中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>小児疾患>神経性嘔吐症

神経性嘔吐症

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

神経性嘔吐症について(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

神経性嘔吐症の原因|神経性嘔吐症【小児疾患】

神経性嘔吐症とは、はっきりした原因がないのに、吐き気が頻繁に起こしたり、嘔吐が続いたりする状態です。
心因性嘔吐(神経性嘔吐)は、嘔吐の原因となる明らかな異常がなく、心理社会的なストレスが原因で嘔吐するものを示します。不安や緊張を伴う場面で発生することが多いのですが、本人は心理的ストレスを自覚していない場合もあります。また、バスの中で嘔吐してからバスを見るだけで嘔吐するようになるなど、特定の場所や時間に症状が出現する「条件付け」が関係している場合もあります。
神経性嘔吐症の症状は、頻繁に吐き気をもよおしたり、実際に嘔吐(おうと)をくりかえす症状です。小さな子供の場合は、怒ったり泣いたりというささいなことで吐き気や嘔吐をくりかえすこともあります。

神経性嘔吐症に対する当院の取り組み

神経性嘔吐症の原因|神経性嘔吐症【神経疾患】

当院の神経性嘔吐症の治療目的は、神経性嘔吐症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと神経性嘔吐症の完全な回復までの時間を短縮することです。
神経性嘔吐症の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は神経性嘔吐症患者の期待に応えるため、30年間、神経性嘔吐症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
針灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%を占めます。
神経性嘔吐症の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして神経性嘔吐症の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

神経性嘔吐症の鍼灸治療法

神経性嘔吐症の鍼灸治療治療症例と臨床経験

神経性嘔吐症鍼灸治療症例 :神経性嘔吐症87名、取穴【脳透穴針】:風池、太陽、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針。

神経性嘔吐症鍼灸臨床経験 :当院では、多くの神経性嘔吐症の症状を回復させてきました。今も多くの神経性嘔吐症患者が通っていらっしゃいます。神経性嘔吐症患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの神経性嘔吐症患者は症状がまったく出なくなりました。

神経性嘔吐症の鍼灸治療のメカリズム

神経性嘔吐症の原因|神経性嘔吐症【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、嘔吐中枢を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織と機能を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、自律神経を活発化させます
5.脳嘔吐中枢を健常化します。

神経性嘔吐症治療の実際様子と流れ

神経性嘔吐症の原因|神経性嘔吐症【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

神経性嘔吐症の原因|神経性嘔吐症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
神経性嘔吐症の原因|神経性嘔吐症【神経疾患】

神経性嘔吐症と西洋医学

神経性嘔吐症の原因

神経性嘔吐症を招く要因は、精神的なストレスからです。

     

神経性嘔吐症の症状

神経性嘔吐は一般に数日から数ヶ月持続しますが、腹痛や便通異常など他の症状は少なく、体重減少や成長障害が発生すること少ないです。嘔吐には,悪心(気持ち悪い、むかむか)が主で嘔吐をほとんど伴わないもの、繰り返し続けて嘔吐するもの、食後など決まった時に習慣性に嘔吐するものなど様々なタイプがあります。

神経性嘔吐症の検査と診断

神経性嘔吐は診察、血液・尿・便の検査、腹部エコー検査などを行い、嘔吐の原因となる他の疾患がないか確認します。さらに、症状の発現に心理社会的なストレスが関連している場合に診断されます。

神経性嘔吐症の西洋医学治療

症状が激しいときは,薬物療法(鎮吐剤,抗不安薬など)や点滴を行います。

神経性嘔吐症の生活注意点

症状のない時は普通に生活して体験を増やします。学校でのいじめなど背景にある問題が明らかな場合は,周囲の大人が協力して環境を調整します。本人のストレス対処能力を改善するために,心理療法(遊戯療法・箱庭療法・カウンセリング)をおこなうこともあります。「条件付け」が発生している場合は,行動療法(少しずつ慣れて症状が出なくなるようにする脱感作療法など)があります。

神経性嘔吐患者の質問

心因性嘔吐SG様 男性 10代

[ 症状、ご相談内容 ] :
小学3年生の息子についての相談です。
1年生になった頃より、吐きやすい体質になり困っています。特に外食の時や、緊張が高まった時などに嘔吐します。
嘔吐した後はすっきりした様子で元気にします。
学校の給食でも、食後吐いてしまうときがあります。
心因性の嘔吐でしょうか?どう対処すべきですか。

当院の返事:
心因性嘔吐(神経性嘔吐)とは、はっきりした原因がないのに、吐き気が 頻繁に起こしたり、嘔吐が続いたりする状態です。
心因性嘔吐(神経性嘔吐)は、嘔吐の原因となる明らかな異常がなく、 心理社会的なストレスが原因で嘔吐するものを示します。不安や緊張を 伴う場面で発生することが多いのですが、本人は心理的ストレスを 自覚していない場合もあります。お子様の症状は、かなりこの病気とマッチし ていると思われます。
当院の鍼灸治療は心因性嘔吐にはかなり有効です。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
当院開発した特殊な治療法で治った方がたくさんいらっしゃいますので、 心配ないと思います。 

患者様の返信:
25日(月)に心因性嘔吐の治療をしていただきまして、ありがとうございました。
お陰様で嘔吐が2か月以上出ておりません、食事後気持ち悪いのは少し残っておりますが、おかげさまで治療前と比べて楽になりました。引き続き治療をお願 いします。
治療後にすぐに帰ってしまったので、治療後の注意点を聞かずに帰ってしまいました。注意する点があれば、教えていただけますでしょうか。

神経性嘔吐患者X

[ 症状、ご相談内容 ] :
神経性嘔吐症と診断されました。 中学2年、3年と4年程前に一度、 そしてここにきて12月初め.1月7日と嘔吐が止まらず入院しました。全て他に異常はなく点滴をして吐き気ドメ、ウトウト眠られる薬を入 れてもらうのですが吐き気は、二日位、その後は胸がモヤモヤすると泡の様なツバをテッシュにとっては吐き出し、テッシュの箱を4箱も5 箱も使います。症状は5日すると何も収まり普通です。ただここ2ヶ月くらい前から眠らないと言い出しました。姉の結婚、引っ越しもしま した。姉とは仲が良く取られた様な事を言ってます。引っ越しは、前よりは、環境も良く快適とはおもいます。何れにしてもそんな事が、原 因とも本人と話してもわかりません。でも、発症すると酷いので家では見られない様な状況です。このまま起きない事を願いますが心配です 。仕事も、普通に今日から行きました。

神経性嘔吐患者C

[ 症状、ご相談内容 ] :
神経性嘔吐症と診断されました。 中学2年、3年と4年程前に一度、 そしてここにきて12月初め.1月7日と嘔吐が止まらず入院しました。全て他に異常はなく点滴をして吐き気ドメ、ウトウト眠られる薬を入 れてもらうのですが吐き気は、二日位、その後は胸がモヤモヤすると泡の様なツバをテッシュにとっては吐き出し、テッシュの箱を4箱も5 箱も使います。症状は5日すると何も収まり普通です。ただここ2ヶ月くらい前から眠らないと言い出しました。姉の結婚、引っ越しもしま した。姉とは仲が良く取られた様な事を言ってます。引っ越しは、前よりは、環境も良く快適とはおもいます。何れにしてもそんな事が、原 因とも本人と話してもわかりません。でも、発症すると酷いので家では見られない様な状況です。このまま起きない事を願いますが心配です 。仕事も、普通に今日から行きました。

神経性嘔吐患者Z

[ 症状、ご相談内容 ] :
ストレスを感じるとすぐに吐き気がしてしまいます。 中学三年生の時にひどい吐き気の発作を経験し吐き気が怖くて仕方ありません。精神安定剤や吐き気止めも効果なく… 嘔吐中枢を切除したいくらい切羽詰まってます。自殺願望もありすごい苦しいです。 先生の治療が受けたいのですが吐き気からの恐怖で外に出られません。助けてください。嘔吐中枢を健常にしてください。

心因性嘔吐YG様 男性 

[ 症状、ご相談内容 ] :
首の締め付け、違和感、異物感による吐き気や嘔吐があります。(18歳〜) 最初はスーツ等がだめでしたが、今はTシャツでも吐き気があり、たまに嘔吐もします。 車や電車など公共の場所で吐いたらダメだという緊張感が強くなり吐き気も強くなります。 普段は食事後、運動での息切れ、友達と出かけるなどで吐き気は必ず、嘔吐はたまにあります。 働いている時はトイレで吐いたりしてました。
治る可能性はありますでしょうか。

神経性嘔吐患者T

[ 症状、ご相談内容 ] :
神経性嘔吐(緊張する場面でなくても過度に反応してしまいすぐえづいてしまう) これらの症状は完治するのでしょうか?

神経性嘔吐X患者

[ 症状、ご相談内容 ] :
面接やプレゼンテーション等、緊張する場面で必ず強い吐き気を感じる状態が30代より続いています。 普通の生活では特に問題なく、うつ病等ではなく、神経科等の通院歴もありません。神経性嘔吐症だと思います。

神経性嘔吐患者TS

[ 症状、ご相談内容 ] :
四年前から原因不明の嘔吐が頻繁に起こるようになり、病院でいろいろな検査を受けましたが、悪いところが見つからず、心因性嘔吐と診断さ れました。現在も治療中です。安定剤や眠剤、漢方の半夏厚朴湯を服用しています。現在も嘔吐の症状が頻繁にみられます。吐いてしまうと 食事も出来ないので、病院に入院して、点滴をしてもらっています。 そちらで治療する場合、どのくらいの頻度で通うことになるのでしょうか?

神経性嘔吐S様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
吐き気して、気持ち悪いです。朝と夜特に、食事後も吐き気します。疲れあるんですが、ストレスもあります。一応病気通っています 。薬飲んでいます。大丈夫、時間かかる言われました。鍼で治るんですか?時間かかります?

神経性嘔吐GL様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
嘔吐に悩んでおります。症状は以下の通りです。嘔吐→不安緊張 食後週2程 夢を毎日見続ける→起床時疲労 やる気→無気力 眠気→頭が徹夜状態 めまい→首を振るだけでも気持ち悪くなる特に、嘔吐については、 食後を中心に週に2〜5回嘔吐しております。 (食後すぐが多い)1月に埼玉医科大学病院に10日検査入院をしましたが、 内科的な異常は特に見られず、 原因不明とのことでした。あらゆる角度から治そうと試みましたが、 どれも効果はありませんでした。ホームページを拝見して、 恐らくここでダメだったらもう治らないと 最後の頼みとなると思いましたので、 メールしました。私の状況は御医院で治る可能性はありますでしょうか?

心因性嘔吐L様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
幼少期から常に吐き気があり現在では日常生活もままならない状態です。 内科的に問題はなく心因性のものと思われます。  治療は可能でしょうか。
 

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん