中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>皮膚疾患>しろなまず(尋常性白斑)

尋常性白斑

尋常性白斑の鍼灸治療  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

尋常性白斑について

尋常性白斑の治療前|尋常性白斑の治療結果 尋常性白斑治療前
尋常性白斑の治療|尋常性白斑の治療結果 尋常性白斑鍼灸治療後

尋常性白斑とは、身のいろんな場所に、いろんな大きさで、皮膚の色が白くなる病気です。
尋常性白斑は、後天的に皮膚の色が部分的に抜けて白くなる病気で、比較的よくみられます。尋常性とは「普通の、ありふれた」という意味です。
白斑とは、部分的なメラニン細胞の欠失で、皮膚に白い斑点ができる病気です。白斑の原因はわかっていませんが、免疫システムによる自分のメラニン細胞への攻撃がかかわっていると考えられます。白斑は遺伝する傾向があり、他の病気と一緒に発症することがしばしばあります。白斑患者の約3分の1が甲状腺の病気を患っていますが、白斑との関連性はまだわかっていません。糖尿病、アジソン病、悪性貧血などの患者でも白斑が発症しやすい傾向がみられます。白斑は、体に外傷を負った後や日焼けした後にも生じることがあります。
尋常性白斑の色素細胞が消失する原因は明らかにされていませんが、色素細胞に対する自己抗体ができて色素細胞を攻撃するために消失するという説、神経の異常が原因であるという説、皮膚での活性酸素を除去する機能が低下して色素細胞が壊れるという説などがあります。

尋常性白斑に対する当院の取り組み

原因|【神経疾患】

中国鍼灸の尋常性白斑治療の目的は、尋常性白斑患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと尋常性白斑の完全な回復までの時間を短縮することです。
中国鍼灸は25年間、尋常性白斑の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
中国鍼灸の治療方法は尋常性白斑の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして尋常性白斑の治癒で、尋常性白斑患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。

尋常性白斑鍼灸治療法

尋常性白斑鍼灸治療症例と臨床経験

尋常性白斑の鍼灸治療:尋常性白斑患者141名、【皮膚透穴針】:血海、外関、天井、天髎、膀胱経の肺兪、膏肓「コウコウ」、肺経の中府、列缼。

尋常性白斑の鍼灸臨床経験: 当針灸院(鍼灸院)では、多くの尋常性白斑患者の症状を回復させてきました。今も多くの尋常性白斑が通っていらっしゃいます。尋常性白斑患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの尋常性白斑患者は白斑が消え、正常な生活を送ることができるようになりました。

尋常性白斑の症例: 平井様 23歳 女性
大学校2年生の時に両手の色素が一部抜け、白くなっていて、友達からいろいろ聞かれ、気にし始めた時には、既に顔まで広がりました。
光線療法をはじめ、いろんな方法を試しましたが、まったく効果がありませんでした。
掛かり付けの医師から、中国鍼灸が白斑治療の技術を持っているから、という理由でご紹介を頂きました。
1か月の鍼灸治療を受けて、顔の白斑が減っていきました。3ヶ月後は、顔と手の白斑は完全に無くなり、皮膚が凄く綺麗になりました。白斑が治ってくると、体育の時間の着替え、プール、好きな洋服も着れるようになりました。
すごく嬉しかったです。先生、どうもありがとうございます。(以上御本人の承諾をいただいて掲載いたしました。)

白斑の鍼灸治療のメカリズム

白斑の原因|白斑【皮膚疾患】

当院独自開発した【皮膚透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ皮膚組織を改善する仕組みです。
1.【皮膚透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.皮膚動脈の血流量が増え、皮膚への血流供給が増え、毛根に栄養が行き渡るようになります。
4.メラニン色素の形成する細胞を攻撃する自己免疫を抑制します。
5.損傷したメラニン色素の形成する細胞を修復します。

【白斑治療の実際様子と流れ】
白斑の原因|白斑【神経疾患】

1.当院独自開発した【皮膚透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

TBSテレビの紹介記事

白斑の原因|白斑【神経疾患】
《世界笑えるジャーナル》:
『 ブラックマヨネーズの小杉さんに薄毛の治療』
2011年院長がTBSテレビ番組
《世界笑えるジャーナル》に出演し、
ブラックマヨネーズの小杉さんに
【皮膚透穴針】で薄毛の治療を 行いました。

【皮膚透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけます。

白斑患者  白井様 女性 15歳

白斑患者の声|白斑【皮膚病】

お陰様で白斑が消え、今10ヶ月に入っております。
ストレスが影響したか、4年前から顔と手脚に白斑ができ、すべての治療を試みましたが、効果がありませんでした。 藁をもすがる思いで治療をお願いしましたが、鍼灸治療の1か月後、白斑が消えました。
本当に先生の腕は素晴らしいです。こんなに早く結果を得る事ができ、感謝の気持ちで一杯です。
白斑が消え、とても嬉しいです。本当に、どうも有難うございました。 もし今後体に不調がありましたら、またお世話になりたく、その際は何卒宜しくお願い致します。

尋常性白斑の原因

  1. 神経の色素細胞に対する作用
  2. 自己免疫疾患
  3. 色素細胞の自己破壊
  4. 代謝障害

尋常性白斑の分類

  1. 神経分節型尋常性白斑:神経の通り道に沿って白斑が認められる。
  2. 限局型尋常性白斑:身体の一部に白斑が認められる。
  3. 汎発型尋常性白斑:全身のあちこちに白斑が認められる。
  4.  

尋常性白斑の症状

生後数年から数十年後に、皮膚の色が部分的に抜けて白くなります。白くなる部分は大小さまざまで、拡大したり、あるいは別の皮膚の部分でも色が抜けることがあります。頭部では、白斑になった部分に白髪ができることもあります。

尋常性白斑の検査と診断

尋常性白斑の診断のための特別な検査は必要ありません。白斑は見た目が特徴的ですので、医師が診ればすぐ診断できます。皮膚の色が薄くなった原因が白斑であることを確認するため、ウッド灯を使った検査がよく行われます。
 

尋常性白斑の西洋医学治療

  1. 内服治療:ステロイド薬、ビタミンD3。
  2. 紫外線療法
  3. 外用療法
  4.   

尋常性白斑対策

尋常性白斑を予防ならびに改善するためには、食生活をはじめ生活習慣の改善を実践することが必要不可欠な要素となります。ここでは、尋常性白斑対策をする上で推奨される基本的な生活習慣の項目を下記に紹介しておきます。

  1. 栄養バランスのとれた食事
  2. 睡眠時間は十分にとる
  3. ストレスや疲れは溜め込まない

白斑患者の質問

白斑BC様

[ 症状、ご相談内容 ] :
顔の白斑ですが、何回ぐらい治療すれば、完治が可能でしょうか。

当院の返事:
何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:

美容と鍼灸治療

円形脱毛症(尋常性白斑) にきび・ニキビ痕(ニキビ跡)赤ら顔・敏感肌帯状疱疹 蕁麻疹湿疹・皮膚炎 アトピー性皮膚炎 皮膚掻痒症

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん