蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座

行為障害

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

行為障害について(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

行為障害・自閉症の原因|行為障害・自閉症【小児疾患】

行為障害とは、他者の権利や年齢相応の主要な社会規範またはルールを侵害するような行動を反復的または持続的に起こそうとする状態です。
行為障害は、反復し、持続する反社会的、攻撃的、反抗的な行動パターンを特徴とし、年齢相応の社会規範や規則を大きく逸脱しているものを指します。
行為障害は、成長とともに反抗挑戦性障害をもつ子どもの問題行動がエスカレートし、万引きなどの触法行為、人や動物に対する過度の攻撃性や暴力、重大な規則違反などがみられると、もはや反抗挑戦性障害ではなく、「非行」とほぼ同義で扱われる行為障害となってしまいます。 行為障害は、ADHD→反抗挑戦性障害→行為障害の経過をたどるといった破壊的行動障害マーチ」がみられることもあります。さらに、ごく一部はその後、反社会性人格障害へと発展するものもみられます。

行為障害に対する当院の取り組み

当院の行為障害の治療目的は、行為障害患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと行為障害の完全な回復までの時間を短縮することです。
行為障害の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は行為障害患者の期待に応えるため、30年間、行為障害の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%を占めます。
行為障害の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法【脳透穴針】を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして行為障害の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

行為障害の鍼灸治療法

行為障害の鍼灸治療治療症例と臨床経験

行為障害鍼灸治療症例 :行為障害患者64名、取穴【脳透穴針】:風池、太陽、人中、大椎、中沖、百会、合穀。電気針。

行為障害鍼灸臨床経験 :当院では、多くの行為障害の症状を回復させてきました。今も多くの行為障害患者が通っていらっしゃいます。行為障害患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、行為障害患者の症状が大幅に改善されます。

行為障害の鍼灸治療のメカリズム

行為障害の原因|行為障害【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脳機能を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織と機能を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、交感神経を活発化させます
5.脳神経シナプスの情報伝達を活性化します。

行為障害治療の実際様子と流れ

行為障害の原因|行為障害【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

行為障害の原因|行為障害【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
行為障害の原因|行為障害【神経疾患】

行為障害の原因

行為障害を招く要因は、おそらくは遺伝因子と環境因子の複雑な相互作用であると考えられます。大きく分けて3つの型があります。

  1. 個人の要因
  2. 家庭の要因
  3. 社会文化的要因

行為障害の症状

行為障害の主な症状としては、いじめ、喧嘩、強迫、その他人を傷つけるような行為や、ひったくりや強盗などの犯罪行為などがあります。,br /> 行為障害を引き起こす子供は、上記のような行為を繰り返すために社会的に孤立しやすい状態となります。

  1. 人や動物に対する攻撃性:しばしば人と喧嘩したり、脅迫したり、威嚇したり、動物に対して残虐な仕打ちをする。
  2. 所有物の破壊:他人の所有物の破壊 放火など
  3. 嘘をつくことや窃盗:繰り返し嘘をついたり、盗みを行なう。
  4. 重大な規則違反:学校のズル休みや、家出など

行為障害の診断基準

行為障害の診断基準は、他者の基本的権利を侵害するような、または年齢相応な社会的規範や規則を破るような行動パターンが繰り返し持続的にみられるもので、少なくとも6ヶ月間持続し、その間に以上の症状のうち、いくつかが存在すること。

行為障害の西洋医学治療

行為障害の具体的な治療の方法としては、薬物療法および心理療法による併存障害の治療により,患者の自尊心と自己制御が改善され最終的にCDのコントロールの改善が得られることがあります。
行為障害に発展するまでに、適切な理解の下で十分かつ適切な指導・療育が受けられないと、治療は困難極まりなく、また予後不良という悲しい状態になってしまいます。また、治療法も医療分野だけでは到底不可能で、福祉・教育分野や地域との関わりも大きな役目を担っているのです。

行為障害患者の質問

行為障害患者の声

行為障害患者NH様

[ 症状、ご相談内容 ] :
8歳になる男の子がいて行為障害といわれて今発達クリニックにかよってます。薬飲んでますが全然かわらずです。5月 に出産予定でそちらに通うのが1か月しかありません。できるだけ症状よくしたいのですがやはり1ヶ月ではむずかしいでしょうか?

当院の返事:
何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
5回治療していただき、誠にありがとうございます。
先生のご治療を受け、行為障害がかなり改善され、力強い気持ちがわいてきました。
来週も引き続きお世話になりますので、宜しくお願いします。
  

注意欠陥多動性症候群患者H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
注意欠陥多動性症候群です。小学四年生より、リタリン服薬はじまり、年齢と共に多動がおさまらず 、暴力的になったり、現在はコンサータ他、多数の薬を服薬しています。最近、漢方薬もはじめました。

ADD〈不注意型〉H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
まだ他のメンタルクリニックに病院にかかったことはありません。親の見解から大人のADD〈不注意型〉 ではないかと感じています。1年前くらいから障害では?と疑うようになりました。 成人になってからでも鍼灸の効果や症例などはありますでしょうか? メンタルクリニックでテストを受けて診断をもらう必要がありますか?

多動性障害患者N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
多動性の障害を併発しております。小さな子供 でも治療は出来ますか?てんかんがあっても治療はできるでしょうか? それから息子はじっとしてる事が出来ないのですが、そんな子供で も治療をして頂けますか?

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん