中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>整形外科系>変形性頸椎症

変形性頸椎症

変形性頸椎症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら北京中医鍼灸院に聞いてみよう

変形性頸椎症について

頚椎症の原因|頚椎症【神経疾患】

変形性頸椎症とは、首の椎間板と椎骨の変性により、脊髄が圧迫され、脊髄ないし頸神経根の圧迫症状を呈する状態です。
背骨が老化すると、骨棘などが出てかたちが変わってくるので、変形性脊椎症といい、これが頸椎に起これば変形性頸椎症といいます。頸椎症は、通常中年や高齢者に発症します。加齢に伴い脊椎骨が過剰成長して、首の脊柱管が狭まります。その結果、脊髄や脊髄神経根が圧迫され、機能不全が起こります。
変形性頸椎症を基盤として、脊髄ないし頸神経根の圧迫症状を呈すると、脊髄症とか神経根症と呼ばれます。
頸髄症(頸部の脊髄を頸髄といいます)では、くび、肩の痛み、手足のしびれとまひ、手のこまかい運動ができず、歩行障害排尿障害を伴います。
神経根症では、頸髄から出る末梢神経が圧迫されて上肢へ放散する痛みがあり、上肢の腱反射は低下ないし消失し、神経支配領域の知覚も低下します。
脊髄症神経根症の診断にはMRIが重要で、頸髄の圧迫や頸神経根の圧迫像がみられます。頸髄症と神経根症は合併していることが多いのです。
変形性頸椎症は、通常中年や高齢者に発症します。加齢に伴い脊椎骨が過剰成長して、首の脊柱管が狭まります。その結果、脊髄や脊髄神経根(脊髄と隣り合う脊髄神経の一部が圧迫され機能不全が起こります。

変形性頚椎症の原因

変形性頚椎症の原因は頸椎における年齢的な変化で、その主因は椎間板の変化です。椎間板は車のタイヤのような役割をしていますが、これが変性を起こすと、タイヤの空気圧が減ったような状態になります。この状態で頸椎にいろいろな運動が負荷されると、その他の部分に生理的範囲を超えた負荷が加わるようになります。

変形性頚椎症の症状

頚椎症の症状が急激に現れることはなく、頸部の症状から始まり、徐々に上肢や下肢の症状が出てきます。  頸部の症状としては、肩や首の筋肉が緊張し(肩こりなど)、圧痛がみられます。また、頸部の前屈や後屈時に後頸部から肩、上肢に放散する痛みが現れます。  上肢の症状としては、上肢の痛みとともに脱力感、疲労感、手指の感覚異常、冷感、こわばりを感じることがあります。また手先の仕事、書字、物を摘むなどの動作ができにくくなり、時間がかかるようになります。感覚異常は圧迫部位の高さに一致しており、たとえば第5頸椎椎間板による圧迫時は母指が、第6頸椎椎間板の時は中指が、第7頸椎椎間板の時は小指にそれぞれ感覚異常を来します。症状が進行すると、手の筋肉が萎縮したり、皮膚温の低下、発汗異常、手指の変形などがみられます。
 脊髄に圧迫が起こると下肢の症状が現れ、歩行障害、便秘、排尿障害などの症状が現れます。
 また椎骨の変形により頭蓋内に行く動脈が圧迫されると、首を曲げた時などに血行障害が起こり、めまいを引き起こすこともあります。脊髄、脊髄神経根、あるいはその両方が圧迫されると、それに応じた症状が現れます。脊髄が圧迫されると、通常は歩行の変化が最初の徴候です。脚がふるえるようになり、歩行が不安定になります。首が痛みます。脊髄神経根が圧迫されると片腕または両腕の脱力が現れ、筋肉が消耗していきます。首の痛みがよく現れます。神経根の圧迫は、脊髄の圧迫を伴ったり進行したりします。
脊髄、脊髄神経根、あるいはその両方が圧迫されると、それに応じた症状が現れます。脊髄が圧迫されると、通常は歩行の変化が最初の徴候です。脚がふるえるようになり、歩行が不安定になります。首が痛みます。脊髄神経根が圧迫されると片腕または両腕の脱力が現れ、筋肉が消耗していきます。首の痛みがよく現れます。神経根の圧迫は、脊髄の圧迫を伴ったり進行したりします。

変形性頚椎症の検査と診断

首を横に曲げ、頭部を圧迫した時に上腕に痛みが走ったり(スパーリング検査)、首を軽く後方へ曲げ、頭部を圧迫した時に上腕に痛みが走れば(ジャクソン検査)、この病気が疑われます。  頸椎の単純X線写真で、椎体骨の扁平化、硬化、骨棘形成、椎体間腔の狭小化の所見がみられれば、診断はほぼ確実です。脊髄や神経根の圧迫の状態をみるには頸部MRI検査が有用で、椎間板の後方突出、くも膜下腔の狭小化や消失、脊髄の圧迫、変形などの変化がわかります変形性頸椎症が疑われるときは、MRI検査やCTによる脊髄造影が行われます。MRI検査の方が情報がやや多く得られますが、CTによる脊髄造影の方がよく行われます。これらの検査によって脊柱管のどこが狭窄しているか、どのように圧迫されているか、どの脊髄神経根が圧迫されているかがわかります。一般に、首のX線検査はMRI検査に取って代わられました。

変形性頚椎症の西洋医学治療

首のけん引、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、シクロベンザプリンなどの筋弛緩薬の投与が症状を緩和します。しかし病状が進行しているときや、MRI検査によって重度の椎骨圧迫や脱臼がみられる場合は、手術が必要になります。基本的には手術によっても、すでに起きてしまった障害は元には戻せません。早期に治療がなされない限り脊髄神経路のダメージは一生残ります。

変形性頚椎症に対する当院の取り組み

当院の頚椎症の治療目的は、頚椎症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと頚椎症の完全な回復までの時間を短縮することです。
頚椎症の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当院は頚椎症患者の期待に応えるため、30年間、頚椎症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針灸治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
頚椎症の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、多くの頚椎症患者さんの神経圧迫症状がなくなり、痺れや痛みの苦痛から解放されました。

変形性頚椎症の鍼灸治療法

変形性頚椎症の鍼灸治療症例と臨床経験

変形性頸椎症の鍼灸治療症例 変形性頸椎症は77名、取穴:風池、風府、大椎、肩髃(けんぐ)、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池。電気針、20分間後、吸い玉20分間。
脊椎矯正手技で、圧迫されている脊髄、神経根、血管を解放します。
変形性頸椎症鍼灸臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くの変形性頚椎症の患者の症状を回復させてきました。今も多くの変形性頚椎症の患者が通っていらっしゃいます。変形性頚椎症の患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、変形性頚椎症の患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の変形性頚椎症の患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
変形性頸椎症の場合、私は整形外科医として4年間勤めました期間中、多くの変形性頸椎症患者を鍼灸で、治してきました。その治療効果にたびたび感動されてきました。

頚椎症の鍼灸治療のメカリズム

頚椎症の原因|頚椎症【小児疾患】肩首の筋肉組織を改

当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:頸部と肩部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、頸椎と周囲の組織を健常化する仕組みです。
1.【【頸肩透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.頸部、肩への血液、リンパの流れる量が増え、損傷した筋肉組織を修復します。
4.局部免疫細胞の量を増やし、炎症や老廃物を吸収させます。
5.頸椎と周囲の組織の健常化をさせます。

治療の実際様子と流れ

頚椎症の原因|頚椎症【神経疾患】

1.当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

頚椎症の原因|頚椎症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
頚椎症の原因|頚椎症【神経疾患】

頚椎症患者の質問

頚椎症患者TS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
背中(肩甲骨のあたり)に痛みがあり、4月8日も痛みが続き、4月9日になると薬指の半分と小指に痺れが出ました。1週間経過 しましたが、字も書けないくらいであったため、4月20日に整体に治療に行きました。6回行きました。背中から腕にかけての痛みは改善 しましたが、右手の小指と薬指とくるぶし周辺の痛みと痺れは改善されませんでした。その後、鍼灸院に3回通いました。 5月10日に初めて行きました。1回目は若干残っていた、肩と腕の痛みが少し樂になった程度で、痺れは全く変わりがありませんでした。 2回目は、5月13日に行きました。痛みのひどい個所に鍼治療を行われましたが、痛みもひどく痺れも変わりませんでした。指先が冷たく、 ドアで指を挟んだような痛みが断続的に続いております。小指側の手のひらの側面に筋が入ったようにへこんで痙攣するような痛みがありま す。3回目は、5月20日に行きました。2回目の症状を説明したところ、指先の冷たい感じは解消されましたが、痛みは変わらず断続的に続いて おります。 3回治療を受けましたが、痛みが変わらないため、ホームページで検索したところ貴院を見つけることができました。 すでに症状が出てから1か月半経過しており、これ以上効果が認められそうにありませんので、5月25日に広島から東京に行きますので、治療をお願いいたします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
先生に治療して頂いて、お陰様で小指と薬指、背中の痛みはかなりよくなりました。引き続き痺れの治療をお願いしたいと思いますので、今日もこれから伺います。よろしくお願いします。

頸椎症患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
脳神経外科で 頚椎症で首前方から除圧手術を受け以降7ヶ月間リハビリに通っております。しかしながら、両手の痺れは手術前と殆ど改善され無い為他の病気を疑いリュウマチの検査・手の外科専門医に受診したりして見ましたが確たる治療を見出せません。Webで貴医院を拝見し針治療が効くのではとの思いで問い合せさせて頂きました。ただ、相当昔にも腰痛で針・灸の治療を受けましたが余り効果が無かった記憶がありますが・・・・ 現在の症状・・両手の指、甲のしびれ及び両腕しびれ 、        右手の人指し指、中指関節が曲げると痛い 、        右足の痺れが若干あり、 以上簡単に書きましたが宜しくお願いします。

頸椎症患者LK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
朝起きると頚の左右の筋肉が痛く、今年3月ころから左右両手が痺れて肘から先に力が入らなくなりました。整形外科に診てもらったらストレートネックと頸椎症のためとの事で治療(電気、マッサージ、)に3か月通っていますが、全然回復するどころか、痺れがますますひどくなりました。仕事に生活に困っていますが、痺れを改善できますでしょうか?

頸椎症性脊髄症患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
「頸椎症性脊髄症」の手術を、一昨年3月末受けました。 手術は成功しておりますが、脊髄損傷(神経損傷)が残っている様です。 歩行ふらつき、肩こり、右手しびれ等が手術時より強くなっております。 医師より、リリカ・75、オパルモン、渇根湯(漢方)、テルナリンを頂いております。 しかし、症状は良くなる傾向はありません。 医師は「再生医療(ips細胞)しか方法は無い」と言っております。 日常生活にも不便を感じております。 対処療法でも良いと思うようになりました。 何か良い治療法はありませんか?

頸椎症患者BZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右首筋の痛み、頸椎に少しの圧迫が有るが手術は避けたほうが良いのではと言われました。しかし右首筋が痛いので施術をお願いしたい。

頸椎症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
現時点で症状ですが、 いちばんひどく現れているのが 右手のしびれです。 頸椎のレントゲンを撮りましたが、 ストレートネックだが、異常なしとの事。 ここ数日で正座をした時にひどくしびれるのと同じくらいのしびれが何回か出るようになりました。

頚椎症患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
頚椎症性脊髄症と診断され、両手に痺れがあり、特に左の指先の痺れが強い。 まだ軽症なので、手術は早いと言われています。 今の段階で、貴院の治療を受けて手術が回避できるなら、早急に鍼灸治療を受けたい。 骨が脊髄を圧迫している状況で、鍼灸治療で、圧迫を回避できるのか? また、手の痺れを取ることができるのか?鍼灸治療に期待をかけているので、教えていただければと、よろしくお願いします。

頚椎症患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
7時頃急に電気的なビリビリ感が感じられ、それから右手人差し指先の感覚がなくなり、もの(爪楊枝等)が掴めなくなった、中指も少しその感覚が鈍くなった。 親指も感覚が無くなったが、現在は戻っていて、あまり違和感は なくなった。 その他の指の異常は感じられず、感覚はある。 3~4日根詰めて文書を書いたので、そのための3本指、特に 人差し指の感覚が無くなったかな、と感じています。  ドック健診の際、その事医師に相談したら、即、「頸椎が悪い 長引く様だったらレントゲン検査して貰いなさい」と言われたので 今回の問い合わせとなりました。  指先の感覚が戻るでしょうか?

頸肩腕疾患と鍼灸治療

頸肩腕症候群 変形性頸椎症 寝違え 五十肩 頸椎椎間板ヘルニア 肩こり 胸郭出口症候群

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん