中国鍼灸院 東京・銀座

発達障害

発達障害の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

発達障害について

発達障害の原因|発達障害【小児疾患】

発達障害とは、先天的な要因によって、主に乳児期から幼児期にかけて現れ始める発達の遅れです。
発達障害は脳の発達過程が初期の段階で何らかの原因によって阻害され、認知、言語、社会性、運動などの機能の獲得が障害された状態です。広義の発達障害に中には重症心身障害(重複障害)、視聴覚障害、脳性麻痺、知的障害、自閉症、てんかんが含まれます。
発達障害には、しばしば精神・知能的な障害や身体的な障害を伴います。精神発達障害(知的障害)は一般的に、精神発達障害の症状のみ出る場合を指し 、発達障害に含まれないです。

発達障害に対する当院の取り組み

当院の発達障害の治療目的は、発達障害患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと発達障害の完全な回復までの時間を短縮することです。
発達障害の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院は発達障害患者の期待に応えるため、25年間、発達障害の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
針灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%を占めます。
発達障害の症状が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして発達障害の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

発達障害の鍼灸治療法

発達障害の鍼灸治療治療症例と臨床経験

発達障害の鍼灸治療症例 :発達障害患者718名。【脳透穴針】取穴:印堂、百会、前頂、懸顱、後頂に頭皮針。夾脊穴(大椎の両側0.5cmのところ、大椎からおしりまでの間)に刺し、捻針します。

発達障害の鍼灸臨床経験 :当院では、多くの発達障害患者の症状を回復させてきました。今も多くの発達障害患者が通っていらっしゃいます。発達障害患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、発達障害患者の回復と予後はかなり良好です。多くの発達障害患者は普通の成長に戻ることが可能になりました。発達障害の鍼灸治療で、知能の遅れによる症状の改善が著しいです。

発達障害の鍼灸治療のメカリズム

発達障害の原因|発達障害【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、大脳の高次機能を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織と機能を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の神経細胞を活発化させます
5.脳神経シナプスの情報伝達を活性化し、大脳の高次機能を健常化します。

発達障害治療の実際様子と流れ

発達障害の原因|発達障害【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

発達障害患者親の声 伊藤様

発達障害の原因|発達障害【神経疾患】

その節は大変お世話になりました。
達哉君は鍼灸治療を終え、今3年が過ぎ、元気に過ごしております。
先生の治療を受ける前に、達哉君は街中や電車、バスの中などで奇声を上げたり、周りの人と会話でコミュニケーションを取れなかったりしていました。
精神科で精神発達遅滞といわれ、IQが40でした。
「うちの子は皆と違うから、将来社会に適応するのは非常に難しい」と抱え込んでしまいましたが、 先生の治療を受け、今は勉強ができてIQが80になりました。
これは先生のお蔭です。
先天性の疾患、発達障害は治らないと言われてきましたが、 先生に出会えたこと・・・一生忘れないと思います。
本当にどうもありがとうございます。
全国の知的障害の患者さんに是非参考してほしいと思います。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

発達障害の原因|発達障害【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
発達障害の原因|発達障害【神経疾患】

発達障害と西洋医学

発達障害の分類

  1. 精神発達障害:軽度精神発達障害、中等度精神発達障害、重度精神発達障害、最重度精神発達障害、重症度特定不能精神発達障害
  2. 広汎性発達障害:自閉症、レット症候群、小児期崩壊性障害、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害
  3. 学習障害(LD) :読字障害、算数障害、書字表出障害、特定不能の学習障害
  4. 運動能力障害 :発達性協調運動障害
  5. コミュニケーション障害:表出性言語障害、受容―表出混合性言語障害、音韻障害、特定不能のコミュニケーション障害
  6. 注意欠陥(ADHD)及び破壊的行動障害(DBD) :注意欠陥・多動性障害、特定不能の注意欠陥・多動性障害、行為障害、反抗挑戦性障害、特定不能の破壊的行動障害

発達障害の原因

  1. 遺伝的素因:先天性の遺伝性疾患、染色体異常、同胞発生率や一卵性双生児の一致率が高い
  2. 低出生体重児
  3. ウイルスの胎内感染
  4. 出生後に脳炎などで脳損傷を受けた場合
  5. 周産期異常、妊娠中の問題(妊娠中のアルコール、タバコ)
  6. 薬物影響
  7. 早産、低出生体重児

発達障害の症状

  1. 注意欠陥性多動性障害:多動、過活動、注意散漫、不注意衝動性などが、7歳までに2つ以上の場所(家庭または学校で)見られる。
    【乳児期】
     ・ 特に特徴がないが、何となく他の兄弟姉妹とは違う。強いて言えばむずがりやすい、機嫌が直りにくい、睡眠が不規則で1日の生活リズムが確立しない、非常におとなしく手がかからない。
    【幼児期】
     ・ 多動である。目離しができない(特に公園、マーケットなどで多動傾向が増す)疲れをしらない、融通がきかない、わがまま、怪我をよくする、あまり昼寝をしない。
    【幼稚園・学童期】  ・ 多動、過活動、注意散漫、不注意、衝動性等の症状が出てくる。
     ・ 食事、授業などでおとなしくできない、注意されたことを守れない、集中力がない、友達とのトラブルが絶えない、乱暴である、悪ふざけをする、順番を待てないなど。
  2. 学習障害 読字障害、書字障害、算数障害、非言語性障害( 知的な能力そのものに大きなつまずきがない)
     ・聞いたことの理解が難しい。
     ・ 話したい事が、ことばで上手く表現できない。
     ・ 文字を書く事が苦手である。
     ・繰り上がり、繰り下がりの計算ができない。
     ・図形や文章問題の理解に困難を来たす。
  3. 高機能広汎性発達障害:
    【乳児期】
     ・ 視線が合いにくい、抱っこしにくい(触れられることを嫌がる)
     ・ 育てにくい:よく泣き眠らない、いつも抱っこを要求する
     ・ 育てやすい:分離不安が見られず、1人遊び(手がかからない子)
     ・ 言語発達遅延(話しことばの遅れ、オウム返し、会話が苦手)
     ・ 興味の偏り(数字、文字、標識など)
     ・ 過敏性(音、映像、接触などに対して)
     ・ 想像力の障害(ごっこ遊びができない)
     ・ 集団行動が苦手(保母の指示に従えない)
    【学童期】
     ・ 集団行動が苦手、孤立、教師の指示に従えない
     ・ 人の気持ちや場面の意味を理解しにくい
     ・ 会話が苦手
     ・ 過敏性(音、映像、接触など)
     ・ パニック
     ・ ことばの使用(抽象語、表面的、比喩、冗談の理解の困難)

発達障害の検査と診断

家族に遺伝性疾患の人がいる場合や、ほかにも遺伝性疾患をもつ子供がいる場合、医師は遺伝子検査を勧めることがあります。特に精神遅滞と関連のある遺伝性疾患、たとえばフェニルケトン尿症、テイ‐サックス病、脆弱(ぜいじゃく)X症候群などがある場合は、この検査を受けることが望ましいでしょう。遺伝性疾患にかかわる遺伝子を特定すると、遺伝性疾患をもつ子供が生まれるリスクについて遺伝カウンセラーが親にカウンセリングを行えます。
多くの子供は小児神経科医、発達小児科医、臨床心理士、言語療法士、作業療法士、理学療法士、特殊教育専門の教師、ソーシャルワーカー、看護師などの専門家による診断を受けます。

発達障害の西洋医学治療

発達障害の子供は、多面的な専門家で構成されたチームによるケアを受けるのが最善です。専門家とはプライマリケアの医師、ソーシャルワーカー、言語療法士、理学療法士、臨床心理士、教育家などです。

発達障害患者の質問

発達障害患者AT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
初めまして。
昨年度で退職し心療内科に通っている者です。
そちらではアスペルガー症候群の傾向をベースとして、発達障害と双極性障害(2型)を発症しているという診断を受けております。
副作用で薬も定まらず、また薬を飲み続けることや社会生活、将来について等不安で先が見えません。具体的な問題は全身の痛みと生きづらさ です。
このような場合どれくらいの頻度で何回位そちらに通ったら完治しますか?
お教え頂ければ幸いです。 何卒宜しくお願い申し上げます。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 
何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、 一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
発達障害の治療でお世話になっております。
昨日病院で検査したところ、IQがかなりあがりました。嬉しくて御報告申し上げます。
これは康先生のおかげと大変感謝しております。 これからも、お世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

発達障害患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :

発達障害患者q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
お世話になっております。 ちょっとご質問がございますが、 鍼灸治療を行う際に発達障害のみの場合、料金はどのくらいかかるのでしょうか?

先天性代謝異常のフェニルケトン尿症による発達障害患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
先天性代謝異常のフェニルケトン尿症です。 こういった症状にも改善の可能性はあるでしょうか? よろしくお願いします。

発達障害患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
思春期になってから発達障害ではないかと疑われる症状(かたずけができない、自分の行動が引き起こす結 果が想像できないなど)があり、学校でもうまくいかず高校を中退してしまいました。薬に頼らない治療法を探していたところ貴院を見つけ 、本人も興味を持っているようですが、このような症状に有効な治療はありますでしょうか?

発達障害患者F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達遅滞で、療育施設に通っています。最近は言葉も文章で話せるようにはなってきましたが、内容か不明瞭なことが多く、相手 の言ってることもあまり理解していないと思われます。 貴院の針治療では、どの程度までの改善を期待出来るのでしょうか?

発達障害患者FS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽い発達障害があると思います。学校でも、特 殊学級に入れられました。読み書 き、絵を描くことが苦手で5年の時小学1年くらいのレベルだと学校での知能テストで先生に言われました。治療すれば治りますか?

発達障害患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
心療内科にて発達障害との診断を受けました。 発達障害は先天性のものであり、努力しても完治したいです。

発達障害患者OI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達障害の病名が診断されてしまったのですが、発達障害の鍼灸治療を開始する前に発達障害の病名 が診断された病院に診療情報提供書(紹介状)を書いてもらい提供した後に鍼灸治療を行った方がよろしいでしょうか?

発達障害の治療相談

発達障害患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達障害の通院も対象になりますか。トラウマやフラッシュバックなど、病気とは言えないもの(気分の問題)も治療の対象になりますか? 不安と期待が大きく質問が多くて申し訳有りませんが、よろしくお願い申し上げます。

発達障害患者PO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達障害だったらしく集中力にかけて時間の感覚が無くなったりいつも頭がぼおーとしています。

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん