中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>難病>パーキンソン症候群

パーキンソン症候群

パーキンソン症候群 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

パーキンソン症候群について

パーキンソン症候群の原因|パーキンソン症候群の中国鍼灸治療【神経系】

パーキンソン症候群とは、パーキンソン病の症状を呈する疾患の総称です。
パーキンソン症候群は、パーキンソン病と似ていて、実態が異なる病気の集まりです。
パーキンソン症候群の中には、脳梗塞、正常圧水頭症、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症 などがあります。
正常圧水頭症は、歩行障害、認知症と尿失禁を3主徴とし、髄液シャント術により症状が改善します。
脳室拡大があって頭蓋内圧が高くない正常圧水頭症は、特発性と2次性に分けられます。頭部MRIで脳室拡大、穹隆部圧排、シルビウス裂開大が特徴的にみられます。
進行性核上性麻痺は、高齢者に発病、認知症/注意障害、下方注視麻痺などの核上性眼球運動障害と筋強剛、構音・嚥下障害などを伴います。
進行性核上性麻痺の原因は不明ですが、病変は中脳・橋の被蓋、視床下核、黒質、大脳基底核、小脳歯状核などにみられ、頭部MRI矢状断像で中脳被蓋の萎縮が特徴的です。

パーキンソン症候群に対する取り組み

中国鍼灸院のパーキンソン症候群に対する治療目的は、パーキンソン症候群の回復程度を高めることとパーキンソン症候群が完治するまでの時間の短縮することです。
パーキンソン症候群は今も難病の一つで、西洋医学治療ではまだ克服できないのは現状です。当針灸院(鍼灸院)院長は二十数年前から新しい突破口としてパーキンソン症候群の針灸治療を取り組んできました。各国のパーキンソン症候群に対する治療法を研究し、試行錯誤の末、中国鍼灸院の特殊な脳透穴針療法を開発しました。脳透穴針療法で、多くのパーキンソン症候群患者の振戦、筋固縮、無動、姿勢障害、歩行障害などの症状を改善してきました。
パーキンソン症候群の症状が多様なため、針灸院(鍼灸院)の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。パーキンソン症候群の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。
  

パーキンソン症候群の鍼灸治療法

パーキンソン症候群の鍼灸治療症例と臨床経験

パーキンソン症候群の鍼灸治療症例 :パーキンソン症候群患者212名、年令39〜74才。脳透穴針療法。取穴:百会、前頂、承霊、懸顱、後頂、太陽、風池、人中、神庭、印堂、大椎。百会、前頂、後頂を一本の針で、神庭、印堂を一本の針でツボを貫通し、オームパルサーで、小程度の電流を流します。

パーキンソン症候群の治療臨床経験 :中国鍼灸院では、今も多くのパーキンソン症候群患者が通っていらっしゃいます。パーキンソン症候群患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療では、パーキンソン症候群患者の生活の質と予後はかなり良好です。多くのパーキンソン症候群患者は普通の生活に戻ることが可能になりました。

パーキンソン症候群の鍼灸治療のメカリズム

パーキンソン症候群の原因|パーキンソン症候群【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脳組織と脳細胞の働きを健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうつ
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させる
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、中脳・橋の被蓋、視床下核、黒質、大脳基底核、小脳歯状核などの神経細胞が活性化されます。

【パーキンソン症候群治療の実際様子と流れ】
パーキンソン症候群の原因|パーキンソン症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうつ
2.ハリに微弱電流を流します
3.痛みを感じない治療ですので、
寝ってしまうことが多い
4.起きたら、治療完了
5.気持ちよく、帰ります
6.副作用、後遺症はありませんので、ご安心!

『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

パーキンソン症候群の原因|パーキンソン症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社

パーキンソン症候群患者の声 松井様 77歳

パーキンソン症候群患者の声|パーキンソン症候群【神経系疾患】

御蔭さまで、先生の鍼灸治療を終えて、もう2年が経ちましたが、今はとても元気です。
最初、パーキンソン病と診断され、メネシット錠を処方され、信じ飲み続けているのですが、全く効果がなく、どんどん悪くなっていました。
再度検査を受け、パーキンソン症候群と言われました。今後どのようにしたらいいのかわからず、悩んでいたところ、先生に お世話になりました。
当時の鍼灸治療の経過を纏めました。 パーキンソン症候群でお困りの方々の参考になれば幸いです。
鍼灸治療を受けて1ヶ月後: 足に力が入り、足の運びがよくなり、家の中でも、何かにつかまらなくてもと安定に歩きます。
鍼灸治療を受けて2ヶ月後: 動作がとても早くなり、転ぶことも無くなりました。
鍼灸治療を受けて4ヶ月後: 飲み込みし易くなり、声も大きくなり、何を言っているのか聞き取れるようになりました。
半年後、再度、病院で核シンチ検査、脳シンチ検査、頭部MRI検査を受け、数値が正常でした。
今は、快適に暮らしております。
本当にありがとうございました。

パーキンソン症候群の概要

パーキンソン症候群はパーキンソン病と類似の症状を示す病気全般を指し、これらの病気はパーキンソン病とは原因や治療法、予後が異なっています。

パーキンソン症候群の分類

  1. 本態性パーキンソニズム:症状の原因が明らかでないパーキンソニズムを本態性パーキンソニズムという。
  2. 症候性パーキンソニズム:パーキンソン症状の要因が明らかなものを症候性パーキンソニズムです。
  3. 薬物性パーキンソン症候群
  4. 血管性パーキンソン症候群
  5. 変性症パーキンソン症候群

パーキンソン症候群の原因疾患

  1. 線条体黒質変性症
  2. Shy-Drager症候群
  3. 進行性核上性麻痺
  4. Hallervorden‐Spatz病
  5. 脳炎後パーキンソンニズム
  6. 脳血管障害性パーキンソニズム
  7. 薬物性パーキンソニズム:
  8. ウィルソン病(肝レンズ核変性症)
  9. 脳外科的疾患
  10. Huntington病
  11. 淡蒼球ルイ体萎縮症
  12. Chorea-acanthocytosis症候群
  13. 良性遺伝性舞踏病
  14. 老人性舞踏病:高齢者。孤発性。舞踏病様運動。痴呆は軽度。非進行性。
  15. 変形性筋ジストニー
  16. 痙性斜頚
  17. Meige症候群
  18. Gille de la Tourette症候群

パーキンソン症候群の症状

パーキンソン症候群の症状は安静時の振戦、筋強剛、無動、姿勢保持反射障害の運動症状を主徴とします。

パーキンソン症候群の検査と診断

<

症状でパーキンソニズムがみられればパーキンソン症候群ですが、原因は前記のようにさまざまです。病歴や服薬歴などの情報や、頭部CT、MRIによる画像診断が有用です。

パーキンソン症候群とパーキンソン病の違い

パーキンソン病は、黒質の働きがなんらかの原因で悪くなる病気です。パーキンソン病を解剖すると、黒質に強い障害が見つかりました。パーキンソニズムは、原因が分かっており、それによってパーキンソン病の症状が起きるので、本当のパーキンソン病とは区別をしています。

パーキンソン症候群の生活注意点

  1. 入浴: パーキンソン病で、特に低血圧のあるパーキンソン病の患者は、食直後、飲酒後に長湯を控える。
  2. 食物繊維の豊富な食事: プルーンジュースのような食品や、センナなどの便を軟らかくする作用のある緩下薬。
  3. 食事の栄養価に注意:特に嚥下困難のパーキンソン病患者。

パーキンソン症候群の西洋医学治療

パーキンソン症候群の西洋医学治療は基礎疾患の治療が中心です。

新聞の紹介

東都読売新聞2004年6月18日号《頭皮電気透穴針で難病に挑戦》

パーキンソン症候群患者の質問

パーキンソン症候群AZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
筋肉が固くなり朝晩の脱ぎ着が不自由になる 最近失禁がある 3年前にパーキンソンだと言われたが薬が効かないのでパーキンソン症候群だろうとの診断 医者に進行性格上麻痺であろうと昨年末にいわれたが私は他系統委縮症の方ではないかと疑っている 一人でいることに不安がありうつ症状もある

当院の返事:
当院の鍼灸治療はパーキンソン症候群 には、かなり有効です。
最近、一人パーキンソン症候群患者が、当院で暫く鍼灸 治療を受け、パーキンソン症候群の症状がかなり良くなりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
康先生
4月7日よりパーキンソン症候群の治療して頂いております。
今のところに震えはかなり改善されたような気がしていますが、 筋肉の硬直はまた残っています。
希望を持って治療を続けたいと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

患者様の返信:
院長先生メール有り難うございます。
4月7日初診から本日26日まで16回治療して頂いております。
少しずつですが、回復に向かって居るようで、本当に針治療を始めて良かったです。
これからも治療に伺いますので、宜しくお願い致します。
肩こりは改善されています、有り難うございます。

パーキンソン症候群患者E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
パーキンソン症候群の治療を受けてみたい。

パーキンソン症候群患者BB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ふらつきは有りませんが立つとすぐにふらつきが始まり ます。常にです。ふらつくので、運動が出来ない状態ですが無理しても、軽い運動(歩く)を行った方が良いのでしょうか?パーキンソンか系統萎縮症の検査を します。

パーキンソン症候群J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
パーキンソン症候群と診断されにて10月から薬治療中。参考までに中国はりお灸の治療法を知りたい

当院の返事:
2か月前に、一人 パーキンソン症候群患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 振えと歩行困難の症状がかなり改善され、良くなりました。 当院が開発した特殊な治療法で、治った パーキンソン症候群の方も いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

パーキンソン症候群CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
現在パーキンソン症候群と診断。介護3。レベル:ヤール3. 国立精神・神経医療センターに通院。 3ヶ月前、精神安定剤、L-ドパなど副作用が大きいので全て中止した。便秘薬コーラック2錠のんでいる。 現状:よく転ぶ、しゃべりにくい、若干の排尿障害。 目の動きが少し悪い。マージャンゲーム、花札遊び、出きる。2桁までの計算できる。進行性核上麻痺の疑いあり。

パーキンソン症候群B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
首が左右に震え初め、腕も震えて食事や文字を書くなどの動作がやりづらそうです。歩き方もバランスがとれません。都内の脳神経内科でボトックスを打ちましたが効果がありません。小脳に少し異常があると言われました。このような場合でも効果が望めるのでしょうか?

パーキンソン症候群VB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年前に軽い脳梗塞をしており、それが原因でパーキンソン症候群のような症状がでてきました。 症状は歩行困難と言語障害です。 この鍼灸院のHPを拝見して、是非治療していただきたいと思っておりますが、すぐに診ていただけるのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

パーキンソン症候群患者JU様

[ 症状、ご相談内容 ] :
パーキンソン症候群と診断されましたが、原因が不明です。
脳のMRIには異常所見は見当たらないとのこと。うつで3年前から 投薬治療をおこなっています。
薬剤性パーキソニズムも疑われるのですが、よくわかりません。現在原因の特定と治療法を模索しています。
はりの有効性はいかがですか。

パーキンソン症候群患者AK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
私は現在71歳で現在の病名は、パーキンソン症候群です。いかがですか。

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん