中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>血液、リンパ系>骨髄異形成症候群

骨髄異形成症候群の最新治療

(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)
鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

骨髄異形成症候群について

骨髄異形成症候群の原因|骨髄異形成症候群【血液疾患】

骨髄異形成症候群とは、骨髄の造血幹細胞が異常を生じ、十分な血球を作れなくなり、血液中の血球が減少する病気です。
即ち、骨髄異形成症候群は骨髄の異常によって、造血の障害を引き起こす症候群です。前白血病状態です。
骨髄での血液の産生があるにもかかわらず、循環血液中に、十分に血球を送り込めなく貧血となります。
骨髄異形成症候群の場合、造血幹細胞から、作られた血球は、形態も異常です。
造血幹細胞の異常の結果、貧血(赤血球)、白血球、血小板の減少することが多いです。
骨髄異形成症候群は、高齢者に多く、進行すると急性白血病に移行するケースがあります。

骨髄異形成症候群に対する当院の取り組み

当鍼灸院の骨髄異形成症候群の治療目的は、骨髄異形成症候群の回復程度を高めることと骨髄異形成症候群が完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療では、回復できない骨髄異形成症候群患者の期待に応えるため、当院長が30年間、骨髄異形成症候群の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリ【骨髄透穴針】を考案いたしました。そして良い成果を上げています。
 鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。
骨髄異形成症候群が難治なため、当鍼灸(針灸)院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。
当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。

骨髄異形成症候群の鍼灸治療法

骨髄異形成症候群の鍼灸治療治療症例と臨床経験

骨髄異形成症候群の鍼灸治療症例 :骨髄異形成症候群212名。【骨髄透穴針】。電気針。

骨髄異形成症候群の臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、今も多くの骨髄異形成症候群患者が通っていらっしゃいます。骨髄異形成症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの骨髄異形成症候群患者は正常な生活を送ることができるようになりました。

骨髄異形成症候群の鍼灸治療のメカリズム

骨髄異形成症候群の原因|骨髄異形成症候群【神経疾患】

当院独自開発した【骨髄透穴針】治療法:腰部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、血管周囲の交感神経線維への刺激を通して、循環血液中に十分に血球を送り出させる仕組みです。
1.【骨髄透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.骨髄の血流量が増え、損傷した骨髄組織を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、骨髄細胞を活発化させます
5.血管周囲の交感神経線維への刺激を通して、脳垂体、副腎、植物神経三者の共同参与によって、循環血液中に十分に血球を送り出させます。

【骨髄異形成症候群の実際様子と流れ】
骨髄異形成症候群の原因|骨髄異形成症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【骨髄透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

当鍼灸院の新聞の紹介記事

骨髄異形成症候群の原因|骨髄異形成症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
骨髄異形成症候群の原因|骨髄異形成症候群【神経疾患】

骨髄異形成症候群患者の声1 長尾様 76歳 男性 鹿児島在住 

予後6ヶ月の診断が、5年も生きられたのは、先生のおかげです。
今も病院には毎月1回検査に行っています。
現在のデータは:白血球3.9、赤血球5.00、血色素量13.7、血小板320です。
3月、 5月、 6月、 7月に病院に行き それぞれヘモグロビンが10.8 、12.3 、11.6 、13.5 です。白血球が 4.2、 4.3 、3.3 、3.7 で、 網状赤血球が 21 、6、 5 、11 です。治療に伺った時に比べては、かなり良くなっていて安定しています。ご報告いたします。
あの6ヶ月の命と聞かされた時の驚きと悲しみは、今でもはっきりと覚えています。救われた命の感謝の気持ちを一生忘れません。どうもありがとうございます。

骨髄異形成症候群患者の声2 藤尾様 76歳 男性 岡山在住 

骨髄異形成症候群患者の声|骨髄異形成症候群【血液疾患】

御蔭さまで、先生の治療ですっかり元気になりました。
貧血が出始めてから2年経ち、あちこち病院へ行った結果、昨年、骨髄異形成症候群と診断結果が出ました。骨髄移植という治療を薦められましたが、効果に疑問があって、受けませんでした。
担当医から中国鍼灸を紹介され、『臨床実験でも良い。この先役に立てるのなら…』の言葉を思い出すと共に、私の中で『もしかしたら、少しでも症状が改善されるかもしれない!!』と、鍼灸治療をはじまりました。
針灸治療1ヶ月後ヘモグロビンが4.5から10.8 に、白血球が23から42に、網状赤血球21から6になりました。2ヶ月後、血液検査では正常でした。
現在は、以前と同じように生活しています。治していただいたことに感謝しております。どうもありがとうございます。

骨髄異形成症候群と西洋医学

骨髄異形成症候群の原因

骨髄異形成症候群の原因は、全く不明です。多くは抗がん剤や放射線の治療を受け、数年後に副作用として発症したものです。

骨髄異形成症候群の症状

骨髄異形成症候群の症状は多くが血球減少に伴う症状ですが、白血球異常の症状が見られます。
二次性(症候性)貧血

二次性(症候性)貧血
出血

骨髄異形成症候群の出血は皮膚の内出血です。

骨髄異形成症候群の検査と診断

骨髄異形成症候群の症状としては、一般の貧血症状があります。
貧血が進行し赤血球、ヘモグロビンの値が減少していたり、白血球や血小板の数が減少している場合は要注意です。

骨髄異形成症候群の合併症

骨髄異形成症候群の白血病化が最も重要な合併症です。

骨髄異形成症候群の西洋医学治療

骨髄異形成症候群の西洋医学治療では、蛋白同化ホルモン、抗胸腺細胞グロブリン、シクロスポリンなどの免疫抑制薬が用いらます。

骨髄異形成症候群の予後

骨髄異形成症候群の予後良好のタイブは、生存年は約5年、予後不良タイプでは1年程度です。

骨髄異形成症候群患者の質問

骨髄異形成症候群患者KH様 

[ご相談内容 ] :
HPで貴院のことを知り相談いたします。 末梢血液に8%の芽球があり骨髄異形性症候群の診断を受け、これから骨髄移植の治療を進めるところです。(バンクへの登録をし、すでに適 合ドナーの選定も始めているところです) 率直にお聞きしますが、貴院の治療を受ければ移植をしなくても完治することが出来ますでしょうか? 移植の処置は体への負担も大きく、またリスクも非常に高いので、出来れば避けたいと考えております。 しかし、病状の進行により移植の治療が遅れ手遅れになる心配もあるので、貴院に受診することを迷っています。 来週から埼玉医大で移植治療についての外来診察を始め、今のところ3〜4ヶ月後には移植を受ける予定をしております。 移植治療を進めながら平行して貴院の治療を受けることも考えられますが、あまり時間的に余裕がないと思います。 ご多忙のところ申し訳ありませんが、貴院の診断をお聞かせ願えませんでしょうか。 宜しくお願いいたします。

当院の返事:
先月末、3人骨髄異形成症候群患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 骨髄異形成症候群の症状と血液検査の数字がかなり良くなりました。 移植をしなくても治療ができます。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方もいらっしゃいます。  移植治療を進めながら平行して鍼灸治療を受けることも可能ですが、 移植の待つ時間が数か月であれば、先に鍼灸を受けた方が良いです。

患者様の返信:骨髄異形成症候群F様の1回目の報告:
お世話になっております。
本日の採血結果です
本日、埼玉医大の診察日でしたので、採血の結果をお知らせさせてください。
前回(2週間前) 本日(4月3日)
白血球3600 →3900
赤血球2.49 →2.57
ヘモグロビン7.9 →8.2
血小板 47000 →69000
前回下がっていた ヘモグロビンも少し上がってきて、血小板もずいぶん増えてきました。
先生の治療のおかげです。
ありがとうございます。
次回の採血は2週間後の 4月17日です。
またお知らせさせてください。 お忙しいと思いますので、返信いらないです。
多謝

患者様の返信:骨髄異形成症候群F様の2回目の報告:
本日の採血結果です
康先生
お世話になっています。
本日診察日で採血をしました。
結果は
血小板 4月3日 69,000→ 本日 129,000
ヘモグロビン 8・2 → 9・5
白血球 3900 → 3500
おかげさまで、ずいぶん改善してきています。
本人もずいぶん元気になってきたようで、本当にありがとうございます。
次回の採血は、3週間後の5月8日です。
また、結果を報告させてください。
返信いらないです。
今後ともよろしくお願いします。

患者様の返信:骨髄異形成症候群F様の3回目の報告:
お世話になっております。
今日父の採血が3週間ぶりにありましたので報告させてください。
前回4月14日 → 本日
血小板 129,000 → 163,000
ヘモグロビン 9・5 → 10・8
白血球 3500 → 3900
今回もデーターが良くなってきていて、本当に針治療を始めて良かったです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
余談ですが、父は最近髪の毛も増えてきたみたいだと言っています。

患者様の返信:骨髄異形成症候群F様の4回目の報告:
ご無沙汰しております。
本日父の採血でした。結果は
5月8日 → 6月5日
血小板 163,000 → 182,000
ヘモグロビン 10・8 → 12・2
白血球 3900 → 4200
今回も良くなっています。ありがとうございます。 一時期は8を切ったヘモグロビンも随分上がって、顔色も以前と変わらないです。 そして、大宮に分院ができ、通院も楽になりました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

骨髄異形成症候群患者E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
現在、骨髄異形成症候群と診断され、輸血・ビダーザ投薬を 行っている状況です。(市立総合病院血液内科にて通院治療中)    さらには、先週都立病院にてセカンドオピニオンを実施し 、骨髄移植の同意を行ってまいりました。(4〜5か月先)3/6(月)の採血数値ですが、 WBC2410 RBC175 ヘモグロビン5.7 へマトクリット17.2 血小板3.0 網状赤血球数0.9 というような状況です。 又、来週3/13より第2回目のビダーザ投薬が開始されます。 現状の血液数値より改善が図られるのであれば、貴社の治療を受けさせていただきたいのですが、今回、現在の数値をお知らせし、ご相談申し 上げます。

骨髄異形成症候群患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断されました。まだ治療はしておりません。貴鍼灸院にお世話になることを検討しております。 そこでお願いですが

骨髄異形成症候群患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
病院 血液内科 入院 ジダーザ注射 6回、輸血2回、前北里にて3回、採決等にて31日退院、明日診察現在注射後の副作用、痛み等の異常は感じられない。 6月、移植等の相談も不可能とのことで現状から注射、輸血での対応がベターとのことですが不安です。 良きご指導お願いします

骨髄異形成症候群患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断されています。(慈恵医大) 初診から5年目になります。 慈恵医大病院に通院していますが、投薬などでは全く効果がありませんでした。 鍼灸院での針治療を受けたところ、赤血球、血小板には効果があり、良くなりましたが、最近になってまた赤血球の減少が著しいという状況で す。骨髄透穴針のページを見て、少しでも効果があればと思いご連絡させていただきました。 週末(土、日)であればおうかがいできると思いますので、受診方法などメールにてご案内いただけますでしょうか。

骨髄異形成症候群患者O様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群ということで中国鍼灸院さんで治療を受けておりますが、骨髄の検査を受けたところ、急性骨髄性白血病の状態とい うことでした。 まだ鍼灸治療を始めて1週間ほどですが、治療を継続して望みはありますでしょうか?

骨髄異形成症候群患者r様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異型性症候群と診断され、骨髄移植も検討されましたが負担が大きいとのことで、抗がん剤治療を一時行いました。 しかし、副作用に耐えがたくやめその後は輸血をする程度の処置で現在に至りましたが、最近白血病化が明確になり終末期の治療のみとなって います。 体調悪化で一時入院しましたが、病院食がまずく事務的な主治医に精神的苦痛があって現在自宅療養をしています。 美味しいと感じる食料品はちゃんと食べることはできますが、体力が落ちているのでゆっっくりとした行動しかできませんが、このまま何も手 を打たず余命を迎えるのも悔しく悲しいと思っていましたが、貴院のHPを見て、問い合わせをしたところです。 この状況下、貴院での治療で改善(余命延長)の余地はありますでしょうか? また、治療をする場合、どのくらいの頻度(週1回、月何回等)で行うことになりますでしょうか。

骨髄異形成症候群患者P様

[ 症状、ご相談内容 ] :
前から体調不良があり、血液のデータも減少気味 になっていました。その後経過観察をしてきた結果、病院にてこの3月前後には骨髄異形成症候群(MDS)初期と診断をされまし た。現在赤血球は8.2〜8.5、白血球は2.1、血小板は12.2あたりです。これ以上赤血球が下がれば輸血開始と言われております 。兄弟、子供達にはHLA検査をしてもらい、1年後前後には骨髄移植を、と考えております。狭心症でステントも5ヵ所入れており、移植 に耐えられるか?リスクの大きさに悲観をしております。藁にもすがる気持ちですが貴院で治療をしてみたい、と考えております。

骨髄異形成症候群患者D様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群が分かって即入院をし、血小板輸血をしておりましたが、数値はあまり改善せず、ビダーザの注射をしましたが、本人には辛く、6 本を打ったところで医師に中止の希望を伝え昨日退院、本日から自宅より電車で、月・水・金曜日、血小板輸血と万一の際に、看取りを引き 受けてくれる病院に通うことになりました。

骨髄異形成症候群患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ご連絡遅くなり申し訳ありません。 父が札幌におりますので、話はしておりますが、現在抗がん剤治療を開始して、入院 中の為、 まだ外に出る事が出来ない状況です。 退院の目途が付き次第連絡させて頂きたいと思っております。 また、骨髄異形成症候群の治療となりますと概算で構いませんで想定される治療費を 御教示頂けますでしょうか。

骨髄異形成症候群患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異型性症候群と診断され、ビダーザによる一回目の治療を8月15日に終わったところです。平行して鍼灸の治療を受けることは可能でし ょうか?可能な場合、いつごろから受けるのがベターでしょうか。ちなみに芽球の割合は20%ぐらいとのことです。よろしくお願いします

骨髄異形成症候群患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群 68歳の父が先日骨髄異形成症候群であると告知されました。 一週間後からビザーダ治療開始します。 ビザーダの効果は2年位は大丈夫だろうと主治医より言われております。 芽球は18%になっており、白血病直前の状況です。 年齢的な問題と、芽球のパーセンテージの高さから治療可能なのかをご教示願います。 少しでも延命治療が出来ればと思っております。 宜しくお願い致します。

骨髄異形成症候群患者N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断されました。 現在raeb1になります。 併せて間質性肺炎にかかっており、漢方で進行を抑えています。この状態でも施術は可能でしょうか。

骨髄異形成症候群患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄整形症候群の病気なのですがどれぐらい治療したら治りますか。遠方に住んでるのですが。 それと私自身なのですが、アレルギー体質で体の全身に赤く湿疹みたいなのがでます。 IgEの数値が14350です。 いま、漢方を飲んでもうすぐ一年になるのですが昔に比べたらよくはなってるのですが。 私も遠方に住んでるのですが…。 どれぐらい治療したらよいでしょうか。

骨髄異形成症候群患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断され、インターネットで治療法を調べていてこちらにたどり着きました。 父は、リンパの癌からの二次性骨髄異形成症候群です。 今は抗がん剤(ビザーダ)1回目を終えていますがあまり状態は良いとはいえません。 お聞きしたいのが、住まいが茨城県になるので通院が難しく、例えば月1回〜2回ほどでも治療はしていただけるのでしょうか。 また、父の病気に対する治療は本院でも大宮駅前院でもどちらでも可能でしょうか。 宜しくお願い致します。

骨髄異形成症候群患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症です。
血小板が減っている人に針治療すると、針を刺した部分の 血が止まらなくなったり、そこから炎症がおきる可能性はないですか? あるいは、その他でも治療による副作用や悪化の可能性はありますか?

当院の返信:
当鍼灸院では特殊な細いハリを使っていますので、針を刺した部分の 血が止まらなくなったり、そこから炎症がおきる可能性はないです。
また鍼灸治療による副作用や悪化は今まで一度もありません。

骨髄異形成症候群患者SF様 男性 60代

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群が白血病に移行した後、鍼灸治療はいかがですか。

当院の返信:
骨髄異形成症候群が白血病に移行した後も、鍼灸治療が効果的だと思います。

患者様の返信:
ご返信ありがとうございます。
大変心強いお言葉で,嬉しく思います。
今は,病院の抗がん剤治療で,白血病細胞を抑えている状態ですが,血液状態が改善する可能性もあるということですね。
ただ,ひとつ心配なことがありまして,今薬で抑えている芽球が,活発化してしまうことはないのでしょうか。
治療に入る前,血液中の芽球が急に増加し,かなり体の具合が悪くなった時期がありました。
血液を作る細胞を活性化させるような鍼治療をしていただくと,悪い細胞も活性化してしまうことがあるのではないかと・・・
そうでなければ,ぜひ,父に治療を受けさせたいと思います。
出来ましたら,次の退院のタイミングで連れて行きたいのですが(まだ退院の期日は決まっていませんが),遠方から参りますので,治療の期間中は東京に滞在することになります。 診察しないとわからないとは思いますが,おおよその目安として,何日間くらい治療に通うのが適当でしょうか。
ホテルの手配もありますので,目安で教えていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

当院の返事:
今日、関西から2人骨髄異形成患者がいらっしゃいます。
彼らは、当院で1個月鍼灸治療を受け、血液検査がかなり良くなりました。
鍼灸は、身体を良い方向へ持っていく力のみを強くもっていますので、 悪い細胞も活性化することはございません。
おおよその目安として、2週間~1個月がかかります。

骨髄異形成症候群のご相談 

[ 症状、ご相談内容 ] :
MDSの診断を受け2年になります。シクロスポリンの皮下注射を週1回受けていますが効いているのかは判らない状態です。今年5月赤血球 数が4.6と下がり、輸血をはじめました。治療として近くの鍼灸院で針治療を受け、漢方薬なども使い、吸い玉、枇杷灸なども自分でやっていますが、鍼灸院の先生も手探の状態です。 診療をお願いいたします。

骨髄異形成症候群のご相談 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群の患者で、昨日(6/25)院長先生に電話でご相談させて頂いた者です。その後すぐに予約をさせて頂きました(7月4日 16時30分、5日13時30分、6日10時)。この後については1週間に5日程連続で治療を受けることは可能です。

骨髄異形成症候群のご相談 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群の患者で、昨日院長先生に電話でご相談させて頂いた者です。その後すぐに予約をさせて頂きました。この後については1週間に5日程連続で治療を受けることは可能です。新幹線で名古屋か ら、ホテルへ宿泊してまいりますのでよろしくお願い致します。

骨髄異形成症候群BB様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群で白血球と赤血球が減っています 。鍼灸でも本当に改善するものなのでしょうか

患者様の返信:
先月から、骨髄異形症候群の治療でお世話になっております。 若干ですが血液数値がよくなりました。 治療を始めたばかりであり、長期的にもっと効果が出てくると考えてよろしいでしょうか。。 よろしくお願いいたします。

骨髄異形成症候群の治療相談 

[ 症状、ご相談内容 ] :
5月骨髄異形成症候群と診断されました。以後ステロイドを処方され輸血することなく順調に推移して来ましたが昨年の9 月頃から体調が悪くなると共に数値も悪くなってきました。11月の骨髄検査で染色体の7番に異常が認められ予後不良と診断されました。 今年の2月から入院してビダーザの治療を2サイクル受けましたが4ヶ月もかかってしまい、入院生活に心身共に耐えられず5月27日に退院 させて頂きました。 体は衰弱し自分のことが精一杯の状況です。通院は週1回で輸血を受けております。 数値は6月23日の検査結果     白血球    9 、     好中球    28%、     赤血球    261、     ヘモクロビン 7.7 、     血小板    2.8

骨髄異形成症候群B様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断され、余命2年と宣告されましたが、運良く、今まで生きてこれました。 住まいが上尾なので、大宮なら通えると思います。

骨髄異形成症候群CX様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
原因不明の貧血があり、先月骨髄検査で骨髄異形成症候群と診断を受けました。現在の主な症状は、倦怠感です。貧 血をあらわす 数値は6〜7でまだ輸血の必要はないとの事ですが、平均余命1年8か月程です。と、本人も告知されています。無治療でいることが、最善な 方法な のでしょうか?家族も本人も少しでも倦怠感などが改善できればと思っています。その為に先生の針治療は母にも有効でしょうか?お忙しい とは思いますが、お返事お待ちしております。宜しくお願い致します。

骨髄異形成症候群Y様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断され、週に一度通院し、必要なら輸血を繰り返しています。鉄過剰で肝臓にも負担がかかり、これからどうすればいい か悩んでいます。

骨髄異形成症候群ZF様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断され入院中です。抗ガン剤投与後の対応に悩んでいます。退院後鍼灸治療で回復の可能性があるのでしょうか。

骨髄異形成症候群RT様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断されました。

骨髄異形成症候群M様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
MDS発症後15年〜20年だと思はれます。現在は石巻赤十字 病院に外来で二か月に一回通院中です。仕事は普通にやっております、最新の検査データーは WBC 2.1
RBC 134
Hb 5.8
PLT 2.6 です
住所は宮城減石巻市ですが、もし治療を受けるとすると どの位の頻度で通わなければなりませんか?

骨髄異形成症候群RY様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群(MDS)18年前の出産でMDSとわかる。 昨年発病:腹膜偽粘液腫(PMP)100万人に一人の難病 昨年発病のPMPの対応で腹膜内腫瘍切除の手術をしました。しかしMDSが災い、血小板板数が少なく、勿論輸血 しましたが、今後も腫瘍切除手術の必要があり、結構大変な状況です。 MDS、PMP、両方共貴院でも何か良い治療が可能なものでしょうか?

骨髄異形成症候群CZ様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断され以降治療に努めていますが改善の兆候がありません。 一度治療をお願いしたいと思い電話にて9月28日午後 1時30分に予約させて頂きました。よろしくお願い申し上げます。

骨髄異形成症候群Y様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
平成24年5月に骨髄異形成症候群と診断され毎月 1回輸血をしています、年令的に無理でしょうか又認知症がひどく現在は昨年12月8日大腿骨頚部骨で入院しています、今はリハビリをして いますが、立つことも無理な状態です。

骨髄異形成症候群N様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断されました。それも末梢血液中の芽球がかなり多く、急性白血病に近い数値(15%程 度)で推移しています。 現在、芽球の増殖を抑えるためにビダーザという薬を投与しています(1週間投与、3週間休止で1クール)。抗がん剤ほど強い薬ではないの ですが、それでも副作用でヘモグロビン(7.0)、白血球(1400)、血小板(7.0)ともにかなり減少しています。 従って、ビダーザ投与後の休止期間に貴院で鍼灸治療を受けたいと考えております。

骨髄異形成症候群NC様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄性異型性と診断され、5年が経ちました。が、貴院のhpを拝見しました。主人を受診させてみたい のですが、費用はハリ1回の費用と考えてよろしいのですか?特別の費用がかかるのですか?ご回答をよろしくおねがいします。

骨髄異形成症候群NM様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
約1年半前にMDSと診断されました。1年前より特に血小板が減り、輸血をしています。現在は血小板値6千から1万5千です週1,2回の 輸血をしています こちらのホームページを見て興味を持ちました どのようにしたらいいでしょうか ちなみに白血球は1500前後です

骨髄異形成症候群患者Q様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群との診断を受け、2回目のビダーザ治療を行っています。主治医からは移植しか治らないと言われてるが、移植の成功 確率もかなり低いというデータを見せられ、ほかに治療方法は無いものかと思っています。東洋医学を検索していたところ、貴院のサイトを みて相談させて頂いたしだいです。宜しくお願い致します。

骨髄異形成症候群KT様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
血小板19000、12月24日血小板16000で骨髄異形成症候群と診断されました。

骨髄異形成症候群AO様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形症候群と診断されました。診断されてから一年にわたり、病院で投薬治療・時折の輸血などしまして、血液数値は一進一退の状 態です。本人は元気で、日常生活を以前のように送っております。 鍼が骨髄異形症候群にも有効な可能性のあることを知り、受けさせたくなりました。

骨髄異形成症候群患者B様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄検査の結果「骨髄異形成症候群」と診断されました。(染色体異常あり) 三年前ぐらいから、白血球数が3000を切るようになり、今年は2000を切りましたので、検査を受けました。 貧血については今のところ問題なしとのことで、様子を見る段階です。 体調は、外出や会議などそれなりに疲れますが、人からは元気ね、と言われています。 ホームページを拝見して、先生の施術を受けることで進行が遅くなることもあるかとの思いで、まずはメールにて受診前に質問させていただき ました。

骨髄異形成症候群患者Y様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群との診断を受け、2回目のビダーザ治療を行っています。主治医からは移植しか治らないと言われてるが、移植の成功 確率もかなり低いというデータを見せられ、ほかに治療方法は無いものかと思っています。東洋医学を検索していたところ、貴院のサイトを みて相談させて頂いたしだいです。宜しくお願い致します。3/7に輸血と血小板輸血し、3/9の血液検査で白血球9(LL).赤血球23 9(L) .血色素7.3(L).血小板4.7(L).Blast5.0.好中球27です。骨髄の染色体異常は多いと言われてます。また、移植予定 は最短で5月中旬で弟の予定です。今回のビダーザ治療が終われば、次の入院まで一時退院が約二週間ありますが、貴院の治療は可能でしょ うか。是非ご回答の程、宜しくお願い致します。

骨髄異形成症候群患者YT様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
貧血検査から血液内科で骨髄異形成症候群から白血病に移行しているものと思われます、直すための治療はありませんの診 断。在宅医療看護にされ、医師の定期的に回診だけで何の治療もなく今日に至っております。現在まで変化見られず、食慾もありますが、歩 行が困難気味と息切れ以外は普通に生活しております。貴鍼灸院をブログで知りこれからどうすれば良いかご相談申し上げます。宜し くお願い致します。

骨髄異形成症候群患者XQ様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群になったようです。 こちら京都ですので簡単には通えないのですが治療はどの程度の頻度日程で行えば良いのでしょう? 当初だけ続けてとか、週一とかでの治療でも効果は認められるのでしょうか? 一番良いと思われる治療サイクルを教えてください。 何とかなるようでしたら是非お伺いしたいと考えております。

骨髄異形成症候群患者J様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群の治療ができるのか、藁をもつかむ気持ちでメールしました。よいアドバイスをお聞かせください。

骨髄異形成症候群患者S様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症で治療中です。移植を進められて、ドナーを待つので、今は、自宅で通院治療中です。 移植のリスクを考えると、はり治療を受けてみたいのですが、治療頻度はどの位かかりますか

骨髄異形成症候群UY様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
現在骨髄検査の結果待ちですが、現時点で白血球が3000、 血小板が2.5万らしく、骨髄異型成症候群かもしれないといわれています。 このような数値でも治療していただくことは可能でしょうか?また、万が一抗がん剤治療などの化学療法を行った場合でも、同時に治療できた り効果は期待できるのでしょうか? ご回答いただければ幸いです。宜しくお願いいたします。

骨髄異形成症候群患者T様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
ご連絡、ありがとうございます。 すみません、このアドレスを頻繁に使わないようになってしまって、メール頂いていたのが、わかりませんでした。 いま、抗がん剤治療を継続中です。 今回、以前より強めの抗がん剤を長時間掛けてゆっくり投与する方法に変わって治療しております。 血液検査の結果は、効果は出ているのですが、血小板の減りが気になるところで輸血を頻繁にしております。 なかなか、一時退院でも、2、3日しか無理で、しばらく、遠出は難しそうです。 すみません、気にかけて頂きありがとうございます。 血小板を増やしたり、抵抗力を付けれればと思ってます。 何か、食事などで、良い方法はあるでしょうか? 血液、抗菌作用、で、柿渋(ポリフェノールがたっぷり含まれている)が良いと聞いたのですが、どうでしょうか? また、免疫力を上げる春ウコンなど。 大変、厚かましいですが、何かアドバイス頂けたらたすかります。

骨髄異形成症候群YS様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群です。現在は透析をしています。入院中に肺炎を発症し、酸素を吸入してます。血小板 が極端に少なく危ない状態のようです。肺炎が落ち着き 病棟に戻れたら 何か出来ることはありますでしょうか。

骨髄異形成症候群SM様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異型成症候群で治療を受けたいです。

骨髄異形成症候群KT様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
2か月前 過度の貧血から「骨髄異形成症候群」と診断され、現在入院治療中です(50代男性) 薬や放射線等の治療では無く 他に治療法は無いものかと探していた所 貴社のページを見つけました 本人が東京の病院に入院中であり どの様な方法が良いものか?通院するとしたら どれ位のペースで通わなくてはいけないのか?など 詳し くお聞きしたいと思います 宜しくお願いします

骨髄異形成症候群Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群と診断されました。以降ビダーザ治療、輸血、ネスプ筋注、を続けていますが、血液検 査の結果が改善しません 直近の検査結果は白血球1.3 赤血球1.8, ヘモグロビン6.1 血小板26です。 先生の鍼治療を受けたいと思っています。

骨髄異形成症候群MN様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異型性症候群で入院 1か月前輸血及び血小板補充しました。今回鍼灸治療効果良好の情報を聞きました。もしももしもの期 待感で今回のご相談となりました。現代ビターザ治療中です。

骨髄異形成症候群KZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群で通院しています。 医師からは、移植を準備した方がいいと言われていて今移植先病院を探している段階です。 5月19日の検査の段階で白血球、赤血球は正常範囲で血小板が51000で白血病細胞が5%と言われています。 針治療を行えば、血小板を正常に戻し白血病細胞を無くして完治することはできますか? ご回答、よろしくお願いします。

骨髄異形成症候群N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群の診断を受け、不安な毎日を送っていたところ、先生の治療をぜひ受けたいと存じ、お尋ねいたします。 治療には頻繁に行けませんので、2週間に1回位でも  効果がありますでしょうか。 昨日(3月8日)の検査結果では、白血球:25、赤血球321、血小板:3.8で、赤血球は増えてきていますが、白血球、血小板は下がっ てきています。 現在の治療方針は、2〜3週間置きに血液検査をし、状況によっては輸血、投薬(まだ輸血をしたことはありませんし、薬も飲んでいません。 )を行い、どうしてもの時は、骨髄移植を行うというものです。しかし、私は高齢であり、リスクも大きいため、骨髄移植は避けた いところです。 藁にでもすがる思いでおります。

骨髄異形成症候群Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形成症候群の治療は、一回治療か二日連続治療が有効なのかそれと一番良い通院パターンを教えて下さい。 よろしくお願いします。

骨髄異形成症候群TG様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄性異形成症候群と診断されました。 本当に失礼な質問ですが、症状が改善されない方はもちろんいらっしゃると思いますが、それ以上に悪化する場合もあるのでしょうか?お忙し いとは思いますがよろしくお願いいたします。

骨髄異形成症候群C様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
末梢血管から 芽球が出て白血病の疑いで虎の門病院で検査を受けましたが最初は骨髄異形性症候群の可能性があると言われ、治療は可能ですか。

骨髄異形成症候群UI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨髄異形性症候群と診断され余命半年と告知されました。高齢でミニ移植も負担になるため、薬での治療しかないと言われました。た だ、腎臓も透析までには至りませんが、悪いため(クレアチニン1.8)薬の投与も慎重に量を調節しながらになってしまいます。症状とし ては、発熱が毎日あり38℃前後、貧血、白血球も少なく芽球も6.5あります。今、入院してこれから薬で治療となります。高齢ではあり ますが、少しでも楽になれるようにと考えています。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん