中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>がん>がんのリンパ転移

がんのリンパ転移

がんのリンパ転移の鍼灸治療  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

がんのリンパ転移について

がんのリンパ転移の原因|がんのリンパ転移【癌(がん)】

がんのリンパ転移とは、癌細胞が癌のそばにあるリンパ管に入って、そのリンパ管の中或いはリンパ管の分岐点である「リンパ節」で、増殖する状態です。
癌というものは大きく分けて3つの広がり方があります。一つは周りに直接広がり、言われる浸潤です。もう一つはリンパ行性転移で、最後は血行性の転移です。
リンパ管は動脈とほぼ並行して全身を走っています。例えば胃癌の場合でも、癌の細胞が癌のそばにあるリンパ管に入ったならば、そのリンパ管の中で増殖し、リンパの流れで、リンパ管の分岐点である「リンパ節」に細胞が辿り着き、増殖します。さらに、リンパ管を流れて次の「リンパ節」へ流れていきます。 したがって、遠くのリンパ節まで転移があれば、それだけ全身に行っている確率は高くなります。
がん細胞が、血管やリンパ管を食い破ったばかりの時。すなわち、たった一つのがん細胞が転移した時点では、どんなに詳しい検査をしても見つけることは不可能です。 最初は1個の転移した細胞が増殖し、直径1センチ、重さ1g、細胞の数にして約10億個になると、CTやレントゲン、超音波検査などで、「転移巣」として発見されるようになります。 逆に言うと、どんなに大きながん転移であっても、最初は、たった一つのがん細胞が、血中やリンパ液中を流れてきて、血管壁にくっつき、そこを食い破って顔を出すということから始まります。

がんのリンパ転移のメカリズム

原発巣においてその浸潤の過程でリンパ管に侵入しリンパ流にのり、原発層に近いリンパ節に転移巣を作り、リンパ流にそって体内に腫瘍細胞が運ばれてゆきます。原発巣から離れたリンパ節にも転移層を作ります。リンパ行性転移は肉腫には起こらず、癌に多い転移形式です。

転移し易い癌及び転移部位

     
  1. 乳癌:転移部位ー肺・肝臓・脳・骨
  2. 骨肉腫:転移部位ー肺・肝臓・脳・骨
  3. スキルス胃癌:転移部位ー腹膜
  4. 膵臓癌:転移部位ー十二指腸・胆管・肝臓・血管・神経・腹膜
  5. 卵巣癌:転移部位ー子宮・大網・大腸・腹膜
  6. メラノーマ:転移部位ーリンパ節

がんのリンパ転移の検査

     
  1. 超音波
  2.  
  3. 画像検査
  4. 病理検査

がんのリンパ転移(乳癌)の西洋医学的な治療

  1. 減量手術+化学療法
  2. 化学放射線療法
  3. 化学療法

がんのリンパ転移に対する当院鍼灸治療の取り組み

がんのリンパ転移に対する針灸治療は、中国でも盛んに行っています。中国政府は針灸、漢方のがんに対する治療効果を重視し、多額な資金を投入し、多くの研究成果を上げています。カンボウジアのシアヌーク国王が1979年頃にガンを罹患し、西洋医学医に余命があと半年しかないと宣告され、中国政府に治療を求めました。中国政府は針灸、漢方医療チームを結成し、シアヌーク国王の治療に当てました。その後、シアヌーク国王が30年も生きられ、91才まで生きられました。

がんのリンパ転移鍼灸(針灸)治療法

がんのリンパ転移鍼灸(針灸)治療:がんのリンパ転移患者さん201名、取穴:足三里、肺兪、心兪、屋翳、足三里、天宗、肩井、腎兪、肝兪、太沖、三陰交。お灸。

がんのリンパ転移鍼灸(針灸)臨床経験: 当針灸院(鍼灸院)では、多くのがんのリンパ転移患者の症状を改善させてきました。今も多くのがんのリンパ転移患者が通っていらっしゃいます。がんのリンパ転移患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くのがんのリンパ転移患者は正常な生活を送ることができるようになりました。
西洋医学的な治療の癌(がん)に対する治療は、がん細胞のみならず、同時に正常な細胞も障害を受けることは避けられませんので、副作用・後遺症を伴います。がんのリンパ転移も同様です。そのため副作用も強くあらわれることがあります。針灸の併用治療で、後遺症と副作用を減軽することができます。 また、針灸治療によって、免疫機能が強化され、自分の持っている回復力を利用して、癌細胞の繁殖を抑制し、生存率を高めることができます。

がんのリンパ転移鍼灸(針灸)治療のメカリズム

針灸治療によって、リンパ球の数と免疫機能が強化され、体の中にはシュレッダーの働きを増強すると考えられます。

ガンによるリンパ転移患者の質問

乳ガンリンパ転移CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
乳ガンで、リンパ転移もあると言われました。手術も抗ガン剤治療も考えていません。4/3に漢方薬局に初めて行き、漢方薬を飲み始めまし た。ネットで、このサイトを見つけ鍼もガン治療に良いのであれば、一度、ご相談してみたいと思いました。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は乳ガンによるリンパ転移には、かなり 有効です。 最近、一人滋賀からの乳ガンによるリンパ転移患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 ガンの症状がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な電気針治療法で、免疫機能が改善された方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:

脳腫瘍R様

[ 症状、ご相談内容 ] :
組織検査の結果、グリオーマのグレード4との診断を受けて、放射線治療と抗がん剤治療を行い、漢方薬や アガリクスを服用しています。 場所が「視床」にあり、手術をすると、重い後遺症が出るため、手術では取れません。 現在の抗がん剤治療や放射線治療と並行(または終了後)して何かできる治療法はないかと調べていたところ、貴院のHPにたどり着きました 。 左視床に脳腫瘍があるため、現在右麻痺(歩行器を使用しての歩行、右手はあがりますが、箸やスプーンは使用不可、右側の顔が上がりにくい 状況)が出ています。 効果が出る可能性が低いのであれば、別の方法を探りたいと考えているのいくつか質問したいのですが、 (1)脳腫瘍の場合頭への針治療でどのような効果が期待できますか?腫瘍が小さくなる効果は見込めるのでしょうか?また、なぜ効果がでる のでしょうか? (2)お灸などによって右麻痺の症状が緩和される効果は期待できますか?

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん