中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>交通事故(後遺症)>反射性交感神経性萎縮症(RSD)

反射性交感神経性萎縮症

反射性交感神経性萎縮症(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

反射性交感神経性萎縮症について

反射性交感神経性萎縮症の原因|反射性交感神経性萎縮症の中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

反射性交感神経性萎縮症とは、骨折や打撲などの外傷後に起こるはっきりした神経損傷のない四肢における持続的な痛みです。
反射性交感神経性萎縮症は四肢に激しい痛み、触覚や痛覚に対する異常な過敏、色調変化、振戦(手や足のふるえ)などの運動障害、および皮膚や骨の栄養障害をきたす病態です。
末梢神経損傷後に知覚神経支配領域に起こる強い疼痛を主症状とし、血管運動障害や皮膚の栄養障害などの自律神経症状を伴う症候群はカウザルギーと呼ばれます。反射性交感神経性ジストロフィ(複雑性局所疼痛症候群、タイプ1)とカウザルギー(複雑性局所疼痛症候群、タイプ2)は、慢性的な痛みが続く症候群です。これらは焼けるような痛みが持続し、かつ痛みと同じ部位に何らかの異常所見を伴うものと定義されています。この異常所見には、発汗の増加または減少、浮腫、皮膚の色の変化、皮膚、髪、爪、筋肉、骨の損傷(筋肉の萎縮や骨量の減少を含む)などがあります。どちらの症候群も、けがをした後に起こるのが典型的です。反射性交感神経性ジストロフィは、神経以外の組織が損傷した結果として起こります。カウザルギーは神経組織の損傷が原因で起こります。
反射性交感神経性ジストロフィやカウザルギーのいくつかのタイプは、交感神経系の活動が亢進すると悪化します。交感神経はストレス状態や緊急事態、つまり攻撃・逃避行動に対し体を活動準備状態にします。

反射性交感神経性萎縮症に対する当院の取り組み

反射性交感神経性萎縮症の原因|反射性交感神経性萎縮症【神経疾患】

当鍼灸院の反射性交感神経性萎縮症の治療目的は、反射性交感神経性萎縮症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと反射性交感神経性萎縮症の完全な回復までの時間を短縮することです。
反射性交感神経性萎縮症の治療は、西洋医学以外に東洋医学の針灸治療があります。当院長は反射性交感神経性萎縮症患者の期待に応えるため、25年間、反射性交感神経性萎縮症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
当鍼灸院の治療方法は反射性交感神経性萎縮症の原因に応じて、多岐に渡って行います。当鍼灸(針灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして反射性交感神経性萎縮症の治癒で、反射性交感神経性萎縮症患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

反射性交感神経性萎縮症の鍼灸治療法

反射性交感神経性萎縮症の鍼灸治療症例と臨床経験

反射性交感神経性萎縮症の鍼灸治療症例:反射性交感神経性萎縮症患者171名。【脳透穴針】取穴:阿是、風池、風府、大椎、肩髃(けんぐ)、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池。電気針、20分間後、吸い玉20分間。
「腰部捻挫」の場合、取穴:両側の腰眼、大腸兪、腎兪、委中、崑崙。坐骨神経痛の場合は環跳、承扶、陽陵泉を追加。電気針、20分間後、吸い玉20分間。

反射性交感神経性萎縮症の鍼灸臨床経験:当鍼灸院では、多くの反射性交感神経性萎縮症患者の症状を回復させてきました。今も多くの反射性交感神経性萎縮症患者が通っていらっしゃいます。反射性交感神経性萎縮症患者の一人一人の症状に合わせて、当鍼灸院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、反射性交感神経性萎縮症患者の回復と予後はかなり良好です。多くの反射性交感神経性萎縮症患者は普通の生活に戻ることが可能になりました。

反射性交感神経性萎縮症の鍼灸治療のメカリズム

複合性局所疼痛症候群の原因|複合性局所疼痛症候群【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳組織を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した自律神経組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、自律神経の働きを活発化させます。
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、自律神経の神経細胞が活性化されます。

反射性交感神経性萎縮症治療の実際様子と流れ

複合性局所疼痛症候群の原因|複合性局所疼痛症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

複合性局所疼痛症候群の原因|複合性局所疼痛症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
複合性局所疼痛症候群の原因|複合性局所疼痛症候群【神経疾患】

反射性交感神経性萎縮症の原因

反射性交感神経性萎縮症になる発症の仕組みはいくつか提唱されていますが、解明されていません。治療効果にむらがあることから、発症の仕組みは単一ではないと考えられています。末梢(まっしょう)神経や軟部組織の損傷後の特徴的な痛みと、皮膚・骨軟部組織の変化があり、しばしば病態に自律神経(交感神経)が関与します。

反射性交感神経性萎縮症の症状

  1. 交感神経の機能異常
  2. 腫脹
  3. 運動障害
  4. 組織成長の変化(異栄養症と萎縮)
 

反射性交感神経性萎縮症の検査と診断

反射性交感神経性萎縮症の診断は、罹患部位に、誘因に対して不釣合いな痛みを伴う外傷の履歴に、以下に記された項目の一つ以上が加わる:

  1. 交感神経の機能異常
  2. 腫脹
  3. 運動障害
  4. 組織成長の変化(異栄養症と萎縮)

反射性交感神経性萎縮症の西洋医学治療

反射性交感神経性萎縮症の西洋医学治療は神経ブロック、光線療法、薬物療法、リハビリテーションがあります。

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん

<