中国鍼灸 東京・銀座

慢性鼻炎

慢性鼻炎と中国鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

慢性鼻炎について

嗅覚障害の原因|嗅覚障害の中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

慢性鼻炎とは鼻の粘膜が長期にわたって、炎症を起こして腫れた状態で、鼻水や鼻づまりといった症状が特徴の病気です。
鼻は上気道の中で最も感染を起こしやすい部位です。鼻炎には、短期間に推移する急性鼻炎と、長期にわたる慢性鼻炎があります。急性鼻炎の原因としてはウイルスの感染が一般的ですが、アレルギーやその他の原因によって起こることもあります。慢性鼻炎は概して慢性慢性鼻炎を伴います。
慢性鼻炎は、副鼻腔に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こり、鼻づまりや鼻水、頭痛、歯の痛みなど、さまざまな症状が起こります。慢性鼻炎とは別な鼻の病気です。
慢性鼻炎はアレルギー性の鼻炎や、慢性鼻炎(ふくびくうえん)を伴うものは含みません。血管収縮薬に反応して鼻づまりがとれれば、慢性単純性鼻炎です。血管収縮薬を噴霧しても鼻の粘膜のはれがとれない場合は、慢性肥厚性鼻炎(まんせいひこうせいびえん)と呼びます。

慢性鼻炎に対する当院の取り組み

当鍼灸院の慢性鼻炎の治療目的は、慢性鼻炎患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと慢性鼻炎の完全な回復までの時間を短縮することです。
慢性鼻炎の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当針灸(鍼灸)院は慢性鼻炎患者の期待に応えるため、25年間、慢性鼻炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針灸治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。
慢性鼻炎の原因が多様なため、当鍼灸(針灸)院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当鍼灸(針灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
最も興味のあるところは、針灸治療で、多くの蓄膿症患者は、風邪もあまり引かなくなりました。鍼灸治療は、全身の免疫機能を改善することも分かりました。

慢性鼻炎の鍼灸治療症例と臨床経験

慢性鼻炎の鍼灸治療症例と臨床経験

慢性鼻炎の鍼灸治療症例 慢性鼻炎の方32名、【鼻透穴針】:主穴:頭維;配穴:迎香、上星、風府、風池、大椎

慢性鼻炎の鍼灸臨床経験 :中国鍼灸では、今も多くの慢性鼻炎の方が通っていらっしゃいます。慢性鼻炎の方の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、慢性鼻炎の方の生活の質と予後は比較的良好です。ほとんどの慢性鼻炎の方は完治になりました。
鍼灸治療では、慢性鼻炎(蓄膿症)には消炎効果がありますし、鎮痛効果もかなりあります。2-3回鍼灸治療を受けた後、多くの患者の痛みが緩和します。

慢性鼻炎の鍼灸治療のメカリズム

慢性鼻炎の原因|慢性鼻炎【神経疾患】

当院独自開発した【鼻透穴針】治療法:鼻部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、副鼻腔の粘膜を健常化する仕組みです。
1.【鼻透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.顔面動脈の血流量が増え、鼻への血流供給が増え、損傷した鼻組織を修復します。
4.鼻部の免疫向上によって副鼻腔の炎症組織を修復させます。
5.充血、腫れた鼻粘膜血管を収縮させ、通気性を高め、分泌物を出しやすくさせます。

慢性鼻炎 治療の実際様子と流れ

慢性鼻炎の原因|慢性鼻炎【神経疾患】

1.当院独自開発した【鼻透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

慢性鼻炎の原因|慢性鼻炎【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
慢性鼻炎の原因|慢性鼻炎【神経疾患】

慢性鼻炎と西洋医学

慢性鼻炎の原因

  1. 感染:ウイルス、細菌による急性鼻炎を繰り返した場合
  2. 鼻中隔弯曲症:弯曲によって広くなった鼻腔側の粘膜がはれて慢性肥厚性鼻炎が起こる。
  3. 化学物質や物理的な刺激:降圧剤や末梢血管収縮薬の副作用でも起こる。

慢性鼻炎の分類

  1. 萎縮性鼻炎:
    萎縮性鼻炎(いしゅくせいびえん)は慢性鼻炎の1種で、鼻の粘膜が薄く硬くなり、鼻腔が広がって乾燥が進みます。鼻の粘膜には通常は、ほこりなどの粒子を取り除く毛様の突起(線毛)をもち粘液を分泌する細胞がありますが、萎縮性鼻炎になるとこれらの細胞が失われ、皮膚にみられるような細胞に置き換わってしまいます。萎縮性鼻炎は、副鼻腔の手術で鼻の内部や粘膜のかなりの部分を切除した人に発生することがあります。鼻の粘膜に長期にわたる細菌感染があった場合も発症しやすくなります。
  2. 血管運動神経性鼻炎:
    血管運動神経性鼻炎は慢性鼻炎の1種です。アレルギーがあるようにはみえないのに、鼻づまり、くしゃみ、鼻水など一般的なアレルギー症状が発生します。ほこりや花粉などによる刺激や香水の強い香り、大気汚染などに強い反応を示す人もいます。症状は現れたり消えたりしますが、空気が乾燥すると悪化します。粘膜が腫れ、その色は赤から紫までさまざまです。
  3. 肥厚性鼻炎:
    肥厚性鼻炎は慢性鼻炎の1種で、鼻の中の粘膜が腫れて、鼻の空気の通り道が狭くなった状態です。肥厚性鼻炎は特に鼻の一番下にある下鼻甲介というヒダが腫れます。肥厚性鼻炎の原因として、ダニなどの通年性アレルギーによるもの、点鼻薬の乱用によるものなどがあります。
  

慢性鼻炎の症状

慢性鼻炎の症状は鼻づまりと鼻漏(びろう)が主な症状です。
鼻づまりは、単純性鼻炎の場合は片側のみあるいは左右交代に起こりますが、肥厚性鼻炎の場合は常に両側の鼻づまりが起こります。
鼻漏は粘性が多く、鼻がかみきれない場合もあります。また、鼻漏がのどに落ちる、すなわち後鼻漏(こうびろう)もよく起こります。

慢性鼻炎の検査

  1. 細菌検査
    鼻の穴の中から上顎洞(じょうがくどう)に針を刺して分泌物を取り出したり、鼻の穴の中やのどの奥の分泌物を細長い綿棒や吸引装置を使って取り出して、その中に含まれる細菌を調べます。
  2. 鼻鏡検査・内視鏡検査
    鼻鏡や内視鏡などの道具を使って、粘膜の腫れの程度、鼻水の量や性状、鼻ポリープの有無などを調べることがあります。
  3. 画像検査
    レントゲン検査によって、炎症が起きている場所や範囲、程度などをみることができます。さらに詳しい情報を得るために、他の画像検査(CT検査やMRI検査)を行うこともあります。

慢性鼻炎の診断

慢性鼻炎の診断は鼻鏡所見によります。しかし、鼻炎は他の疾患を合併していることが多いため、さらに区別するためのいろいろな検査が重要です。
まず、副鼻腔単純X線検査、あるいはCT検査により副鼻腔病変があるかどうかをみます。また、アレルギー検査(皮内テストや血液検査によるアレルギーテスト、鼻汁好酸球検査など)によりアレルギー性鼻炎か否かを調べます。これらの病変がない場合は慢性鼻炎と考えます。  まぎらわしい病気に血管運動性鼻炎があります。これは慢性鼻炎と同様に、副鼻腔病変もなく、またアレルギー検査もすべて陰性ですが、化学製品、疲労、気温の変化、湿度などによりくしゃみや鼻づまり、鼻漏が生じる病気で、鼻の粘膜の血管運動神経の異常な反応により生じると考えられています。

慢性鼻炎の西洋医学治療

慢性鼻炎の西洋医学治療は血管収縮薬の点鼻が有効ですが、長期に連用すると薬物性鼻炎になる危険性があるため、1日の使用回数を限って短期間点鼻します。薬物性鼻炎になると、血管収縮薬を点鼻しても鼻づまりがあまり治らなかったり、鼻づまりがとれている時間が徐々に短くなります。  症状がひどい場合は、手術を行います。とくに、鼻中隔弯曲症を合併している場合は、鼻中隔矯正術と下鼻甲介切除術を組み合わせた手術が有効です。また、下鼻甲介粘膜を電気やレーザーで焼灼(しょうしゃく)(焼いて取り除くこと)したり、アルゴンプラズマで凝固したり、切除したりして、肥厚している粘膜を減らすことで鼻づまりをとります。

慢性鼻炎の生活注意点

  1. 長引く鼻水や鼻づまりに注意
  2. 鼻のかみ方に注意

慢性鼻炎患者の質問

慢性鼻炎患者TS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
両方の鼻詰まりがあり、特に右の鼻が詰まる。 症状は2年程前からあり、一度耳鼻科にかかったことがあり、その後は治療していない。 頭痛はないが、肩こり等感じる。 匂いはあまりないが時々感じる時がある。 以上、よろしくお願いいたします。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は嗅覚障害にはかなり有効です。

患者様の返信:
先週のハリ治療で慢性鼻炎はよくなって症状が落ち着いてしまっています。来週またよろしくお願いします。

慢性鼻炎患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
大学生時分、大きな交通事故に遭い 多くの後遺症もありましたが、酷い慢性鼻炎も煩いました。 時期に回復を遅らせたのは、この鼻炎(鼻呼吸の障害)だ と認識し、 ヨガを中心に回復に全力で努めました。 そこで、この夏場にやっと鼻が通ってきて幸せに 生きられる様になりました。

慢性鼻炎患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
慢性鼻炎で手術を勧められたのですが できれば自宅治療やお灸で治したいと思っています。 札幌近辺で良い治療院があれば 教えていただきませんか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん