中国鍼灸 東京・銀座

吃音症(どもり)

吃音症 の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

吃音症(どもり)について

吃音症の治療前|吃音症の治療結果 治療前
吃音症の治療|吃音症の治療結果 治療後

吃音(どもり)とは、発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなど言葉が円滑に話せない病気です。
吃音症は他の身体的障害や言語障害と同様に、嘲笑やいじめの対象になりやすいです。音読の授業で上手く喋れず子供の心に深い傷を負わせることも多いです。時折、吃音者が吃音症を意識していない時など、流暢に話せることもあります。また、吃音者はどもる言葉を巧みに避け、どもらないように見せているので、傍からは吃音症だと気付かず、深刻な悩みだと受け取られないこともあります。 吃音症は自分の名前が言えない、店で注文できない、人と円滑にコミュニケーションを取れない、挨拶が出来ない、電話がかけられない、など社会生活全般に大きな影響を及ぼすが、これを「恥ずかしいこと」と認知し必死に隠そうとする傾向が強いです。
吃音症は言語障害の一種で、どもり、吃音ともいわれます。言葉が「吃る」とは、語音を繰り返す(「ぼ、ぼ、ぼく」)、引き伸ばす(「ぼーーーく」)、つまって出てこない状態です。多くの場合、吃音の問題は、単に言葉の話しにくさにとどまらずに、話すことやコミュニケーションの場面を避けたり、自分に自信が持てず自己肯定感が低下してしまったりというように、生活に支障をきたす問題へと発展していきます。その結果的に、吃音(どもり)で進学や就職が出来ないという問題をもたらす場合もあります。
吃音症は言葉が発しにくい言語障害であり、非吃音者があせって早口で話す時にこととは異なります。成人の0.8〜1.2%、学齢期の子供で約1.2%、5歳までの子供では約5%が吃音者であるといわれます。吃音の程度や、どもりやすい言葉や場面には個人差があります。緊張していたり、朗読や電話の応対をしたりする時など、どもりやすい傾向があるとされます。だが、緊張するからどもるのではなく、どもるから緊張するのです。戦後一時期まで、吃音症は、精神的緊張に起因する癖であると誤って理解されました。吃音症治療も心理療法が重視され、間違った方向に進んでいました。
吃音症を自覚し、始めたものを「大人のどもり」、吃音症に無自覚ものを「子供のどもり」と定義しました。近年、吃音症はICD-10分類の情緒障害としての吃音症だけではなく、それ以外にも色々な吃音症症状があり、吃音症は症候群であるとする見解もあります。

吃音の鍼灸治療法

吃音鍼灸治療症例と臨床経験

吃音 鍼灸治療 :吃音の患者135名、【脳透穴針】:風池、太陽、人中、金津、玉液、中沖、百会、合穀。電気針。

吃音症の原因|吃音症【神経疾患】

吃音(発声障害)鍼灸臨床経験 : 脳神経細胞のシナプス接続の仕組みが吃音の条件反射を引き起こすメカニズムとされていますが、治療開始前の吃音者の脳に形成された条件反射の神経回路が完全に消去されていないと行けませんので、鍼灸治療では可能となりますが、難儀を極める大人の吃音では根気強く鍼灸治療を続くことが大事です。
吃音は完治しやすい子供の吃音と治りにくい大人の吃音があります。幼児期は、左右の脳の機能分化が進んでおらずどもりやすいです。吃音を意識していない場合が多いので、早期治療が重要になります。学齢期前前後の小児吃音は、鍼灸治療と環境調整を主とした治療で治ることが多く、約85%吃音が治癒しています。成長していくにつれて、周囲の吃音への否定的反応などが理由で、吃音は条件反射付けられ、定着していきます。これが難儀を極める大人の吃音になりますが、「大人のどもりは治らない」というのは、誤解です。当院の鍼灸治療経験から、一部は治れます。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。

吃音症障害の鍼灸治療のメカリズム

吃音症の原因|吃音症【小児疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脳のドパミン分泌と神経組織の働きを健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、脳組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させます。
5.脳の前頭前野、頭頂葉、小脳、大脳辺縁系、大脳基底核の神経細胞が活性化されます。
6.神経伝達物質を高め、脳神経の回路を健常化します。
7.脳に形成された条件反射の神経回路が消されます。

【吃音症治療の実際様子と流れ】
吃音症の原因|吃音症【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

吃音症の原因|吃音症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
吃音症の原因|吃音症【神経疾患】

吃音症患者の声 村井様  男性 26歳 

吃音症の原因|吃音症【神経疾患】

高校の時からどもりを意識し始めました。
最初、全校生徒の前で発表する機会がありましたが、突然、出だしの部分がしゃべれなくなってしまいました。以来、言葉の出だし、特に「あ行」の出だしが話せないことに意識し始め、吃音ようになりました。「ありがとう」などの言葉を最初に言わなければならない時は、吃音で、困っていました。
友人が、どもりを治療する中国鍼灸を紹介してくれました。
鍼灸治療を3ヶ月受けました後、言葉の出だしがうまくいくようになり、会社の発表する機会があったら、緊張したものの、なんとか乗り切れることができました。さらに5ヶ月鍼灸治療を受けたことによって、「あ行」の出だしがうまく言えなかったりすることもまったく無くなり、吃音の不安は解消され、精神的にも楽になりました。本当にありがとうございます。

吃音症の分類

吃音症を大きく分けると以下の3型があり、これらは吃音症の核となる症状と考えられています。

  1. 連声型吃音症
  2. 無声型吃音症
  3. 神経因性吃音症

吃音の発生ステップ

吃音には、次の四つの段階がある。

第1段階:連発。
第2段階 :連発・伸発。
第3段階:難発。
第4段階:吃音のことが頭から離れず、どもりそうな言葉や場面をできるだけ避けたり、話すこと自体や人付き合いを避けたりする。

吃音症原因

  1. てんかんによる吃音症
  2. 右脳が正常に機能しない聴覚機能不全、吃音症による吃音症
  3. 条件反射による吃音症
  4. 遺伝因子による吃音症

緊張や不安や鬱などで、吃音が悪化します。

吃音症メカリズム

  1. 脳機能障害と吃音症
    吃音者と非吃音者の脳をMRIで検査したところ、非吃音者は左脳が発語時に優位ですが、吃音者は右脳が過活動します。吃音者脳の左右言語運動脳野の機能分化が進んでおらず、言語と非言語の両方に関わる運動野の部位で協調性が低下しており、言語運動の開始や抑制に関連した脳部位の活動が明瞭ではないことなど、非吃音者とは異なる働きをしています。吃音症は発語運動に関連する脳内の神経回路のどの部分が機能不全を起こしても発症し、脳神経の3つの回路と2つの機能レベルに分けられること、このそれぞれの機能不全によって、吃音症の種類や性質も異なるとされます。一次運動野、運動前野、補足運動野、前頭前野、頭頂葉、小脳、大脳辺縁系、大脳基底核などに異常をきたしています。 吃音者の脳はドパミン過剰になっていることも解明されています。吃音症は症状であり、原因、或いは性質や種類は単一ではなく様々な吃音タイプがあることがわかります。
  2. 遺伝と吃音症
    吃音症は部分的には遺伝子が関与しているとする説があります。しかし2000年前後の新しい生物学的研究から、遺伝子決定論は修正され、環境や心理的なもので遺伝子は変化するとされ、吃音症は必ず遺伝するというものではなく、吃音症遺伝子も特定されていないとする説もあります。

吃音症の症状

  1. 最初の子音や音節の反復
  2. 話すとき足をばたつかせる
  3. 話すとき眉をしかめる
  4. 話すときまぶたを閉じる
  5. 最初の子音を長引かせる

吃音症に伴う症状

  1. 随伴運動:吃音による不自然な身体の動き(瞬き、体を叩く、手足を振る、足踏みする、目を擦るなど)。
  2. 吃音回避:どもる言葉を避けようとする。
  3. 転換反応
  4. 波状現象(変動): 流暢に話せていたと思うと、急に吃音が出る。
  5. 吃音予期不安:どもったことで、またどもるのではないかと恐怖を感じる。
  6. 吃音不安:どもったことで、相手にどう思われるか恐怖を感じる。
  7. 吸息反射:緊張し、吸息したままの状態になる。
  8. 呼吸の乱れ
  9. 早口
  10. 全身(口唇、舌、声帯、直腸筋、腹筋、横隔膜筋、胸筋、肛門など)や一部の筋肉の過緊張。
  11. 吃音に意識が集中し、話しがまとまらない。
  12. 頭が真っ白になり、言葉が頭に浮かばない。
  13. どもったことで自己嫌悪になる。
  14. 吃音を気にし、話すことや人付き合いを避けるようになる。

吃音症の検査と診断

吃音症の診断には、話し方や発音などにより判断されます。一般に1〜2歳前後になると赤ちゃん言葉を話せるようになる普通ですが、コミュニケーション障害のある場合、話し方や発音に違いが出るようになってしまいます。

吃音症の西洋医学治療

  1. 言語療法
  2. 呼吸法
  3. 系統的脱感作療法的訓練
  4. 聴覚療法
  5. 認知行動療法
  6. 行動療法
  7. 心理療法
  8. バルサルバ反射抑制法

吃音(どもり)の注意点

  1. いじめ・叱られた・過度に厳格なしつけなどを避ける
    幼少期の子供は左右の言語脳野の機能分化が進んでいないため、吃音(どもり)は出やすいですが、それに敏感になって、自分の子供にどもらないように話せなどと叱ってしまいます。叱られた子供は吃音(どもり)を悪い事だと思い込み、隠そうとします。それが、いつしか話すことへの恐怖へと変わり、条件反射付けられ、吃音(どもり)が定着してしまいます。 話し方が少しくらいあわてていても、心を弾ませながら楽しそうに話をしてくれることの方がもっと大切なことです。
  2. 好ましくない言語環境を避ける
    電話で言葉が出ず、いたずらと思われたり、友人からおかしな話し方をするという目で見られたり、授業で指名されてどもったことを注意されたり、いじめや嘲笑の対象になります。

吃音(どもり)の対策

  1. 環境調整:家庭環境、学校環境の調整
  2. 気楽に話すこと
  3. カウンセリング
  4. 効果的な発話・コミュニケーションをする

吃音の予後

欧米の研究では、6ヶ月から2年の古典的言語療法治療で、本人が満足に至るまで吃音抑制したケースと、社会生活に支障を来たさないまで抑制したケースを合わせた吃音抑制率は約70%とされています。しかし、1年後の追跡調査では、その中約40%の吃音者が再発していました。90年代の吃音治療(言語療法)による吃音治癒率は一般的に約35%、1/3は満足に至るまで治すことができます。そして、根治する人も中にはいれば、根治しなくても矯正すればある程度、吃音の状態が改善する人もいます。

吃音患者の質問

吃音HI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
私はこれから就職試験があります。
普段の生活でも[どもり]ますが、面接などの緊張した状況では「はい…私は…部活で…」等のように単語と単語が流暢に話せない事が多々あ ります。
電話をかける時にも[どもり]ますが、受け答える時にはあまりどもりません。
友達もおり、吃音症は嫌ですが話すことは嫌いではありません。
どもりの改善方法、どもってしまったときの対処を教えてください。

当院の返事:
先月、一人吃音症患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 吃音症の症状がかなり良くなりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
先生のおかげで治療前よりもかなり改善している感じがあります。
先日面接の時は、流暢に話せました。今では電話をかける時には殆どどもりはありませんでした。
これで、治療を終了しても大丈夫ですか。

吃音患者b様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音で悩んでいます。 貴院に興味があります。一度お伺いしたいと思います。 よろしくお願いします。

吃音患者OS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音で悩んでおります。 一度伺いたいと思っております。 突然で申しわけわりませんが、今週の土、日は空いてますでしょうか?

吃音患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音の事で相談です。4才の頃から吃っています。現在、8歳です。 治る見込みはあるんでしょうか?子供だと大体何回くらい通えば治りますか? また、微弱電流との事ですが、少し心配です。

吃音患者P様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音で悩んでおり、鍼灸診療に興味があります。もし良ければ一度お伺いしたいです。よろしくお願いいたします。

吃音H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音を心配しています。普段は一部の音が発音しづらい程度なのですが、先日、ほとんどすべての音を最初の言い始めの時 にとても力んで発音しようとしてできない様子でした。 突然のことだったので、何かのストレスかと心配しています。翌日には普段通りになっていましたが、早めに診察を受けさせていただいたほう がよいでしょうか。

吃音患者BV様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音に関することで2つ聞きたいことがあります。
1、成人の方の吃音者で、これまでどれくらいの数の 症状の改善ができていますか?
2、おおよそでいいのですが、成人の吃音者の場合 どれくらい通えばいいですか?
以上の2点について、答えて頂ければ嬉しいです。

当院の返事:
成人の吃音者で約8割ぐらい改善されます。何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

吃音QI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音症で最初の言葉を繰り返す。 特に『た行』が苦手に感じる。

吃音患者N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
お金の都合がつかないので、すぐ治療とはいかないです。めどがついたら予約します。 難発の吃音です。言いにくい言葉がいくつかあり 発声が困難です。 質問なのですが、治療される方はだいたいどのくらいの頻度で診察にきますか?

吃音Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音の事で相談です。4才の頃から吃っています。現在、8歳です。 治る見込みはあるんでしょうか?子供だと大体何回くらい通えば治りますか? また、微弱電流との事ですが、少し心配です。子供は大丈夫なんでしょうか?

吃音患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音に悩んでおります。治療困難な大人の吃音なのですが、鍼灸治療にどれぐらい通えば改善されるでしょうか。 また、治療費は1回おいくらでしょうか。

吃音患者VB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
電話での吃音を治したいです 今まで吃音治った方はどれくらいいますか?

吃音症Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
元々吃音が少し有りました。 しかし3年ほど前から症状が一気に悪くなりました。 当時危険ドラッグに依存しており、周りから呂律が 回っていない事の指摘を受け危険を感じ危険ドラッグを 止めました。断薬以降も改善が見られず脳梗塞の懸念を感じ 脳のMRを撮り調べましたが特に問題は無いとの診断を受け 国立リハビリセンターにて言語聴覚士に診断を受けましたが 恐らく精神的な事が原因との事で認知療法の本を勧められ 終わりました。その後も症状は改善に向かう所か悪化を辿る一方です。 今では人との交わる機会を極力避け社交的な性格だったのが一変し 社会活動にも悪影響を及ぼしコミュニケーションが計れず転職を繰り返し人生に絶望を感じています。 心身共に疲弊し経済的にも底をついてしまっている状態です。 脳のMR、ST診断、共に問題は無いとの見解ですが 私自身にとっての見解は死活問題です。 私の懸念は3年前の危険ドラッグの常用摂取による脳細胞及び脳神経の 損傷による影響ではないか?と言う点です。 ご相談に乗って頂きたく思います。

吃音患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音症を鍼灸で治すことは 出来るでしょうか。

吃音症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
男性で幼い頃から吃音症があります。 個人差があるのは重々承知なのですが、鍼灸で症状は改善されますでしょうか?

吃音症患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
幼少の頃から吃りです。40才までは人前で話すこともあまり苦にならず、それなりに過ごしていたのですが、40半ばから身体的な影響(坐 骨神経痛からくる肩凝り)からか会議や人前の挨拶などで、最初の言葉が出づらい吃りが出始めました。このたび、ネットを拝見し、治療を 受けたいと思いました。できましたら、来週19日の18時以降に治療を受けたいと思いますが、ご都合はいかがでしょうか?

吃音症患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音症です。 一回の治療で費用はどれくらいかかりますか?

吃音症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音があります。 ゆっくり話すように意識していますが、コントロールが効かず、無意識に早口になります。最初の言葉が中々でてこなく、辛いです。親は吃音 だという事を他人に言うなと言いますが、自分ではその事を言うと苦しかった分、少し恥ずかしいですが、多少すっきりする様な気がします 。 仕事はなるべく電話応対がない仕事を選んできました。職場で電話一本かけるだけでも極度の緊張で周り の様子を伺ってからしか中々電話をかけられません。またとても恥ずかしがり屋な性分です。 。独りでこの不安と緊張と毎日戦うのは中々辛いです。何か良いご支援があれば宜しくお願いします。

吃音症患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音でこちらのサイトを見ました! 2月16〜18日に東京へ行く用事があるのですが 短期間で何回か施術できますでしょうか?

吃音症患者ST様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃りの治療も受けることは可能ですか?

吃音症患者MJ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
次男の吃音のことです。 幼稚園年長から少し吃り始め、1年生になり吃りが目立つようになり、言葉の教室に通い始めました。1年の終わりころから酷くなり、特にあ 行が吃ります。本人も言いにくいことを気にしているようで、親の私もとても心配しています。 ゆっくり過ごしたり、環境を整えることを意識していますが吃音は酷くなるばかりです。 そんな時にこのホームページに出会いました。 先生、息子の吃音は治りますか?

吃音症患者AR様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音症の治療実績を具体的に教えていただきたく、メールさせていただきました。まず痙攣性発生障害の症 状を改善させ、次に吃音症も改善したいです(一度に両方治療できれば嬉しいですが)。一度診ていただきたいです。岐阜に住んでいるので 、頻繁に治療を受けることが難しいので、治療の周期についてもご相談させていただければと思います。 わかりにくい文章で申し訳ありません。この二つの症状で長年苦しんでいて、人生を心から楽しむことができず辛いので、助けていただけたら 幸いです。よろしくお願いします。

吃音症患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
舌の右側が委縮していて、発音などに問題を抱えているんですけど、鍼灸で治る見込みはありますか。同級生から発音のことを指摘され、とても悩むようになりました。どうしたら上手く言えるのだろうと練習がてら舌を鏡で見てみました ら、その時初めて舌の右側が委縮してぴくぴくしていることに気付きました。子供でしたからそれから成人するまで何もできずにいましたけ ど、それからは自分で調べて発音の訓練を受けたり、MRIや神経科にも診てもらいましたが、原因はわからないといわれ(脳に問題はない )今は整体や鍼灸を試しているところです。今通い始めた鍼灸の先生には子供のころから発症して随分と時間がたっているため、神経が駄目 になっている可能性があるといわれ、数回試して効果がなかったらうちでは診れないと言われました。舌の委縮から20数年経ってしまって いますが、先生の鍼灸院ではこういった患者さんはこれまで来院されましたでしょうか?治る見込みがあるのなら診ていただきたいです。

吃音症患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音は短期間で治るものではなさそうなので、 お願いする場合は、中途半端でやめるのではなく、 しっかりと続けようと考えています。 (子供の将来のことを考えると、しっかりと治療しておきたいです) そうなった場合、やはり経済的な面が少し心配なものですから 事前にお問い合わせさせて頂きました。

吃音患者の治療相談

吃音H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
吃音症を貴院の治療を受ける場合、どのような治療になるのか お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認よろしくお願いいたします。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん