中国鍼灸 東京・銀座

間質性腎炎

間質性腎炎の鍼灸治療

間質性腎炎の原因

間質性腎炎の原因|間質性腎炎【泌尿、生殖器疾患】

間質性腎炎とは、腎臓の尿細管やその周囲の組織に炎症を起こす病気です。
全身性のアレルギー反応による発熱、発疹、関節の痛み、はき気、嘔吐、下痢、腹痛などの症状など、一般的なかぜのような症状もみられます。進行すると腎機能が低下して、尿量が減ったり むくんだりします。
間質性腎炎が、さらに進んで症状が重くなると、透析療法が必要となることがあります。  

間質性腎炎に対する当院の取り組み

当針灸院(鍼灸院)の間質性腎炎の治療目的は、間質性腎炎患者にできるかぎりの回復の機会を提供することです。
間質性腎炎に対して、当針灸院(鍼灸院)は25年間、間質性腎炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【腎臓透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。
当針灸院(鍼灸院)の治療は間質性腎炎の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

間質性腎炎鍼灸治療法

間質性腎炎鍼灸治療症例と臨床経験

間質性腎炎の鍼灸治療症例 :間質性腎炎患者80名、。取穴:関元、三陰交、気海、中極、神門、百会、腎兪、足三里。電気針、50分間。気海、お臍に間接灸9壮。

間質性腎炎の鍼灸臨床経験 : 当鍼灸院では、多くの間質性腎炎患者の症状を回復、或いは改善させてきました。今も多くの間質性腎炎患者が通っていらっしゃいます。間質性腎炎患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、外陰前庭痛症患者の回復と予後は比較的良好です。ほとんどの外陰前庭痛症炎患者は完治になりました。

間質性腎炎の鍼灸治療のメカリズム

間質性腎炎の原因|間質性腎炎【泌尿疾患】

当院独自開発した【腎臓透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、生殖神経の伝達を通じ、間質性腎炎を改善する仕組みです。
1.【腎臓透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腎臓血管の血流量が増え、腎臓組織への血流供給が増えるようになります。
4.腎臓の自己回復力を高め、間質組織を健常化します。

【間質性腎炎治療の実際様子と流れ】
間質性腎炎の原因|間質性腎炎【泌尿疾患】

1.当院独自開発した【腎臓透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

間質性腎炎の原因

  1. 電解質や代謝異常:高Ca 血症、低K 血症、高尿酸血症、高シュウ酸血症、Wilson 病。
  2. 糸球体腎炎に続発する間質障害。
  3. 医薬品:すべての医薬品が原因となる可能性がありますが、主に抗生物質、抗結核薬、解熱鎮痛薬、抗てんかん薬、消化性潰瘍薬、痛風治療薬です。
  4. 感染症:腎盂腎炎(細菌性、真菌性、ウイルス性)・全身性感染症(A 群溶連菌、ジフテリア、トキソプラズマ。)・特殊な腎感染症(結核、梅毒 他)
  5. 免疫異常:尿細管抗原に対する抗体によるもの(抗TBM 抗体病、Goodpasture 症候群。) ・自己や外来抗体に対する免疫複合体によるもの(SLE、Sj ogren 症候群、クリオグロブリン血症。)
  6. その他:サルコイドーシス、放射線性腎症、逆流性腎症、閉塞性腎症、ぶどう膜炎に伴う尿細管間質性腎炎。

間質性腎炎の症状

(1)自覚症状:
発熱、皮疹、関節痛、悪心・嘔吐、下痢、体重減少(脱水が原因)、側腹部痛 などの非特異的なアレルギー症状の後に、尿量減少、浮腫、体重増加(尿量減少 による体液量増加が原因)、呼吸困難などを認める。
(2)他覚症状:
皮疹、体重減少、浮腫、体重増加

間質性腎炎の検査

  1. 尿検査:尿蛋白陽性(1 g/日以下であることが多い)、尿潜血陽性、尿沈渣にて好酸球や白血球円柱あり(赤血球円柱なし)、NAG 増加、尿α1-ミ クログロブリン増加、尿β2-ミクログロブリン増加。
  2. 血液検査:BUN 増加、Cr 増加、電解質異常(高K、低Na 血症)、代謝性アシドーシス、白血球数増加、好酸球数増加、RIST 増加。
  3. リンパ球刺激試験
  4. 画像検査:腹部超音波検査や腹部CT などにより、急性では両側の腎腫大を認め、慢性では腎萎縮を認める。

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん