中国鍼灸院 東京・銀座

背中の痛み

背中の痛み (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

背中の痛みについて

背中痛みの原因|背中痛み【神経疾患】

背中の痛みは脊椎、背中の筋肉、胸腹部各臓器、肋骨などが原因で背中に痛みを感じる状態です。背中の痛みの原因を自分で特定するのは難しいので、精密検査の必要な場合があります。
胸腹部各臓器の疾患の影響で、背中の痛みは出る場合があります、また逆に、背中の痛みが、各臓器の働きに影響することもあります。

背中が痛む原因には次のような場合が考えられます。

1.変形性脊椎症

変形性脊椎症は脊椎に老化性変化で椎間板が狭くなり、椎体が反応性に骨棘形成(椎体の角がとがってくること)をきたしてきます。ひどいときは、隣接する椎体が骨棘によって架橋されてしまいます。背骨や脊柱は、体の中でも特に大切なものです。多くの重要な神経が脊柱を通っていて、神経圧迫によって、背中の痛みとして表れてきます。
背骨が老化すると、骨棘などが出てかたちが変わってくるので、変形性脊椎症といい、これが頸椎に起これば変形性頸椎症といいます。変形性頸椎症は、通常中年や高齢者に発症します。加齢に伴い脊椎骨が過剰成長して、首の脊柱管が狭まります。その結果、脊髄や脊髄神経根(脊髄と隣り合う脊髄神経の一部が圧迫され機能不全が起こります。

変形性頸椎症を基盤として、脊髄ないし頸神経根の圧迫症状を呈すると、脊髄症とか神経根症と呼ばれます。 頸髄症では、くび、肩の痛み、手足のしびれとまひ、手のこまかい運動ができず、歩行障害や排尿障害などの症状を伴います。
神経根症では、頸髄から出る末梢神経が圧迫されて上肢へ放散する痛みがあり、上肢の腱反射は低下ないし消失し、神経支配領域の知覚も低下します。
脊髄症や神経根症の診断にはMRIが重要で、頸髄の圧迫や頸神経根の圧迫像がみられます。

2.脊柱側彎症

脊柱側彎症は脊柱が左か右に曲がっている状態です。 脊柱側彎症は先天性脊柱側彎症、後天性側彎、特発性脊柱側彎症に分類されます。 先天性脊柱側彎症は先天性に椎骨の形態に異常があって曲がっているものをといいます。
腰椎椎間板ヘルニアのような疼痛性側彎、背筋力のバランスがくずれて起こるまひ性側彎などが、後天性側彎の代表的例です。原因のはっきりしないものを特発性脊柱側彎症といいます。特発性側彎症も他の構築性側彎(本物の側彎症)と同様に脊柱が側方に曲がるだけで無く、側方に曲がっている部分は回旋(捻れ)をともなっているのが普通です。さらに脊柱の左右方向への彎曲と捻れが強くなると、脊柱の前後方向の彎曲が変化し、胸椎であれば背中の丸みが失われ、腰椎であれば腰骨の反りが無くなってきます。側彎症とは、脊柱の捻れ、側方への曲がり、そして前後方向の正常の彎曲が失われた状態ということができます。左右方向への彎曲が30度を超え、10度以上の捻れが生じてくるころには脊柱の前後方向の彎曲の異常がはっきりしてきます。側方への曲がりによって、肩の高さが異なったり、腋の下の左右非対称やウエスト部分の左右の高さの差が現れたり、肩甲骨の高さの差が出現します。脊柱の捻れが生じれば背部や腰部の左右のどちらかが突出してきますし、女子であれば前胸部の左右非対称が気になるはずです。椎間板の一部が椎体の中にめり込んだものを“シュモール結節”といい、時に突発的に胸が締めつけられて狭心症とまちがわれることがあります。

3.脊椎過敏症

脊椎過敏症は、脊椎の一部に過敏性の強い痛みが起こる状態です。背中の真ん中(背骨)を触ると、ゴツゴツとした手触りの部分があります。これを棘状突起(きょくじょう)といい、ここを押したり、触ったときに、その全体や一部に激痛のはしる病気を脊椎過敏症と呼んでいます。脊椎過敏症は炎症ではありませんが、自分では脊椎カリエスではないかと悩んで診察を受けにくる人があります。
脊椎過敏症は背中の痛みと圧迫感を主とした病気です。病気というよりは精神的な状態や体質によるものと考えられています。神経質な人や敏感な人に多く、精神的・肉体的ストレスが原因の一つといわれています。20才前後の未婚女性にあらわれることが多く、一種の自律神経失調症と考えられています。
脊椎過敏症症状:

  1. 肩こり
  2. 背痛
  3. 不定愁訴などがあります

脊椎過敏症は、脊椎の一部に強い痛みを感じる病気で、特に12個ある胸椎の中間部にある数椎の棘突起あたりに鋭い痛みを感じます。そのいくつかの棘突起を押さえると、非常に痛いのが特徴です。背中の中央部にふれる骨、つまり、稗突起を軽くたたくだけで強い痛みがありますが、平手で背部をかなり強く押してもあまり痛みを感じない場合が多いです。脊椎過敏症は胸椎の中央かやや高いところに多く生じるのですが、限られた背骨を圧迫すると痛みを訴えるもので、時には皮膚の上から軽くさわっただけで痛がります。しかし、カリエスのように脊柱を曲げにくいこと(脊柱不撓性)はまったくないです。上部胸椎を1つか2つたたくと疼痛がありますが、全身にわたってはおかされず、背中がつっぱって曲がりにくいことはありません。

4.脊椎の圧迫骨折

背中の胸椎の突起をたたくと激痛がはしります。特に高齢者で骨粗鬆症の人が多いです。高所から墜落して尻もちをついたときにもよく起こります。

5.肋間神経痛

肋間神経痛とは肋骨(ろっこつ)に沿って走る肋間神経が、何らかの原因で痛むことです。肋間神経痛の痛みはふつう片側に起こり、針で刺されたような鋭い痛みが繰り返し起こります。持続時間は短く、深呼吸や咳などで痛みが誘発されます。肋間神経痛発病は中年以降に多いです。肋間神経痛原因が不明のものと明らかなものがあり、脊椎の病気や帯状疱疹(たいじょうほうしん)が原因で起こることが多いが、心臓や肺など胸部の内臓の病気が原因のこともあるので注意が必要です。通常片側に起こります。原因はいろいろです。

6.帯状疱疹

帯状疱疹(ヘルペス)といって、肋間神経に沿って水疱を伴う発疹と神経痛を起こす病気があります。通常これも片側に起きますが、皮膚の水疱が治ったあとも長期に強い痛みが残ることがあります。帯状疱疹ウイルスの感染による病気で、一定の神経の領域に沿って小さな水疱が多数でき、すぐにつぶれてアフタになります。顔面の皮膚にも口の中にもできますが、顔のまん中を越えないで片側だけに出るのが特徴です。時に三叉神経痛が残ることがあります。
帯状疱疹ウイルスが顔面神経の領域に出ると、顔面神経まひ、耳の部分の水疱、耳鳴りなどの症状を示し、ラムゼイ・ハント症候群と呼ばれます。

7.内臓疾患

心臓、肺、肝臓、胆嚢、腎臓、胃腸疾患があると、背中が知覚過敏になることがあります。急性や慢性膵炎では腹痛より背中の痛みが主となる場合があります。また、腎盂腎炎も女性に多い病気で、尿の回数が多く排尿時異常感を感じる膀胱炎の症状に加え、発熱と片側の背中の痛みが出現します。背中をたたくと痛いのが特徴です。

8.肋骨骨折

肋骨にひびや骨折が起きた場合もよく背中に痛みが走ります。

9.姿勢異常

長時間同じ姿勢を続けていると、肩こりや背中の痛みの原因となります。一日中パソコンに向かう仕事の人は、腰痛、肩こり、背中の痛みに悩んでいる人が多いようです。出産後の女性も、肩こりや背中の痛みがひどくなる傾向があります。同じ姿勢で授乳したり、抱っこしたりを繰り返すことが、背中の痛みの原因と思われます。

背中の痛みの鍼灸治療法

背中の痛みの鍼灸治療症例と臨床経験

背中痛みの鍼灸治療症例:背中の痛み患者89名、【頸肩透穴針】取穴:阿是穴、風池、風府、大椎、肩髃(けんぐ)、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池、次髎、上髎、両側の腰眼、大腸兪、腎兪、委中、崑崙。電気針、20分間後、吸い玉20分間。

背中の痛みの鍼灸臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、多くの背中痛み患者の症状を回復させてきました。今も多くの背中痛み患者が通っていらっしゃいます。背中痛み患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、背中痛み患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の背中痛み患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
背中の痛みの原因治療が必要です。頑固な痛みも鍼灸で、鎮痛効果が得られますので、背中の痛みの患者さんが当院に尋ねることが多いです。

背中痛みの鍼灸治療のメカリズム

背中痛みの原因|背中痛み【小児疾患】

当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:頸部と肩部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ背中の筋肉組織を改善する仕組みです。
1.【頸肩透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.頸部、肩、背中への血液、リンパの流れる量が増え、損傷した筋肉組織を修復します。
4.局部免疫細胞の量を増やし、炎症や老廃物を吸収させます。

治療の実際様子と流れ

背中痛みの原因|背中痛み【神経疾患】

1.当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

背中痛みの原因|背中痛み【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
背中痛みの原因|背中痛み【神経疾患】

背中の痛み鍼灸治療症例

背中痛みの原因|背中痛み【神経疾患】

SD様、男性
長時間同じ姿勢を続けている仕事で、5年前から、肩こりや背中の痛みを感じ、特にこの1週間、背中の痛みがひどく、夜も痛くて、眠れない毎日でした。
友人の紹介で、中国鍼灸院の治療を受け、1回で背中の痛みが取れました。その夜はグッスリ眠れました。
5回ぐらい鍼灸治療を続け、その後背中の痛みは仕事を長時間続けても、出ることはなくなりました。

背中痛み患者の質問

背中の痛みDF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
背中の右側が痛みます。もう一ヶ月ちかくになります。 本日、10時から予約は可能ですか?
お返事お待ちしております。 よろしくお願い致します。

当院の返事:
本日、10時にお待ちしております。

患者様の返信:
康先生、今日は治療していただきありがとうございました。
お陰様で背中の右側が痛みが治りました!
それでは今後ともよろしくお願いいたします…最近少し中国語の勉強を始めました。「また会いましょう」は、「再会(ツァイチェン)」ですね〓

肩甲骨廻りの痛みD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
肩甲骨廻りに痛み、左手のしびれもあります。 保険適用の場合、初診料後の治療費は毎回どのくらいかかりますか・・・ 金銭的に可能でないと予約の電話もできませんので・・・

背中の痛みの治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
急に左肩甲骨肩また左手にしびれがある。最近一か月である。

背中の痛みの治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
背中が痛く、整形外科でレントゲンを撮りましたが異常がありませんでした。5年程前の健康診断で脾臓が大きいと指摘をされ、 その際の血液検査の結果慢性膵炎を疑われました。その時は先生の数値の読み間違いということで脾臓も経過観察で終わりました。1年に1 度、血液検査だけは続けていたので、今回も消化器内科で血液検査をしたところ、アミラーゼの数値が180と高く背中の痛みもあることから 、胃カメラ、CT、MRIと検査をして頂きましたが、膵臓は少し腫れているが特に異常はないと言われました。MRIに映った背骨を見た 消化器の先生よりストレートバックではないかと指摘され再度、別の整形外科に戻りレントゲンを撮りましたが異常はなし、来週MRIの予 定です。 どこに行っても原因がつかめず、背中の痛みはおさまりません。ただ、朝起きたときや前屈した時に痛みがある以外、慢性膵炎のような症状は ないと思います。一度診て頂きたいのですが、来週の水曜日午前中は空いておりますでしょうか。

背中の痛みF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
突然背骨に痛みを感じるようになりました。 2かしょくらい触ったり押すとかなり痛みます。 産後6か月です。 二箇所の整形外科に行き レントゲンを撮りましたが 首のストレートネックが原因といわれ湿布をもらいましたが、治る気配がなく 不安になっています。 産後でストレスも強く関係あるのでし ょうか。鍼で良くなるのであれば治療したいと考えてます。

背中の痛みNM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ご返信有難うございます。 背中の痛みがよくなるようであれば早めに親を連れて行きたいと思います。 明日か明後日、電話しますので、何卒宜しくお願い致します。

背中の痛みLI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
膵臓がんがわかりステージ4と言われまして 手術が出来ない状態で、現在、放射線が終わり抗がん剤 をしています。 他に、温熱療法、高濃度ビタミンCとしていますが 背中の痛みがつらく、背中の痛みを穏和してあげたく メールさせて頂きました。 鍼灸で何かいい方法はありますでしょうか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん