中国鍼灸 東京・銀座

眼瞼下垂

眼瞼下垂の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

眼瞼下垂について

眼瞼下垂 の治療前|眼瞼下垂 の治療結果 治療前
眼瞼下垂 の治療|眼瞼下垂 の治療結果 治療後:

眼瞼下垂とは上まぶたが垂れ下がって眼球を塞ぎ、視野の妨げとなった状態です。眼瞼下垂(がんけんかすい)は、先天的理由、後天的理由により、上眼瞼の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる疾病の一つです。
上瞼を上に持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋といい、多くの場合は眼瞼挙筋の麻痺によって眼瞼下垂が起こります。その中には外傷、腫瘍、放射線治療後などの神経麻痺や、重症筋無力症のように神経から筋肉にうまく情報が伝わらない病気が眼瞼下垂症原因となります。他の原因には眼瞼挙筋自体の筋肉の病気(ミオパチー、ミトコンドリア脳筋症など)によるものや、顔面神経麻痺により眉毛が下がったために上まぶたが垂れ下がったものがありますが、最も多い眼瞼下垂症原因は加齢と共に上まぶたの皮膚がたるんだために起こる老人性眼瞼下垂症です。
眼瞼下垂になりますと視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとするため、あるいは顎を挙上するため、頭痛や肩こりを併発することがあります。眼科または形成外科で、重瞼形成術と同じく上眼瞼上の皮膚をまたは結膜円蓋部を切開し、上眼瞼挙筋から続いている眼瞼腱膜またはミュラーMuller筋を短縮する手術を行うことにより、治療できます。ただし、この方法を、眼瞼挙筋の挙上力が著しく弱くしかもベル現象が認められない症例にもちいた場合、兎眼を生じることがあります。正常人の上眼瞼の挙上は、主に上眼瞼挙筋の収縮で行われ、ミュラー筋、上直筋、前頭筋の収縮がそれを補っています。先天性眼瞼下垂症では、上眼瞼挙筋が先天性に不完全あるいは完全に欠損しているために、正面視で瞳孔上まで上眼瞼を重力に抗して挙上できない状態となります。多く眼瞼下垂症患者さんは、補助筋であるミュラー筋、上直筋、前頭筋の収縮を利用して、上眼瞼を挙上するだけでなく、下直筋を利用してCP膜を介して下眼瞼も退縮させています。この代償が、片側性の眼瞼下垂では患側で、両側性の眼瞼下垂は両側で観察されます。上眼瞼の挙上が困難で、下眼瞼の退縮は容易なので、下眼瞼の退縮は代償的に亢進しています。従って、多くの眼瞼下垂患者さんは顎を上げて、下眼瞼を利用し開瞼しています。
眼瞼下垂症を生じる疾患は多様であり、時には重篤な全身疾患の部分症状として生じることもあるため、疾患の特定することが最も重要です。
眼瞼下垂症は生後、或いは1年以内に上眼瞼が垂れ下がった状態が先天性眼瞼下垂です。眼瞼下垂は片側あるいは両側に生じます。眼瞼下垂症発症頻度に男女差は無いです。眼瞼下垂症の約8割は先天性眼瞼下垂で、眼瞼挙筋の局部の筋原性発生障害に起因します。正常の眼瞼挙筋の筋線維に比較して、筋腹に線維組織や脂肪織が多く、このため筋収縮・弛緩が減弱あるいは消失しています。神経あるいは神経筋接合部の機能異常などで眼瞼挙筋の支配神経が阻害されると生じる場合もあるが1割程度です。これらの発症機序は不明ですが、家族性に発症する眼瞼下垂も報告されています。先天性眼瞼下垂症に合併する斜視は約15%程度と高頻度に合併し、外斜視と交代性上斜位が多いです。また、先天性眼瞼下垂に下眼瞼内反症を合併することは稀ではないです。下眼瞼内反症があると、眼を細める傾向があるため、一見下垂が高度に見えることがあります。先天性眼瞼下垂の場合は完全な視野障害を生じることは少ないですが、数日から数週にわたる視野障害がある場合は弱視に至ることがあります。
視力や眼の機能が発達する乳幼児期に眼瞼下垂があると、片眼しか使わなくなるために斜視や弱視になりやすいのではないかとの意見がある一方で、眼瞼下垂があっても視力や眼の発達を阻害することは無く、元々斜視弱視が合併しやすいとの意見もあります。この他に、眼瞼下垂の圧迫による乱視、眼性斜頚が生じることもあります。

眼瞼下垂の分類

【後天性眼瞼下垂】

  1. 筋原性眼瞼下垂
    重症筋無力症、ミトコンドリアミオパチー(慢性進行性外眼筋麻痺)、筋強直性ジストロフィー症、眼咽頭型筋ジストロフィー、眼咽頭遠位型ミオパチー
  2. 腱膜原性眼瞼下垂
    加齢による腱膜解離・伸展・非薄化、コンタクトレンズ長期装用、内眼術後(白内障、緑内障、網膜剥離術後など)、外傷後、眼瞼術後、再発性眼瞼浮腫
  3. 神経原性眼瞼下垂
    動眼神経麻痺、Horner 症候群、動眼神経再生過誤、皮質性(中枢神経性)
  4. 機械的・物理的要因・外傷性眼瞼下垂
    機械的眼瞼下垂
    眼瞼・眼窩の腫瘍・骨折・異物が原因となって起こる眼瞼下垂である。眼瞼の良性および悪性腫瘍は、眼瞼の重さが増加するために眼瞼下垂となる。また、眼瞼の瘢痕組織、眼窩上緑の腫瘍・骨折・異物による眼瞼の運動障害のために眼瞼下垂が起こる。
    外傷性眼瞼下垂
    眼瞼および眼窩の外傷により生じる眼瞼下垂で、症状は外傷の位置や程度により異なる。

皮膚弛緩,眼瞼腫瘍(神経腫瘍、血管腫など)、眼窩腫瘍、偽眼窩腫瘍、結膜瘢痕、floppy eyelid症候群、 巨大乳頭結膜炎、眼窩蜂窩織炎、眼窩筋炎、慢性ぶどう膜炎、眼瞼挫創、眼窩骨折、眼窩浮腫・出血、眼瞼挙筋腱膜外傷

【先天性眼瞼下垂症】
先天性眼瞼下垂症は両側性と片側性の場合があります。

  1. 腱膜原性眼瞼下垂
    眼瞼挙筋腱膜欠損
  2. 筋原性眼瞼下垂
    単純性眼瞼下垂症、筋強直性ジストロフィー症、重症筋無力症
  3. 神経原性眼瞼下垂症
    先天性外眼筋線維症 (CFEOM)、Marcus Gunn現象、Horner 症候群、動眼神経麻痺
  4. 機械的・物理的要因・外傷性眼瞼下垂
    眼瞼腫瘍、眼窩腫瘍、分娩眼外傷
  5. その他の眼瞼下垂
    眼瞼縮小症候群

【偽眼瞼下垂】

  1. 眉毛下垂
  2. 眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・Meige症候群・チック
  3. 眼瞼皮膚弛緩
  4. 下眼瞼内反症
  5. 他眼の瞼裂異常
  6. 無眼球・小眼球・眼球癆
  7. 眼球陥凹
  8. 下斜視、外斜視の片目つむり
  9. Duane症候群
  10. ヒステリー性眼瞼下垂
  11. 周期性動眼瞼神経痙攣弛緩現象

【其の他の眼瞼下垂】
妊娠、甲状腺機能亢進症、ボツリヌス菌中毒、眼瞼へボトックス注射、重金属中毒、抗パーキンソン病薬内服、脳腫瘍、脳血管障害、癌、多発性硬化症、糖尿病、アトピー性皮膚炎
瞼の中には、動眼神経の命令で縮む眼瞼挙筋と交感神経の緊張で縮むミュラー筋の2つの筋肉があります。眼瞼挙筋は途中から腱膜という膜様の腱になって瞼板というまぶたの縁を作っているカマボコ板のようなものの前面に付いており、眼瞼挙筋は腱膜を介して瞼板を持ち上げるのでまぶたが挙がります。顔を正面に向けた時、まぶたが瞳孔の上まで上げられない状態を眼瞼下垂症と定義しますが、実際は視野を確保するために、眼瞼挙筋を余計に収縮させたり、眉毛を持ち上げたり、顎を上げたり、頭を回転したりして、瞳孔が出るような代償行為をしているので見過ごされる場合が多いです。神経(動眼神経、交感神経)の異常、筋肉(眼瞼挙筋、ミュラー筋)の異常、腱膜の異常が原因で後天性に起こりますが、腱膜が原因の場合がほとんどです。まぶたを擦ると、腱膜が瞼板より外れたり薄くなったりして、神経も筋肉も正常なのに、まぶたが挙がらなくなるのが腱膜性眼瞼下垂症です。神経、筋肉が原因の場合、ほとんどの場合複視がありますが、腱膜が原因の場合は一般的に複視がないので容易に区別できます。

眼瞼下垂の症状

  1. まぶたが重たい
  2. 眼が疲れる
  3. 二重の幅が変わってきた(一重が二重に、二重の幅が広くなった)
  4. まぶたを上げようとして額のしわが深くなる
  5. 偏頭痛や肩こり、めまいなどがする
  6. 眼が落ちくぼみ、疲れると特にひどくなる

眼瞼下垂症は両眼性の場合、額にしわを寄せたり、顎を上げたりすることで視野を確保しようとする代償行為があるため、見過ごされる事があります。

眼瞼下垂の診断

眼瞼下垂の診断は、頭を真っ直ぐ立てた正面視、そして上方視してもらうと、眼球は上転しますが、上眼瞼は挙上されず、瞳孔が隠れてしまうことで分かります。眉毛の上を手で押さえて眉毛が動かせない状態にして正面視してもらうと、上眼瞼の挙上がほとんどできなくなることでも診断されます。
片側性の眼瞼下垂症非対称なので容易に気づかれますが、両側性の眼瞼下垂症は対称性の変化なので気づかれない場合があります。腱膜性眼瞼下垂症の徴候は、二重の幅の変化、目の上が陥凹する、三白眼、いつも眉毛を挙げている、いつも顎を上げているなどの変化があります。眼瞼下垂症状としては、まぶたが重い、夕方になるとまぶたが開かないです。
眼瞼挙筋を余計に収縮させているために目の奥が痛く、歯を食いしばってまぶたを開けているので咀嚼筋の疲れ、痛み、歯が浮く、顎関節の症状が起こります。肩凝り、交感神経の緊張なども起こります。腱膜性眼瞼下垂症は程度の差はあれ、多くの老人で起こるので老人性眼瞼下垂症と呼ばれます。しかし、若年者でも、まぶたを擦る習慣がある人は、早く腱膜性眼瞼下垂症になります。

腱膜性眼瞼下垂と頭痛・肩こり

まぶたを擦る癖のある人(アトピー、逆さまつげなど)、コンタクトレンズをしている人などは、まぶたを上げる筋肉の端がゆるみやすく(腱膜性眼瞼下垂)、年齢が進むにつれ目が開きにくくなり、これを補うために額や首、肩の筋肉を無意識に収縮させるので、頭痛・肩こりが起きます。
ミュラー筋は交感神経の刺激で収縮しますが、逆に交感神経のスイッチにもなっていてミュラー筋を伸ばすとそのスイッチが入り、通常は物を見上げる時、びっくりした時に反射的にしか収縮しない前頭筋や肩や首周囲の筋群が正面視でも常に収縮しているために頭痛・肩こり、人によっては便秘、手足の冷えなど自律神経症状をも引き起こします。

眼瞼下垂の西洋医学的な治療

  1. 瞼の手術
  2. 薬物

眼瞼下垂に対する当院鍼灸治療の取り組み

眼瞼下垂に対する針灸治療の有効性が中国で度々報告され、当院は二十年数前から眼瞼下垂の針灸治療を取り組んできました。中国鍼灸が独特な鍼と超音波の併用療法で眼瞼下垂症に対して治療を行ってきました。長い間の研究と応用した結果、多くの眼瞼下垂症患者さんを治ってきました。

眼瞼下垂の鍼灸(針灸)治療法

眼瞼下垂の鍼灸(針灸)治療:眼瞼下垂の原因治療が必要です。眼瞼下垂患者26名、取穴:足三里、太沖、風池、翳明、上星、太陽、晴明、翳風、養老、合穀。

眼瞼下垂の鍼灸(針灸)臨床経験: 当院は二十年数前から眼瞼下垂症の針灸治療を取り組んできました。中国鍼灸が独特な鍼と超音波の併用療法で眼瞼下垂症に対して治療を行ってきました。長い間の研究と応用した結果、針灸だけで手術しなくても眼瞼下垂症患者さんを治すことが可能です。

眼瞼下垂の鍼灸(針灸)治療効果

治癒した例、改善した例を合わせると患者の75%は経過がよいと考えられます。

眼瞼下垂の鍼灸(針灸)治療症例

武村さん、42歳、会社員、千葉市在住。2年前から上眼瞼が下がってしまって、目を開けようとしても、自分の力ではまぶたを上げられない状態でした。病院で眼瞼下垂症と診断され、手術を勧められましたが怖くて受け入れませんでした。その後、症状が進行し、ものを見ようとして、上がらない瞼のために頭をちょっと上にむけて、わずかのまぶたのすきまから物をみようとしたりすることになりました。常に不自然な姿勢になるので体の筋肉が硬直してしまい、頭痛や肩こり、不眠症などの深刻な症状に発展してしまいました。友人の紹介で、当院の針灸治療を受け、週3回ペースの治療で合計12回の鍼灸治療で上眼瞼が上がって、見えにくいものも上眼瞼が上がったままで見るようになりました。さらに針灸治療を18回受け、瞼が下がることが完全になくなりました。 2ヶ月後担当医に診察を受けにいきましたら、武村さんの顔の回復具合を見て、担当医がびっくりしました。武村さんは針灸治療を受けたことを告げました。

眼瞼下垂患者の質問

眼瞼下垂患者W様

[ 症状、ご相談内容 ] :
片目の後天性の眼瞼下垂です通院のペース目安と治療法が知りたいです 経済的に最後まで治療が続けられるか不安です。

当院の返事:
先週、一人青森からの眼瞼下垂患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 眼瞼下垂の症状がなくなりました。 当院が開発した特殊なハリ+電気治療法で、治った眼瞼下垂の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、 一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
眼瞼下垂の治療で、大変お世話にます。
今月入ってから、眼瞼の下垂が全く出なくなりました。先生の治療で、目の瞼は回復することができました。
最初は治るかどうか不安の気持ちで一杯でしたが、こんなに早く眼瞼下垂を治って頂いて、 うれしいです。ありがとうございます。

眼瞼下垂患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼が疲れやすく、最近はまぶたが窪みやすいです。 美容外科で眼瞼下垂の手術の相談にもいきましたが、まだ早い、歳をとってもっと窪んできたら、より変化わかるということを言われ、私自身 手術に抵抗があったので、結局手術はしませんでした。
鍼で今の症状が改善できたらと思います。

眼瞼下垂患者K様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右気胸手術を受けました。 その後、右瞼が下がり二重瞼の幅が左右で変わってしまいました。 必死に目を開けても、瞼が瞳にかかったままで、白目が出ません。 医師からは、手術の際に神経を触ってしまった可能性があるとのことで、メチコバールとピドキサールを処方されましたが、2か月経過しても 改善しません。 ちなみに19年前に掌多汗症で交感神経切除術を受けており、今回の手術まで何も異変はありませんでした。見た目の見苦しさもとても気になりますが、瞼が重い感覚があり疲れます。これまで鍼の経験がなく、特に頭に鍼をさすというのがとても怖いのですが、鍼治療で改善の余地がありますでしょうか。また、副作用等のリ スクはありますでしょうか。治療回数、費用面についてもご教示いただければ幸いです。 なお、誠に勝手ながら、電話に出られないことが多いので、メールでご回答いただけますと助かります。お忙しいところ恐れ入ります。どうぞよろしくお願いいたします。

眼瞼下垂患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
メール届いておりましたが、ご連絡せず大変申し訳ございません。 眼瞼下垂、及び眼瞼痙攣については、外科的手術を行う事に いたしました。数々の症例と術後の回復を見て判断しました。 「上眼挙筋前転法」です。

眼瞼下垂の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼の奥が痛くなり近所の眼科に行き診察、各種検査を受けましたが単なる目の疲れだろうとのことでした。 しかし、鈍痛が取れないので大きな眼科に行き各種検査を受けましたところ、これは眼科の領域ではなく「脳神経内科」の領域の治療です。「 動眼神経麻痺」「滑車神経麻痺」の異常によるものとの診断。眼科医院から家に帰ったら右瞼が閉じる「眼瞼下垂」が現れました。 翌日、紹介状を持って「国立医療センター」脳神経内科を受診、即入院となりました。 入院後、脳のMRI検査、全身のCT検査、眼球のMRI検査、等あらゆる検査をいたしましたが異状なく、はっきりした原因がわかりません でした。 病名は「眼蒿先端症候群」というなんだかわけのわからない病名です。 結局、ステロイド大量療法ということになり、1日12錠(60ミリ)を10日間服用し1か月かけて徐々に減らしていき1ケ月入院いたしま した。 1日6錠(30ミリ)となった段階で退院、通院治療となりました。 結果は当初とほとんど変わりない状態です。 ネットで調べてみますとこの症状はあまり「症例」のない病気のようです。 現在、通院しながら左目だけの生活です。もちろん車の運転はできません。 気分的に落ち込んでいても何にもならないので前向きに前向きにと気分を切り替え明るく、「一日一生」とおもい毎日を楽しく過ごすよう心が けております。 インターネットで「中国鍼灸」を知りご相談申し上げております。 ・個人差にもよりましょうが、治療期間は何か月ぐらいかかりますか・・? ・当方福岡に居住しておりますので治療のつどの上京なのか・・・?

眼瞼下垂の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
瞼眼下垂で悩んでいます。 眼科では鍼治療では治らないと言われました。 先日 美容クリニックに受診し メスを入れることが 怖くて、でも治したいのですが、治る見込みはありますか?

眼瞼下垂患者SW様

[ 症状、ご相談内容 ] :
こんばんは。
幼い頃から右目の瞼が左目の瞼よりも下がっていて写真を撮ったりするとバランスの悪さが分かるほどコンプレックスでした。 あまり気にしないようにと思ってきたのですが、最近鏡を見るとますますバランスが悪くなってきた気がしてこちらの治療院にご相談しようと 思いました。
また仕事柄、デスクワークなのでパソコンを使う機会も多く朝より夕方頃になると症状が出やすいのが特徴です。 私自身直接病院で診断を受けたわけではないのでなぜ左右の瞼のバランスが悪いのかよく分かりません。 こちらの治療院である程度症状を調べてみたところ眼瞼下垂と重症筋無力症が実際の症状となんとなく似ているような気がしました。 少しでも両目のバランスが良くなるよういろいろアドバイスをいただけると幸いです。 どうぞ宜しくお願いいたします。

眼瞼下垂患者K様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼瞼下垂(特に左側)の症状が出ておりましたが、先日メガネが壊れ作り直した時に検査してもらったところ、左側の眼瞼下垂が進んで いるようで右目で主に見ているから疲れるのではないかと言われました。毎日パソコンを使う時間がかなり多く、最近特に目の疲れを感じて おります。 できれば手術はしたくないと思っており、インターネットでこのサイトを見つけましたのでメールさせていただきました。 よろしくお願いいたします。

眼瞼下垂患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼瞼下垂の手術による目の見開きが多少、大きくなっている場合、見開き具合を弱めることは可能でしょうか? 黒目が見える割合が現在、9割位を8割位に望んでいるのですが・・・。 眼瞼下垂の治療とは真逆になるのですがよろしくお願いいたします。

眼瞼下垂患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
前日、眼瞼下垂の相談をし今度、診察を予約しましたが、治療にあたり、どのくらいのペースで何回位治療したら効果的なのでしょうか。

先天性眼瞼下垂患者D様

[ 症状、ご相談内容 ] :
先天性の眼瞼下垂に悩んでいます。 昔から右目の開きが悪く、例えばおでこを抑えますと右目のみ開くのに苦労します。 手術するほど深刻でもないのですが、やはり多少ストレスに感じるので鍼治療で治せるなら是非治したいと思っています。 鍼治療ですと後天性に効くと聞くのですが、先天性の場合でも大丈夫でしょうか? また平均的に何度くらい通えば効果を実感できるでしょうか

眼瞼下垂患者KJ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
昨年6月に、翼状片の手術をしました。 その後遺症で瞼が上がりにくくなってしまいました。 眼科では、大体半年で皆さん上がるようになっています。もしも上がらないようでしたら上げる手術と言われましたが、半年経過してもまだ上 がりませんし、手術は少々抵抗があります。 また、手術した右側が見えにくい状態ですが、眼科では経過は順調と言われます。また、右の眼の下の皮膚が麻痺?しているような感じです。 (これは気のせいかもしれませんが違和感があります) このような症状も鍼治療で改善されるでしょうか?

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん