蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>消化器疾患>自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

自己免疫性肝炎について

自己免疫性肝炎の原因|自己免疫性肝炎の中国鍼灸治療【消化器疾患】 自己免疫性肝炎とは、既知の肝炎ウイルス感染、薬物などによらず自己免疫の異常が肝障害の原因の肝炎です。
自己免疫性肝炎はその発症、進展に自己免疫反応が関与している肝障害であると考えられます。
自己免疫性肝炎臨床的特徴としては女性に多く、検査所見で高ガンマグロブリン血症、抗核抗体をはじめとする自己抗体の陽性所見が特徴的で、免疫抑制薬特に副腎皮質ステロイドが良好な治療効果を示します。肝生検組織では一般に慢性肝炎像特に活動性を示し、形質細胞浸潤が特徴的とされています。免疫反応であるLE細胞現象が陽性の場合ルポイド肝炎とも呼ばれます。慢性肝疾患の原因としては日本ではウイルス肝炎が最も多く、自己免疫性肝炎の頻度は高くありません。しかし、ウイルス肝炎の少ない欧米では自己免疫性肝炎は慢性肝炎の重要な原因の一つとなっており、地域差が認められます。この原因の一つは人種差であり、日本では組織適合抗原であるHLA−DR4が自己免疫性肝炎と関連しているのに対し、欧米ではこれに加えてHLA−DR3が関連しています。日本国内で自己免疫性肝炎の地域差はないと思われます。自己免疫性肝炎と環境などの関連は不明です。
自己免疫性肝炎と診断される患者さんの80%以上は女性で、男女比は1:7で女性に多い病気です。
自己免疫性肝炎発症年齢は中年女性に多く40歳から50歳台が発症の中心となっています。欧米では10歳から20歳と40歳から50歳台とで多い2峰性を示しており、日本とは異なる分布を示します。この違いも主要組織適合抗原で示される人種差が関係しているものと考えられています。また、最近では60歳以上の高齢者での自己免疫性肝炎発症も報告されています。

  

自己免疫性肝炎に対する当院の取り組み

当院の自己免疫性肝炎治療の目的は、自己免疫性肝炎の回復程度を高めることと自己免疫性肝炎が完治するまでの時間の短縮することです。
難病で、治療法の少ない自己免疫性肝炎患者さんの期待に応えるため、当院が30年間、特に自己免疫性肝炎の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、【腹腔透穴針】を考案しました。応用した結果、良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。
自己免疫性肝炎の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気灸ハリで、最大限の効果を引き出しています。

自己免疫性肝炎の鍼灸治療法

自己免疫性肝炎の鍼灸治療症例と臨床経験

自己免疫性肝炎の鍼灸治療症例 :自己免疫性肝炎患者、【腹腔透穴針】取穴:梁丘、公孫。他に脾経と肝経、胃経、大腸経と腹部のツボ:肝兪、天枢、中脘、中極、関元、大横、足三里、三陰交、手三里、合穀。電気針。耳針:取穴―胃、脾、心、肺、内分泌、神門、餓点。

自己免疫性肝炎の鍼灸治療臨床経験 :当鍼灸院では、多くの自己免疫性肝炎の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの自己免疫性肝炎患者が通っていらっしゃいます。自己免疫性肝炎患者の一人一人の症状に合わせて、当鍼灸院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。蘇我庵中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、自己免疫性肝炎患者の回復と予後は良好で、多くの自己免疫性肝炎患者は普通の生活が可能となりました。
自己免疫性肝炎患者さんの治療症例が少ないですが、自己免疫性肝炎に対して、鍼灸治療の即効性や回復の速さにはよく非常に印象的です。
肝細胞に存在する何らかの自己抗原に対する免疫反応が原因と考えられています。放置しておくと、慢性の経過を辿り、ウイルス性肝炎と同様、肝硬変へと進展するため、早期に診断し、治療することが重要です。

自己免疫性肝炎の鍼灸治療症例

有沢さん、28才、OL、神奈川県在住。2年前、自己免疫性肝炎と診断され、体調不良のため、会社を休職しました。お母さんに連れられ、治らない病気と思っていらっしゃって、心配そうな顔で、当院を尋ねました。20回ぐらい鍼灸治療した後、自己免疫性肝炎の症状が無くなり、血液検査がすべて数値が正常に戻り、神戸にある会社に戻ることができまして、今年結婚もできました。

自己免疫性肝炎の鍼灸治療のメカリズム

自己免疫性肝炎の原因|自己免疫性肝炎【消化器疾患】

当院独自開発した【腹腔透穴針】治療法:腹部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、肝臓の異常免疫を健常化する仕組みです。
1.【腹腔透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腹腔動脈の血流量が増え、肝臓の異常免疫を健常化させます。
4.肝臓の働きを活性化します。

治療の実際様子と流れ

自己免疫性肝炎の原因|自己免疫性肝炎【消化器疾患】

1.当院独自開発した【腹腔透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

自己免疫性肝炎と西洋医学

自己免疫性肝炎の原因

  1. 遺伝的素因:遺伝的素因のある人にウィルスや薬剤による肝障害が起き、それが引き金となって自己肝に対する免疫反応が引き起こされると考えられています。免疫グロブリンの上昇、血清自己抗体が陽性、免疫抑制剤特に副腎皮質ステロイドが著効を示すなどの事実から自己免疫機序が自己免疫性肝炎の発病や進行に関わっていると考えられています。つまり、本来自分の身を守るための免疫が自己免疫性肝炎では肝臓の細胞を攻撃するようになり、結果として肝臓の炎症を起こしているのです。
  2.   
  3. 誘因 :自己免疫性肝炎の明らかな誘因はわかっていません。多くの症例は検診での肝機能検査や、また、不定の全身倦怠感などで病院を受診、血液検査で異常を指摘されることで発見されています。

自己免疫性肝炎の分類

分類 自己抗体
T型 抗核抗体、抗平滑筋抗体、抗肝細胞膜抗体
U型 肝腎マイクロソーム抗体1型
V型 可溶性肝抗原に対する抗体
W型 抗平滑筋抗体のみ陽性

AIHはT型からW型まであり、わが国ではU、VとW型はきわめて稀です。T型では全身性エリテマトーデス(SLE)様の症状とLE細胞現象などの検査成績がみられることがあり、LE細胞現象陽性の症例に限ってルポイド肝炎と呼んでいる。またU型では、高率にHCVマーカー(抗体、RNA)が陽性であり、AIHの発症にHCVが関与している可能性があります。

自己免疫性肝炎の特徴

  1. 慢性の経過をたどり、高γ-グロブリン血症、
  2. 女性の好発すること。
  3. 血清トランスアミナーゼ高値
  4. 血清タンパク分画・・・・γ-グロブリン分画の高値(2g/dl以上)
  5. 血清免疫グロブリン・・・IgGにお増加(2g/dl以上)
  6. 抗核抗体・・・陽性
  7. 抗平滑筋抗体・・・・しばしば陽性
  8. 抗LKM-1抗体・・・・ときに陽性
  9. ウイルスマーカー・・・陰性

自己免疫性肝炎の病態

(自己免疫性肝炎)AIHでは肝細胞膜と反応する抗体が高率に陽性なので抗体依存性細胞障害よる肝細胞障害機序が考えられています。肝障害による血中のGOT、GPTの上昇がみられ、重症の場合は黄疸も認められます。自己免疫反応の結果として血中ガンマグロブリンが上昇、IgGの上昇(2000mg/ml以上)、さらに自己抗体が陽性となります。陽性自己抗体としては抗核抗体が最も多くみられ約90%以上の患者さんはこの抗核抗体が陽性です。しかし、この抗核抗体は自己免疫性肝炎に特徴的に認められるものではなく他の疾患、例えばSLEでも95%が陽性となりますので、この抗核抗体が陽性となったからといって自己免疫性肝炎とは診断できません。他に抗平滑筋抗体も陽性となることがあります。

自己免疫性肝炎の病理

門脈域への単核球の浸潤、piecemeal necrosisなどの慢性活動性肝炎の像を示すが、形質細胞の浸潤を認めることも多く、AIH組織像の特徴とされています。

自己免疫性肝炎の検査

  1. 血中自己抗体(特に抗核抗体,抗平滑筋抗体など)が陽性
  2. 血清γ-グロブリン値またはIgG値の上昇(2g/dl以上)
  3. 持続性または反復性の血清トランスアミナーゼ値の異常
  4. 肝炎ウイルスマーカーは原則として陰性
  5. 組織学的には肝細胞壊死所見およびpiecemeal necrosisを伴う慢性肝炎あるいは肝硬変であり,しばしば著明な形質細胞浸潤を認める.特に急性肝炎像を呈する。

自己免疫性肝炎の診断

  1. 倦怠感
  2.   
  3. 黄疸
  4. 食欲不振、関節痛、発熱など

自己免疫性肝炎初診時には多くの自己免疫性肝炎患者さんが何らかの症状を訴えます。最も多いのは倦怠感で約6割の自己免疫性肝炎患者さんが訴えます。慢性ウイルス肝炎に比し黄疸を訴える自己免疫性肝炎患者さんは35%と高頻度です。自己免疫性肝炎他の症状としては食欲不振、関節痛、発熱などがあります。関節痛、発熱は通常慢性ウイルス肝炎で認められることは少なく、これらの症状とともに肝障害が認められた場合自己免疫性肝炎を考える必要があります。また、甲状腺機能低下関節リウマチなど他の自己免疫性疾患が合併する場合も少なくありません。 一方、こうした症状を全く示さず、血液検査での異常をきっかけに発見される自己免疫性肝炎患者さんも少なからずあります。

自己免疫性肝炎診断基準(1987年、厚生省特定疾患難治性の肝炎調査研究班)

[A]概念:
「女性に好発し、」
「早期に肝硬変への進展傾向を示す慢性活動性肝障害であり、その病因としては自己免疫性機序が想定され、ウイルス、アルコール、薬物などは除外される。」
「治療上、コルチコステロイドなどの免疫抑制薬の有効性が特徴である。」

[B]診断基準:

  1. 主要所見:
    1. 持続性または反復性の血清トランスアミナーゼ活性の上昇。
    2. 血清γ-グロブリン値またはIgG値が2g/ml以上。
    3. 自己抗体の陽性:(A)or(B)
      1. E細胞現象が陽性:自己免疫性肝炎のうちLE細胞減少陽性の場合『ルポイド肝炎』と呼ぶことがある。
      2. 抗核抗体陽性またはLEtest陽性。
    4. IgM anti-HA陰性+HBs抗原陰性+anti-HBc陰性または低力価。
  2. 副所見:
    1. 発熱、関節痛、発疹などのsysytemic manifestationを認める。
    2. 膠原病を含む自己免疫性疾患の合併。SLEが疑われる時は、3.を満たすことと、尿タンパクが陰性であることを確認する。
    3. 検査所見:(A)or(B)
      1. 血沈の亢進(30mm/h以上)
      2. CRPの陽性。
  3. 肝生検にて時に小葉改築傾向を示すこともある
    活動性の慢性肝炎、肝硬変或いは亜小葉性壊死を認める。
    著明な形質細胞の浸潤を認めることが自己免疫性肝炎の特徴である。
  4. 診断:
    (1)のすべての項目+(3)を満足する場合(確診)
    (1)のすべての項目を満足する場合(確定を疑う)。
    (1)のすべての項目を満足し、(2)のうち1項目を認めた場合(極めて疑わしい)

[C]除外規定:
「肝生検所見で以下の疾患と鑑別できる。」

  1. 膠原病に合併するウイルス性慢性肝炎
  2. 薬物性肝炎

自己免疫性肝炎の西洋医学的な治療

自己免疫性肝炎(AIH)は肝細胞障害に自己免疫機序が関与していると考えられる肝炎で、ステロイドなど免疫抑制剤が治療として有効です。自己免疫性肝炎に対しては、他の自己免疫疾患と同様、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤が通常用いられます。欧米では、初期治療から副腎皮質ステロイドとアザチオプリンといった免疫抑制剤を併用しますが、本邦では副腎皮質ステロイドを30mg から40mg/日で開始し、AST、ALT 値の低下とともにゆっくりと漸減していきます。一部の症例では、副腎皮質ステロイドを中止することも可能ですが、減量とともに、肝機能が悪化し (再燃) 、副腎皮質ステロイドの投与を長く続けることが必要な場合もあります。副腎皮質ステロイドの効果が不十分で肝機能のコントロールがつかない場合、あるいは副作用で使用できない場合は、アザチオプリンや6-MPといった免疫抑制剤を使用します。また、劇症肝炎様の経過を辿る重症例では、副腎皮質ステロイドを大量に用いる場合 (パルス療法) もあります。
副腎皮質ステロイドには、消化性潰瘍、糖尿病、骨粗鬆症といった副作用があり、これらの副作用に対しても予防薬投与が必要です。また、投与によりムーンフェイスにもなります。
また、最近ではウルソデオキシコール酸 (ウルソ) を軽症例の自己免疫性肝炎や副腎皮質ステロイド剤を減量、中止するために用いる試みもなされています。

自己免疫性肝炎の予後

自己免疫性肝炎発病は一般に緩徐であり、自覚症状は軽微な場合が多いとされています。しかし、治療を行わないとその進行は早く、肝硬変になります。適切な治療を行えば、肝臓の炎症は良く改善し、進行もみられなくなります。日本での調査では治療をきちんと受けている場合、10年の経過では殆ど進行はないようです。また、死亡率も高くありません。
自己抗体の種類によって、I 型 (抗核抗体または抗平滑筋抗体陽性) と II 型 (肝腎ミクロゾーム1抗体陽性) に分類されますが、日本ではほとんどが I 型自己免疫性肝炎です。
自己免疫性肝炎は、急性肝炎様に発症する場合と慢性の経過を辿る場合がありますが、前者では若年女性に多く、劇症肝炎様の経過を辿り予後不良であることが多く、早急な治療が必要です。慢性の経過を辿る場合は、健康診断等で指摘されることが多く、治療に反応しやすいですが、初診時にすでに肝硬変となっているケースも少なくありません。

自己免疫性肝炎患者の質問

自己免疫性肝炎患者TYさん

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年前、自己免疫性肝炎と診断され、しばらくウルソ酸の投薬治療をしていましたが効果が出ませんでした。次はステロイド投与になると言わ れていたため、ステロイドは副作用から利用したくなく、それ以外の治療法を探していました。針治療の場合、治療の効果、費用、治療期間は どれほどになるのでしょうか。

当院の返事:
最近、一人自己免疫性肝炎患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 症状と血液検査がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  治療費は6500円/1回です。
腰痛・神経痛があれば、保険適用できます。 何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、 一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
こんばんは! 先生に治療して頂き、昨日病院の検査では、数字が正常になり、大変感謝致しております。 ありがとうございます。
先生からの治療でとても希望が持てました。 本当にありがとうございます。 また疲れやすいですので、完治まで暫く頑張っていこうと思います。 お休みがわかり次第来月の予約をさせていただこうと思います。

自己免疫性肝炎患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
長年、肝機能数値(AST ALT)が基準値よりも高く、ずっと脂肪肝だろうと言われていましたが念のため検査を勧められ5月末に自 己免疫性肝炎と言われました。 抗核抗体320倍と陽性で、病院の方からは6月の時点では、2ケ月後の8月までに頑張って体重を減らしてみて血液検査の結果を見てからその後の治療を考えましょうと 言われました。血液検査が終わって結果をみてからの方がよいのでしょうか? 今の私は何をしたらいいのでしょうか? ステロイドの治療の副作用は知人をずっと見ていて本当にこわい思いしかありません。 よろしくお願いします。

自己免疫性肝炎患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
自己免疫肝炎になりずっと薬で治療をしている状態でした。宜しくお願いします。

自己免疫性肝炎患者OL様

[ 症状、ご相談内容 ] :
自己免疫性肝炎の疑いがあると昨日大学病院での言われネットで調べ、こちらにたどり 着きました。よろしくお願いします。 来月1日に再度血液検査をすることになっていて、変わりがない場合は肝臓の組織検査に進むそうです。自覚症状はまったくありません。 AST 81 ALT 135 r-GTP 56 抗核抗体 1280以上が最新の血液検査結果です。次回の血液検査までに何度か針治療 を受けてみたいと思っています。自己免疫性肝炎の診断が確定してはいないのですが、治療を受けることはできますか? もしできるのであれば、電話にて予約をさせていただきたいと思います。

自己免疫性肝炎患者の治療相談

自己免疫性肝炎患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
自己免疫性膵炎の患者です。3年半前に大学病院で診断されました。 当時は膵臓が腫れて炎症がありましたが、今は委縮していると言われています。痛みなどの自覚症状は全くありません。MRIでみると膵管に ところどころ狭窄があります。 IgG4数値 298(高)、リパーゼ 8(低)、膵アミラーゼ 11(低) 以外血液検査は異常なしとのことで、薬なしでずっと経過観察を受けています。 一時IgG4 が156に下がりましたが、去年の冬から少しずつ上がり始め今年の夏には300を超え、不安になっています。 この病気にはステロイドが効くようですが、先生は今の症状ではステロイドの害が大きいとのことで使用されません。 自己免疫性膵炎にも鍼治療は効果ありますか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん