中国鍼灸 東京・銀座

白内障

白内障の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

白内障について

白内障の治療前|白内障の治療結果 白内障治療前:
白内障の治療|白内障の治療結果 白内障治療後:

白内障とは目の水晶体が灰白色や茶褐色に濁り、物が翳んだり、ぼやけて見えたりする状態です。
白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。 最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。
白内障は水晶体を構成する蛋白質であるクリスタリンが会合することで変性し、黄白色または白色に濁ることにより発症しますが、根本的な原因は解明されておらず、水晶体の細胞同士の接着力が弱まったり、水分の通りが悪くなったりして起こるのではないかといわれています。
白内障の発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加します。また、80歳以上の高齢者はほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしています。
進行の速さには個人差があり、目が見えづらくなるといった症状に至るとは限らないです。

白内障に対する当院の取り組み

中国医学鍼灸院の白内障の治療目的は、白内障の回復程度を高めることと白内障が完治するまでの時間の短縮することです。
手術できない白内障患者の期待に応えるため、当院が30年間、白内障の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。
治癒した例、改善した例を合わせると患者の75%は経過がよいと考えられます。
白内障の原因が多様なため、当針灸(鍼灸)院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。針灸(鍼灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。白内障の視力回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

白内障の原因

  1. 加齢による白内障
  2. 硝子体手術後、SF6等ガス挿入後、有水晶体眼内レンズ挿入眼による白内障
  3. 先天による白内障
  4.   
  5. 代謝による白内障:糖尿病、ガラクトース血症
  6.   
  7. 胎内感染による白内障:風疹、トキソプラズマ、サイトメガロウイルス
  8.   
  9. 外傷性、電撃外傷による白内障
  10.   
  11. 薬物による白内障:ステロイド、クロルプロマジン、塩酸ピロカルピン
  12. アトピー性皮膚炎の合併症による白内障
  13.   
  14. 有害光線(紫外線や赤外線)による白内障
  15.   
  16. 放射線による白内障
  17.   
  18. 眼内炎や ぶどう膜炎などの炎症、 網膜剥離など目の病気の合併症による白内障
  19.   
  20. 全身性疾患による白内障:ダウン症候群、Alport症候群、Werner症候群、筋緊張性ジストロフィー

白内障のメカニズム

白内障はカメラのレンズに相当する、本来透明なはずの水晶体という組織に濁りが生じて、網膜に鮮明な像が描けなくなるのです。水晶体を構成する蛋白質であるクリスタリンが会合することで変性し、濁りの範囲は少しずつ拡大し、濁りの濃さも進んで、それとともに徐々に見づらさがひどくなっていきます。

白内障の症状

白内障の症状は白内障発生の原因によって、症状の現われ方と進行の速度に違います。ある程度まで白濁が進むと水晶体の中で散乱する光によって視界が白く染まってしまいますが、そこに至る過程では視界に霧がかかったようになります。

  1. まぶしい、目がかすむ
  2. 近視が進む、明るい所で見えにくい
  3. 視力の低下

白内障の検査

  1. 眼底検査
  2. 視野検査
  3. 画像解析検査

白内障の診断

白内障は自覚症状、眼底検査、視野検査等で診断されます。

白内障の西洋医学的治療

  1. 点眼薬
  2. 外科手術
  3. 内服薬

白内障の生活注意点

  1. バランスのよい食事を心掛ける
  2. 強い紫外線、放射線、赤外線の曝露を避ける
  3. 糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ
 

白内障鍼灸の治療法

白内障の鍼灸治療症例と臨床経験

白内障の鍼灸治療症例 :白内障患者230名。取穴:行間、眼底穴、球後、太陽、晴明、翳風、三陰交、足三里。針体から微電流を流し続けます。
眼底穴と球後穴、中国では、目の病気の治療によく使われますが、他のツボより痛みが出やすいため、当院ではこのツボを使う場合、患者さんに説明し、同意してもらった上のみ、治療を行います。

白内障の鍼灸臨床経験 :当鍼灸(針灸)院では、多くの白内障患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの白内障患者が通っていらっしゃいます。白内障患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、白内障患者の生活の質と予後は比較的良好です。大多数の白内障の患者は社会復帰が可能になりました。

白内障患者の質問

白内障QW様

[ 症状、ご相談内容 ] :
始めまして。
光がまぶしく物がみえにくくなっております。たぶん白内障と思われますが、鍼治療でなおしたいと思っていま す。一般的には手術でレンズを入れるようですが鍼治療だとだいぶ時間がかかるのでしょうか?宜しくお願いいたします。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は白内障には、かなり 有効です。当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  早い方は5-6回です。
何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみない と分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
ご丁寧に治療していただき、ありがとうございます。
速攻性はなく治療後少しずつ成果ででてくるものだと思っていましたが、 鍼灸治療6回目から、光のまぶしさが無くなり、物がみえ易くなりました。
8月に近所の眼科で検査して頂き、白内障は吸収され、白内障手術は必要がないと言われました。
大変感謝しております。
再発防止のため、先生の治療を続けたいと思っています。 暫くお願い致します。

白内障GT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
白内障との診断でした。まだ軽度で手術する段階ではないとのことで目薬をもら いました。鍼灸の治療をして頂きたいと思いますが、シンガポールに住んでいて、すぐには通院できません。 7月17日(金)〜19日(日)に日本に行こうかと思いますが、治療して頂けますか?

白内障T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右目白内障です。 5年前くらいから自覚してましたが片目ということもあり手術に躊躇しています。 ご相談に乗っていただければ幸いです。

視神経疾患と針灸治療

加齢白内障 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 緑内障 糖尿病網膜症 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん