中国鍼灸 東京・銀座

子宮後屈

子宮後屈と中国鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

子宮後屈について

子宮の構造|子宮後屈【産婦人科疾患】

子宮後屈とは、なんらかの理由で、子宮が逆に後方に折れ曲がっている状態です。
膣から子宮頸管へ入っていく方向を示すラインで、このラインに対して子宮の体部がさらにお腹側を向いているものを前屈(前屈子宮)、背中側を向いているものを後屈(子宮後屈)といいます。子宮はやや平らな西洋ナシのかたちをして、正常な位置は、その頸部と体部の境のところで前方に折れ曲がっています。
子宮後屈の状態が月経困難症や不妊症、習慣性流産の原因と考えられ、子宮後屈を修復するための手術がさかんにおこなわれました。しかし、現在ではこの考えは否定されており、単に子宮後屈を修復するだけの目的で手術がおこなわれることはありません。むしろ、子宮内膜症による癒着の結果、子宮が後屈になっている場合、子宮後屈修復手術が多いといえます。
子宮後屈をすると月経血や粘液の通りが悪くなり、月経痛やおりものが生じたり、骨盤内の血流が悪化して、腰痛の原因もになったりします。
しかし、十分な可動性が保たれている場合は、ほとんど無症状に経過し、妊娠や出産をきっかけに自然に正常に戻る場合もあります。子宮内膜症や子宮付属器炎による癒着で後屈が起こると可動性も失われ、その結果、子宮後屈症状が強く現れる場合もあります。
子宮内膜症癒着による子宮後屈の場合は、不妊や流産の原因にもなるので、子宮後屈修復手術が必要になります。

子宮後屈に対する当院の取り組み

当院の子宮後屈の治療目的は、子宮後屈患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと子宮後屈の完全な回復までの時間を短縮することです。
難治である子宮後屈に対して当院は25年間、子宮後屈の治療に力を入れて、さまざま試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。
当院の治療は子宮後屈の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして子宮後屈の回復で、子宮後屈患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。
最も興味のある点は針灸治療が子宮後屈による不妊症にも効果があることです。治った子宮後屈の患者さんの一部がその後、不妊症が治り、妊娠ができました。

子宮後屈の原因

  1. 先天的なものによる子宮後屈
  2. 出産で靱帯や筋肉のゆるみによる子宮後屈
  3. 骨盤内の炎症による子宮後屈

子宮後屈の症状

  1. 無症状子宮後屈:子宮後屈は、ほとんどの場合、無症状です。
  2. 便秘、腰痛、月経困難、性交痛を伴う:まれに便秘、腰痛、月経困難、性交痛などの症状があります。子宮後屈の程度が強いと、月経時、子宮内に血液がたまりやすくなり、月経痛の原因にはなりうると思います。 子宮は筋肉質の厚い壁をもち、洋ナシのような形をした器官です。骨盤の中央にあり、前には膀胱、後ろには直腸があります。子宮は靭帯(じんたい)によって定位置に支えられています。子宮の主な役割は、胎児の成長を維持することです。子宮は子宮体部と子宮頸部に分けられます

子宮後屈の検査と診断

子宮後屈の検査は内診や超音波検査だけで十分です。そして内診や超音波検査により容易に診断が可能です。

子宮後屈と子宮内膜症

子宮内膜症は、本来は子宮腔内面にある子宮内膜が子宮以外の場所にも増殖したもので、子宮腺筋症(内性子宮内膜症)と外性子宮内膜症があります。女性ホルモンのはたらきで増殖、進行する病気で、月経のある女性にみられます。
子宮内膜症で子宮後屈になることがあります。

子宮の裏側、腸管との間にできている凹み部分にダグラス窩があります。ダグラス窩は子宮内膜症の好発部位であるため、癒着を起こすことが多く、癒着で子宮が後屈になっている場合があります。癒着による子宮後屈の症状としては、生理痛が強い、生理痛のような痛み、性交時痛があり、排便時に痛み、頻繁に下痢をするなどと訴えることがあります。
子宮内膜症で子宮後屈になる場合は癒着をはずして子宮を元の位置に直すような手術を必要とする場合もあります。

子宮後屈と妊娠

子宮後屈は、かつて不妊、流産の原因になると考えられていました。子宮を前屈に矯正する手術が行われることもありました。しかし、現在では、子宮後屈が不妊、流産の原因とは考えられなくなり、そのような手術が行われることもほとんどなくなってきました。子宮後屈とは、通常はおなかにむかって曲がっている状態(子宮前屈)が多いのですが、後方に折れ曲がっている状態の事をいいます。子宮が後屈になっていると妊娠しにくいと言われていました。子宮の中に精子が入りにくいからというのがその理由ですが、実際のところ確かに後屈の人の方が多少は子宮の方へ入りにくいのでしょうけれど、しかし妊娠する上で障害となるほどの差があるものではありません。

子宮後屈の西洋医学的な治療

  1. 手術
  2.   
  3. ペッサリーでの治療

子宮のこと

ヒトの子宮は、厚い筋肉の壁でできた袋状の構造をしています。非妊娠時の大きさは上下に6〜8 cm程度、幅が4〜5 cm程度で、骨盤内に膣の上端とつながって存在します。子宮の上端部を子宮底、下部を子宮頸(部)と呼びます。子宮頸部はその下側では外子宮口を介して膣とつながり、子宮底の左右端は卵管とつながっています。受精卵が着床するのは子宮底の場合が多いです。

子宮の位置異常は子宮後屈以外にも、子宮下垂があります。

子宮後屈鍼灸の治療法

子宮後屈鍼灸治療症例と臨床経験

子宮後屈鍼灸治療症例 :子宮後屈患者170名、取穴:子宮、中極、気海、関元、天枢、腎兪、次髎、足三里、三陰交、太沖、内関、合穀。電気針。気海に間接灸9壮。

子宮後屈鍼灸臨床経験 :当院では、多くの子宮後屈の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの子宮後屈患者が通っていらっしゃいます。子宮後屈患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸の針灸(鍼灸)治療では、子宮後屈患者の回復と予後は良好で、多くの子宮後屈患者は普通の生活が可能となりました。
子宮後屈鍼灸治療で、子宮後屈から子宮前屈の状態に戻るケースはかなりあります。特に出産で、靱帯や筋肉のゆるみによる子宮後屈や骨盤内の炎症による子宮後屈などはかなり有効です。子宮後屈の症状がありましたら、鍼灸治療を受けましょう。

子宮後屈鍼灸治療の症例

宮入さん、29才、OL,世田谷区在住。12歳で初経を迎えてから、29歳になった今まで、ずっと月経不順で、2カ月に一度くらいの頻度でしか月経が来ません。15歳の時、生理不順のため、初めて行った婦人科で、「子宮後屈です」と言われました。最近では出血の量もかなり少なくなってしまって不安だらけで、当院に来られました。16回の鍼灸治療で、生理出血の量も正常にもどって、月経が毎月来るようになり、超音波検査では子宮後屈から子宮前屈の状態にもなりました。

子宮後屈患者の質問

子宮後屈患者CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
子宮後屈の治療で伺いたいと思っています。
実際に通ってメニューの中からどの治療をするのか だいたいの料金などを目安として教えて下さい。
改善してるかどうかは、ある程度通って自分の判断で 婦人科で再診してもらう感じでしょうか?

当院の返事:
治療費は6500円/1回です。
改善してるかどうかは、ある程度通って 婦人科で再診してもらいます。

患者様の返信:
1か月ほど前より子宮後屈の治療をしていただきました。
おかげさまで治療前よりも子宮後屈がかなり回復していますと 先週の検査で確認ができました。
大変感激いたしました。本当に有難うございました。
明日の治療も宜しくお願いします。

 

子宮後屈の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
子宮後屈で鍼治療を考えているのですが、本当に後屈を和らげることができるのでしょうか? また鍼治療の場合、保険の適用はありますでしょうか? 宜しくお願い致します。

子宮後屈の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
子供を授からないまま結婚5年目を迎えました。婦人科で精密検査をしたところ、ホルモン等の数値は総じて良好 でしたが「子宮後屈」が卵管造影検査時に判明しました。不妊とは関係ないのですが、異常な便秘症で、食生活やストレス軽減では改善しな いので、これも「子宮後屈」が原因かもしれないと思っています。このままで人工授精に向かうべきかと不安に思い調べていたところ、こち らに辿り着きました。サイトでは「子宮後屈が改善する」と表記されていますが、どのくらいのペースで、どれくらいの期間お世話になる想 定をすべきか、教えていただけますか?(週2で3カ月、など)どうぞよろしくお願いいたします。

子宮後屈の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
子宮後屈ですが、今週11日の土曜に銀座に用事があるので、夕方16時以降でどこか空いている時間がありましたら予約させて いただきたいと思っています。予約はもういっぱいでしょうか?

子宮疾患と鍼灸治療

子宮後屈 子宮内膜症 子宮下垂 子宮筋腫 子宮腺筋症 子宮発育不全 不妊症

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん