中国鍼灸 東京・銀座

先天性耳瘻孔

先天性耳瘻孔と鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

先天性耳瘻孔について

先天性耳瘻孔の原因|中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

先天性耳瘻孔とは、生まれつき耳前部に小さな孔があって、そこから白い垢のようなものや臭い膿汁が出る病気です。
耳介は胎児期にいくつかの軟骨性の塊が寄り集まってひとつの軟骨に形成されるものと考えられています。これらの塊がひとつの軟骨に癒合する時にうまくできず、小さなすきまができてしまうのがこの病気だと推測されています。

先天性耳瘻孔の原因

先天性耳瘻孔は生まれつきです。

先天性耳瘻孔の症状

耳前部に、小さな孔の下には袋状のものが隠れています。そこににおいのある白い泥状の分泌物がたまるとふくらみ、孔から自然に、または孔の周囲を圧迫すると分泌物が出てくることがあります。この分泌物が感染の原因となって炎症を起こす可能性があります。感染すると、袋ごと発赤してはれあがり、孔の周囲に痛みを訴えます。袋からさらに周囲の皮下組織に炎症が及ぶと発赤とはれが拡大し、うみがたまり、激痛になります。

先天性耳瘻孔の検査

小さな孔の下に袋状のものはにおいのある白い泥状の分泌物がたまるとふくらみ、孔から自然に、または孔の周囲を圧迫すると分泌物が出てくることがあります。

先天性耳瘻孔の診断

先天性耳瘻孔は耳の状態を観察すること(視診)により診断可能です。

先天性耳瘻孔の西洋医学的な治療

先天性耳瘻孔の西洋医学的な治療:感染を起こした場合、初期ならばなるべく外科的治療をせず、抗生剤や消炎薬などで治療します。

先天性耳瘻孔の生活注意点

  1. プールやお風呂で耳が水に入ったときには、きちんと出す。
  2. いつも耳を清潔にする。
  3. ストレス解消のために気分転換を図る。
  4. 心身の安静を守って下さい。
  5. 鼻を強くかまないで、左右別々にそっとかむようにして下さい。
  6. 痛みがとれても炎症は残っています。完治するまで治療を続けましょう。

先天性耳瘻孔の鍼灸治療法

先天性耳瘻孔の鍼灸治療症例と臨床経験

先天性耳瘻孔鍼灸治療症例 :先天性耳瘻孔患者さん202名、取穴:翳風。電気はり+お灸。 耳門、聴宮、聴会、風池。低周波。

先天性耳瘻孔鍼灸臨床経験 :当鍼灸院では、多くの先天性耳瘻孔の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの先天性耳瘻孔患者が通っていらっしゃいます。先天性耳瘻孔患者の一人一人の症状に合わせて、当鍼灸院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸の針灸(鍼灸)治療では、先天性耳瘻孔患者の回復と予後は良好で、多くの先天性耳瘻孔患者は普通の生活が可能となりました。

先天性耳瘻孔鍼灸治療のメカリズム

先天性耳瘻孔患者の免疫機能を増強し、消炎効果を高めると考えられます。

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん