中国鍼灸院 東京・銀座

声帯麻痺

声帯麻痺の鍼灸治療

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

声帯麻痺について

声帯麻痺治療前|声帯麻痺の治療結果 治療前:声帯が閉じなくなってる
声帯麻痺の治療|声帯麻痺の治療結果 治療後:声帯が閉じられた

声帯麻痺とは、声帯の運動支配神経の損傷によって、声帯が動かなくなってしまう状態です。
発声時には左右の声帯が中央方向に近寄って気道が狭まるので、呼気により声帯が振動して声が出ます。また嚥下時には、嚥下したものが気管に入り込まないように左右の声帯は強く接触して気道を完全に閉鎖します。声帯麻痺によりこのような声帯の運動性が障害された結果、息もれするような声がれや、誤嚥(ごえん)、むせといった症状が起こります。また、両側の反回神経が障害されて左右の声帯が中央付近で麻痺して動かなくなると、気道が狭くなるため呼吸困難や喘鳴(ぜんめい)が起こります。
一方の声帯のみに麻痺が生じると呼吸音を含んだかすれ声になってしまいます。反対側の声帯に異常がなければ気道の閉塞を招きませんが、両側において発生すると軽度の動作でも呼吸困難を呈します。これは、声帯間に位置する隙間がとても狭窄するためで、これによって空気の流れが遮られてしまいます。

声帯麻痺 に対する当院の取り組み

当鍼灸院の声帯麻痺の治療目的は、患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと完全な回復までの時間を短縮することです。
当針灸(鍼灸)院は早くから声帯麻痺に対する針灸治療の有効性に着目し、難しいといわれる声帯麻痺の針灸治療を精力的に取り組んできました。20数年の歳月をかけて、【咽喉透穴針】を発見しました。当針灸(鍼灸)院の特有な針灸治療法によって、声帯麻痺 の多くは声を取り戻りました。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。

声帯麻痺の鍼灸治療症例と臨床経験

声帯麻痺鍼灸治療症例と臨床経験

声帯麻痺鍼灸治療症例 :声帯麻痺の患者55名、【咽喉透穴針】取穴:天突、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針。

声帯麻痺の鍼灸臨床経験 :当鍼灸院では、多くの声帯麻痺の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの声帯麻痺患者が通っていらっしゃいます。声帯麻痺患者の一人一人の症状に合わせて、当鍼灸院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、声帯麻痺患者の回復と予後は良好で、多くの声帯麻痺患者は普通の生活が可能となりました。

声帯麻痺の鍼灸治療のメカリズム

声帯麻痺の原因|声帯麻痺【神経疾患】

当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:咽喉部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、反回神経の働きを健常化する仕組みです。
1.【咽喉透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.「確率共鳴」という現象が起き、反回神経の働きを活発化させます。
4.反回神経の回復を通じ、声帯の発声機能を正常化になります。

【声帯麻痺治療の実際様子と流れ】
声帯麻痺の原因|声帯麻痺【神経疾患】

1.当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

声帯麻痺の原因|声帯麻痺【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
声帯麻痺の原因|声帯麻痺【神経疾患】

声帯麻痺と西洋医学

声帯麻痺の原因

声帯麻痺は脳幹から枝分かれして頭蓋内から下降してきますが、一度そのまま声帯の横を素通りし、甲状腺の裏側を通って胸内に侵入し、左側では大動脈弓、右側では鎖骨下動脈の部分で折れ返り、食道の両脇をたどって上行し、声帯の筋肉を支配するという独特の走行をしています。このため、その経路のどこで障害が起こっても声帯麻痺が発生します。
 脳幹付近では頸静脈孔腫瘍、頸部では甲状腺腫瘍、胸部では肺がん、食道がん、縦隔腫瘍、乳がんなどの縦隔リンパ節転移、弓部大動脈瘤などによって、声帯麻痺が起こります。

  1. 甲状腺、肺、食道、縦隔、心臓など手術の後
  2. 怪我(交通事故など)
  3.    
  4. 急性感染、薬物、神経の疾患
  5.  
  6. 原因不明(特発性)
  7.  

声帯麻痺の分類

  1. 両側声帯麻痺:右両方の声帯が動かなくて、全く声が出ない状態で 呼吸困難をおこす。
  2. 片側声帯麻痺:左右どちらか一方の声帯が動かなくて、かすれ声が出る状態で、会話の時に息切れがする。

声帯麻痺の症状

声帯麻痺によって声帯が閉じなくなるために声が出なくなったり、むせって食べ物が気管に入ってしまったり、嗄声(させい)といって息漏れによるしわがれ声になります。声帯の両側が麻痺した場合は呼吸困難になり、片側の麻痺では嗄声と共に誤嚥(ごえん)を起こしやすい。

声帯麻痺の検査

声帯麻痺の原因を突き止めることが重要です。ファイバースコープにより声帯の動きを観察することでわかります。その原因が特定できない場合には、頸部、胸部のX線検査やCT、食道造影、上部消化管内視鏡検査などを行います。外傷や気管内挿管後に生じた声がれでは、声帯の軟骨(披裂(ひれつ)軟骨)が脱臼している場合があります。この場合、ファイバースコープでは声帯麻痺と区別がつかないことがあり、筋電図や発声時のX線透視検査を行って鑑別します。筋電図は、麻痺の程度や回復の見込みを判断するうえでも極めて有用です。

声帯麻痺の診断

声帯麻痺 の診断としては、喉頭鏡検査が大切です。
ファイバースコープの声帯の動きを観察できて診断が確定します。気管内挿管した後の外傷が原因との声がれは、声帯軟骨(披裂( hiretsu )軟骨)を脱臼。この場合には、ファイバースコープ再発麻痺とは区別できないので、声帯筋電図やX線検査中に差動します。筋電図、および麻痺の程度を判断し、回復の見込みを判断します。

声帯麻痺の西洋医学治療

声帯麻痺 治療の第1の目標は、麻痺した声帯によって気道がふさがれるのを防ぐことです。麻痺が片側のみの場合は、甲状軟骨形成術という手術を行って、普通に声を出すのに最も適した位置へ麻痺した声帯を移動させます。両側の声帯が麻痺している場合は、気道の十分な広がりを保つことが難しいので、気管切開(首を切開して気管に通じる穴をあける手術)を行うことが必要となります。気管切開による開口部は、恒常的に用いる場合と、上気道感染を起こした場合のみ用いる場合があります。このほか、左右の声帯を永久的に離して気道を広げる披裂(ひれつ)軟骨切除という方法もありますが、この処置を行うと声の質が悪くなることがあります。

声帯麻痺患者の質問

声帯麻痺ET様

[ 症状、ご相談内容 ] :
今年の春ごろから声が出しにくくなり、つい最近病院で胃カメラ、CT等検査を受けましたが、声帯が片方閉じなくなっており腫瘍や血管の障 害からくるものではなく原因は不明であるとの診断でした。 ついては、そちらで針灸の治療を受ける場合の費用や また、年内に来院する場合の予約状況など教えてください。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った声帯麻痺の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  治療費は6500円/1回です。 1週間前予約が取れます。 何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かり ませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
貴院で6月より約10日間治療していただきました。
治療後は発声がしやすくて、先週病院で検査したところ、声帯が治ったと言われました。体調面でもでも良好な日々が続きました。
頼る術はもう何もないと思っていました。 最初、少しでも良くなるなら、と、すがる思いで先生の鍼灸治療を受けましたが、 こんなに早く良くなるとは夢にも思いませんでした。どうもありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

声帯麻痺BM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
半年前から声が出にくくなり、地元の医大で片方の声帯麻痺と診断され、手術を勧められています。かすれ声で電話は聞き 取れない状況です。医師からは手術をしても前のように治るかわからないと言われて、手術を躊躇しています。

声帯麻痺B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
4月頃から声が出に難くなり、横浜の栄共済病院で診察を受け、加齢によるものと診断された。同病院でCTの検査を受けたが異常は見ら れなかった。昨年12月、湘南鎌倉病院で再度耳鼻咽喉科の診断を受けたら、左の声帯が動いていないとのこと。動かなければ手術の方法が あるといわれた。(同病院ではやっていないから東邦大学を紹介するといわれている。)当分様子をみようということなっている。現在血流 を良くする漢方剤を調合して1日3回飲んでいる。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん