中国鍼灸院 東京・銀座

線維筋痛症

線維筋痛症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国医学鍼灸院に聞いてみよう

線維筋痛症について

線維筋痛症の原因|線維筋痛症【神経疾患】

線維筋痛症とは、原因不明で全身に激しい痛みが生じる状態です。
線維筋痛症は「死に至る病ではないが、死んだ方がマシな程の痛み」と表現されるように、激しい痛みが生じます。線維筋痛症は男性より女性が7倍と多く、中高年に発生率が高いです。線維筋痛症はしばしば膠原病などの自己免疫疾患と併発します。現在厚生労働省が線維筋痛症研究班を立ち上げて調査を行っています。
線維筋痛症は身体の広範囲に強い痛みを起こす原因不明の病気です。検査をしてもほとんど異常がなく、医療機関では充分に治療されることがまだ少ないです。ほとんどの線維筋痛症患者さんはリウマチなどを心配して受診することが多く、最近はリウマチ科医師の間で関心がもたれ、国内に浸透しています。線維筋痛症の有病率は米国ウィチタの調査では、女性で3.4%、男性は0.5%、人口の2%といわれております。線維筋痛症はなんらかの免疫異常がかかわっていると言われています。外傷やストレスがきっかけになることもあります。
線維筋痛症はこわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ頭痛過敏性腸炎、微熱、ドライアイなどが伴う事もあります。他覚的所見としては「特異的圧痛点」を押して診断しますが、通常の検査では何も異常がないのも特徴です。膠原病やリウマチと症状が似ている部分もあります。また、慢性疲労症候群・膠原病・リウマチ・血清反応陰性脊椎関節炎等と併発することもあります。 線維筋痛症は精神的および身体的ストレス、気候、環境によって疼痛箇所が移動したり、疼痛レベルが変化することもあります。原因が不明で線維筋痛症患者に外傷がないため、痛みが理解されず、しばしば怠け病や詐病と周囲に誤解されます。
または仮面うつ病、更年期障害、神経症、自律神経失調症と診断される場合も多いです。痛みのため寝たきりになり、働くことができず、失職したり、経済的に困窮して日常生活が送れなくなる患者も少なくないです。
線維筋痛症は欧米では100年以上も前から知られていた病で、日本では人口の約1.7%、200万人以上と非常に多くの潜在患者が存在するにもかかわらず、的確な診断や治療が困難です。線維筋痛症診断方法ができたのは最近で、1990年にアメリカリウマチ学会が分類基準を作成しています。アメリカでは女性で3.4%、男性は0.5%、人口の2%、リウマチ科に通う患者のうち15%が線維筋痛症で、日本では2007年現在のところ厚生労働省の調査から、線維筋痛症有病率は人口の約1.7%、線維筋痛症患者数は200万人程度と推定されています。全体の75%以上が女性で、特に20-60歳中高年の線維筋痛症発生率が高いです。
全身に激しい痛みが生じるのは線維筋痛症の特徴です。痛みの種類は普通の人が日常経験する痛みと異なり、「ガラスの破片が流れるような痛み」という表現で患者に形容されます。痛みの症状には個人差があり、軽度なら仕事を続けられる場合もありますが、重度の場合は日常生活に支障をきたし自力で生活できない場合があります。線維筋痛症症状が重くなると髪やつめに触っただけで痛みが走り、意識がもうろうとなり寝たきりになります。多くの線維筋痛症患者に筋力の低下、運動能力の低下、筋肉の激しい疲労、関節痛、重度では立ち上がれない、起き上がれない、以前歩けた距離が歩けなくなるなどの症状が見られます。
特に最近血清反応陰性脊椎関節炎の患者が合併症として線維筋痛症を罹患している頻度が高いことが知られ始めており、脊椎関節炎における多発性付着部炎の箇所と線維筋痛症の圧痛点の多くが一致します。関節リウマチ患者と線維筋痛症の合併率は15.8%です。

線維筋痛症に対する当院鍼灸治療の取り組み

線維筋痛症の原因|線維筋痛症【神経疾患】

当院の線維筋痛症の治療目的は、線維筋痛症患者にできるかぎり回復の機会を提供することと線維筋痛症の完全な回復までの時間を短縮することです。
難病である線維筋痛症に対して当院は25年間、線維筋痛症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の75%は経過がよいと考えられます。
当院の治療は線維筋痛症の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして痛みの回復で、線維筋痛症患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

線維筋痛症の鍼灸治療法

線維筋痛症の鍼灸治療症例と臨床経験

線維筋痛症の鍼灸治療症例線維筋痛症候群500名、【頸肩透穴針】取穴:阿是穴。肩貞,腕、指関節―陽溪、腕骨、合穀、液門,肘関節―曲池、天井,股関節―環跳、沖門、髀関,膝関節―膝眼、委中、足三里、陽陵泉,足首、足指関節―太沖、解溪、昆明、丘虚,頚椎関節―風池、風府、大椎,腰関節―腎兪、大腸兪、命門。お灸併用。電気針。

線維筋痛症の鍼灸臨床経験:当院では、多くの線維筋痛症の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの線維筋痛症患者が通っていらっしゃいます。線維筋痛症患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、線維筋痛症患者の回復と予後は良好で、多くの線維筋痛症患者は普通の生活が可能となりました。
米国マサチューセッツ総合病院の先生達が、薬を使わずに、線維筋痛症を治療し管理するための提言をしています。
当院では、多くの線維筋痛症患者の症状を回復させてきました。今も多くの線維筋痛症患者が通っていらっしゃいます。線維筋痛症患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療では、線維筋痛症患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の線維筋痛症患者は普通の生活に戻ることが可能になりました。

線維筋痛症の鍼灸治療のメカリズム

線維筋痛症の原因|線維筋痛症【小児疾患】

当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:頸部と肩部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ腱、筋肉と関節の炎症を修復する仕組みです。
1.【頸肩透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.頸部、肩への血液、リンパの流れる量が増え、腱、筋肉と関節の炎症を修復します。
4.局部免疫細胞の量を増やし、炎症や老廃物を吸収させます。
5.自律神経バランスの回復をさせます。

治療の実際様子と流れ

線維筋痛症の原因|線維筋痛症【神経疾患】

1.当院独自開発した【頸肩透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

線維筋痛症の原因|線維筋痛症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
線維筋痛症の原因|線維筋痛症【神経疾患】

線維筋痛症患者からの声 安井様 76歳 沖縄在住

線維筋痛症の原因|線維筋痛症【神経疾患】

最初、背中や足腰を中心とした全身の痛みがあったのですが、だましだまし暮らしてきました。5年前には圧痛点があることから線維筋痛症と診断されましたが、線維筋痛症の猛烈な痛みが昼も夜も続き、治療法がないとも言われました。
去年、甲状腺の手術を受けてから、全身の疼痛が増悪し、大学病院に緊急入院しました。甲状腺は落ち着いたのですが、痛みに耐えかねる状態でした。知人が見かねてネットで検索したところ、先生をみつけてくれました。
この先生ならなんとかしてくれる!と直感した知人と私は早速連絡して、鍼灸治療を受けることになりました。
その翌日から日曜日を除き、毎日治療を受けました。治療を受けたのは15回でした。痛みが毎日どんどん軽くなり、快適になりました。 線維筋痛症の問診票では初診時には90点を超えていたそうですが、最後の治療の直前には49点まで改善していました。疲労倦怠感もまだありますが、かなり改善されてきました。顔色も初診時には血色が悪く、青ざめた色でしたが、湯たんぽで温めただけで頬は赤くなり、痛みがなくなった喜びも加わり、輝くような笑顔になりました。
こんなに確実に結果を得る事ができ、感謝の気持ちで一杯です。これからもお世話になりますので、どうぞよろしくお願いします。

線維筋痛症の原因

  1. 脊髄内の末梢からの痛みの伝達を抑制する仕組みがストレス等により機能低下するとの説。
  2. 脳の神経細胞が電気信号を使って情報伝達する時に何らかの異常が起こるとの説。
  3. 神経細胞の遺伝子が変異して書き換えられるという説。
  4. 細胞の器質的(眼に見える病変)問題でなく、機能的(細胞の働きや活動に異常)問題であるとの説。

線維筋痛症の原因は不明です。アメリカでは中枢神経系及び末梢神経系の機能異常ではないかと考えられています。事故、外科手術、自己免疫疾患、歯科治療、肉体的又は精神的ストレス、PTSD、妊娠・出産、ウイルス感染、化学物質過敏症、子宮内膜症、風邪、など多様な「痛み」がきっかけで発症しているのではないかと言われます。

線維筋痛症の症状

  1. 痛み
    筋肉痛や関節痛(発赤や腫れがなく、移動性)・頭痛・リンパ節の痛み・喉の腫れ・腹痛・顎関節症候群・顔面筋疼痛症候群
  2. 知的活動障害
    健忘・混乱・思考力の低下・記憶力の低下・理解力の低下
  3. 過敏性
    羞明・音への過敏・化学物質や食べ物への過敏。アレルギー症状の悪化。
  4. 体温調節失調
    悪寒や逆に暑く感じることがある・微熱
  5. 睡眠障害
    睡眠により疲れがとれない・不眠・過眠・はっきりした夢を見やすい。
  6. 精神障害
    感情が変わりやすい・不安・興奮・錯乱・ミオクローヌス
  7. 中枢神経障害
    アルコール不耐性・筋肉の痙攣・筋力低下・振戦・耳鳴り・視力の変化
  8. 全身症状
    口内炎・朝のこわばり・頻尿・体重の変化・動悸・甲状腺の炎症・寝汗・息切れ・低血糖の発作・不整脈・過敏性腸症候群・月経前症候群・発疹。

線維筋痛症は全身の耐え難い恒常的な(慢性的、持続的に休みなく続く)疼痛を主な症状として、不眠、全身の疲労感や種々の症状を伴います。線維筋痛症症状が進行すると常時激しい全身の疼痛に苦しみ、僅かな刺激(爪や髪への刺激、服のこすれ、音、温度・湿度の変化など)で激痛がはしり日常生活が著しく困難になります。
線維筋痛症は首から肩にかけての痛みやしびれ、上肢の痛みやしびれ、腰背部の疼痛やこわばり感、臀部から太ももの痛みと張り感、膝から下腿の痛みやしびれ、眼の奥の痛み、口腔の痛み、頭痛などの様々な疼痛症状が起こります。
線維筋痛症はこわばり、不眠、疲労感、全身の倦怠感、だるさ、頻尿、下痢、月経困難、生理不順、過敏性腸炎、リンパ節の腫れと痛み、微熱、ドライアイ、筋力の低下、運動能力の低下、筋肉の激しい疲労、むずむず脚症候群、起き上がれない、歩けなくなるなどの身体症状、悪夢、焦燥感、不安感、憂鬱感、理解力・思考力の低下、集中力欠如、などの精神的症状、あるいは、全身のこわばり感、冷感、四肢のだるさ、関節痛、レイノー現象、日光過敏症、脱毛、シェーグレン症候群、自覚的な関節の腫れなどの、膠原病の症状を訴える患者もいます。

線維筋痛症の検査

  1. 血液検査
  2. レントゲン写真、CTスキャン、MRI

線維筋痛症が診断できる特別な検査はありません。時に血液検査で抗核抗体の弱陽性あるいは補体値の低下など免疫学的な軽度の異常がみられることがあります。レントゲン写真、CTスキャンあるいはMRIでも線維筋痛症特有の異常所見はありません。
膠原病など(関節リウマチを含む)で、初期に線維筋痛症のような症状が出現することがあります。

線維筋痛症の診断

線維筋痛症は1990年に発表されたアメリカ・リウマチ学会の分類基準を参考に診断されます。全身広範囲疼痛の既往歴のほか、特徴的な指圧点が挙げられています。18個のうち11ケ所以上に指圧による疼痛を感じると陽性と判定されます。押す力は約4kgで押すようにとあります。また、他に病気があっても線維筋痛症の診断は除外されません。
線維筋痛症は症状が他の病気によるものでないことが条件で、11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもあります。
線維筋痛症分類基準の第1項目には全身広範囲の疼痛の既往歴があることとあります。広範囲とは左半身、右半身、上半身(ウエストより上)、下半身(ウエストより下)、それに加えて、頚椎、前胸部、胸椎、腰部など体軸の疼痛を含みます。これらすべてに痛みがみられる場合を広範囲の疼痛としています。ただ、実際には、全身すべての疼痛の既往を記憶している患者さんは多くはありません。部分的で限局した疼痛であっても、各医師が比較的柔軟に評価し診断しています。ほかに病気があっても線維筋痛症の診断はされるわけですが、シェーグレン症候群あるいは他のリウマチ性疾患が基盤にあることがあります。

線維筋痛症の西洋医学的な治療

線維筋痛症の場合、非ステロイド性消炎鎮痛剤が処方されることが多い。ただしこれまで安定した効果を持つ特効鎮痛剤は見つかっておらず、NSAIDsにて治癒軽快した例はきわめて少ないです。

線維筋痛症の生活注意点

1 .運動

運動が線維筋痛症の症状を管理する上で最も有効なコンポーネントです。
肉体的活動は筋肉の衰退を防ぎ、自分自身が元気であることの感覚を増加させて、時間とともに、疲労および痛みそのものを軽減します。

2. ダイエット

線維筋痛症患者は、多くの新鮮な果物および野菜と共に、動物性脂肪の低い繊維質の多い健康的な食事を維持するべきです。

3. ストレス減少

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん