中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>眼科系疾患>蚕食性角膜潰瘍

蚕食性角膜潰瘍

蚕食性角膜潰瘍の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

蚕食性角膜潰瘍について

蚕食性角膜潰瘍の治療前|蚕食性角膜潰瘍の治療結果 治療前
蚕食性角膜潰瘍の治療|蚕食性角膜潰瘍の治療結果 治療後

蚕食性角膜潰瘍とは、角膜組織が融解して、角膜の周辺部に潰瘍ができる病気です。
蚕食性角膜潰瘍は角膜周辺部にできる進行性の潰瘍で、「モーレン潰瘍」と呼ばれています。
蚕食性角膜潰瘍の原因は不明です。
蚕食性角膜潰瘍になると、目に非常に強い痛みが起こります。
充血や目の痛みなどの症状が出て、進行すると角膜中央に向かって潰瘍が拡大します。
結膜や上強膜に炎症が広がり、角膜が薄く不透明になることもあります。自然治癒してしまうこともありますが、多くは難治です。

蚕食性角膜潰瘍の鍼灸治療

蚕食性角膜潰瘍鍼灸(針灸)治療法

蚕食性角膜潰瘍の鍼灸治療症例:蚕食性角膜潰瘍の治療は症状や原因により異なりますので、原因治療が必要です。取穴:正光穴、陽白、新明、翳明、太陽、晴明、翳風、養老、合穀、光明、人迎、廉泉、合穀、足三里、三陰交、天突、陽陵泉、曲池。電気針。
蚕食性角膜潰瘍の鍼灸治療症例:当院では、多くの蚕食性角膜潰瘍患者の症状を回復、或いは改善してきました。今も多くの蚕食性角膜潰瘍患者が通っていらっしゃいます。蚕食性角膜潰瘍患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの蚕食性角膜潰瘍針灸治療では、蚕食性角膜潰瘍患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの蚕食性角膜潰瘍患者の角膜の回復が可能になりました。

蚕食性角膜潰瘍に対する当院の取り組み

蚕食性角膜潰瘍の原因|中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

中国鍼灸院の蚕食性角膜潰瘍の治療目的は、蚕食性角膜潰瘍の回復程度を高めることと蚕食性角膜潰瘍が完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できない蚕食性角膜潰瘍患者さんの期待に応えるため、当院が25年間、蚕食性角膜潰瘍の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。
治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
蚕食性角膜潰瘍が頑固なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。蚕食性角膜潰瘍の外見の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

蚕食性角膜潰瘍の原因

蚕食性角膜潰瘍の原因は不明で、角膜上皮に対するアレルギーと考えられています。

蚕食性角膜潰瘍の病理

蚕食性角膜潰瘍では角膜周辺部の結膜に多数の形質細胞の浸潤を認め、結膜上皮層に免疫グロブリンや補体を認めます。

蚕食性角膜潰瘍の症状

目に非常に強い痛みが起こります。角膜潰瘍は角膜の周辺に起こり、周辺に沿って進行していきます。角膜の表面が削られ、灰白色のにごり(潰瘍)ができ、視力低下、充血、涙目、ずきずきとした痛みなどの症状が現れます。悪化すると潰瘍がしだいに大きくなり、目の激しい痛みのほか、涙が大量に出ます。

蚕食性角膜潰瘍の検査

蚕食性角膜潰瘍の検査:

  1. 眼球運動検査
  2. 角膜や結膜検査
  3. 涙腺機能検査
  4. 視力・視野・眼圧などの基本的な検査

蚕食性角膜潰瘍の診断

蚕食性角膜潰瘍の診断は症状と特徴的な角膜所見で診断できます。関節リウマチ、アトピー性皮膚炎など、全身疾患の合併の有無や、アレルギー性結膜疾患の確認ができます。

蚕食性角膜潰瘍の西洋医学的な治療

蚕食性角膜潰瘍西洋医学治療:

  1. ステロイド薬の投与
  2. ステロイド薬の点眼
  3. 外科手術等

眼底の疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 蚕食性角膜潰瘍 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん