中国鍼灸院 東京・銀座

病気検索>眼科系疾患>未熟児網膜症

未熟児網膜症

未熟児網膜症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

未熟児網膜症の原因

未熟児網膜症の原因|未熟児網膜症(みじゅくじもうまくしょう)【眼科疾患】

未熟児網膜症(ROP)とは、眼の網膜にある微小な血管が異常に成長する病気で、網膜や網膜の血管の未熟性を原因とした網膜の病気です。
未熟児網膜症は、血管増殖性病変で、重症例では網膜剥離となり重度の視力障害を生じます。未熟児網膜症は未熟児によく起こり、網膜の出血や混濁などの症状が出ます。
網膜の血管は酸素不足を解消するために、血管を伸ばして酸素を供給しなければならないのですが、延びるべき血管が閉塞してしまっているために、その周囲から新生血管が周囲に向かって伸びて行きます。この新生血管は非常にもろく破れやすいので、出血をしたり、重症例では、伸びていくときに、線維性の組織を伴って伸びてゆくので、これが収縮して網膜を引っ張り網膜剥離を起こして失明することもあります。未熟児網膜症は網膜血管および網膜組織の代謝系が未熟であることを基盤とし、不適切な酸素投与、過剰な水分、感染などのさまざまな危険因子が関係しているといわれています。
未熟児網膜症は網膜の血管の未熟性に基づく疾患です。在胎週数34週未満、出生体重が1800g未満の低出生体重児に起こり易く、生後3〜6週ごろ発症します。
ヒトの眼は妊娠第3週ころにできはじめ、眼球の形がほぼ完成するのが7週ごろです。光の刺激を脳に伝える神経の膜である網膜もこの時期には形成されており、そこから伸びる視神経も神経管を伝って大脳にまで到達していますが、網膜を養う血管は妊娠16週以降に視神経乳頭部から網膜の外側へと発達し始めます。この視神経乳頭部は中央よりやや鼻側にあり、鼻側の網膜血管は妊娠第8ヶ月くらいには網膜の端まで発達し終わりますが、耳側の網膜血管は長いため9ヶ月以降にならないと発達し終わらないです。胎児が予定より早く生まれてしまったため、網膜血管の発達が終わっていない為に生じます。高濃度の酸素はこれから伸びていこうとする網膜の血管を収縮させます。これがある程度以上続くと血管の先端部が閉塞してしまいます。高濃度の酸素の投与も要因の1つですがこれだけが原因ではないです。子宮の中から体外にでるだけで、赤ちゃんがさらされる酸素の濃度は2〜3倍になります。これだけでもまだ発達途中だった網膜の血管は収縮します。未熟児の場合多くは保育器の中で高濃度の酸素が投与されるのでさらに血管が収縮し、閉塞を起こしてしまうわけです。保育器の中にいる間は高濃度の酸素のために、血管が閉塞しても、酸素は十分行き渡り、血管ができていない部分の網膜も酸素が足りている状態になります。しかし、酸素の投与がなくなると、血管のない部分の網膜は酸欠状態になってしまいます。したがって多くは耳側の網膜に病変が起こます。未熟児に保育器で多量の酸素補給をすることが原因でした。かつて乳児の失明の一大原因でしたが、原因が判明して、酸素を控えるようになり、発症は減少しました。

未熟児網膜症の分類

活動期の分類には厚生省分類と国際分類がある。
瘢痕期の分類は厚生省分類がある。
厚生省研究班による新臨床経過分類によると、最も多い 型の未熟児網膜症(ROP)の進行は反応性の血管造成(1期)後、それらと無血管域の間に境界線が形成され(2期)、さらに高度になると硝子体内部への血管造成や出血が起こります(3期)。この時点で自然によくなっていく場合が多いのですが、重症例では部分的網膜剥離(4期)、全剥離(5期)となります。また、急速に進行し網膜剥離となる症例( 型)もあります。

未熟児網膜症の症状

  1. 網膜の毛細血管の出血、硝子体混濁
  2. 網膜剥離、視力障害

未熟児網膜症の検査と診断

未熟児網膜症診断は臨床経過分類に従い、眼科医により行われます。出生体重1800g以下、在胎週数34週以下の症例では、生後3週以降から定期的に眼底検査を行う必要があります。未熟児網膜症が発症した場合には診察の間隔を短くし、注意深い観察が必要です。また、高濃度酸素療法や人工換気療法を行った子どもでは、退院前に眼の診察を受けることが大事です。非常に早期に生まれた新生児では、網膜に血液を供給する血管の成長がしばらくの間止まることがありますが、成長が再開したとき、無秩序な形で発育してしまいます。この無秩序で急速な成長が進む際に、微小な血管が出血し、その結果瘢痕(はんこん)化することがあります。重症例の多くでは、この過程からいずれは網膜剥離(もうまくはくり)が起こって視力が失われます。血液中の酸素濃度が高い場合も、この未熟児網膜症を引き起こすリスクが高まります。新生児が未熟児網膜症にかかった場合、特に症状が現れないので、未熟児網膜症診断には眼科医が眼の奥を入念に検査しなければなりません。そのため、出生時の体重が1500グラム以下だった早産児に対しては、生後4週間以降から眼科医が定期的に眼の検診を行います。眼の検診は必要に応じて1〜2週間ごとに行い、網膜の血管が成長を終えるまで継続します。重い網膜症を起こしている乳児は、最低でも年1回の眼科検診を生涯受け続けなくてはなりません。もし網膜剥離を早期に発見すれば、治療により、罹患した眼の完全な視力喪失を防げる場合があります。剥離と視力喪失のリスクを軽減します。

未熟児網膜症の西洋的な治療

未熟児網膜症予防がうまくいかなかった場合は、網膜症の進行を抑えるために光凝固法・冷凍凝固法という眼科手術が多く行われます。

  1. 光凝固法
    患部にレーザーを光線を当て、網膜のたんぱく質を凝固させることで、病気の広がりをとめる治療方法。
  2. 冷凍凝固法
    液体窒素で眼球の外側からマイナス60〜70度の低温を加える方法。
    未熟児網膜症時期にあった治療を受ける必要があります。進行具合によって治療法が変わります。
ステージ 治療法・予後
ステージ1
網膜血管の発達していない部分が蒼白に見える段階
正常な血管が発達していく可能性があるので積極的な治療はせず、経過観察する。
ステージ2
網膜の酸欠状態が続き、血管の発達していない無血管帯と正常な血管が発達した網膜との間に境目(境界線)が生じる段階。この境界線は本来発達するべき血管でない網膜内の異常な血管である。
異常血管が拡大しないように網膜光凝固を行う。
これにより異常血管の大部分は速やかに消退します。

ステージ3では、網膜に引きつれが残り視力の発達の障害がでることがあります。
ステージ3
境界線から網膜外へ、異常な血管が成長していきます。酸欠部位にあたしい血管を伸ばして酸素を届けようとする毛細血管のあらなた増殖ですが、この血管は非常にもろい血管で、さらに網膜とは別組織の硝子体にまで進展し網膜の盛り上がり(増殖組織)を作ってしまう。
ステージ4
網膜の出血や増殖組織が増大すると、正常な血管が発達していた網膜も引っ張られるようになり網膜剥離が生じる段階
硝子体手術で増殖組織をできるだけ取り除き、はがれた網膜をできるだけ元の位置に戻しますが、大多数は高度な視力障害を残します。
ステージ5
網膜剥離が拡大し、すべての網膜が剥離した状態

未熟児網膜症の経過

早産児が酸素補給を必要とした場合、酸素使用量は注意深くモニターし、血液中の酸素濃度が過剰にならないようにします。血液中の酸素濃度が過剰になると、新生児が未熟児網膜症にかかるリスクが高まるからです。手や足の指先を通して血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーターを使って、間接的に酸素濃度を測定する方法もあります。
たいていの場合、網膜症は軽度で自然に治りますが、眼の血管が完全に発達するまでは定期的に眼科医の検診を受ける必要があります。

未熟児網膜症が非常に重い場合、網膜の一番外側の部分に対しレーザー治療を行います。

未熟児網膜症の予後

未熟児網膜症をおこした赤ちゃんのうちの5%くらいは、急激に病状が進んで網膜が剥離し失明するラッシュ型というタイプで、このタイプは失明を予防することは困難です。
出生体重が1000g未満で生存した児の4%では、血管成長の異常が進んで網膜剥離を起こし出世以後2〜12ヶ月以内に失明します。未熟児網膜症が治癒した小児には、高頻度で近視・斜視・弱視が起こります。どの程度の視力障害がでるのかは、瘢痕の程度によると考えられています。
未熟児網膜症I型は自然に治まる傾向が強いものの、3期の中期でさらに進行が予想される場合には治療が必要と判断します。未熟児網膜症II型ではただちに治療を開始します。
網膜血管の未熟性に関連し、網膜血管の進展不足により、網膜周辺部の無血管野が生じます。その境界部より新生血管・線維性増殖を生じ、網膜剥離に進展します。
出生体重1800g以下、在胎週数34週以下の未熟児に対しては定期的な観察が必要である。初回検査時期は生後3週目又は修正在胎週数29週を目処にします。
以前は新生児期の酸素投与と因果関係があるとされていたが、酸素投与を受けていなかった症例でも未熟児網膜症にいたる症例もあります。基本的には自然回復傾向がある疾患ですが、網膜に瘢痕を形成する場合もあります。その際牽引乳頭、黄斑牽引を示すことがあります。そのため斜視や弱視になる事もあります。

未熟児網膜症予防

未熟児網膜症の発症原因は高濃度酸素だけに検定することはできませんが、酸素の量を制限することで患者数が激減したことから、酸素投与の適正管理による予防効果は高いと考えられています。小さな命を救うために酸素は必要です。重症化を防ぐように酸素管理を行っています。また点滴の量も要因のひとつと考えられています。体内にはいる水分の量が多いと網膜が浮腫(むくみ)を起こし網膜剥離を起こしやすくなると言われています。
生後2〜3週間ぐらいから定期的に眼底検査を行い、網膜症を発症しているかどうかや、進行の程度を検査します。

未熟児網膜症鍼灸治療治療法

未熟児網膜症鍼灸治療治療症例と臨床経験

未熟児網膜症の鍼灸治療 :熟児網膜症患者9名、取穴:新明、翳明、太陽、晴明、翳風、養老、合穀、光明、足三里。

未熟児網膜症の鍼灸臨床経験 :当院では、多くの未熟児網膜症患者の症状を回復、或いは改善してきました。今も多くの未熟児網膜症患者が通っていらっしゃいます。未熟児網膜症患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの未熟児網膜症針灸治療では、未熟児網膜症患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの未熟児網膜症患者の視力と視野障害の回復が可能になりました。
未熟児網膜症の早期治療がとても大事です。網膜症の治療だけじゃなく、罹患した眼の完全な視力喪失を防げる効果があります。剥離と視力喪失のリスクを軽減します。

未熟児網膜症患者の質問

未熟児網膜症TF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
未熟児網膜症で、3年前から緑内障です。網膜出血。網膜剥離があり、白内障です。 今日、予約しました。眼底穴治療を受けたいですが?

当院の返事:
当院の鍼灸治療は未熟児網膜症には、かなり 有効です。最近、一人未熟児網膜症患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 網膜症の症状がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:

網膜の疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 未熟児網膜症 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん