の期待に応えるため、25年間、成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%を占めます。
成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法【脳透穴針】を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして成長ホルモン分泌不全性低身長症の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

成長ホルモン分泌不全性低身長症の鍼灸治療法

成長ホルモン分泌不全性低身長症の鍼灸治療治療症例と臨床経験

成長ホルモン分泌不全性低身長症鍼灸治療症例 :成長ホルモン分泌不全性低身長症101名、取穴【脳透穴針】:風池、太陽、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針。

成長ホルモン分泌不全性低身長症鍼灸臨床経験 :当院では、多くの成長ホルモン分泌不全性低身長症の症状を回復させてきました。今も多くの成長ホルモン分泌不全性低身長症患者が通っていらっしゃいます。成長ホルモン分泌不全性低身長症患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の効果がよくて、元の身長からさらに17cm以上に伸びた方が多くいらっしゃいます。

成長ホルモン分泌不全性低身長の鍼灸治療のメカリズム

成長ホルモン分泌不全性低身長の原因|成長ホルモン分泌不全性低身長【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳機能を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織と機能を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、視床下部を活発化させます
5.成長ホルモン分泌を増やせます。

成長ホルモン分泌不全性低身長治療の実際様子と流れ

成長ホルモン分泌不全性低身長の原因|成長ホルモン分泌不全性低身長【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

成長ホルモン分泌不全性低身長の原因|成長ホルモン分泌不全性低身長【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
成長ホルモン分泌不全性低身長の原因|成長ホルモン分泌不全性低身長【神経疾患】

成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因

成長ホルモン分泌不全性低身長症の約95%は原因が明らかでなく、特発性と呼ばれます。約5%は、脳腫瘍が多い)の器質的な原因で起こります。非常にまれに、成長ホルモンや成長ホルモン放出因子の遺伝子の異常や、下垂体の発生に関係する遺伝子の異常による遺伝性のものがあります。

成長ホルモン分泌不全性低身長症の症状

成長ホルモン分泌不全性低身長症の症状は、成長率の低下と低身長だけです。先天的に重症の成長ホルモン分泌不全がある場合には、新生児期に低血糖が認められることがあります。また、まれに下垂体から分泌されている他のホルモンの分泌不全を伴うことがあり、甲状腺機能低下症、性腺機能低下症、副腎機能低下症、尿崩症(にょうほうしょう)などを伴うことがあります。

成長ホルモン分泌不全性低身長症の検査と診断

  1. MRI:器質性、特に頭蓋内腫瘍の場合には、MRIによる検索が必要
  2. ホルモン検査:成長ホルモン分泌刺激試験(インスリン、アルギニン、グルカゴン、クロニジン、Lドーパ)
  3. 骨年齢:GH不足は骨の成長度合(骨年齢)を遅らせるため、手のX線写真に成熟過程の遅延がみられます。

成長障害があり(身長SDスコアがマイナス2SD以下、または2年間の成長速度SDスコアがマイナス1・5SD以下)、インスリン負荷試験、アルギニン負荷試験、グルカゴン負荷試験、クロニジン負荷試験、L-dopa負荷試験のうち2つ以上のGH分泌刺激試験にて、成長ホルモン頂値が6ng/ml以下(リコンビナントhGHを標準品としたキットによる)の場合、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されます。新生児期に成長ホルモン分泌不全と思われる低血糖がある場合、他の下垂体ホルモン分泌不全がある場合、脳腫瘍などが認められる場合には、ひとつの刺激試験で10ng/ml以下であれば本症と診断します。

成長ホルモン分泌不全性低身長症の西洋医学治療

成長ホルモン分泌不全性低身長症の具体的な治療の方法としては、成長ホルモンを投与することで、成長率の改善を図ります。です。

成長ホルモン分泌不全性低身長症の注意点

成長ホルモン分泌不全性低身長症でかなりの低身長の場合、なるべく早く成長ホルモン検査をするとよいと考えられます。2次性徴が出現してからでは骨端線が閉鎖してしまうため、成長ホルモン治療をしても効果は望めないためです。

成長ホルモン分泌不全性低身長患者の質問

成長ホルモン分泌不全性低身長患者GV様

[ 症状、ご相談内容 ] :
低身長の相談です。11歳0カ月の女児。思春期早発症で生理がきて1年経過、骨年齢も現在13歳9ヶ月と進行しており、身長は1cm 位しかもう伸びないと医者に言われました。ここまできては治療はないとの事。 親が気づくのが遅れ責任を感じています。 それから1カ月経ち1.4cm伸びて現在139.4cmです。もう完全に伸びないのか。 鍼灸治療により自然に任せるよりも1,2cmでも伸びる効果が期待できるのかお聞きしたいです。

当院の返事:
当鍼灸院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
お陰様で低身長が2cm改善されました。ありがとうございました。
完治を期待して治療を受ける事を決めました。
日帰りで治療が受けられるとの事、少し気持ちが楽になりました。
鍼治療は未体験でしたので不安もありましたが症状の改善の為思い切って完治まで 伺いますのでよろしくお願いいたします。

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん