中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>難病>色素性乾皮症

色素性乾皮症

色素性乾皮症の鍼灸治療

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

色素性乾皮症について

色素性乾皮症とは、日光によって引き起こされる遺伝子の傷を修復するしくみに障害があるために、遺伝子の傷が修復されないまま残ってしまい、日光露光部の皮膚にしみがたくさん生じ、皮膚が乾燥し、皮膚がんが生じる病気です。
色素性乾皮症は、A−G群とX型の8つの型が知られています。 日光にあたる部位に皮膚がんが生じるのは全てのXPに共通する症状ですが、型によっては、それ以外に神経症状を伴うことがあります。神経症状を伴うのは A, B, D, G群ですが、B, G群は非常に稀です。
日本において神経症状を伴うのはA群あるいはD群です。

色素性乾皮症の原因

色素性乾皮症は常染色体劣性遺伝という遺伝形式で遺伝します。

色素性乾皮症の症状

日光露光部に発生する皮膚がんです。しかし、すぐに皮膚がんが生じるわけではなく、最初のうちは日光に繰り返しあたるうちに、露光部の皮膚にしみが増え、皮膚が乾燥します。A群では光線過敏症状は重く、生後すぐに日光照射後に激しい日焼けの反応が生じます。たとえば、5分外出しただけでも真っ赤に顔が腫れ、涙が出て、日焼けの反応が2日目、3日目と増強し、3〜4日後がピークとなります。眼の白目の部分も紅く充血します。 X型については、日焼けの反応がひどいという症状ははっきりしないことも多く、日の当たる部位に10代でしみがたくさん生じ、日光曝露量にもよりますが、20代からで露光部に皮膚がんが生じ始めます。中年以降皮膚がんが多発して初めてXPと診断される場合もあります。 神経症状については、日本においてはA群の患者さんで多くみられます。早期に症状が現れる場合には、頚のすわり、ひとり立ち、言葉の発達、などが遅れる場合もみられますが、あまり、気づかれないまま過ごすこともありです。3〜5歳頃から難聴、転びやすいなどの神経症状が出始めますが、通常の意思の疎通は十分に行なえます。7〜8歳頃から一旦習得した言葉が不明瞭になったりすることもあります。その頃から、体のバランスを保ちにくく、歩いていてもバタンと前につんのめって転ぶことが多くなります。10歳を過ぎた頃から神経、知能、身体的全ての面で症状が進みます。

色素性乾皮症鍼灸治療法

色素性乾皮症鍼灸治療症例と臨床経験

色素性乾皮症鍼灸治療症例 色素性乾皮症患者75名、取穴【皮膚透穴針】:臍辺四穴「お臍の上下左右各1寸」、足三里、三陰交、中脘、内関、合穀、大腸兪、脾兪、太沖、陰陵泉。電気針、50分間。裏内庭お灸9壮。

色素性乾皮症鍼灸治療臨床経験 :皮膚透穴針治療によって、全身と皮膚の症状が改善します。治癒した例、皮膚症状が減少した例を合わせると患者の60%は経過がよいと考えられます。

色素性乾皮症の鍼灸治療のメカリズム

色素性乾皮症の原因|色素性乾皮症【皮膚疾患】

当院独自開発した【皮膚透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ皮膚組織を改善する仕組みです。
1.【皮膚透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.皮膚動脈の血流量が増え、皮膚への血流供給が増え、皮膚に栄養が行き渡るようになります。
4.遺伝子の傷を修復する働きを活溌化させます。
5.善玉の免疫を活性化し皮膚の傷を修復します。

【色素性乾皮症治療の実際様子と流れ】
色素性乾皮症の原因|色素性乾皮症【神経疾患】

1.当院独自開発した【皮膚透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

TBSテレビの紹介記事

色素性乾皮症の原因|色素性乾皮症【神経疾患】
《世界笑えるジャーナル》:
『 ブラックマヨネーズの小杉さんに薄毛の治療』
2011年院長がTBSテレビ番組
《世界笑えるジャーナル》に出演し、
ブラックマヨネーズの小杉さんに
【皮膚透穴針】で薄毛の治療を 行いました。

【皮膚透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけます。

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん