中国針灸 東京・銀座

視神経萎縮最新治療法

視神経萎縮の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国針灸院に聞いてみよう

視神経萎縮について

視神経萎縮の治療前|視神経萎縮の治療結果 視神経萎縮鍼灸治療前
視神経萎縮の治療|視神経萎縮の治療結果視神経萎縮鍼灸治療後

視神経萎縮とは、視神経が侵されて、視覚が部分的にまたは完全に失われる状態です。
視神経萎縮は、視神経の外傷、炎症、変性疾患、腫瘍など視神経の病変のみでなく、周囲組織から視神経への圧迫、視神経の血管病変、網膜疾患および視神経萎縮などにより、視神経線維の変性萎縮と、その機能が消失した状態です。視神経萎縮は視神経障害の末期であり、視神経線維の軸索変性と機能消失状態です。視神経萎縮では、視力低下、視野異常がおもな症状です。色覚異常も起こります。眼底検査でみると、視神経は蒼白になります。
視神経萎縮の原因としてはうっ血乳頭、視神経炎、脱髄疾患、視神経の圧迫、視神経萎縮や薬物中毒などがあります。
視神経は網膜で感じた光を神経の刺激として脳へ伝達する一種のケーブルのような組織で、その中には神経細胞の軸(軸索)とそれを支持する細胞が主に含まれています。この神経細胞は脳の神経細胞すなわち中枢神経と発生を同じにしているためその性質は脳の神経細胞によく似ています。視神経は視覚情報を伝える100万本以上の神経線維を含んでいます。 この神経の線維が障害されると、脳は視覚からの情報が全く受け取れなくなり、視野はぼやけたものになります。
視神経萎縮は種々の原因で視神経に傷害が起こりその後の変化として起こってしまう病気です。その原因となるものとして視神経炎、循環傷害(虚血性視神経症)、外傷、薬物(メチルアルコール、エタンブトール、有機溶剤、有機燐農薬など)、先天性、遺伝性などがあります。

視神経萎縮に対する当院の取り組み

視神経萎縮の原因|視神経萎縮【眼科疾患】

当院の視神経萎縮の治療目的は、視神経萎縮患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと視神経萎縮の完全な回復までの時間を短縮することです。
近年、視神経萎縮の治療は、西洋医学以外にも新しい治療法を求める動きが世界中に広がりました。欧米、中国などの国では、鍼灸の視神経萎縮に対する有効性が再認識するようになっています。当院も視神経萎縮患者の期待に応えるため、30年間、視神経萎縮の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の眼底透穴針治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。 視神経萎縮の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な眼底電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると70%は経過がよいと考えられます。
当院の針灸治療で、視神経萎縮患者の視力低下、視野異常の改善は、視神経萎縮患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。

視神経萎縮の鍼灸治療法

視神経萎縮の鍼灸治療症例と臨床経験

視神経萎縮の鍼灸治療症例 :視神経萎縮600名、取穴:【眼底透穴針】、球後、太陽、晴明、翳風。針体から微電流を流し続けます。眼底穴と球後穴、中国では、目の病気の治療によく使われますが、他のツボより痛みが出やすいため、当院ではこのツボを使う場合、患者さんに説明し、同意してもらった上のみ、治療を行います。

視神経萎縮の鍼灸臨床経験 :中国針灸院では、多くの視神経萎縮患者の視力低下、視野異常を回復、或いは改善してきました。今も多くの視神経萎縮患者が通っていらっしゃいます。視神経萎縮患者の一人一人の症状に合わせて、中国針灸院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの視神経萎縮針灸治療では、視神経萎縮患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの視神経萎縮患者の視力と視野障害の回復が可能になりました。
中国針灸院の針灸治療で、多くの脳手術後遺症や多発性硬化症による視神経萎縮患者の視神経萎縮が戻り、普段の生活ができるようになりました。中国針灸院の経験では満足な視神経萎縮の回復には、やはり早期の鍼灸治療が重要であり、比較的に早い段階で、鍼灸治療を受けると回復が可能です。

視神経萎縮患者の声 小泉様

視神経萎縮の原因|視神経萎縮【眼科疾患】

先生の御蔭で、視神経萎縮が治って、9か月が過ぎました。
昨年の7月中旬から右目は中心部が見えなく、視力低下が表れはじめたものの、いずれ治るであろうと軽く考えて放置していました。しかし、一向に回復の兆しが見られないため10月になって専門家を受診したところ、視神経萎縮を診断されました。
特効薬がなく、鍼灸という治療を紹介してもらいました。
11月中旬に、中国針灸院の鍼灸治療を受け、12月には視野が戻り、翌年は視力回復、視覚誘発電位検査や蛍光眼底検査などによって視神経が回復されましたと言われました。
今回、先生に出会えたことは本当に幸運でした。中国針灸院に通院して驚いたことは、私にとどまらず全国から多くの患者さんが先生方をたよって病気と闘っていることです。私はこのように元気になりましたが、病気と闘っておられる皆さんが一日も早く良くなって退院されることを心からお祈りしております。 (以上御本人の承諾をいただいて掲載いたしました)

視神経萎縮の鍼灸治療のメカリズム

視神経萎縮の原因|視神経萎縮【眼科疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:
眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、視神経細胞を健常化させ、更に電気エネルギー信号は視神経を伝わり、後頭葉にある皮質視中枢に達し、視中枢の働きを活性化する仕組みです。

  1. 【眼底透穴針】を使い:特殊なツボにハリをうちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 視神経を活性化します。
  4. 電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、視神経細胞を健常化させます。
  5. 電気エネルギー信号は視神経を伝わり、後頭葉にある皮質視中枢に達し、視中枢の働きを活性化します。

視神経萎縮治療の実際様子と流れ
視神経萎縮の原因|視神経萎縮【眼科疾患】

 1.当院が独自開発した【眼底透穴針】
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国針灸院の新聞の紹介記事

視神経萎縮の原因|視神経萎縮【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
視神経萎縮の原因|視神経萎縮【神経疾患】

視神経萎縮の原因

視神経萎縮は種々の原因で視神経に傷害が起こりその後の変化として起こってしまう病気です。視神経萎縮の原因となるものとして視神経炎、循環傷害(虚血性視神経症)、外傷、薬物(メチルアルコール、エタンブトール、有機溶剤、有機燐農薬など)、先天性、遺伝性などがあります。

  1. 視神経萎縮の上行性原因:網膜・乳頭の病変に続発 、網膜中心動脈閉塞症、網膜色素変性、ベーチェット病、乳頭浮腫
  2.       
  3. 視神経萎縮の下行性原因:脳下垂体腫瘍、髄膜炎、視神経管骨折、球後視神経炎、メタノール中毒、脊髄癆、スモン
  4.     
  5. 視神経萎縮の遺伝性原因:家族性視神経萎縮(Leber病)

視神経萎縮の分類

       
  1. 単性視神経萎縮
  2.      
  3. 網膜性視神経萎縮
  4.      
  5. 炎症性視神経萎縮
  6.      
  7. 視神経萎縮性視神経萎縮
  8.      
  9. 遺伝性視神経萎縮

視神経萎縮の病態生理

視神経の軸索は3〜4週間生存し変性します。従って、視神経障害の初期には乳頭は正常であり約1ヶ月後に萎縮が現れます。病理学的には視神経乳頭では視神経軸索の脱落と毛細血管の減少が認められます。視神経線維の消失とmicro glia cellの浸潤と空間を補填が見られます。

視神経萎縮の症状

視神経萎縮の自覚症状として、視力障害や視野欠損がありますが、その程度は、原因となる疾患によってさまざまです。

視神経萎縮の検査

視神経萎縮の検査は主に眼底検査、視覚誘発電位検査、蛍光眼底検査、脳神経外科的な検査があります。

    

視神経萎縮の診断

視神経萎縮は眼科的には、眼底検査で、視神経乳頭の色が、黄白色になっていたり、視覚誘発電位検査や蛍光眼底検査などの検索により診断されます。また、脳神経外科的な検索も行なわれます。

     

視神経萎縮の西洋医学治療

視神経萎縮の西洋医学治療は原因がわかるものに対しては、その原因となる病気の治療が行われます。その他に、副腎皮質ステロイド剤やビタミン剤、血管拡張剤が使用されます。

視神経症と視神経萎縮

視神経症の分類

(1) 特発性視神経炎
視神経の眼球への入り口(視神経乳頭)が炎症を起こして腫れる病気で、原因は未だに不明です。年齢は若年から中年に多く、やや女性に多い傾向があります。
(2) 球後視神経炎
眼底検査で視神経に異常がみられないにもかかわらず、視神経症の症状が出現するものです。球後視神経炎を起こす代表疾患に多発性硬化症という病気があります。多発性硬化症は20〜40歳代の成人に多くみられます。原因として自己免疫異常やウイルス感染の関与が考えられていますが、未だに不明です。眼の障害だけでなく、運動失調・感覚障害・痴呆などが出現することがあります。急激に発症することが多く、その後、症状は軽快と悪化を繰り返します。
(3) 鼻性視神経炎
視神経と副鼻腔は極めて隣接した解剖学的位置関係にあります。そのため、副鼻腔で起こった炎症が視神経にまで及んだり、副鼻腔にできた腫瘍などが視神経を圧迫することなどによって視神経障害が起こったものを鼻性視神経症と呼びます。時に耳鼻咽喉科での緊急処置を要することもあります。
(4) 虚血性視神経症
視神経を栄養する血管の循環障害がきっかけで起こります。原因として血管の炎症によるものと、高血圧・動脈硬化・糖尿病などが基礎にあって血液の流れが悪くなる場合の二つが考えられています。
(5) 中毒性視神経症
神経に毒性のある物質の摂取や暴露により発症する視神経症です。視神経障害の原因となりうる毒物は多くありますが、代表的なものは、タバコ・アルコール(特に戦時中、メチルアルコールの摂取により失明者が多発したことは有名です)・結核治療に用いられる薬物・シンナー・農薬などです。治療の第一歩は、これら視神経障害の原因となる物質との接触を断つことです。
(6) 遺伝性視神経症(レーベル病)
視神経萎縮を起こす遺伝病です。10〜30歳代の男性で、両目の急激な視力障害で発症します。短期間のうちに視神経萎縮に至るといわれています。

視神経萎縮患者の質問

視神経萎縮患者TY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮との診断を受けました。 左目はすでに見えず、右目も白く膜がはった状態のようです。 一人で歩くこと外出することも不自由な状態です。
視神経萎縮への鍼灸治療に対し、長年の実績と効果をあげられていること拝見しました。 ほぼ視神経萎縮の末期かと思いますが、父のようなケースでもそちらに通院し、効果を上げ、少しでも視力が改善し、視界が晴れたような事例 (ほぼ末期から一人で歩行が出来るようなケース)は多々あるのでしょうか。視神経萎縮は治らないと西洋医学では言われており、現状維持 が精いっぱいの治療法であると。
個人差があるのはわかっており、100%完治などできるということは難しいこと理解していますが、改善事例のご紹介など頂けましたら幸い

当院の返事:
3か月前に、一人右視神経萎縮患者が、当院で鍼灸治療を受け、 右目の視力が0.02から0.3までになり、かなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
先週病院で目の検査をしたところ、視力が0.2に上がり、視野が改善したといわれました。 ありがとうございます。
本当に心強く、希望がみえてきました。
視神経萎縮の治療に長い間悩んで来たので嬉しく思います。
4日に予約をさせていただきました。 どうぞよろしくお願いします。

視神経萎縮患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発症してもうずく10年が経とうとします。 正直もう一生このままの視力なんだろうと諦めています。 しかし、このサイト見つけて連絡させて頂きました。

重粒子線治療による視神経萎縮患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
目奥にがんになり重粒子線治療をしてがんは消えました。しかし重粒子線治療で照射の際に視神経にダメージを受け傷ついたらしく 視力がほとんどない状態です。たまに目を動かすと痛みがあります。 ほんのわずかな視力ですが 取り戻したいです。

視神経萎縮患者O様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ソフトボールが左目に当たり左目の視神経が潰れて網膜も薄くなり視力が1,5から0,08になり真ん中 から左側に白いモヤがかかりヒブン症にもなり見えにくい状態です。両目で見るとボヤけたり二重に見えてしまいます

視神経萎縮患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮があり、右目の視力が半月前から急に劣化。ゆがみと黒い円形が出続けています。

交通事故による視神経障害の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
11月初旬に自転車で転倒し、右の眉毛付近を強く打ったようで、しばらく目が半分ぐらいしか開かない 状態でした(頬骨の陥没骨折もありましたが、こちらは手術を受け、だいぶ良くなってきたところです)。見えにくいのは腫れのせいだと思 っていたのですが、腫れがひいてもよく見えるようにならず、眼科で検査したところ、目自体には異常はなく視神経にダメージを受けたため だ、と言われました。また、視神経の障害の場合治療法はないとも言われました。視野に欠けているところはなく、正常な状態の目を半分つ ぶった時のような暗さ、ぼやけで見えている状態なのですが、もし針や漢方で多少でも改善する可能性があるなら治療をお願いしたいと考え ております。

遺伝性視神経萎縮症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
ずっと視力がでずに悩んでいました。 先日、遺伝性視神経萎縮症と 言われました。 産まれながらの子でも、 視力は上がるのでしょうか? 現在は、0.3です。

交通事故による視神経萎縮患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
車に母がはねられました。 それにより、眼底骨折、視神経萎縮による右目失明(光覚なし)と診断されました。 頭部打撲や皮下血腫など様々な怪我があり、現在も入院しております。 なんとか、右目が 光を感じることだけでもできたらいいと思い、ネットで検索していたところ、貴院のホームページを見つけました。 治療をすることにより、少しでも改善の余地はあるでしょうか。

脳出血による視神経萎縮患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
脳出血後の視神経萎縮で通っていたのですが、体の麻痺を治すために通えなくなりました(>_<)3月から通っていてもったい ないのですが、漢方は効果はないのですか?漢方を飲んでいて体が治ったらまた鍼灸に通って早く治せないのですか?

視神経萎縮患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
遺伝性視神経萎縮と診断されました。治療すれば視力回復の見込みありますか?また逆に視力低下のリスクあるのでしょうか?気になり問い合わせさせて頂いています。 ご返信頂ければと思います。ちなみに生まれつき少し耳が不自由です。 障害者手帳6級を保持しています。よろしくお願い致します。

脳出血による視神経萎縮患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
脳出血により、右目の視神経萎縮ですが、治療でよくなるのですか?

視神経萎縮Y様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮です。今のところ生活には支障にない状態で眼圧を図らないことには状態はわからないのですが、大体の目安をお教えください。

視神経萎縮患者TY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮と診断されました。
矯正視力で右目1.2左目0.6くらいです。右目は霞がかかったようで視野が狭くなっていますが、視野が欠けている部分は黒くなるのではなくて霞がかかったようになっています。暗い部屋では明るさが感じにくく地下鉄にのるととても 暗く感じます。また、本をたくさん読むとまぶしくて霞んで文字がみにくく現在はステロイド系のブレドニンを服用しています。医師からは現状維持をめざし、回復することはないと言われています。 眩しく感じて文字がよみみにくくなるのと、暗い部屋でとても暗く感じることが改善できたらと思います。また、右目のかすみも改善できたらと思います。体調がいいときは霞も少しすくなります。遺伝性ではないそうです。目の神経がとても細くなっているとのことです。 改善する見込みがあるのなら東京までいきたいと思います。親戚の家があるので通院は可能です。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は視神経萎縮には、かなり 有効です。
先日、一人視神経萎縮患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 視力が0.01から0.5になり、かなり良くなりました。
当院が開発した特殊な治療法で、治った方も いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
院長先生へ
いつもありがとうございます。
あと3回 計14回、治療をしていただきました。
幸い、おかげさまで、裸眼視力で右目1.0左目0.8になってきました。
右目の霞も消え、とても感謝しております。
希望が持てました。
自分も治るのかなあと安心をしてきました。たいへんうれしく思います。
どうもありがとうございました。

脳動静脈奇形出血による視神経萎縮患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右脳の脳動静脈奇形摘出時出血により右目の視神経萎縮になってしまったのですが、視力が回復したのはどのくらいの期間通ったら治ったのですか?

視神経萎縮患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮で視野欠損が中心部あたりまであるのですがそれでも治りますか? 是非教えて下さい。

視神経萎縮患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮が診断されました、自覚症状は何年前からあります。現状維持しかできないといわれました。 ホームページに鍼灸治療で効果がありそうが言われました。 治療実施の場合、1週間何回通院が必要ですか?

視神経萎縮患者CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮です。 23歳の時発病しました。 現在41歳です。 視力は両眼とも0.02程度で中心暗点があります。 そちらの治療で回復の見込みはどの程度までで何パーセントの確率でしょうか? また、どの程度の期間治療すれば効果が出てくると予測されますでしょうか?

患者様の返信:
先日は、視神経萎縮について効果が期待できるとのお返事を頂きたいへんうれしく思います。
治療期間や治療の間隔について教えてください。
2週間に3,4回通院して効果が期待できるかわかるようならうれしいのですが。 10月の初めにお伺いしたいのですが、実際に見ていただかないとわからないものなのでしょうか。よろしくお願いいたします。

視神経萎縮患者BY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
お返事を頂き、有難うございます。 視神経萎縮と診断され、左目はすでに見えず、 右目が多分視力0.02であり、白く膜がはった状態でほとんど見えず、一人で歩行困難な状態です。 春ごろはまだぼやけてはいるものの一人で歩くことも出来たようですが、進行しており現在は一人での歩行は難しいようです。
1)鍼灸治療で抗体反応はあるのでしょうか。(良くなっていく過程で一旦悪くなるような状態)
2)ほぼ視神経萎縮の末期かと思いますが、鍼灸治療での視力・視界改善の可能性はあるのでしょうか。(人それぞれの効果とは思っています)
3)視神経萎縮鍼灸治療は保険の対象なのでしょうか。
11月に予約をさせて頂き、通院をと考えています。 宜しくお願いします。

当院の返事:
1)鍼灸治療で抗体反応はありません。
2)ほぼ視神経萎縮の末期かと思いますが、鍼灸治療での視力・視界改善の可能性はあります。
3)視神経萎縮鍼灸治療は保険の対象ではないです。

脳出血後遺症による視神経萎縮T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右脳にあった脳動静脈奇形を摘出しようとしたのですが、大出血し、その後右目が見えづらくチカチカし て見づらいのですが、左脳の視神経萎縮だと言われたのですが、治療して治りますか??

視神経乳頭陥没患者Y様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼底検査で視神経乳頭陥没と診断され、眼圧や視野検査を行ったところ、眼圧は高くはなく(15mmHg程度)、視野も問 題ないことから、緑内障発症はしていないとの判断で、治療せずに過ごしてきました。この3年ほど、検査をさぼってしまっていたのですが 、2週間ほど前に、右目内に黒点・糸状のものが飛んでいる(飛蚊症)ことに気づき、また右目がかすんでいるような違和感を感じました。 そこで眼科で受診したところ、視力(強度の近視ですが、眼鏡により両目共1.2矯正)、眼圧などに異常なく、ただし乳頭陥没部の形が若 干変わっているため、視野検査を行ったところ、3年前に比べ若干視野が狭まっているとのこと。正常眼圧緑内障が懸念されるので、2〜3 週間点眼薬で様子を見よう、ということになっています。 その眼科の先生からは、正常眼圧緑内障は遺伝によるもので、諦めるしかない、眼圧を下げてその進行を遅らせることしかできないと聞きました。

脳出血後遺症による視神経萎縮X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
未破裂動脈りゅうの後遺症だと思うんですけど、右目がほとんど見えなくなって これって視神経の萎縮です。宜しくお願いします。

先天性視神経萎縮X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
先天性の視神経萎縮と診断されました、右目0、8 左目0、15です 小学1年生から学校で は拡大教科書を使用しています、少しでも視力がよくなるのであればと思いメールさせて頂きました、返信お待ちしています。

先天性視神経萎縮患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
天性的視神経萎縮症だと診断されました。 針治療は、彼女の症状に効果があると思いますか?

当院の返事:
2か月前に、一人視神経萎縮症患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 視力が0.2から0.6に変わり、かなり良くなりました。 当院が開発した特殊な治療法で、治った視神経萎縮症の方も いらっしゃいますので、心配ないと思います。

視神経萎縮患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮、弱視があり矯正しても視力があがりません。視力の回復をのぞみたいですが、無理でしょうか?

視神経萎縮BV様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視野が大分狭く、ドーナツ状(中央とまわり(外側))となっております。 車の運転は控えています。 また、外を歩くと人が視野に入らないため、ゆっくり、恐る恐る歩いております。 特に階段を降りることや夜外はたいへん苦労をしております。 視力は0.3〜0.4程あります。 白内障も少々あるとの診断です。

視神経萎縮患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮で失明しております。失明してしまったらもう治療や少しでも見えるようになるのは無理な ので しょうか? 教えてください。

視神経萎縮患者IX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
お世話になりmす。 視神経萎縮の治療の場合、週に何回ぐらいの通院になるのでしょうか?

視神経萎縮患者VY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
  遺伝性視神経萎縮で左右とも視力はは0.1〜0.2程度です。鍼治療で多少でも視力の改善は期待で きますでしょうか?

脳内出血による視神経萎縮X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
約7m位のところから転落し、左前頭部を強打、脳内出血を起こし以来視神経萎縮もしくは圧迫により左眼が見えなくなり ました。 また左眼左斜め上への斜視となっております。 治療は可能でしょうか? そして50年近く見えない状態の左眼が見えるようになるのでしょうか?

緑内障による視神経萎縮SX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼科で視神経萎縮、同時に緑内障の初期であるの診断を受けました。原因は緑内障からくるものと推測されますが、治る見込みはあるの でしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

中心静脈閉塞による視神経萎縮T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右目が見えずらくなり、あわてて、病院に行ったところ、はじめは中心静脈閉そく言われ、後日治療となったが、翌日さらに見 えずらくなったので、検査したところ動脈が閉塞しているので、神経が復活しないと言われた。2ヵ月間それなりに見えないながらも、少し 形は見えていたのが、2日前くらいから眼の奥に痛みを感じていたら、昨日きゅうにほとんど見えなくなってしまった、重い痛みはある、白 目のところが充血している。医者は動脈閉そくなので治療ができないといわれている、何もできないのでしょうか

脳炎による視神経萎縮患者KT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
インフルエンザから脳炎になり 視神経が萎縮し全盲となりました。 調子が良いときにぼんやりと明るさを感じる(といいましても 真っ黒がグレー程度ですが)こともあります。 下半身にも障害が残り、歩行は支えて20歩ほどの状態です。 わずかでも視力が回復する可能性はありますでしょうか?

視神経萎縮患者の治療相談

視神経萎縮患者Y様

[ 症状、ご相談内容 ] :
遺伝性視神経萎縮症です。 産まれながらの視力は 0.3から0.5と言われています。産まれながらだと、 効果はないでしょうか?

視神経萎縮患者患者k様

[ 症状、ご相談内容 ] :
白内障の手術をして眼内レンズで矯正後の視力は 左1.0右0.8ありましたが最近右が0.5程度まで下がって視野検査ではこの一年間で悪化している結果がでました。眼科医は視神経萎縮 がありこれより悪くしないよう指導があり、眼圧低下の点眼治療を実施(1.8→1.3に低下)していますが、右は中心部がぼやけて視力検 査はほとんど感で判断して います。車は運転出来ますが視界がチラツキ、看板の文字も2重に見えたりイライラして大変疲れます。このままではいずれ車の運転が出来 なくなるのではと不安が募ります。針で治る可能性があるなら是非治療を受けたいと思いますが通院の回数や費用はどのくらいになるのでし ょうか?よろしくご指導お願いします。

視神経萎縮患者患者Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視神経萎縮と診断されましたが右目0.2左目0.01なんですがどこまで改善しますか?

眼底疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 視神経萎縮 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 視神経萎縮 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん