中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>眼科系疾患>外転神経麻痺

外転神経麻痺

外転神経麻痺 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

外転神経麻痺について

外転神経麻痺の治療前|外転神経麻痺の治療結果 治療前
外転神経麻痺の治療|外転神経麻痺の治療結果治療後

外転神経麻痺とは外転神経が何らかの原因で、機能ができなくなる状態です。外転神経が麻痺すると、眼球は外転ができなくなり、正常よりも内側向くようになります。すると両眼の視線が見たい物の場所で交わらなくなり、複視(物が二つに見えること)が現れます。外転神経麻痺は脳底の動脈瘤、腫瘍、髄膜血管梅毒、糖尿病、外傷などで起こり、眼筋麻痺の中でもっとも頻度が高いです。髄膜炎などで頭蓋内圧が亢進したときも、外転神経が圧迫されて麻痺することがあります。外転神経麻痺に顔面神経麻痺が合併した場合、顔面神経丘の近くに傷害があり、外転神経核と顔面神経の両方が傷ついたらしいとわかります。
外転神経核は菱形窩の中ほど、つまり橋の後面にある顔面神経丘の中に入っています。顔面神経丘は外転神経核による隆起、顔面神経丘を取り巻いている場所なのでこの名があります。ここから出た外転神経の線維は橋を貫いて前方に向かい、橋と延髄の境目から出ます。外転神経は海綿静脈洞を通って上眼窩裂から眼窩に出て、外側直筋に入ります。外転神経は外側直筋を収縮させ、眼球を外側に向かって水平に動かします(これを眼球の外転という)。眼球の運動に関わる神経は、ほかに動眼神経、滑車神経があります。
正常な視機能の成立には、脳の判断に沿って眼球を的確に動かすことが必要です。例えば、両眼を連動させ常に同じ視野をとらえていなければ、物が二つに見えてしまいますし、正確な立体感も得ることが出来ません。これらは脳が出す指令が「眼球運動神経」を介して眼球周辺の筋肉に伝わることで可能になります。眼球運動神経には、眼を下に向ける「滑車神経」、眼を外側(耳側)に向ける「外転神経」、眼を上や下、内側(鼻側)に向けたり、まぶたを開けたり、瞳孔の大きさや水晶体の厚さを加減する「動眼神経」の三つがあります。これらの神経に障害が起きると、複視の症状が現れることになります。
転神経麻痺原因には、頭部外傷、腫瘍、糖尿病、多発性硬化症、髄膜炎、神経に血液を供給する動脈の閉塞、頭蓋内圧の上昇があります。侵された眼は外側へ十分に動かず、患者が真っすぐ前を見たときに内側へ動きます。麻痺した側の眼の方向を見ようとすると、複視が起きます。
通常は第6脳神経の麻痺を突き止めるのは容易ですが、原因は明らかではありません。腫瘍を除外するために、CT検査やMRI検査が行われます。脊椎穿刺では、頭蓋内圧が上昇していないか、腫瘍や感染症が起こす腫れのために神経が圧迫されていなかどうかが診断されます。原因が判明しない場合は、神経に血液を運ぶ動脈の閉塞や一過性脳虚血発作による神経の障害が考えられます。これらの異常は、高血圧、糖尿病、アテローム動脈硬化がある患者に多くみられます。

外転神経麻痺に対する当院の取り組み

当院の外転神経麻痺の治療目的は、外転神経麻痺患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと外転神経麻痺の完全な回復までの時間を短縮することです。
近年、外転神経麻痺の治療は、西洋医学以外にも新しい治療法を求める動きが世界中に広がりました。欧米、中国などの国では、針灸の外転神経麻痺に対する有効性が再認識するようになっています。当院も外転神経麻痺患者さんの期待に応えるため、30年間、外転神経麻痺の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の眼底電気針治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
外転神経麻痺の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、多く外転神経麻痺患者さんの複視の症状が消失しました。外転神経麻痺患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

外転神経麻痺鍼灸の治療法

外転神経麻痺鍼灸治療症例と臨床経験

外転神経麻痺鍼灸治療症例 外転神経麻痺患者125名。【眼底透穴針】取穴:行間、太沖、肝兪、陽白、攅竹、四白、太陽、晴明。

外転神経麻痺鍼灸臨床経験 :中国鍼灸では、多くの外転神経麻痺患者の症状を回復、或いは改善してきました。今も多くの外転神経麻痺患者が通っていらっしゃいます。外転神経麻痺患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの外転神経麻痺針灸治療では、多くの外転神経麻痺患者の複視の回復が可能になりました。
転神経麻痺眼科での治療は対症療法が中心ですが、腫瘍と動脈瘤以外の外転神経麻痺はやはり針灸治療をお勧めします。

外転神経麻痺の鍼灸治療のメカリズム

外転神経麻痺の原因|外転神経麻痺【眼科疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:
眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、外転神経の働きを健常化する仕組みです。


  1. 【眼底透穴針】を使い:特殊なツボにハリをうつちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 外転神経が活性化します。
  4. 電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、網膜神経節細胞、視神経線維などを活性化させます。
  5. 外転神経の働きを健常化します。

外転神経麻痺治療の実際様子と流れ
外転神経麻痺の原因|外転神経麻痺【眼科疾患】

 1.当院が独自開発した【眼底透穴針】
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

外転神経麻痺患者  園部様 68歳 女性

外転神経麻痺の原因|外転神経麻痺【眼科疾患】

先生には言葉では言い尽くせないほどお世話になりました。
3年前から、片目では普通に見えるものが両目だと二重に見えるようになりました。顔を動かさないで、両目で正面、左右方向、上部を見ると二重になります。下方向は普通に見えます。眼科では外転神経麻痺と診断され、様子を見るといわれましたが、当初に比べて症状は悪くなっていました。
かかりつけの医師に相談したところ、紹介状を書いて頂き中国鍼灸を受診しました。
鍼灸治療を受けた3週目、両目で物が二重に見える感じが無くなり、4週後眼科で受診したところ、「複視が治ったよ」と言われました。
複視頃はとても今日のこの日を想像することができませんでした。先生の治療を受けられたのは幸運なことだと思っております。深く感謝しております。(以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)

当院の新聞の紹介記事

『夕刊フジ 』: 『外転神経麻痺、網膜色素変性症、黄斑変性症、網膜剥離の最新治療』

外転神経麻痺の西洋医学的な考え

外転神経麻痺の原因

1.血流障害
神経を養っている血管のどこかで、手足の麻痺などが現れない程度の軽い梗塞や出血などの血流障害が起きると、眼の動きだけが障害されます。血流障害としては小規模なものですから、別の血管が太くなって補ったり、新たな血管ができたりして神経が再生されやすく、3〜6ヶ月たてば約7割は回復します。神経を養っている血管のどこかで、手足の麻痺などが現れない程度の軽い梗塞や出血などの血流障害が起きると、眼の動きだけが障害されます。血流障害としては小規模なものですから、別の血管が太くなって補ったり、新たな血管ができたりして神経が再生されやすく、3〜6カ月たてば約7割は回復します。
2.炎症
神経に炎症が起きて生じた眼の動きの異常は、程度にもよりますが、ほとんどは後遺症もなく治ります。治療には針灸が使用されます。
3.腫瘍
脳内にできた腫瘍が神経を圧迫したりすることにより、眼球の動きを障害します。眼を外側に向かせる外転神経の麻痺は、腫瘍によるものがやや多い傾向にあります。治療は主に脳外科で行われます。
4.外傷
頭に衝撃を受けたときに神経が傷つけられ、眼を動かせなくなる事があります。特に滑車神経が障害されやすく、その場合、物が上下方向にずれて二つに見えます。ずれる量は通常ごくわずかなのですが、上下方向の復視は横方向の復視に比べて自覚症状が強く感じられます。腫瘍や外傷による神経の障害は、他の原因の場合に比べて回復がややよくありません。
5.動脈瘤
動眼神経麻痺の原因で注意が必要なのは、脳内の動脈瘤です。動脈瘤が大きくなって神経を圧迫するために起きるもので、瞳孔の拡大や眼瞼下垂などが現れます。破裂すると生命に関わりますから、脳外科での早急な診断と治療が必要です。

眼球運動神経のほかに原因:末梢神経である眼球運動神経が障害された場合以外にも、中枢神経が障害されて眼の動きに異常が起きることもあります。両眼ともに、正面から左右または上下のどちらか半分だけにしか動かせなくなる「注視麻痺〈ちゅうしまひ〉」が、代表的な症状です。
 また、動かそうとしていないのに勝手に眼球がふるえてしまう眼球振盪という病気もあります。これは、中枢神経に原因がある場合と、からだのバランスをとるための平衡神経に原因がある場合があります。

外転神経麻痺の症状

物が二つに見えるー「複視」。片方の眼の神経が麻痺すると、両眼の視線が一致しなくなり、物が二つに見える「復視」が起こります。麻痺になった直後は右眼と左眼の視野がずれたまま重なってしまうので、何がどう見えているのかわからなくなる「混乱視」の状態になりますが、そのあとすぐ、物が二つ見えていることに気づくようになるのです。

外転神経麻痺の検査と診断

眼科では視診による眼瞼や眼球位置の観察のあと、眼球運動の変化を観察します。両眼を開いた状態で両眼の共同性運動(2つの眼球を同時に動かす運動)をみたあと、単眼での運動を観察します。ここまででおおよそ、どの外眼筋の不全または麻痺があるかわかります。さらに、眼球運動障害を定量的に記録するために、ヘスチャートという検査も行います。  次に、異常がどこで生じているのかを筋肉、神経の順に観察し、末梢から中枢までの部位を想定し、CTやMRIなどの神経画像検査によって、部位診断から原因診断までを行います。

眼と脳を接続する神経線維の何本かは環状になっています。それらはまず脊髄を下り、胸部から出て、首の頸動脈のそばを通って上へ戻り、頭蓋を通って、眼に到達します。神経線維がこの経路のどこかで分断されると、ホルネル症候群が起こります。

ホルネル症候群はどの年代の人にも起こります。この症候群は頭や脳の病気だけでなく首や脊髄の病気でも起こります。その原因には肺癌、脳や脊髄の腫瘍、首・頭・脊髄の外傷、胸部の大動脈瘤、頸動脈や大動脈の剥離などがあります。出生時にすでにホルネル症候群が起きていることがあり、この先天性タイプでは障害された眼の色は誕生時からずっと薄い青色のままです。

ホルネル症候群は、神経線維が途切れた側の眼を侵します。まぶたの下垂、瞳孔の縮小、眼窩内での眼球のわずかな陥没が起こります。加えて、侵された側は顔面の発汗量が正常より減少します。

ホルネル症候群診断は、症状に基づいて行われます。治療は原因に応じて行われますが、多くの場合、針灸治療以外に、有効な治療法はありません。

 

外転神経麻痺患者の質問

外転神経麻痺患者TG様

[ 症状、ご相談内容 ] :
外転神経麻痺についてご相談させてください。 1月28日の起床時に干している洗濯物が何か変に見えると思ったのが始まりで、歯ブラシが2本に見えだして、同日、脳神経外科でMRI を撮影。特に異常は認められないとのことで、翌日にMRI画像を持って眼科へ。眼科でも脳は異常なしだが、左目が20度以上外側に動い ていない外転神経麻痺と診断されました。神経の働きを促すビタミン剤と複視による目眩等をおさえる薬を処方され様子見となりました。 数日後、見た目(黒目が内側に寄る)がおかしくなったので、県内屈指の総合病院へ紹介され、再びMRI撮影も異常なし。糖尿病や高血圧な どもなく健康そのものの妻なのですが、原因不明の外転神経麻痺による複視に悩まされ、現在、家から出る事ができません。住み慣れた家の中 でも、コップを倒したり、物を落としたりすることが多くなり、少しずつ悪くなっているような気もしています。メンタル面は気丈な妻も、 原因不明で治療法が見つからないことに不安といら立ちを感じているようです。1日も早く、妻の不安を取り除き、いつもの生活に戻れ ることを念じつつ長文失礼いたしました。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った外転神経麻の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
昨日もありがとうございました。
昨日で10回めの治療となりました。
おかげさまで複視が無くなり、今日病院で外転神経の機能は戻ってきたと言われました。
嬉しいです。どうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

外転神経麻痺患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
今週、眼科で外転神経麻痺と診断され すっかり気が滅入ってしまっております。 札幌で、同じような治療をして下さる治療院はご存知でしょうか? 本を読むのが好きな父の為、色々と探しております。 眼鏡屋さんにも レンズでサポートできないか?? 問い合わせてみましたところ 方法はあると言っていましたが… 眼鏡については、眼科の先生に相談してみようと思います。

外転神経麻痺患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
診断は左外転神経麻痺性斜視です。脳のMRIでは異常なし、その他糖尿、高血圧もなし、コレステロ ール値は高いです。月に1回受診、3ヶ月経つも変化なし。6ヶ月様子見て変化なければ手術実施とのこと。主治医からは自然治癒を優先し 他の治療法はしないようにと言われています。日常生活に支障を来たし、ストレスも重なり疲労感が益々強まっています。

先天性外転神経麻痺患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
先天性の外転神経麻痺です。 いまからでも治せるのであればぜひ治したいです。

外転眼筋麻痺患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
私は先天性の外転神経麻痺ではなく外転眼筋麻痺とのことでした。 これも治るものなのでしょうか?

外転神経麻痺患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
左眼外転麻痺と診断され、いくつ かの薬を処方されましたが回復の兆しはありません。 この様な状況で、針治療は効果が期待できますでしょうか?

外転神経麻痺患者MM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
突然物体が二重に見えました。手前50cmは1つに見えますが、遠くは二重に見えます。 総合病院で、CT,MRI,髄液検査をしましたが異常はありませんでした。 眼科で診てもらったところ、外転麻痺でしばらく様子見ることになりました。片方の目は、各々よく見えます。現在、血液透析をしております

外転神経麻痺HD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左海面静脈洞部をカテーテル40本の手術受け1年後異常なしと言われましたが8月ころに左目外転神経麻痺といわれました。

外転神経麻痺患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脳腫瘍の摘出手術後,後遺症として複視になりました。 大学病院の眼科にいったところ,術後1か月〜6か月は様子を見てから,手術等検討しようといわれました。 術後3か月が経過しますが症状がよくなりません。 現在のまま6か月も経過観察する必要があるのですか? いますぐに手術等を検討するほうが良いと思うのですが 6か月待つべきなのでしょうか? ちなみに担当医は複視の原因は外転神経麻痺によるものと説明していました。

外転神経麻痺G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右目が外転性斜視となり、病院で眼科、脳神経外科、神経内科などの診療を受けたが異常は見つからず、治療方法もないと いう状態。 病院では将来的な手術の話も出ていますが原因がはっきりしないため、経過観察中です。 現在はプリズムレンズで様子を見ています。 視界がぶれたりして見え生活に支障もあるため、早く治癒したいと思っています。 そちらで治療をすれば回復は可能でしょうか?

外転神経麻痺S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右目外転神経麻痺と言われたですが 歩きにくいし運転もできないので仕事できるか心配で一回行こうか歩くのも大変だし悩んでます 一回治療してもらうだけでいくらぐらいかかりますか?

外転神経麻痺YS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脳腫瘍を手術後、外転神経麻痺になり、左目の黒目が動かなくなりました。脳外科に確認したら、「腫瘍がたとえ消えても外転神経麻痺 は治りません」と言われました。やはり、はり・灸も同じく黒目が動くようにはならないでしょうか?

   

外転神経麻痺患者の治療相談

外転神経麻痺患者R様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右目外転神経麻痺と診断され、入院してステロイド飲ん点滴を3日間受けましたが、複視は改善されていません。 発症して1ヶ月、眼科や脳外科でMRIやCTも撮りましたが、異常はないとの事でした。

外転神経麻痺患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
3日から複視。右目が目頭にとどまって動かず外転神経麻痺と診断され、現在は動いているが、まだ複視で不自由です。ビタミンB12の 投薬と鍼治療中。近くは見やすくなってきましたが、まだまだ大変。早く治したい。

神経麻痺の鍼灸治療

脳卒中・脳梗塞後遺症  橈骨神経麻痺(マヒ) 顔面神経麻痺 多発神経炎 脊髄外傷  坐骨神経麻痺  足根管症候群  肘部管症候群(尺骨神経麻痺) 腓骨神経麻痺 外傷性散瞳  外転神経まひ(麻痺)  鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん