蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>代謝、内分泌系>成長ホルモン分泌不全

成長ホルモン分泌不全

成人成長ホルモン分泌不全症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵蘇我庵蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

成人成長ホルモン分泌不全症について

成人成長ホルモン分泌不全症とは、成人において成長ホルモンの分泌不全により、「易疲労感」「スタミナ低下」「身体的精神的エネルギー低下」「集中力低下」「うつ状態」などの自覚症状に加えて、体脂肪量の増加や除脂肪体重の減少などの体組成異常および血中脂質高値などの代謝障害を特徴とする病気である。
成人成長ホルモン分泌不全症は種々の原因によって年齢不相応に成長ホルモン分泌が低下する下垂体疾患であり、多くの患者で、筋力低下、運動能力低下を認め、また皮膚は薄く乾燥し、発汗が低下する。

   

成長ホルモン分泌不全症の原因

成長ホルモン分泌不全原因は、視床下部・下垂体疾患の存在あるいはその既往である。この中で最も頻度が高いのは下垂体腺腫であり、原発性脳腫瘍の約18%を占める。頭蓋咽頭腫3.5%、胚細胞性腫瘍2.8%、その他の腫瘍を含めるとこの部位には原発性脳腫瘍の約25%が発生することになる。このほか原因を特定できない特発性のものもある。

成長ホルモン分泌不全症の症状

成人成長ホルモン分泌不全の症状は:

  1. 体組成の変化:になると全身の脂肪量が増大するが、特に内臓脂肪量が増加し、その結果、ウエスト・ヒップ比の増大となって現われる。
  2. 骨量減少
  3. 心血管系の罹患率および死亡率の上昇
  4. QOLの低下

成長ホルモン分泌不全症の検査と診断

成長ホルモン分泌不全の検査の刺激試験には、@インスリン負荷試験Aアルギニン負荷試験BL-DOPA負荷試験Cグルカゴン負荷試験DGHRP-2負荷試験の5種類が使用できる。重症型が疑われる場合には、インスリン負荷試験あるいはGHRP-2負荷試験をまず試みる。
成長ホルモン分泌不全が疑わしい患者において成長ホルモン分泌刺激試験を行い、成長ホルモン分泌予備能の低下を確認し、診断する。

成長ホルモン分泌不全症の西洋医学治療

成長ホルモン分泌不全症の西洋医学治療は、欠乏しているホルモンの補充療法が必要である。

成長ホルモン分泌不全症の鍼灸治療法

成長ホルモン分泌不全症の鍼灸治療と鍼灸臨床経験

成長ホルモン分泌不全症の症例 :成長ホルモン分泌不全患者112名、取穴:大椎、人迎、廉泉、合穀、足三里、三陰交、天突、陽陵泉、曲池。電気針。

成長ホルモン分泌不全症の鍼灸臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くの成長ホルモン分泌不全患者の症状を回復させてきました。今も多くの成長ホルモン分泌不全患者が通っていらっしゃいます。成長ホルモン分泌不全患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、成長ホルモン分泌不全患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の成長ホルモン分泌不全患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。

成長ホルモン分泌不全症患者の質問

成長ホルモン分泌不全症N様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
医者に行って成長ホルモン分泌不全症と言われ、 ご相談したく存じます。

当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
同じ症状で治った方がたくさんいらっしゃいますので、心配ないと思います。
 

患者様の返信:
5月1日に初めて貴院へお伺いしてから、早や3週間になります。
お陰様で、ここのところ成長ホルモン分泌不全症は殆どよくなてきました。 ありがとうございます。
一生治らないと不安で一杯でしたが、 先生の治療で、勇気づけられました。 明日もお伺いしますので、どうぞよろしくお願いします。

成長ホルモン分泌低下症の治療相談 

[ 症状、ご相談内容 ] :
成人成長ホルモン分泌低下症で重傷と判断されました
先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん