中国鍼灸 東京・銀座

慢性咽頭炎

慢性咽頭炎の中国鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

慢性咽頭炎について

慢性咽頭炎の治療前|慢性咽頭炎の治療結果 慢性咽頭炎鍼灸治療前(咽頭の赤い炎症組織が見られ、分泌物が増加)
慢性咽頭炎の治療後|慢性咽頭炎の治療結果 治療後(咽頭の赤い炎症が消え、正常な色に戻った)

慢性咽頭炎とは、急性咽頭炎を繰り返したり、たばこの吸い過ぎ、飲酒、刺激性ガス、副鼻腔の炎症、ほこりなどが慢性的に咽頭粘膜を刺激することによって咽頭の粘膜やリンパ組織など咽頭全体に慢性の炎症がおこる状態です。
咽頭は鼻腔や口腔の奥にある管状の部分で、ここには咽頭扁桃や口蓋扁桃、口蓋垂などが存在しています。咽頭炎とは咽頭に起こった炎症のことです。ただし、口蓋扁桃に強い炎症のある場合には、扁桃炎という別の病名で呼んでいます。さまざまな咽頭炎がありますが、大きく急性咽頭炎、慢性咽頭炎、咽頭特殊感染症に分けています。

慢性咽頭炎に対する当院の取り組み

当鍼灸院の慢性咽頭炎の治療目的は、慢性咽頭炎患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと慢性咽頭炎の完全な回復までの時間を短縮することです。
慢性咽頭炎の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当針灸(鍼灸)院は慢性咽頭炎患者の期待に応えるため、25年間、慢性咽頭炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針灸治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
慢性咽頭炎の原因が多様なため、当針灸(鍼灸)院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当針灸(鍼灸)院の針灸治療で、多くの慢性咽頭炎患者さんの咽の症状がなくなり、風も引かないようになりました。

慢性咽頭炎の鍼灸治療症例と臨床経験

慢性咽頭炎の鍼灸治療症例と臨床経験

慢性咽頭炎の鍼灸治療症例 慢性咽頭炎患者さん322名、取穴:主穴―合穀、天容;配穴―迎香、上星、風府、、百会、天柱、風池、大椎、足三里。電気針。

慢性咽頭炎の鍼灸臨床経験 :当鍼灸院では、多くの慢性咽頭炎患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの慢性咽頭炎患者が通っていらっしゃいます。慢性咽頭炎患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では慢性咽頭炎患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの慢性咽頭炎患者は完治になりました。

慢性咽頭炎の鍼灸治療のメカリズム

慢性咽頭炎の原因|慢性咽頭炎【神経疾患】

当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:咽喉部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ咽頭の炎症組織を修復する仕組みです。
1.【咽喉透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.「確率共鳴」という現象が起き、咽喉頭の免疫細胞の働きを活発化させます。
4.神経の伝達を通じ、咽頭の炎症組織を修復します。

【慢性咽頭炎治療の実際様子と流れ】
慢性咽頭炎の原因|慢性咽頭炎【神経疾患】

1.当院独自開発した【咽喉透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

慢性咽頭炎の原因|慢性咽頭炎【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
慢性咽頭炎の原因|慢性咽頭炎【神経疾患】

慢性咽頭炎患者の声 田中様 60才

私は50歳半ばより声がれ、声が出しにくい、のどの異物感、咳などの症状が現れ、耳鼻科を受診したところ慢性咽頭炎と言われました。
薬物治療を受けましたが、いずれも思うように症状が良くなるにはなりませんでした。
このままの状態で過ごすほかないかと思い、掛かり付け先生に相談しましたところ、中国鍼灸には慢性咽頭の人を診て下さる先生がいらっしゃるから伺ってみたらどうかと言われましたので、紹介状を書いて頂いて受診しました。
早速、鍼灸治療を受け、1ヶ月後は、声がれ、声が出しにくい、のどの異物感、咳などの症状が綺麗に無くなり、御蔭で風邪も引かなくなりました。
本当に中国鍼灸の鍼灸治療を受けてよかったと心から感謝しております。ありがとうございました。 (以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)

慢性咽頭炎の西洋医学的な考え

慢性咽頭炎の原因

慢性咽頭炎の原因は、急性の咽頭炎が繰り返したり、治りきらなかったりすることによって起き、その他、たばこ、飲酒、副鼻腔炎、ほこりなど慢性的に咽頭粘膜を刺激することによって、起こります。
咽頭特殊感染症は、梅毒トレポネーマ、結核菌、ジフテリア菌などの特殊な病原体が原因です。

咽頭炎の分類

  1. 急性咽頭炎
  2. 慢性咽頭炎
  3. 咽頭特殊感染症

慢性咽頭炎の分類

  1. 慢性上咽頭炎
  2. 慢性中咽頭炎
  3.  慢性下咽頭炎

慢性咽頭炎の症状

慢性咽頭炎では咽頭の不快感、異物感などが慢性的にあり、それに伴って咳払いも増えます。

  1. 咽頭の赤い腫れ
  2. のどの異物感
  3. 咽頭痛

慢性咽頭炎の検査

  1. 細菌検査
  2. 内視鏡検査

慢性咽頭炎の診断

慢性咽頭炎の多くの症例では、咽頭は発赤し、症状の経過から、通常の咽頭炎は簡単に診断することができます。

慢性咽頭炎の西洋医学治療

慢性咽頭炎の西洋医学治療は、のうがい薬やトローチなどでのどを清潔に保ち、炎症を抑えます。

慢性咽頭炎の生活注意点

  1. 禁煙、節酒、刺激物を避ける。
  2. 適当な運動

慢性咽頭炎患者の質問

慢性咽頭炎患者UI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
慢性咽頭炎鍼灸治療前(咽頭の赤い炎症 組織が見られ、分泌物が増加)のような感じです。 治療は難しいと思いますが、よろしくお願い致しまします。

当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
 

患者様の返信:
昨日、病院の筋電図検査では、患側の顔面神経が92%回復したという結果でした。 こんなに確実に結果を得る事ができ、感謝の気持ちで一杯です! 治療を急いで受けたいので7月の三連休辺り希望で三日間受けたいと思っています。7月19日は午前10時半、20日は午前10時、午後1時半と予約入れ てあります。すいませんが追加で21日は午前10時、午後1時半と予約入れたいですが取れませんか?

慢性咽頭炎患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
咽頭炎です。昔お灸で症状が出なくなりましたが、10数年前から症状が出る様になり、又お灸して頂きましたが効きませんでした。痕が残らない治療有りますか? 保健が適用される様ですが、治療方と料金を教えて下さい。 宜しくお願いします。

慢性咽頭炎患者 g様

[ 症状、ご相談内容 ] :
慢性咽頭炎で治療をしておりました。 もしよろしけば、詳しい内容を教えていただけないでしょうか? そして、お話を聞いて良かった場合は注文をさせていただきたいと思います。 よろしくお願い致します。

慢性咽頭炎患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
趣味で歌を歌っているいるのですが、昨年9月から喉がガラガラし始め、12月に風を引きました。その時に、無理をして歌を唄っていたら、 その後、喉の調子が増々悪くなり、特に高音が出なくなりました。近くの耳鼻咽喉科で、「慢性咽頭炎」と言われ、トローチ、うがい薬、漢方 薬を処方されました。、吸 引に通っていますが、改善しません。未だに、鼻水が出て、喉がいがらっぽく、違和感が続いています。 治療費はどの程度で、保険適用でしょうか。

慢性咽頭炎患者YS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
鼻の奥に近い喉のあたりが痛く、粘りの強いタンが絡んで気持ち悪い症状が続いています。 色々と耳鼻科で診てもらい薬も処方してもらいましたが、症状は良くなりません。 そのような症状を鍼灸で治療することはできるでしょうか?

慢性咽頭炎患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
喉がかなり弱く慢性咽喉頭炎、それに伴う頭痛、だるさが頻繁です。 抗生物質を飲まないと治りません。 また胃腸の働きも弱く、疲れたり、ストレス、原因がわかりませんがムカムカすることが多く、吐き気もします。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん