中国鍼灸院 東京・銀座

腱鞘炎

腱鞘炎の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

腱鞘炎について

手根管症候群の原因|手根管症候群【神経疾患】

腱鞘炎とは、腱と腱鞘の間に起きた炎症です。
腱鞘とは、腱を包んでいる鞘のことで、中に滑液と言う油の様なものがあり、腱を滑り易くしています。腱は要所要所のポイントで、この腱鞘を通り抜け、抵抗なく効率よく滑走し、指の屈伸が行なわれます。腱鞘炎とは、何らかの原因で腱鞘が炎症を起こし、腱が腱鞘内をスムーズに通過出来なくなった状態を言います。腱鞘炎の症状は痛みと腫(は)れ、だるさ、動きにくさなどで、手の指や手首、ひじに起こりやすいが、足首や膝に症状が出ることもあり、入力作業者や楽器の演奏家などによく起きます。
手を動かす力源は筋肉の収縮で、それにつながる腱は最終的には骨に付着して力が伝わる仕組みになっています。腱の部分は、細くて引っ張る力に対して大変丈夫な組織で、腱鞘とよばれるトンネルの中を滑走しています。手を使うとは、この滑走が何度もおこるということで、使いすぎるとトンネルが腫れてすべりが悪くなります。それによる痛みの程度は軽い違和感から激痛のため持った物を取り落としたり、痛みのために眠れないほどまで様々です。

腱鞘炎に対する当院の取り組み

当院の腱鞘炎の治療目的は、腱鞘炎患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと腱鞘炎の完全な回復までの時間を短縮することです。
腱鞘炎の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当院は腱鞘炎患者さんの期待に応えるため、25年間、腱鞘炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の95%は経過がよいと考えられます。
腱鞘炎の場所が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、多くの腱鞘炎患者さんの痛みが消失しました。腱鞘炎患者さんの生活の質を高めるのに役に立っています。

腱鞘炎分類

  1. 前腕の腱鞘炎:親指を伸ばす働きをする長母指伸筋腱に生じる腱鞘炎です。
  2. 母指腱鞘炎:親指側(橈側)の親指を伸ばした時に生じる嗅ぎタバコ三角(タバ チュール)の親指側の短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が通過する溝に起こる腱鞘炎です。
  3. アキレス腱腱鞘炎
  4. 手根管部:腱鞘炎、手首の掌側で橈骨手根屈筋と長掌筋が屈筋支帯の下を手根管という トンネルの中を通過します。この二つの腱の下に正中神経が通って います。この部位に炎症が起こる腱鞘炎です。
  5. 母指屈筋腱:(ばね指
  6. 2指〜5指屈筋腱:(ばね指))ゴルファーは左側に多いです。
  7. 足の腱鞘炎
  8. ドゥケルバン腱鞘炎:伸筋腱の代表的な腱鞘炎。

腱鞘炎の原因

関節の使いすぎや加齢、関節リウマチなどが原因です。

腱鞘炎の症状

  1. 痛み:親指に痛み。手首の親指側の痛みで、親指を小指側に曲げると痛みが強くなります。手関節橈側(親指側)の痛みが出現します。
  2. 痺れ:親指にしびれ。
  3. 機能障害:親指が動かない。
  4. 腫れ:親指がむくむ。

腱鞘炎の検査と診断

腱鞘炎の検査は、限局した圧痛、腫脹また腫瘤が触れることがあります。誘発試験としてフィンケルスタイン(Finkelstein)テストがあります。前記の症状で診断は確実です。

腱鞘炎の西洋医学治療

腱鞘炎の西洋医学治療は、鎮痛消炎剤、湿布剤などの処方を行います。それでも効果がない場合、腱鞘内に局所麻酔剤とステロイド剤と注射をします。

腱鞘炎の解消法

腕部だけでなく、肘部、肩部の柔軟性を高めることが必要です。

  1. 腱鞘炎を起こす人は、腕部局所だけでなく肩背部から腕まで全体 の筋肉の運動性が狭くなっている方が多いので、肩背部や肩部、肘 部の運動をして腕部の筋肉を遠隔的に運動するようにしましょう。
  2. 腱鞘炎の炎症が強く痛みが激しい場合は、アイシングで患部を冷やします。
  3. 腱鞘炎を起こした場合、患部の安静を図るとともに遠隔的に運動をして柔軟性を高めることが必要です。

また、普段からの腱鞘炎の一番の予防法は、正しい姿勢で両脚を対称にまっすぐ歩くよう心がけることです。

腱鞘炎の鍼灸治療法

腱鞘炎の鍼灸治療症例と臨床経験

腱鞘炎の鍼灸治療症例:腱鞘炎患者110名、取穴:阿是穴、合穀、手三里、外関。

腱鞘炎の鍼灸臨床経験:中国鍼灸院では、多くの腱鞘炎の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの腱鞘炎患者が通っていらっしゃいます。腱鞘炎患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、腱鞘炎患者の回復と予後は良好で、多くの腱鞘炎患者は普通の生活が可能となりました。
腱鞘炎鍼灸治療によって、かなり効果がありますので、鍼灸による保存治療が優先すべきでしょう。

腱鞘炎の鍼灸治療のメカリズム

腱鞘炎の原因|腱鞘炎【小児疾患】

当院独自開発した【手透穴針】治療法:指にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ腱鞘の組織を修復する仕組みです。
1.【手透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腱鞘への血液、リンパの流れる量が増え、損傷した腱鞘組織を修復します。
4.腱鞘の局部免疫細胞の量を増やし、炎症や老廃物を吸収させます。

治療の実際様子と流れ

腱鞘炎の原因|腱鞘炎【神経疾患】

1.当院独自開発した【手透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に
生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

腱鞘炎の原因|腱鞘炎【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』

腱鞘炎患者の質問

腱鞘炎患者LO様

腱鞘炎の原因|腱鞘炎【眼科疾患】 4か月ほど前に、木の枝の剪定作業を2週間位断続的に続けていた時に腱鞘炎を発症してしまいました。整形外科に行っても湿布薬の処方 のみでした。ここ1年ぐらい接骨院で、電気、お灸などの治療を受けています。状態的には昨年の今頃からみるとかなり改善されていると思 います。手首全体に痛みや違和感を覚えていたのですが、今は親指の付け根と手のひらの親指部分になってきました。ちなみに、両手です。 エコーで見ると右手の鍵の方が傷ついていました。仕事は学校用務です。サポーターをしながら無理のない範囲で仕事をしている状態です。

当院の返事:
腱鞘炎患者の多くは、当院で暫く鍼灸治療を受け、 かなり良くなりました。
間隔、何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察して みないと分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
腱鞘炎の治療でお世話になっております。
最近、手首全体に痛みはかなり無くなりましたので、嬉しくて御報告申し上げます。
これは康先生のおかげと大変感謝しております。 完治まで今しばらく、お世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

腱鞘炎の原因|腱鞘炎【神経疾患】

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん