蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>整形外科系>梨状筋症候群

梨状筋症候群

梨状筋症候群の鍼灸治療(漢方薬の相談にも応じます)

鍼灸のことなら中国医学鍼灸院に聞いてみよう

梨状筋症候群について

梨状筋症候群の原因|梨状筋症候群【整形外科系】

梨状筋症候群は、臀部にある洋梨の形をした梨状筋が、何らかの原因で坐骨神経を圧迫し、坐骨神経障害を引き起こす病気です。
梨状筋の間、坐骨神経が通っており、この梨状筋の過剰収縮で坐骨神経を圧迫してしまうと痺れや痛みがでます。梨状筋の過剰な収縮は、車を長時間運転し、アクセルやブレーキを頻繁に踏んだりする人は多く、腰部の外傷、また女性の月経周期中や妊娠時期に起こりやすいです。
下肢の運動により外旋筋群が疲労し、慢性的に柔軟性を欠いていることなどが原因となって、梨状筋が坐骨神経を圧迫してしびれや鈍痛を引き起こします。
 梨状筋症候群は、一般的にスポーツ選手にもみられることが多いとされています。特にランニングなどで股関節の屈伸を繰り返すスポーツでは、坐骨神経を摩擦し圧迫することが多いため、神経炎になりやすいのです。スポーツ選手は日頃から体を鍛えており、筋肉そのものが大きいことも圧迫の一因と言えるでしょう。
 また、坐骨神経の形状が障害の原因となっていることもあります。坐骨神経は通常、骨盤内から後方臀部に出るとき梨状筋の下を通りますが、中には坐骨神経の一部が梨状筋の間を貫いていたり、上と下を挟んで通っている人もいます。このような場合は、筋の緊張や損傷後の炎症によって神経がより圧迫されやすくなります。
梨状筋症候群は坐骨神経痛の原因のひとつです。病院で坐骨神経痛の治療を受けても、なかなか症状が改善しなくて、梨状筋症候群の可能性があります。
梨状筋は仙骨からから始まり、足の付根についている筋肉で、股関節を外旋させる働きを持っています。この筋が炎症や過度の緊張によって坐骨神経を圧迫して、痛みが起こります。臀部打撲や股関節の捻挫などの外傷

梨状筋症候群の原因

梨状筋症候群は梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動でストレスが加わり発症します。外傷やスポーツ活動などで圧迫されて引き起こされることが多いです。スポーツ活動に伴って発生する梨状筋症候群もあります。長時間の座位による圧迫などが関係することもあります。また、比較的多い梨状筋症候群が、ぎっくり腰から梨状筋症候群が慢性化したものです。

梨状筋症候群の症状

梨状筋は仙骨(お尻の真ん中の骨)から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋(足先を外に向ける)させる働きがあります。この筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。

  1. 痛み:
    臀部の痛み、臀部から足先へ広がる痛み、でん部の深くてやりきれない痛み、大腿部やふくらはぎへの痛み、横向きに寝るのが難しい、腰を曲げると症状が増悪、車を運転していると症状増悪。
  2. 痺れ:
    下肢の坐骨神経支配するエリア。

梨状筋症候群の検査と診断

  1. レントゲン検査:特徴的な異常所見はありません。
  2. 圧痛:梨状筋部、坐骨神経に圧痛があり
  3. 誘発テスト:誘発テスト陽性。

誘発テスト:
膝を伸ばしたままで足を真っ直ぐ、あるいは内側に上げたときに、痛みやしびれが出る。
足を外旋させて上げたときは、梨状筋が緩んでいるため痛みなどの症状が消える。

このような症状がみられた場合には、梨状筋症候群を疑うことができます。梨状筋周辺に局所麻酔を注射し、症状が改善されれば確定されます。その症状は腰椎椎間板ヘルニアと非常に似ているので、見極めが大切になります。

梨状筋症候群と坐骨神経痛

座骨神経痛の原因には様々な疾患があります。坐骨神経は第5腰神経・第1(第2)仙骨神経の集まりで、多くの座骨神経痛はこれらの神経が脊椎管内で圧迫される病気です。坐骨神経痛の原因疾患で、最も多いのが腰椎椎間板ヘルニアで、その他に腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症などがあります。また、坐骨神経が脊椎を離れた場所で圧迫される特殊な病気に梨状筋症候群という病気があります。坐骨神経痛の多くは腰椎の椎間板ヘルニアや変形性腰椎症によります。脊髄や神経根の圧迫によっておこります。坐骨神経痛で梨状筋症候群と診断されても、実際は腰椎椎間板ヘルニアが痛みの原因であった例がよくあります。坐骨神経痛の原因のほとんどが腰椎椎間板ヘルニアと言われているように、梨状筋症候群の所見がないからといって梨状筋症候群を判断することはできません。

坐骨神経痛を引き起こす原因は他には、以下のものがとしてあげられます 。

  1. 梨状筋症候群
  2. 脊柱管狭窄症
  3. 脊椎分離症脊椎
  4. すべり症
  5. 脊椎腫瘍
  6. 骨盤内腫瘍

梨状筋症候群に対する当院の取り組み

当院の梨状筋症候群の治療目的は、梨状筋症候群患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと梨状筋症候群の完全な回復までの時間を短縮することです。
梨状筋症候群の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は梨状筋症候群の期待に応えるため、25年間、梨状筋症候群の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【坐骨神経透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
梨状筋症候群の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして梨状筋症候群の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

梨状筋症候群の鍼灸治療法

梨状筋症候群の鍼灸治療症例と臨床経験

梨状筋症候群の鍼灸治療症例:梨状筋症候群患者230名、【坐骨神経透穴針】取穴:阿是穴、膀胱経の委中、腎兪、上髎,胆経の環跳、陽陵泉、丘虚、崑崙。電気針、20分間後、吸い玉20分間。

梨状筋症候群の鍼灸臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、多くの梨状筋症候群患者の症状を回復させてきました。今も多くの梨状筋症候群患者が通っていらっしゃいます。梨状筋症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、梨状筋症候群患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の梨状筋症候群患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
梨状筋症候群の場合、保存的治療(手術をしない)が原則。鍼灸治療が効果的です。

梨状筋症候群の鍼灸治療のメカリズム

坐骨神経痛の原因|坐骨神経痛【神経疾患】

当院独自開発した【坐骨神経透穴針】治療法:臀部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ梨状筋組織を回復する仕組みです。
1.【坐骨神経透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.動脈の血流量が増え、局部の血管が拡張し、十分に血液が供給される状態で、増加した免疫細胞が梨状筋の筋の緊張や炎症を修復します。
4.神経の痛み信号の伝達を遮断することによって、脊髄の傷害性刺激信号に対しての反応を抑制します。 5.脳の鎮痛システムを興奮することによって、鎮痛効果を発揮します。

治療の実際様子と流れ

梨状筋症候群の原因|梨状筋症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【腰部透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

梨状筋症候群の原因|梨状筋症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
梨状筋症候群の原因|梨状筋症候群【神経疾患】

梨状筋症候群患者の質問

梨状筋症候群T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
5年前からランニング、登山を楽しんできました。昨年11月末に長時間の登山をした後右ハムストリングが痛み正 座が出来なくなりました。元々おしりが硬くストレッチをしてもほぐれないのですがその後、立っていたりすると時々鋭い刺すような痛みが 臀部内部から体の中心に向かって起こりました。ランニングは無理のないように続けていましたが、昨日から寝ていても右臀部が痛み、今日 は何回も刺す激痛が起こり会話も出来なくなりのけ反る状態が数十秒続き本当に困っています。梨状筋症候群かと考えますが何とか治してい ただけますでしょうか?職業柄正座をしなければならず、途方にくれています。お願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
 

患者様の返信:
このたび、大変お世話になっております。
お陰様で梨状筋症候群の症状が無くなり、ランニングと登山は再開し、楽しく過ごせるようになりましたので、 大変感謝しております。

梨状筋症候群M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
坐骨神経痛(梨状筋症候群)のような病状がでて、宜しくお願いします。

梨状筋症候群NM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
梨状筋症候群にもなっていますが、左足の甲が痺れと痛みで 夜も熟睡出来ず困っています。

坐骨神経痛を引き起こす病気の針灸治療

梨状筋症候群 脊柱管狭窄症 すべり症 ぎっくり腰 椎間板ヘルニア  変形性腰椎症 骨粗しょう症 腰椎分離症

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん