中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>難病>シェーグレン症候群

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

シェーグレン症候群について

シェーグレン症候群の原因|シェーグレン症候群【神経疾患】

シェーグレン症候群とは、眼、口、その他の部位の粘膜が異常に乾燥する病気です。
シェーグレン症候群(SS)は、1930年にスウェーデンの眼科医シェーグレンによる関節リウマチ(RA)を合併した乾燥性角結膜炎の報告が最初でした。1933年にドライアイ、ドライマウス、関節炎の症状をもつ19例を発表して以来、報告者の名前をとりシェーグレン症候群と名づけられました。  シェーグレン症候群は慢性唾液腺炎(だえきせんえん)と乾燥性角結膜炎が主な症状ですが、全身の臓器の病変も伴います。シェーグレン症候群は医学上の分類では膠原病に含まれます。
シェーグレン症候群の血液検査では多様な自己抗体が陽性になり、多臓器に特殊なリンパ球の浸潤も認められ、自己免疫疾患のひとつとして位置づけられています。シェーグレン症候群の病変は唾液腺、涙腺だけでなく、全身の外分泌腺に生じる可能性があります。
シェーグレン症候群になりますと、口の中の唾液腺や眼の涙腺など、体液を分泌する腺に白血球が浸潤します。白血球は腺を傷つけ、その結果口や眼の乾燥が起こるのが、シェーグレン症候群の顕著な症状です。
シェーグレン症候群患者の中には、口と眼の乾燥があり、それ以外には症状がみられない人もいます(乾燥症候群と呼ばれる状態)。眼が乾燥すると、角膜がひどく傷ついて、眼に異物感やヒリヒリする痛みが生じます。涙の分泌量が不足するため、眼の障害はいつまでも続きます。唾液の分泌が不足すると、味覚や嗅覚が鈍くなり、ものを食べたり飲んだりすると痛みが生じます。また、むし歯の原因にもなります。シェーグレン症候群の人の約3分の1で、ほおの内側にある唾液腺(耳下腺)が腫れ、わずかに圧痛を認めます。口の中が焼けつくような感じになることがありますが、この症状はときに、真菌による感染症の併発を示している場合があります。

シェーグレン症候群に対する当院の取り組み

中国鍼灸院のシェーグレン症候群の治療目的は、シェーグレン症候群の回復程度を高めることとシェーグレン症候群が完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できないシェーグレン症候群患者さんの期待に応えるため、当院が25年間、シェーグレン症候群の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。
治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。
シェーグレン症候群が頑固なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。シェーグレン症候群の唾液と涙分泌の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

シェーグレン症候群の鍼灸治療法

シェーグレン症候群鍼灸治療症例と臨床経験

シェーグレン症候群の鍼灸治療症例 :シェーグレン症候群患者80名、取穴:足三里、三陰交、中脘、中極、合穀、曲池、翳明、太陽、風池、攅竹、四白、地倉、金津、玉液。神闕に間接灸9壮

シェーグレン症候群の鍼灸治療臨床経験 :当院では、多くのシェーグレン症候群患者の症状を回復、或いは改善してきました。1998年、『日本経済新聞』に鍼灸治療で多くのシェーグレン症候群が治ったという記事があってから、多くのシェーグレン症候群患者が通っていらっしゃいます。シェーグレン症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの針灸治療では、シェーグレン症候群患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くのシェーグレン症候群患者の唾液と涙の分泌が回復しました。
シェーグレン症候群の場合、当院では、弁証論治に基づいて、早期では、健脾胃,中期では、補肝腎、扶正気,肝兪、隔兪、大杼、三陰交などを多用し、神闕に間接灸9壮/1回、全身の陽気、とくに脾胃の気を強くすることで、「後天の本」を補強します。

シェーグレン症候群の鍼灸治療のメカリズム

シェーグレン症候群の原因|シェーグレン症候群【難病疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、異常免疫を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.泪腺、だ液腺の血流量が増え、損傷した組織を修復します。
4.腺の働きを活性化させます。
5.異常免疫を健常化します。

シェーグレン症候群治療の実際様子と流れ

シェーグレン症候群の原因|シェーグレン症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

シェーグレン症候群の原因|シェーグレン症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』

シェーグレン症候群の原因

シェーグレン症候群は自己免疫による疾患で、自分の身体の成分に対して免疫反応を起こすことによる疾患です。遺伝的要因、ウイルスなどの環境要因、免疫異常、更に女性ホルモンの要因が考えられています。これらの4つの要因が複雑に関連し合って発症するものと考えられ、どれか一つの原因で発病するわけではありません。

シェーグレン症候群の分類

シェーグレン症候群は主として中年女性に好発する涙腺と唾液腺を標的とする臓器特異的自己免疫疾患ですが、全身性の臓器病変を伴う全身性の自己免疫疾患でもあります。

  1. 二次性シェーグレン症候群
    シェーグレン症候群は膠原病( 関節リウマチ全身性エリテマトーデス 、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病)に合併するシェーグレン症候群。
  2. 原発性シェーグレン症候群
    膠原病(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス 、強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病)に合併のないシェーグレン症候群。原発性シェーグレン症候群の病変は3つに分けることができます。1つ目は目の乾燥(ドライアイ)、口腔乾燥の症状のみがある患者さんで、ほとんど゛健康に″に暮らしている患者さんもありますが、ひどい乾燥症状に悩まされている人もあります(約45%)。2つ目は全身性の何らかの臓器病変を伴うグループで、諸臓器へのリンパ球浸潤、増殖による病変や自己抗体、高γグロブリン血症などによる病変を伴う患者さんです(約50%)。3つ目は悪性リンパ腫や原発性マクログロブリン血症を発症した状態です(約5%)。経過を見ますと、約半数の患者さんは10年以上経っても何の変化もありませんが、半数の患者さんは10年以上経つと何らかの検査値異常や新しい病変がみられます。

シェーグレン症候群の症状

眼乾燥症(ドライアイ)

口腔乾燥症(ドライマウス)

シェーグレン症候群の検査と診断

シェーグレン症候群の場合、口や眼の乾燥はよくみられる症状ですが、これに関節炎が伴っていれば、おそらくシェーグレン症候群であると考えられます。シェーグレン症候群を診断したり、症状が似ている他の結合組織疾患と判別するためにさまざまな検査が行われます。涙の分泌量を調べる検査では、ろ紙を下のまぶたの下に置いて、一定時間にどの程度ろ紙がぬれるかを調べます(シルマー試験)。シェーグレン症候群の人では涙の分泌量が正常量の3分の1以下です。眼球表面に傷がないかを調べる検査も行われます。唾液の分泌量を調べるには、唾液腺の画像診断や生検といった検査をします。血液検査では、異常な抗体が検出されます。中でも、SS-B抗体は、シェーグレン症候群に特異性が高い抗体です。関節リウマチや全身性エリテマトーデスによくみられる抗体が陽性の場合もあります。10人中約7人で赤血球沈降速度(ESR:試験管内の血液中で赤血球が沈む速度を測定する検査)が増大します。およそ3人に1人の割合で、赤血球数が減少したり(貧血)、特定の白血球数が減少します(白血球減少症)。

シェーグレン症候群の西洋医学治療

シェーグレン症候群の西洋医学治療は腺外症状の有無により異なります。腺症状だけの腺型シェーグレン症候群では、日常生活ではあくまでも対症療法が中心となり、外部環境に気をつかい、眼や口に風が当たらないようにメガネやマスクを使用し、室内では加湿を心がけてください。ドライアイに対して、防腐剤を含まない人工涙液(眼薬)、プラグを用いた涙点閉鎖、ドライアイ保護用眼鏡などが有効です。ドライマウスに対しては、うがい、サルベートなどの人工唾液、ガム、フェルビテンなどが有効でしょう。最近、ムスカリン受作動性アセチルコリン受容体を刺激する塩酸セビメリン(サリグレン、エボザック)が発売されましたが、ドライマウスに対して有効です。米国では、塩酸ピロカルピン(サラーゲン)がすでに使用されており、近い将来、日本でも認可されることが期待されます。  活動性で炎症症状が強い腺外型や二次性シェーグレン症候群に対しては、その炎症を抑えるために副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)が使用されます。

シェーグレン症候群の経過と生活注意点

シェーグレン症候群の経過の見通しは一般には良好です。しかし、肺、腎臓、リンパ節が抗体によって攻撃されると、肺炎、腎不全、リンパ腫などを発症します。
シェーグレン症候群患者口腔内を常に衛生的な状態に保ち、歯科に頻繁に通うことがむし歯や歯の喪失を防ぐために重要です。唾液腺の痛みや腫れは、針で治療します。関節の症状は通常は軽症なので、治療には、やはり針を使用し、休息を十分に取ります。

シェーグレン症候群患者の質問

シェーグレン症候群KG様

[ 症状、ご相談内容 ] :
6年くらい前から、ドライマウスとドライアイが始まり
さらに、現在は右足のふくらはぎが重苦しくて、弾性ストッキングヲはいているのですが、外すと、重りを付けたような足になってしまい、歩 きにくくなります。病院で検査をしましたら、シェーグレン症候群ということでまだ、薬は必要ないとのこと。でも、話にくく、飲み込みが 悪く、足もとても不安で、体がどうなっていくのかが不安です。鍼は効果がありますか?
今、仕事もあるので、そんなに頻繁に通えませんが効果がでますか?

当院の返事:
当院の鍼灸治療はシェーグレン症候群には、かなり 有効です。今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方も いらっしゃいますので、心配ないと思います。
頻繁に通えなくても効果があります。

患者様の返信:
3か月ほど前よりシェーグレン症候群の治療をしていただいている熊谷と申します。 おかげさまで治療前よりもドライマウスとドライアイがかなり回復している感じがあります。 先日は、右足のふくらはぎが重苦しさへの治療もしていただき、今では殆ど苦しくはありません。
病院の検査結果、シェーグレン症候群の所見はないとのことです、 ありがとうございます。

シェーグレン症候群E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
シェーグレンで口が渇きます。今病院で検査中です。検査の結果が7/18日に分かります。薬を使いたくないと思って いま すがそれでも針で改善されますか。

シェーグレン症候群WE様

[ 症状、ご相談内容 ] :
3年前に目が真っ赤になり、眼科に行った所、コンタクトで角膜が傷だらけになっていると言われました。その時初めて自分がドライアイだと 診断されました。涙が出ないため治りが異様に遅いなどと言われつつ一年間眼科に通いました。 同じ時期から、口の中がベタベタする事が多くなりました。歯磨きで解消されるのとも違う感覚がありました。 実は子供の頃からか唾液が多く悩んでいたのですが、解決方法がわからず今に至っているのですが、唾液が溢れてきたり、それでいて口の中が ベトベトして乾いた感じもする。 声優ををしているのですが、最近長い台詞を頂ける機会が増え、さらに歌う機会も多くなってきて、台本を読んでいると異様に目が乾き文字が しっかりみえなかったり、ある時は口の中がベトベトして上手く喋れない、ある時は唾液が溢れて唾を飲み込まないと歌い続けられないなど の状態です。
自分にとっては深刻な悩みなので色々探し回っている内にシェーグレン症候群という症状があると知りました。 口が乾くとは違うのかもしれないですが、もうここ数年寝て起きたら目と喉がカラカラに乾いていてカピカピした感じです。 このような症状のものですが、治療で改善が見込めるでしょうか。

当院の返事:
シェーグレン症候群は改善される可能性があります。 最近、一人シェーグレン症候群患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 目と口の渇きの症状がかなり良くなりました。

シェーグレン症候群NM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
昨年の10月に耳下腺が腫れ、病院へ行くとおたふくと診断されました。その後腫れが額下線へ移動し、しばらく腫れは続きましたが、やがて 収まりました。 腫れ始めてから口の渇きが気になり出し、おたふくが治った現在でも、口の渇きの症状は元に戻りません。 そればかりか、元々ドライアイだった目も、さらに乾燥を感じるようになりました。 更に皮膚も乾燥気味で敏感になり発疹がみられたり、性器も乾燥しほとんど濡れなくなってしましました。 大学病院で検査もしてもらいましたが、どの結果も正常よりは低いがシューグレンだと診断するには早すぎると言われました。血液検査でも抗 体反応は陽性でしたが、100%シューグレンだとわかる抗体については陰性でした。 現在、薬は服用しておりません。別で近所の漢方医に処方してもらった薬を飲み続けていますが、症状にあまり 変化はみられません。 このようなシューグレンかシューグレンでないかの瀬戸際の私の症状でも、よくなる可能性はありますでしょうか。教えてください。

当院の返事:
先月末、一人シューグレン症候群患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 シューグレン症候群の症状がなくなりました。 当院が開発した特殊な治療法で、治ったシューグレン症候群の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  シューグレンかシューグレンでないかの場合も効果があります。

シェーグレン症候群E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
はじめまして、中国鍼灸院さんにまたいくつかご相談や悩みがございますが、度々すみません。 レーシック術後によるシェーグレン症候群や、しつこく再発する手荒れや湿疹、あかぎれがほとんどなくならない手症状、そして顔の左半分が ヒリヒリ乾燥する 三叉神経痛か顔面神経痛か帯状疱疹後神経痛かわからない症状等に凄く困っており、以前にも問い合わせした症状と同様、日常生活や仕事、 勉強等に凄い支障ををきたしており、他院で 様々な治療を施しましたが期待した効果はほとんど得られませんでした。 このような場合でも鍼灸治療等で完治することは可能でしょうか?

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、 シェーグレン症候群、手荒れや湿疹、顔の左半分 ヒリヒリ乾燥と三叉神経痛には効果的ですので、心配ないと思います。 

シェーグレン症候群CE様

[ 症状、ご相談内容 ] :
シェーグレン症候群といわれています。最近はかなり悪化しています。難病の医療費助成制度の申請をしようと思います。大阪市の鍼灸医でシ ェーグレン症候群の治療をしている方をご存知でしたら教えてください。(鍼灸は医療費助成ができないのは知っています。)

自己免疫疾患・膠原病の針灸治療

間質性肺炎 関節リウマチ 強皮症 関節炎 ベーチェット病 シェーグレン症候群 強膜炎 全身性エリテマトーデス 側頭動脈炎 原田病 ぶどう膜炎 虹彩毛様体炎 強直性脊椎炎 クローン病 多発性硬化症 重症筋無力症 自己免疫性肝炎 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん