蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座

低身長

低身長(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

低身長について

低身長の治療前|低身長の治療結果 治療前 
低身長の治療後|低身長の治療結果 治療後

低身長とは、同人種同性同年齢の身長に比して、標準身長−2SD以下、もしくは2年間の成長速度が−1.5SD以下である状態です。
低身長は相対的で、身長が非常に低い場合を小人症と呼びます。 小人症は、身長が著しい低身長(標準身長-2SD以下)であり、なおかつ本人の希望があり、もしくは重大な疾患を合併しているなど、治療対象となる場合に、初めて小人症といい、小人症は治療が必要な低身長です。
身長が標準のマイナス2SD以下あるいは3パーセンタイル以下、年齢別標準値と比べて、幼児で10cm、学童で15cm以上低い場合、あるいは1年間の身長の伸びが3cm以下で、年々標準との差が開いてくるような場合などは検査したほうがよいです。

低身長に対する当院の取り組み

蘇我庵中国鍼灸院の低身長の治療目的は、低身長患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと低身長の完全な回復までの時間を短縮することです。
低身長の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院は低身長患者の期待に応えるため、30年間、低身長の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の【脳透穴針】治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。
針灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%を占めます。
低身長の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡す。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で身長は確実に伸び、低身長患者の悩みを無くことができました。

低身長 の鍼灸治療法

低身長の 鍼灸治療治療症例と臨床経験

低身長の 鍼灸治療 低身長(身長障害)の原因治療が必要です。低身長(身長障害)患者99名、【脳透穴針】, 足三里、陽陵泉、公孫、陰陵泉、内関、合穀、中脘、気海、髀関、脾兪、腎兪、百会、三陰交。

低身長の 鍼灸臨床経験 :中国医学鍼灸院では、今も多くの低身長患者が通っていらっしゃいます。低身長患者の一人一人の症状に合わせて、蘇我庵中国鍼灸院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、低身長患者の低身長が大幅に改善されます。そして、多くの低身長患者は身長が正常になりました。
低身長の 鍼灸治療症例 

石黒様 男性 千葉在住。
5年前、中学生の時に、身長が標準のマイナス2SD以下でした。
お母さんの紹介で、当院に24回ぐらい通いました。3年後、身長が標準値になりました。先週腰痛で、鍼灸治療に来られた時、もうすでに、身長が174cmの大学生になっていました。

低身長の鍼灸治療のメカリズム

低身長の原因|低身長【小児疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、成長ホルモンの分泌を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させます。
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、被殻、尾状核、小脳や脊髄の神経細胞が活性化されます。
6.成長ホルモンの分泌が増加します。

【低身長治療の実際様子と流れ】
低身長の原因|低身長【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうつ
2.ハリに微弱電流を流します
3.痛みを感じない治療ですので、
寝ってしまうことが多い
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

低身長の原因|低身長【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
低身長の原因|低身長【神経疾患】

低身長患者の母親の体験談 

息子は、小学5年生の時に身長が125センチでした。この身長では小学2年生女子にまでバカにされる始末でした。
息子の身長を伸ばすために毎日注射を打ち続けていましたが、身長が伸びませんでした。
2009年の冬、蘇我庵中国鍼灸院で低身長の鍼灸治療を受けることにしました。
最初1年目、身長の伸びは、年間に5センチ弱でした。
思春期を迎えるまでの 数年しか タイムリミットがありませんので、心配していましたが、2年目から身長の伸びは、年間に7センチ弱でした。
3年目は、身長が160センチになりました。
高校生になってから、6センチ近く身長が伸びました!私と息子が大変喜んでいました。
感謝しております。

低身長の西洋医学治療

低身長の分類と原因

乳児期から背の伸びがわるい場合には、甲状腺機能低下症A染色体異常や先天性心疾患などの病気があります。精神運動発達の遅れや顔つきの異常があるかどうかも重要です。脳下垂体から分泌される成長ホルモンの不足による下垂体性小人症の場合は、3歳ごろから徐々に正常との差が開いてくるのが一般的です。体質性のもの、原発性小人症あるいは家族性小人症、成長がゆっくりで思春期がくるがおそくなりあとから伸びてくる思春期遅発症などもあります。先天性の骨の病気である軟骨異栄養症では、からだに比べて手足が短くなります。

病的でない低身長

病的な低身長

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん

,