蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座

ダイエット

ダイエットと中国医学 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

ダイエットについて

肥満症の治療前|肥満症の治療結果 治療前:78kg 
肥満症の治療後|肥満症の治療結果 治療2カ月後:60kg

肥満とは、体の中に脂肪が過剰に蓄積した状態です。肥満によって体に異常をきたす場合をダイエットといいます。 ダイエットは単に体重が多いというだけではなくて、そのために病気が起こる状態です。
食欲を感じさせたり抑えたりする働きは、脳の視床下部というところにある摂食中枢と満腹中枢により調節されています。もっと食べたいと思うときは摂食中枢がはたらき、おなかがいっぱいと思うのは満腹中枢の作用です。ダイエットの人にしばしば見られるやけ食いやまとめ食いは、満腹中枢がよくはたらかないためと思われます。
脂肪は早死にするリスクを23倍に高めます。ダイエットが重度であればあるほど、そのリスクが高くなります。米国では、年間30万もの人がダイエットが原因で死亡しています。痩せている方が良いとされる文化では、太っていることは精神的、感情的な問題を引き起こします。多くの若いダイエット女性が、自分の体に対して否定的なイメージをもち、人目を気にして引っこみ思案になります。ダイエットの人は偏見や仕事上の差別を受け、疎外感を感じ、自尊心を失ってしまいます。しかし、ダイエットの人にうつ病が多いということはないようです。
ダイエットは遺伝的および環境的要因によるカロリーの過剰な摂取の結果、脂肪の蓄積が増加した状態です。ダイエットには、糖尿病、高脂血症、高血圧などの合併症が多く見られます。ダイエットに伴う合併症はダイエット度そのものよりも脂肪分布が重要となり、とくに内臓脂肪の蓄積に着目されます。
ダイエットは社会問題化しています。世界的には、男性の24%と女性の27%がダイエットで、一般的に、アジア諸国に比べると欧米諸国ではダイエットの人々の割合が高いです。 日本では、ダイエット(BMI30以上)の頻度は3%ですが、アメリカでは、30%以上で、流行病となっており、単純性ダイエットはダイエットの約90%を占めます。日本成人だけではなく小児のダイエットも最近増加しています。高学年の小学生では、男子の10%、女子の8〜9%がダイエットであり、その9割以上が単純性ダイエットです。

ダイエットに対する当院の取り組み

当針灸院(鍼灸院)のダイエットの治療目的は、ダイエット患者にできるかぎりの回復の機会を提供することです。
ダイエットを克服のため、当針灸院(鍼灸院)は25年間、ダイエットの治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。 鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
当針灸院(鍼灸院)の治療はダイエットの頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
  

ダイエットの鍼灸治療法

  

ダイエットの鍼灸治療と鍼灸臨床経験

ダイエットの鍼灸治療症例 :ダイエット患者550名、取穴:梁丘、公孫。他に脾経と胃経大腸と腹部のツボ:天枢、中脘、中極、関元、大横、足三里、三陰交、手三里、合穀。電気針、50分。
耳針:取穴―胃、脾、心、肺、内分泌、神門、餓点。

ダイエットの鍼灸臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くのダイエット患者の症状を回復させてきました。今も多くのダイエット患者が通っていらっしゃいます。ダイエット患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くのダイエット患者は正常な生活を送ることができるようになりました。

ダイエットの食べ方

肥満者のかなりの人は食べすぎではないことがわかっています。こうした場合、食べる量よりも食べ方が問題です。食事回数と肥満との関係をみてみると、食事回数が少ないほど太りやすいのです。  すなわち、朝食を抜いて夜に多く食べるなどの「かため食い」は、食べた栄養が吸収されやすく、過剰エネルギーをもたらすことで肥満につながりやすいのです。食事の回数が減ることで、食事摂取時の熱産生が減ることも原因と考えられています。  1日の摂取量の半分以上を夜に食べる「夜食症候群」も太りやすい食べ方です。夜は消化管の機能が活発になり、食べた物が貯蔵エネルギーになりやすいと考えられます。また、「早食い」もよくありません。満腹感を感じにくく不必要に食べすぎることになります。

肥満症の鍼灸治療のメカリズム

肥満症の原因|肥満症【難病疾患】

当院独自開発した【腹部透穴針】治療法:腹部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ細胞の代謝機能を高める仕組みです。
1.【腹部透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腹腔動脈の血流量が増え、腸への血流供給が増え、内分泌の働きを改善します。
4.細胞の代謝機能を高めます。
5.満腹中枢を活性化し、摂食中枢の働きを抑えます 。

肥満症治療の実際様子と流れ

肥満症の原因|肥満症【神経疾患】

1.当院独自開発した【腹部透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に
生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

肥満症の原因|肥満症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
肥満症の原因|肥満症【神経疾患】

ダイエット患者の質問

ダイエット患者TU様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ダイエットと中国医学 のご予約をしたいです。 希望の時間と日にち 6/12 9:00 ~ 11:30
1.5年間で体重が急激に増加 (15kg)。 あまり食べてないですといつも運動しています。 しかし、たいじゅうが下がらない。 あと、ベンピンです。薬飲まないとでないです。 メールで連絡お願いします。 以上です。 ありがとうございます。

当院の返事:
先月、肥満の患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 体重が5Kg少なくなりなりました。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
1月14日に初めて通院。以降、2月中はほぼ毎週、3月以降は週に3日程度は通い続けたところ、体重は50Kg になりました。
病院で検査を受けたところ、正常な体重に回復することができました。
これも康先生はじめ、スタッフの皆様のおかげと大変感謝しております。

先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん